気をつけて 事故率。 タクシー運転手の事故と責任について覚えておきたいこと

気をつけよう! 交通事故は減っているのに、二輪の死亡事故は増加中(carview!)

気をつけて 事故率

あなたは2019年4月。 東京の池袋で高齢ドライバーが次々に歩行者をはねてしまい、 母子2人が死亡、10人が負傷した悲痛な事件を覚えているでしょうか。 当時はニュースでも 高齢者の「暴走運転」として大きく取り上げられ、 ドライバーの厳罰を求める署名活動が行われるなど、社会現象にもなりました。 運転していた高齢ドライバーは 87歳、75歳以上に義務付けられている「認知機能検査」で 「機能低下の恐れなし」と判定され、 ゴールド免許も保有していました。 高齢化が進む日本において、70歳や80歳でも「現役で運転している」というドライバーは非常に多いのが現状です。 そもそも、問題となる「高齢ドライバー」とは何歳以上を指すのでしょうか。 また、何歳から事故率が上昇してしまうのでしょうか。 今回は世界有数の高齢化社会である我が国における高齢ドライバーの現状とその事故率について考察していきましょう。 高齢ドライバーとは何歳から?どのように決める? 毎週のように高齢ドライバーによる痛ましい事故が起こるたびに、 高齢者による運転の是非が問われています。 そこで問題となるのが「 高齢ドライバーとは何歳からを指すのか」ということ。 現在、車を運転できる上限年齢に法律の定めはなく、 具体的に何歳まで運転するかは 個人の裁量にまかされている状態です。 同じように「何歳から高齢ドライバーとするか」の判断材料も法律上明確ではないのですが、 「警察庁の交通事故統計」や「損害保険料率算出機構の資料」では、目安として「65歳以上」を高齢ドライバーと定義しています。 しかし、読者の方も察していると思いますが、多くの人は自分の老いを認めたくない傾向があり、 「自分はまだまだ若い」 「普通で65歳?じゃあ私は70歳くらいまでは余裕だね。 だって若く見られてるし」 と、自分に甘いの補正をかけてしまいます。 高齢ドライバーの事故リスクはどれくらい? では高齢ドライバーを65歳と定義したとき、その他の年齢層と比べ、事故リスクはどれくらい違ってくるのかを見てみましょう。 実際の「交通事故件数」を比較してみると、 事故を起こしたのが最も多かった年齢層は「16~19歳」です。 人によっては意外に感じられるかもしれませんが、次いで多かったのは「20~24歳」。 この結果だけを見ると「え?高齢者よりも若者の運転の方が問題では?」といえるでしょう。 しかし、ここで注意しなければならないのは「死亡事故の件数」で比較した場合。 年齢層別で見ると「80歳以上」のドライバーの事故率がぐっと高くなり最多に、 次いで「16~19歳」「70~79歳」と続いています。 つまり、 高齢ドライバーの交通事故件数は、他年齢と比べ突出して多くないのにかかわらず、 いったん事故を起こすと大惨事となるような痛ましい結果になる可能性が高いといえるのです。 高齢ドライバーが事故を起こさないための対策とは? 高齢ドライバーの事故を減らすための対策として、 現在は70歳以上のドライバーに「高齢者マーク(高齢運転者標識)」をつけるよう呼びかけています。 しかし「高齢者マーク」を車につけるのはあくまで「努力義務」のため、 特に車をファッションととらえている方には 「高齢者マーク?こんなダサいのつけて走れるかい!」 とつけていない方もいます。 そして、もしマークをつけないまま運転したとしても、基本的に大きな罰則がないのが現状です。 また、70歳以上のドライバーは免許更新時に「高齢者講習の受講」、 75歳以上では「認知機能検査」と「高齢者講習の受講」の両方が必要となっていますが、 前述したように、検査と受講を終えたドライバーでも事故を起こしているという事例から、 この対策だけで十分安心できるとは言い難いでしょう。 これは 75歳未満の 3倍の数字です。 頻繁に運転している場合でも、本人が気づかないうちに、加齢により身体能力が低下していたり、 認知機能が衰えていたりする可能性があるのは明白。 運転中、とっさに反応できず、的確な判断をしそこねる場合もあるでしょう。 また、長く運転している高齢ドライバーこそ「慣れ」や「自信」が危険な運転につながるかもしれません。 高齢ドライバーはいつまで運転できる?本人まかせ? 高齢ドライバーによる死亡事故がニュースになるたびに「そろそろ親の運転をやめさせたい」「免許を返納させたい」という声が上がります。 そもそも運転できる年齢に上限がないため、いつまで車の運転をするかは、自身や家族間でしっかり検討することが大切です。 実際、親に免許を返納してほしいけれど「返納できない状況」にあるという声も。 過疎地に住んでいる場合は「毎日の買い物で車が必要」、足腰が弱くなっている場合は「重い荷物を運ぶのに車が必要」など、返納できない事情はそれぞれです。 また、国立長寿医療研究センターの調べでは、運転をやめた人が要介護状態になる危険性は運転を続けている人の約8倍に及んだという結果もあります。 安全に運転できる高齢ドライバーと、そうでないドライバーを一律に考え、運転をやめさせたり、免許を返納させたりするのはよくないという専門家もいるのです。 高齢ドライバーには「安全運転できるような教習を常に行うこと」また、「 運転アシストのついた車を積極的に取り入れること」など、多方面からの対策が必要といえるでしょう。 高齢ドライバーとは何歳から?どれくらい事故率が上昇するのか考察 おわりに いかがでしたでしょうか。 65歳から「高齢ドライバー」と呼ばれる日本。 高齢化が進む一方で、車の運転をしなくてもいいような公共交通機関の整備やシステム構築は十分とはいえない状況です。 運転するということは、加害者にも被害者にもなってしまう可能性があるということ。 いつまで運転するかについて高齢ドライバーの家族や友人がリスクを諭して話し合いをすることはもちろん、国や自治体が一丸となって、死亡事故を防止するような制度をつくっていくことが大切です。 少しでも悲しい交通事故を減らしていけるよう一人一人が他者に思いやりを持っていきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

普通自動二輪の事故率、死亡率を教えて下さい。免許とりたいんですが、...

気をつけて 事故率

あなたは2019年4月。 東京の池袋で高齢ドライバーが次々に歩行者をはねてしまい、 母子2人が死亡、10人が負傷した悲痛な事件を覚えているでしょうか。 当時はニュースでも 高齢者の「暴走運転」として大きく取り上げられ、 ドライバーの厳罰を求める署名活動が行われるなど、社会現象にもなりました。 運転していた高齢ドライバーは 87歳、75歳以上に義務付けられている「認知機能検査」で 「機能低下の恐れなし」と判定され、 ゴールド免許も保有していました。 高齢化が進む日本において、70歳や80歳でも「現役で運転している」というドライバーは非常に多いのが現状です。 そもそも、問題となる「高齢ドライバー」とは何歳以上を指すのでしょうか。 また、何歳から事故率が上昇してしまうのでしょうか。 今回は世界有数の高齢化社会である我が国における高齢ドライバーの現状とその事故率について考察していきましょう。 高齢ドライバーとは何歳から?どのように決める? 毎週のように高齢ドライバーによる痛ましい事故が起こるたびに、 高齢者による運転の是非が問われています。 そこで問題となるのが「 高齢ドライバーとは何歳からを指すのか」ということ。 現在、車を運転できる上限年齢に法律の定めはなく、 具体的に何歳まで運転するかは 個人の裁量にまかされている状態です。 同じように「何歳から高齢ドライバーとするか」の判断材料も法律上明確ではないのですが、 「警察庁の交通事故統計」や「損害保険料率算出機構の資料」では、目安として「65歳以上」を高齢ドライバーと定義しています。 しかし、読者の方も察していると思いますが、多くの人は自分の老いを認めたくない傾向があり、 「自分はまだまだ若い」 「普通で65歳?じゃあ私は70歳くらいまでは余裕だね。 だって若く見られてるし」 と、自分に甘いの補正をかけてしまいます。 高齢ドライバーの事故リスクはどれくらい? では高齢ドライバーを65歳と定義したとき、その他の年齢層と比べ、事故リスクはどれくらい違ってくるのかを見てみましょう。 実際の「交通事故件数」を比較してみると、 事故を起こしたのが最も多かった年齢層は「16~19歳」です。 人によっては意外に感じられるかもしれませんが、次いで多かったのは「20~24歳」。 この結果だけを見ると「え?高齢者よりも若者の運転の方が問題では?」といえるでしょう。 しかし、ここで注意しなければならないのは「死亡事故の件数」で比較した場合。 年齢層別で見ると「80歳以上」のドライバーの事故率がぐっと高くなり最多に、 次いで「16~19歳」「70~79歳」と続いています。 つまり、 高齢ドライバーの交通事故件数は、他年齢と比べ突出して多くないのにかかわらず、 いったん事故を起こすと大惨事となるような痛ましい結果になる可能性が高いといえるのです。 高齢ドライバーが事故を起こさないための対策とは? 高齢ドライバーの事故を減らすための対策として、 現在は70歳以上のドライバーに「高齢者マーク(高齢運転者標識)」をつけるよう呼びかけています。 しかし「高齢者マーク」を車につけるのはあくまで「努力義務」のため、 特に車をファッションととらえている方には 「高齢者マーク?こんなダサいのつけて走れるかい!」 とつけていない方もいます。 そして、もしマークをつけないまま運転したとしても、基本的に大きな罰則がないのが現状です。 また、70歳以上のドライバーは免許更新時に「高齢者講習の受講」、 75歳以上では「認知機能検査」と「高齢者講習の受講」の両方が必要となっていますが、 前述したように、検査と受講を終えたドライバーでも事故を起こしているという事例から、 この対策だけで十分安心できるとは言い難いでしょう。 これは 75歳未満の 3倍の数字です。 頻繁に運転している場合でも、本人が気づかないうちに、加齢により身体能力が低下していたり、 認知機能が衰えていたりする可能性があるのは明白。 運転中、とっさに反応できず、的確な判断をしそこねる場合もあるでしょう。 また、長く運転している高齢ドライバーこそ「慣れ」や「自信」が危険な運転につながるかもしれません。 高齢ドライバーはいつまで運転できる?本人まかせ? 高齢ドライバーによる死亡事故がニュースになるたびに「そろそろ親の運転をやめさせたい」「免許を返納させたい」という声が上がります。 そもそも運転できる年齢に上限がないため、いつまで車の運転をするかは、自身や家族間でしっかり検討することが大切です。 実際、親に免許を返納してほしいけれど「返納できない状況」にあるという声も。 過疎地に住んでいる場合は「毎日の買い物で車が必要」、足腰が弱くなっている場合は「重い荷物を運ぶのに車が必要」など、返納できない事情はそれぞれです。 また、国立長寿医療研究センターの調べでは、運転をやめた人が要介護状態になる危険性は運転を続けている人の約8倍に及んだという結果もあります。 安全に運転できる高齢ドライバーと、そうでないドライバーを一律に考え、運転をやめさせたり、免許を返納させたりするのはよくないという専門家もいるのです。 高齢ドライバーには「安全運転できるような教習を常に行うこと」また、「 運転アシストのついた車を積極的に取り入れること」など、多方面からの対策が必要といえるでしょう。 高齢ドライバーとは何歳から?どれくらい事故率が上昇するのか考察 おわりに いかがでしたでしょうか。 65歳から「高齢ドライバー」と呼ばれる日本。 高齢化が進む一方で、車の運転をしなくてもいいような公共交通機関の整備やシステム構築は十分とはいえない状況です。 運転するということは、加害者にも被害者にもなってしまう可能性があるということ。 いつまで運転するかについて高齢ドライバーの家族や友人がリスクを諭して話し合いをすることはもちろん、国や自治体が一丸となって、死亡事故を防止するような制度をつくっていくことが大切です。 少しでも悲しい交通事故を減らしていけるよう一人一人が他者に思いやりを持っていきましょう。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の

バイク・原付の事故率と事故の原因|チューリッヒ

気をつけて 事故率

交通事故に遭遇する時期はいつが多いのか? 小学校入学直後は大人の付き添いや地域の見守り活動など大人の目が多く事故は少ない。 しかし5月から6月にかけて増加し、夏休みにはいる7月と8月は減少する。 新学期が始まる9月から11月にかけて再び増加する傾向がある。 7歳児の交通事故の特徴は?• 7歳児の交通事故による死傷者数は成人の2. 5倍、高齢者の2倍• 登下校時に加え、習い事や友達の家に遊びに行く道すがらの事故が多い• 男児の事故は女児の2倍• 平日の事故は土曜日の2倍、日曜日の2. 5倍 7歳児とはどんな年齢か? ちょうど小学校に入学して誕生日を迎えた小学1年生の年齢だ。 なぜこの7歳児の交通事故にあう割合が他の年齢よりも高いのか? 幼稚園や保育園では大人の送り迎えがあるが、小学校に入ったら子ども達だけでの登下校となる。 また、放課後などに友だちの家や公園に子ども達だけで集まって遊んだりする機会が増える。 やはりまだまだ注意力散漫だったり、周りを冷静にみて行動ができなかったりするのだ。 特に女子に比べて男子は落ち着きのない子も多い。 どのように子どもたちを守ればよいのか? しかし子どもたちだけで行動をしているのは7歳児だけではない。 なぜ8歳児以降の子どもたちの交通事故による死傷者数は減少していくのか? それは子どもたちが事故件数に現れない数多くの危険な目にあって自分たちで危険を学んでいったからではないだろうか。 それならば、小学校入学前に私たち子どもをもつ親は通学路を一緒に歩いて、子どもと一緒に危険な交差点や危険な曲がり角などを話し合っておきましょう。 クルマがどのように動いてくるか、歩行者のことをどのように見ているかを運転手の立場からも話し合いましょう。 もちろん、自分が運転するときはいつも以上に子どもたちに気をつけて運転しましょう。 交通事故は加害者も被害者も辛いものです。 悲しい交通事故がなくなるようにみなさんで安全運転を心がけましょう。 人気記事ベスト• ゴルフをやる人ならクルマの買い替えを検討するときにゴルフバッグが横向きに積めるかは気になるところですよね。 222件のビュー• トヨタの新型車に続々と標準設定されているディスプレイオーディオ。 難点はCDやDVDが再生できないということ。 170件のビュー• 現在新車で発売している車種のほとんどがパンク修理キットを標準搭載している。 スペアタイヤはメーカーオプション設定... 93件のビュー• 2017年にトヨタ自動車より発表されていたが、あまりその時は話題にならなかった不具合がある。 アクア、シエンタ、... 46件のビュー• 新型コロナウイルスの感染予防の観点で、PTAのいろいろな行事を中止にしていかなければならない。 将来的には負担軽... 45件のビュー• 画面収録の可否 答えから言うと、iPhoneの画面収録機能でAmazon prime videoの映像を... 34件のビュー• Apple Storeにネット注文アップルストアにネットで注文したMacBook Proがどれくらいの日数で自... 29件のビュー• エンジン回転数が低くてエンストしそうになったことはありませんか?そういったときの対処法を教えます。... 24件のビュー• 円周率を1万桁まで。 31兆4000億まで判明している円周率。 みなさんは何桁まで暗記できますか?... 23件のビュー• ディーラーに行って新車の契約を結んできた。 でも家に帰ってよく考えてみたら色を変えたい、オプションを追加したい。... 21件のビュー.

次の