実印 名前。 実印は名前だけってアリ!? 女性の間に「真理子」「さくら」印が広がるワケ: J

女性に実印は必要か?いつ作る?大きさは?印面は名前のみ?【おすすめ】

実印 名前

名前 人気の書体 字体) 実印でよく使われる書体 字体)は? 象形文字から生まれたといわれる紀元前200年頃に誕生した古い書体。 風格のある印影が人気で、実印に限らず全ての印鑑に適しているといわれています。 又、太枠篆書体は枠が太く、落とした際に枠が欠けてしまうことを防ぐので、利用者も多いです。 篆書体をベースにしてデザイン化された書体です。 縁起が良いとされており。 柔らかでありながらもで力強い印影が特徴です。 枠に文字が接している為、枠が欠けにくいという利点と複雑な印影のため偽造がされにくく、実印作成にはぴったりの書体です。 大和古印という古い印鑑書体をベースとした日本で作られた独自の書体です。 隷書に丸みを加えたイメージで判読しやすい点から認め印や銀行印に使われることが多いです。 中国、秦の時代の頃に篆書体は複雑で書きづらいため、より早く書く事を目的とし字画を簡略化された書体になります。 古印体の原型となった書体です。 ハガキ、名刺等の印刷物や、シャチハタの印鑑などでよく使用されている書体で非常に読みやすいです。 書道の際に基本となっているもので、なじみ深い書体です。 住所スタンプや浸透ネームスタンプには向いていますが、印鑑には少し不向きだといえます。 筆のはこびが非常に美しい書体です。 印鑑に使われることは少ないですが、浸透ネームスタンプなどで使用すると風格が出る書体です。 実印の書体として最も人気のある書体は、篆書体(てんしょたい)です。 篆書体は中国から伝わってきた漢字で、作られたのは紀元前200年頃といわれています。 秦の始皇帝の時代です。 実は、日本銀行発行の紙幣に印刷されている印鑑も篆書体です。 又、 印相体(いんそうたい)も人気の書体です。 別名で 吉相体(きっそうたい)ともいいます。 印相体は篆書体が基となっており、それがさらにデザイン化された書体です。 縁起が良いことでも知られており、柔らかい中に力強い印象があるのが特徴です。 そして、 隷書体(れいしょたい)も、篆書体と同じく中国の秦の時代に生まれた書体で、読みやすいのが特徴です。 ちなみに、肉太な書体である 古印体(こいんたい)は日本独自の書体です。 男性、女性の書体 字体)の選び方 書体には様々な種類があり、6種類の中から選べるお店もあれば、8種類の中から選べる場合もあり、それぞれのお店で違いがあります。 男性の実印は女性の実印よりも一回り大きい場合が多く、書体も 男性らしいどっしりとしたイメージのあるものが好まれています。 デザインよりもセキュリティを重視する方におすすめなのは、 印相体(いんそうたい)が良いでしょう。 印相体は八方篆書体体とも呼ばれ、判読性が低く、構造も複雑で複製が大変困難な為、実印のみならず代表者印や法人印など、重要な印鑑によく使われます。 女性に人気のある書体は、 細篆書体(ほそてんしょたい)です。 細篆書体は篆書体の文字を細くした書体で、枠は文字よりも太くなっています。 比較的柔らかいイメージのある書体です。 簡単にまとめますと、• 男性におすすめの書体は『古印体』、もしくは『印相体』• 女性であれば、『篆書体』か『細篆書体』 が一般的だと理解しておくと良いでしょう! 銀行印に適した書体(字体)は? 銀行印は比較的読みやすい古印体が一般的です。 しかしながら最近では、防犯上の目的で、印影の複雑な篆書体 てんしょたい や、印相体(いんそうたい)で作成されることも多いです。 印影に独特な雰囲気のある 篆書体 てんしょたい や、 印相体(いんそうたい)は印鑑としての風格もしっかり出るため法人の銀行印としては特に重宝されています。 字体も複雑で、パッと見では判読できないのでセキュリティの観点からみても安心です。 特に、印相体は 別名:吉相体(きっそうたい)ともいい、開運書体としても扱われてますので、縁起をかついで銀行印に用いられることも多いとのことです。 また、銀行印は一般的に「横彫り」で作られることが多いです。 これには主に2つの理由があります。 実印との区別をわかりやすくするため• 運気アップのため 運気アップのためというのは、「縦彫りだと上からくる運気を逃してしまう」、「横彫りなら下りてくる運気を受け止められる」といった、縁起担ぎからくるものです。 余談ですが、個人の銀行印の大きさの目安としては、男性は、13. 5mmか15mm、女性は、12mmもしくは13. 5mmとなってます。 書体のプレビュー、確認可能店舗 重要な契約書作成などで使う実印ですから、購入前に 書体のプレビューを確認しておきたいですよね。 インターネット上で印鑑を販売しているお店には、自分の名前や会社名を入力するだけでプレビューを作成できる場合が多いです。 当サイトおすすめの印鑑通販サイトである 「はんこプレミアム」「ハンコヤドットコム」では、注文後にはなりますが各書体のプレビューを確認することができます。 プレビューでチェックすることで、実際の仕上がり具合について、作る前に具体的なイメージを持つことができるので、印面のデザインについての失敗を防ぐことができます。

次の

男性が印鑑を作る際のポイント

実印 名前

結婚しても離婚しても使い続けられるメリット 話題のきっかけになっているのは、女性向けサイト「発言小町」(2018年7月21日付)に載った次の投稿だ。 「人生の節目の歳となり、実印を作ろうと思います。 ネットで調べると、『女性は名前 ファーストネーム のみの実印を作成することもある』とあって驚きました。 フルネーム、名字だけ、名前だけ。 私は名前だけにしています。 女性の常識ですよ」 という声が多かった。 しかし、中には投稿者同様、初めて名前だけでもいいことを知って、 「あ~あ、夫の名字で登録しちゃった。 知っていれば、名前だけにするんだった」 と後悔する人も少なかった。 実は、J-CAST会社ウォッチ編集部記者(60代男性)も、寡聞にして今回初めて知った次第だ。 実印は住宅購入や保証人、相続など、重々しい機会に使うものだから、フルネームが当たり前と思ってきた。 つまり、名前だけもOKなのだ。 「顔認証、指紋認証の時代になれば意味がなくなる」 記者が周囲の同僚男性に聞くと、ざっと4対6ほどの割合で「知らなかった」派がいた。 あらためて働く女性たちに取材すると、知らなかった割合はざっと3対7に減ったが、男性とは違って、それぞれの選択に女性ならではの思いが込められていた。 「かなり前に弟のマンション賃貸契約の保証人になるのに実印が必要になり、あわてて持っているハンコ(名字だけ)を印鑑登録しました。 現在、いつ終わるかわからないシングルの私、結婚しても! 離婚しても! そのまま使える実印を作る機会を逃してしまいました。 戻れるなら、きれいな色のヒスイで作り直したい」(40代・事務職)。 「名字だけで作っていますが、別に大丈夫。 実家の名前を継ぐために婿以外の人と結婚するつもりないから」(20代・事務職)。 「夫婦別姓などという考え方もなかった時代だから、当たり前のように夫の姓のフルネームで作りました。 印鑑なんか形式だから別に後悔していません。 これからは顔認証、指紋認証の時代だから、名前だけとか、意味がなくなります」(60代・大学講師) 「元ダンナの姓のフルネームで作りました。 離婚したので、名前だけにしておけばよかった」(40代・フリーライター)。 一方、「知っていた」派は名前だけにしている人が多い。 「結婚前に名前だけで。 結婚したら名字が変わるし、ただでさえ銀行とかビザとか、名義変更が大変なのに、登録変更やってられるかーー!という怒りに打ち震えたものです」(30代・イベント企画)。 「成人式の時にお祝い品として市からいただき、それがたまたま名前だけでした。 男性ももらったはずですが、名前だけかは聞いていません。 親に見せると、『結婚してからも使えるから便利だよ』と言われました。 会社や銀行、住所登録など、何にでも使えてNGをもらったことは一度もありません」(20代・営業企画)。 「社会人になった時に実印を作る時に知人から教わり、名前だけで。 ひらがななので、デザインにこりました。 5歳の娘の銀行口座を作った時も、将来も使えるよう、ひらがなの名前だけの印鑑を作りました」(40代・元新聞記者)。 「夫の姓のフルネームです。 もともと夫婦別姓が希望だったこともあり、香港で作った名前だけの印鑑で登録しようと区役所に持って行きました。 しかし、印鑑の素材が割れやすい石だからダメだと断られ、名字だけだと抵抗があるので、ささやかな反抗としてフルネームに」(40代・営業企画)。 フルネームで「バア~ン!」と判を押すとカカア天下? 名前だけの実印を作る女性は、どれだけいるのか。 創業125年の印鑑彫刻の老舗「小林大伸堂」(福井県鯖江市)の4代目印章彫刻士、小林照明さんに聞いた。 「うちのお客さんでは、女性の60~70%が名前だけです。 男性ではほとんどいません。 90数%以上がフルネームです。 女性の場合、結婚すると名字が変わる人が大半ですから、生まれた時に親につけてもらった名前に対する愛着が男性より強いですね。 「はい。 夫の姓は自分の名前ではないという違和感が少なからずあると思います。 それはどういうことですか。 「日本の女性は、夫の三歩後ろを歩くとか、夫を立てるとか、控えめの方が家庭円満になるといわれます。 ところが、フルネームの4~5文字の印鑑で、『バア~ン!』と判を押すと、まるでカカア天下のような印象を与えてしまいます。 名前だけで字数が少なく、ワンサイズ小さい控えめの実印を作ると、女性が幸せになれるといわれるゆえんです。 しかし、名前だけの印鑑では重みがないですね。 ビジネスの場合はどうするのですか。 「確かに、女性社長が『真理子』『和子』などというハンコを契約書に押すと、『なにコレ?』と不審がられることになります。 そこで私は、女性には実印と銀行印は名前だけで、ビジネスの場に使う認印はフルネームか名字で、と勧めています。 会社の中で使う認印に『さとこ』では、どの部署の誰のハンコかわかりませんからね。 銀行印も、かつては『ポチ』という犬の名前でも口座を開けましたが、最近は、個人情報保護からちゃんとした人物名でないとダメになりました、しかし、名前のみでOKのところがほとんどです。 家族の中で、同じ銀行を夫が名字で、妻が名前でと使い分けると便利です」.

次の

実印はフルネーム?それとも苗字のみ?作り方は十人十色! | 印鑑市場ブログ|印鑑・はんこの通販は手彫り仕上げの印鑑市場

実印 名前

そもそも下の名前で印鑑登録できる? 住民票に記載されている姓だけでも名だけでも、フルネームでも実印として登録することができます。 実印として登録できない印鑑は、市区町村の条例で決められてい多くの自治体では次のように書かれているはずです。 【各自治体の条例の記載例】 住民基本台帳に記録されている氏名、氏、名若しくは通称 住民基本台帳法施行令 昭和42年政令第292号 第30条の26第1項に規定する通称をいう。 以下同じ。 又は氏名若しくは通称の一部を組み合わせたもので表していないもの そして、その条例の基になっているなっているのは「印鑑登録事務処理要領」という国からの古い通知文書なんですね。 ですから基本的にどこの自治体でも下の名前の印鑑を登録することができるはずです。 印鑑登録できる印鑑について詳しくは「 」を参考にしてください。 ひらがなやカタカナだけでも印鑑登録できる 先ほどもお伝えしたとおり、 住民票に記載されているのであれば、「ひらがな」でも「カタカナ」でも実印として登録することができます。 ひらがなやカタカナは人名に使用できますし、実際にあなたの周りにもひらがなやカタカナのお名前の方もいらっしゃると思います。 第六十条 戸籍法第五十条第二項の常用平易な文字は、次に掲げるものとする。 一 常用漢字表(平成二十二年内閣告示第二号)に掲げる漢字(括弧書きが添えられているものについては、括弧の外のものに限る。 ) 二 別表第二に掲げる漢字 三 片仮名又は平仮名(変体仮名を除く。 ) 事情を知ったあと、あなたの考えで決めればよいのです。 他にも、 結婚前に実印を登録している方で、結婚後も同じ市町村に住民票がある方なら、印鑑登録の手続きをしなくても良いというメリットはあります。 印鑑登録は市区町村単位で管理されています。 そのため、 下の名前のみの実印を持っていても、婚姻を機に別の自治体に引っ越しする場合は改めて印鑑登録する必要があります。 印鑑登録の手続き自体は、窓口の混雑具合にもよりますが約15分程度で完了します。 また、 住民登録地に婚姻届を提出したり、転入届を届け出たときには同時に手続きできますから、印鑑登録手続きが面倒ということもありません。 印鑑登録制度の前身となる制度はかなり古く、昔のように同じ市内で結婚するのであれば手続きを減らすことができたかもしれませんが、今はそうとは言えませんよね。 結婚したからといって、わざわざお金を使って作り直すのは嫌だという人は、下の名前のみで作成するのがおすすめです。 既婚の方も「名前のみ」がおすすめです。 フルネームの実印は「一家を背負って立つ」という意味もあり、女性は「名前のみ」で作ることが縁起良く吉、と言われているためです。 (引用元: ) 女性の方でも、一家の長を担われていたり、起業される方や役職にお就きの方の場合は、社会的立場を考慮してフルネームで作製する方もいらっしゃいます。 立場的に名前の実印はちょっと…という方ならフルネームでお作りください。 (引用元: ) つまり、下の名前のみの実印は立場的に低く見られるということでしょうか。 しかし、実際に印鑑登録を行ってきた立場からすると、女性の方でもフルネームの実印を登録されることはとても多く、体感的には下の名前よりも多かったように感じています。 さらに、 男女平等という現代の中で、立場が低いから名前のみの実印を作成すると考える人は少ないはずです。 姓名彫りの女性実印は強くなりすぎる傾向があり、男性との衝突や家庭不和をもたらす、傲慢・後家相運となります。 女性のフルネーム実印は孤独の後家相女性がフルネームの実印を持つと孤独になりがちになり、強くなりすぎて、ご主人の運を吸い取ってしまいます。 フルネームの女性用実印は大凶の代表格です。 (引用元: ) 他にも、風水など印鑑に運勢があると考えていらっしゃる方もありますよね。 もちろん、持っている印鑑の運勢について信じる方は、これらの教えから考えて下の名前のみで作られてはいかがでしょうか。 実は女性の実印は姓のみが多い傾向 自分以外の女性が、実印に名前のどの部分を彫刻しているのか気になりませんか? そこで、当サイトが実印をお持ちの100人の女性に独自アンケートを行った結果が上の画像です。 結果としては、意外にも「 姓のみで実印を作成される女性が多い」という結果になりました。 もう少し詳しく集計したものが次の表になります。 フルネーム 姓のみ 下の名前のみ 20代 6 11 5 30代 7 26 5 40代 6 13 11 50代 2 4 3 60代 1 0 0 計 22 54 24 それぞれ彫刻した部分を選んだ理由に次のようなものがありました。 姓のみ 姓のみで作るものだと思っていたから 結婚後はあまり実印を使うことがないから 銀行印としても兼用しているから 使用頻度が低いので、他の書類にも使えるようにしたかったから 結婚後の姓を大切にしたかったから 下の名前のみ 結婚・離婚して姓が変わっても使えるから 知人やお店から教わったから 両親からもらった印鑑だから フルネーム フルネームが普通だと思っていたから ありふれた姓だから 悪用されにくいと思ったから 自分だけの印鑑が欲しかったから それぞれの思いがあって選ばれているようですが、下の名前のみで作成することにメリットを感じている人はそれほど多くはなさそうです。 また、結婚後は夫が中心となって契約することが多く、妻の実印としての利用はほとんどないからと実印に対する重みを特に感じていない人も多いようですね。 結婚後は女性もフルネームで作成した方が良い? 結婚後に初めて印鑑登録をされる場合、先にお伝えした 印鑑登録手続きの手間という点では同じですから、下の名前のみで作るメリットは少ないです。 メリットがあるとすれば離婚しても実印を作り直す必要がないということがありますが、そんなことを考えて結婚する人はいませんよね。 特徴として、 フルネームよりも下の名前のみの方が、デザイン的にはやさしい印象の印影になります。 ネット通販店には、印影プレビュー機能が用意されているお店もありますから、 購入前に彫刻文字を入力してみてシュミレーションされるとイメージがわきやすいのでおすすめです。 【関連記事】 フルネームの方が文字数や字画が多くセキュリティが高い? 今の時代、 文字数や字画が多いからといって、セキュリティが高いとはいえません。 なぜなら、現代の技術なら、印鑑や印鑑証明書をスキャナーでとってしまえば、文字数が多くても少なくても簡単に機械で偽造できてしまうからです。 実印は、印影と印鑑証明書がセットで効力が発生するものです。 セキュリティで大切なことは、実印や登録証を厳重に保管することや、不要な印鑑証明書は処分しておくことです。 多くの印鑑店や大手サイトで、 文字数が多いとセキュリティが高いなどと書かれていますが、それなのに女性に下の名前のみの印鑑をおすすめするというのも不思議な話だと思います。 下の名前のみのときは縦書きと横書きどちらが良い? 実印や銀行印はお好みで、認印なら「縦書き」がおすすめします。 (基本的に認印は、姓のものにしておきましょう) 横書きの場合、左右どちらから読むのかわかりません。 例えば、「美里さん」と「里美さん」どちらのものか他人にはわかりません。 他人から正しく読んでもらう必要があるシーンでは縦書きのものが良いでしょう。 実印や銀行印の場合は横書きにすることで、どちらから読むのかわからないことが逆にセキュリティを高めると考えることもできます。 実印や銀行印の場合は、先ほどもお伝えしたように、事前に印影をプレビューしてシュミレーションしてみて、お好みの彫り方で良いです。

次の