山勘 由来。 ヤマを張るの意味とは?由来(語源)は鉱山!?類義語と使い方(例文)も!

やまかん【山勘】の名前の由来とは?|名前の由来語源なら《ユライカ》

山勘 由来

スポンサーリンク あてずっぽうの意味 何の根拠もなく勘だけで行うこと。 また、そのさま。 当て推量。 あてずっぽ。 あてすっぽ。 あてずっぽうの語源・由来 江戸末期の「浮世風呂(うきよぶろ)」にみられるように、江戸時代の頃には、根拠なく推し量ることを「当て推量(あてずいりょう)」といいました。 これが略されて「あてずい」となり、さらに擬人化して「坊」を付けた語が「あてずい坊」で、「あてずっぽう」は「あてずい坊」が変化した語だとされています。 「べらぼう」や「のっぺらぼう」など、近世には状態や性質を表す語に「坊」をつけて擬人化する表現が流行りました。 「あてずっぽう」もこのころにできた言葉だと考えられています。 「あてずっぽう」のその他の語源説には、「目当てなしに打ち出す鉄砲」を意味するとする説、「当寸法(あてずっぱう)」が語源とする説があります。 類語・関連語 ・ ・ ・ ・勘ぐり(かんぐり) ・山勘(やまかん) ・当て込む(あてこむ) ・皮算用(かわざんよう) ・目星を付ける(めぼしをつける) ・値踏み(ねぶみ) ・思う壺(おもうつぼ) ・山を張る(やまをはる) ・お門違い(おかどちがい) 的外れ(まとはずれ) ・頓珍漢(とんちんかん) ・白昼夢(はくちゅうむ) ・ ・ ・ドンピシャ ・捕らぬ狸の皮算用(とらぬたぬきのかわざんよう) ・伸るか反るか(のるかそるか) ・一か八か(いちかばちか) ・まぐれ ・第六感(だいろっかん).

次の

【言葉の語源】やまかん?山勘の語源を知る。

山勘 由来

「山勘(やまかん)」 の由来についてまとめたエッセイです。 由来だけ手っ取り早く知りたい人は下のほうまで飛ばして読んでね。 私は人によく「勘がいい」と言われます。 しかし私はその言われ方にあまり納得できません。 それはなぜかというと・・・ 「勘」辞書でひいてみるとその意味は、物事を直感的に感じ取る能力。 第六感。 よく調べて考えること。 罪を調べただすこと。 勘の語義としてあげられるのは、直覚いわゆる〈第六感〉、虫の知らせ、無意識および下意識、練習による機械化や自動化、技神に入るの妙、神徠(しんらい)、霊感、悟り、禅、三昧(ざんまい)以心伝心、手加減、こつ、呼吸などなど・・・ 当たっているものもあり、そうでないものもあり・・・もちろんこれは私の考え。 ある大学教授の言葉を見つけました。 「勘というのは、棚ボタ式に出てくるものじゃない。 それまでに経験したことが体の中に残っているから、ピンとくるんです。 私の考え方はまさにこれかもしれません。 当てずっぽうのことも言います。 私が「勘がいい」に対して嫌悪を覚えるのは、この言葉によるものかもしれません。 当てずっぽう、つまり適当にこなしたが結果が良かったといった風に聞こえるからかもしれません。 「山勘」の由来について調べてみると、二つの説が出てきました。 一つ目は山師の算勘(=計算)からきているという説。 鉱山などを採掘するときに、頼りとされたのは職人の勘でありました。 ただその為に、当たり外れが多かったと言います。 そういったことから、うそつきや詐欺師の事を、「山師」と言うようになったといいますが、山師がペテンというった解釈と、今回の山勘については切り離して考えたほうがよさすです。 「山師の勘」という事で、「ヤマカン」と呼ばれるようになったとうのがこの説。 もう一つは山本勘助からきたという説。 ご存知の方も多いと思いますが、山本勘助とは武田信玄に仕えたと天才的な武将であり兵法家。 はかりごとを巡らし、数々の作戦を立てる軍師という役がその仕事。 勘助は軍略や計略、奇襲を様々に巡らし軍を操るのですが、そこから策をもてあそぶことやごまかすことを「山勘」と呼ぶようになったというのがこの説。 つまり「山本勘助」の名前をあだ名のように略したということですね。 ただこちらの説は、言葉の遣われ始めた時代と人物の活躍した時代の違いや策略に長けていた勘助が当てずっぽうに変化するといったことが想像しににくいため、その可能性は薄いようです。 つまり、「山師の勘」という説のほうに分が有るわけですが「勘」の語源としては「山本勘助」の方に分がある気がします。 もちろんそのような事実はまったくありません 当てずっぽうか、経験から導き出される知略か。 それをとぼけていることも、もしかしたら戦略の一つなのかもしれません。 一言コメントする メールアドレスは公開されません。 一言コメント You may use these HTML tags and attributes: ニックネーム 上に表示された文字を入力してください。 (スパム対策).

次の

山勘(やまかん)

山勘 由来

山本勘助 山本勘助は、1493年(明応2年)、もしくは1500年(明応9年)に三河国(現在の東部)、または駿河国(現在の東部)で生まれたと言われています。 諸国を巡って兵法(へいほう:戦闘に関する学問)や築城術などを極めましたが、色黒で隻眼(せきがん:片目)、背が低く、手指や足が不自由と、ひどく風采の上がらない見た目だったため、40歳を過ぎても牢人(ろうにん:浪人)のままでした。 山本勘助の生涯については、いまだ解明されていないことも多く、伝説と謎に満ちた人物として現代に語り継がれています。 現に、山本勘助について記載された書物は、唯一「甲陽軍鑑」(こうようぐんかん:江戸時代に編纂された軍書。 から[たけだかつより]までの功績や合戦、刑政、軍法などを記した書物)のみです。 甲陽軍鑑によると、山本勘助の幼名は「源助」(げんすけ)。 の家臣、「山本貞幸」(やまもとさだゆき)の子として誕生し、12歳で牛久保城(愛知県)の城主牧野家家臣、「大林勘左衛門」(おおばやしかんざえもん)の養子となり、「勘助春幸」(かんすけはるゆき)に改名しています。 一説によれば、大林家で過ごしたこの時代に兵法を学んでいたとされているのです。 20歳になると、山本勘助は武者修行の旅へ出ます。 5年後25歳の頃には、伊賀忍術のルーツとも呼ばれている山伏兵法(やまぶしへいほう)を学ぶために、真言宗の総本山「高野山」に参籠。 併せて摩利支天像(まりしてんぞう)を授かり、自身の守護神に定め、その後も四国、山陰、山陽、九州などの諸国を巡り、各地の大名に仕えながら武術や兵法の修行に励みます。 全国にある城を検分し、築城に関する知識を身に付けたのもこの頃のことです。 大林家に帰参したのは34~35歳。 武者修行から戻ると大林家に男子が誕生していたため離縁し山本姓に改め、次は関東方面に武者修行の旅へ出ます。 1536年(天文5年)には、駿河の「」(いまがわよしもと)への仕官を希望しますが、今川家では山本勘助の醜い外見や、片目及び手足が不自由であったこと、供ひとり連れていなかったことから、追い返されてしまいます。 これは、体裁を気にする今川氏に山本勘助が仕えることを疎んじ嫌ったことが原因です。 今川氏への仕官を諦めた山本勘助は、自身を雇ってくれる仕官先を求めて再度放浪したのち、さらに牢人暮らしは続きました。 そして運命の出会いは、1543年(天文12年)。 山本勘助の噂を聞きつけたのちの武田信玄、まだ23歳の若き日の「武田信晴」(たけだのぶはる)に、破格の知行200貫で召し抱えられてようやく、50歳前後にして仕官することが叶ったのです。 当時、武田軍は甲斐を統一したばかりであり、他の国への進出もまだ着手以前。 山本勘助の登場は、武田信玄、及び武田軍の起爆剤であり、躍進の原動力になったことは言うまでもありません。 しかし、武田信玄と言えども、素性の分からない者を破格の待遇で登用するだろうか?という疑問は残ります。 実は山本勘助の家系は、「清和源氏」(せいわげんじ)の流れを汲む駿河源氏・吉野氏の子孫だとする説があり、吉野氏の親戚である一門・穴山氏とのつながりから推挙されたとも言われています。 武田信玄と上杉謙信 武田信玄に仕官してからの山本勘助は、持ち前の情報収集能力と天才的な戦略、優れた築城術で頭角を現し、活躍しました。 1546年(天文15年)、北信濃(現在の北部)の豪族・村上氏の攻めに従軍します。 村上軍の激しい応戦で武田軍は総崩れとなりますが、山本勘助の策で形勢逆転、武田軍を勝利に導きました。 この戦功により、山本勘助は、知行800貫の足軽大将に取り立てられます。 村上氏が越後の「」を頼ったことから、1553年(天文22年)、武田信玄と上杉謙信の間で北信濃を巡って合戦が始まりました。 これが「」です。 この戦いは10年間に5度行なわれた合戦の総称ですが、第4次川中島の戦い以外は、小競り合いで終わっています。 唯一の本格的な戦となった第4次合戦が、山本勘助の最後の戦となったのです。 山本勘助は、川中島に「」を築城し、武田軍の拠点とします。 1561年(永禄4年)、上杉軍が海津城の向かいにある「妻女山」(さいじょさん)に布陣したことから、山本勘助は兵を2手に分けて別働隊により妻女山を襲撃し、山を降りた上杉軍を八幡原(はちまんばら)に布陣した本隊と別働隊で挟み撃ちにするという作戦を立てます。 この作戦は、キツツキが木をつついて、驚いて木の中から飛び出した虫を食べることに似ていることから「啄木鳥戦法」(きつつきせんぽう)と名付けられました。 ところが、山本勘助の作戦は上杉謙信に見破られ、別働隊が到着したときには、妻女山はもぬけの殻。 慌てて本隊の待つ八幡原に向かいますが、別働隊より少ない武田軍本隊は、上杉軍の総攻撃を受け、武田信玄の弟の「武田信繁」(たけだのぶしげ)をはじめとする武将達が何人も討ち死にし、大きな損害を出しました。 武田軍を窮地に追い込んだ責任を感じた山本勘助は、死を決意して敵陣に突入し、自ら大太刀を抜いて戦いますが、四方を上杉軍に囲まれ、体中を槍で突かれるという壮絶な最期を迎えます。 山本勘助が武田信玄に「常識はずれ」とも言える提案をしたのは1542年(天文11年)、「諏訪攻め」のあとでした。 この戦いで、武田信玄が自害に追い込んだ「諏訪頼重」(すわよりしげ)のひとり娘を側室に迎えるように推薦。 このあと押しもあり、美人の誉れ高かったことから「諏訪御料人」 すわごりょうにん と呼ばれていた諏訪家の姫は、武田信玄の側室となりました。 攻め滅ぼした相手の娘を側室として迎え入れる行為は危険を伴います。 しかし山本勘助は、諏訪家の姫(諏訪御料人)に武田信玄の子を産ませ、親戚関係になることで、諏訪衆を武田軍に心服させられると考えたのです。 この妙策は、のちの諏訪支配の切り札となる武田勝頼の誕生に繋がり、武田信玄没後の武田氏の運命をも決める、山本勘助による初めての献策となりました。 武田信玄 戦国時代屈指の強さを誇った武田信玄の、唯一と言っても良い大失策として語り継がれているのが「」です。 1550年(天文19年)、武田信玄は信濃国(現在の長野県)北部を治めていた「村上義清」(むらかみよしきよ)の拠点「戸石城」(砥石城)に攻め込みました。 しかし、城の防御が予想以上に堅固(けんご:守りが堅く、攻められても容易には破られないこと)だったこともあり、「横田高松」(よこたたかとし)らの重臣が落命するなど大苦戦。 武田軍は、武田信玄自身が戦場の最前線で戦わなければならない窮地に追い込まれました。 この絶体絶命の危機的状況を救ったのが山本勘助でした。 武田信玄に対して「勝利する方法がひとつだけあります」と申し出た山本勘助は、「両角虎定」(もろずみとらさだ)が率いる50騎の隊を借り受けて、本陣に模した陣を形成したのです。 これを徐々に南下させたことで、武田信玄軍が息を吹き返したと勘違いした村上軍は混乱。 これに乗じた武田軍は、立て直すことができたのです。 「小山団扇」(こやまうちわ)は、徳川将軍家や天皇にも献上されていた、の伝統工芸品です。 秘伝の製造方法は、一子相伝の技術として代々継承され続けていましたが、1970年(昭和45年)の後継者死亡により、小山団扇の歴史と技術も途絶えてしまいました。 近年では、藤井寺市商工会が小山団扇復活を目指し取り組まれています。 そんな小山団扇ですが、そのルーツは山本勘助とも言われているのです。 小山団扇の起源は戦国時代にあり、当時、武田氏の参謀を務めていた山本勘助は、三好氏の動向を探るために藤井寺市小山地区に潜伏しています。 その際、三好氏や近隣住民から怪しまれないように隠れみの(かくれみの:実体を隠すための手段)の職業として製造、及び販売していたのが、小山団扇です。 もしかすると、自らの正体を隠すために興した職業が後世になって伝統工芸品として残されることまで、山本勘助の頭には想像されていたことなのかもしれません。 甲陽軍鑑 山本勘助の存在は、近年まで甲斐武田家の軍学書・甲陽軍鑑によってのみ確認され、それ以外の戦国から江戸時代の史料には記されていませんでした。 一時は甲陽軍鑑そのものの信憑性も疑われていたため、山本勘助も架空の人物というのが定説に。 ところが、その説に一石を投じる事件が起きたのです。 1969年(昭和44年)NHKの大河ドラマ「天と地と」で、武田信玄の花押(かおう:署名の代わりに書いた一種の記号)の入った書状を観た視聴者が、「うちにも同じ物がある」と先祖伝来の古文書を図書館に持ち込み、鑑定の結果、真物であると判定されました。 その武田信玄の書状「市河文書」(いちかわもんじょ)には、「勘」の字は異なるものの、「山本菅助」という名が記載されていたのです。 この出来事によって、架空の人物とされていた山本勘助の実在が、図らずも証明されることとなりました。 しかし、この発見は研究者の間でも大きな議論を呼び、山本「菅助」が本当に山本「勘助」のことを指し、この両名が同一人物であるのかは、いまだに見解が分かれています。 それでも、少なくともこの発見によって、武田信玄の下には「ヤマモトカンスケ」という人物が従事していたという事実が判明したと言えるのです。 2008年(平成20年)には、原市の旧家・真下家において、武田信玄が山本菅助に宛てて作成した文書が2通発見されています。 文書が発見された場所の旧家名から「真下家所蔵文書」(ましもけしょぞうもんじょ)と呼ばれており、これをきっかけに山本勘助に関する研究が急速に進展。 2通あるうちの1通については、1548年(天文17年)の信州伊那での山本菅助の働きぶりをほめたたえ、武田信玄自らが恩賞を伝える内容でした。 もう1通については、時期こそ不明ではありますが、武田信玄が山本菅助に対して軍事作戦の検討を命じる文書であり、本文中で武田信玄が「揺(ゆらぎ:軍事作戦)については、よく検討するように」と指示していることから、山本菅助が軍略を担っていたことが窺えます。 現在、真下家所蔵文書2通は、群馬県「学習の森ふるさと学習館」の行なわれる企画展などで一般公開されています。 いずれにしても、山本勘助という人物には謎が多く残されており、今後の研究や発見などによっては新たな事実も判明していくことでしょう。 こうして実在については確認された山本勘助ですが、天才的軍師としてのイメージや彼の残した功績は、甲陽軍鑑や江戸時代の講談等での脚色とも言われ、その実像はよく分かっていません。 「あてずっぽうなこと」を「山勘」(ヤマカン)と言いますが、由来は「山師の勘」だと言われています。 山師(やまし)は鉱脈を掘りあてる人のことで、その博打(ばくち)的な職業形態から、「ペテン師」を指す言葉としても使われるようになり、転じて、山勘には「人をごまかす行ない」・「詐欺」という意味も含められるようになりました。 実は山勘には、山本勘助の名前から来たという説もあります。 山本勘助の生没年以前からこの言葉が使われているため、現在この説は疑問視されていますが、そんな説が唱えられるほど、山本勘助は「計略に長けた天才肌の軍師」というイメージが作られていたのです。 左三つ巴 山本勘助の家紋は、「左三つ巴」(ひだりみつどもえ)です。 この左三つ巴紋を使用していた戦国武将は数多く、山本勘助以外にも「宇都宮広綱」(うつのみやひろつな)、「小早川隆景」(こばやかわたかかげ)などの武将が使用しています。 諸説ありますが、「巴」(ともえ)という言葉は、弓を引く際に腕を保護するために用いる武具、鞆(とも:弓具の一種。 弓を引く人の左手首に結び付け、矢を放つ衝撃を防ぐために使用する道具)を図案化した模様、「鞆絵」(ともえ)に由来。 渦巻き型の紋様には、陰陽思想が反映されています。 日本においては、巴という名の付く家紋は40種類以上存在していますが、その中でも左三つ巴紋は神紋(しんもん:神社で用いられる固有の紋)として尊重されており、神社やお祭りなどで目にする機会も多い家紋のひとつです。 「前田慶次」(別名:前田慶次郎・前田利益)は「関ヶ原の戦い」のあと、「私の主は上杉景勝ただひとりだ」と言い放ったほど、主君に対して最後まで律儀であった戦国武将です。 小説や漫画にも取り上げられる「前田慶次」とは、どのような人物だったのでしょうか。 前田利家の弟の息子と言われる「前田慶次」ですが、彼の詳しい出生や功績を示す資料は少なく、「慶次」という名も、実は本名ではありません。 今なお謎が多い「前田慶次」ですが、前田利家を騙して水風呂へ入れた隙に、前田家を出奔したり、愛馬である「松風」を贅沢に装飾したりするなど、破天荒な逸話が多数あります。 ここでは様々な逸話から「傾奇者」(かぶきもの)と称されてきた、「前田慶次」にまつわる名言や逸話、家紋などをまとめました。 「本多忠勝」(ほんだただかつ)は、生涯をかけて「徳川家康」に奉公し徳川幕府250年の天下の基礎を築いた戦国武将です。 「徳川四天王」「徳川三傑」「徳川十六神将」のひとりであり、徳川家臣最強の武将であったと語り継がれています。 「日本三名槍」のひとつである「蜻蛉切」(とんぼきり)を愛刀としていた武将も本多忠勝です。 単騎で朝倉軍に正面から突入した「姉川の戦い」や武田軍から徳川家を守った「一言坂の戦い」などで武功を上げた本多忠勝の強さはまさに別格。 生涯で57回もの戦闘に参加したにもかかわらず、傷ひとつ負わなかったという逸話があります。 こちらのページでは、戦国大名としても活躍していた本多忠勝の戦歴や人物像だけではなく、本多忠勝が残した名言や家紋、愛用していた槍「蜻蛉切」についてご紹介します。

次の