北斎場 火葬のみ。 大阪市立北斎場でのお葬式の流れ

北斎場

北斎場 火葬のみ

大手同業3社さんと同じ内容でチョイ安の 一日葬:252,800円! 病院、またはお亡くなりになられた場所まで、寝台車でお迎えにあがります。 病院では長時間のご遺体安置はできませんので、「ご自宅」または「専用の安置所」まで搬送します。 安置場所が未定の場合は、お迎えに伺った際にご案内し、即時決定搬送致します。 搬送は出発地から経由地を含む最終到着地までの合計50km以内となります。 50kmを超える場合は追加料金(10kmごとに3,000円)がかかります。 病院では長時間のご遺体安置はできませんので、「ご自宅」または「専用の安置所」まで搬送します。 安置場所が未定の場合は、お迎えに伺った際にご案内し、即時決定搬送致します。 搬送は出発地から経由地を含む最終到着地までの 合計50km以内となります。 50kmを超える場合は追加料金(10kmごとに3,000円)がかかります。 故人様を寝台車で火葬場へ搬送(ご家族も同行)し、 火葬を行います。 火葬が完了しましたらスタッフに葬儀費用をお支払いください。 家族葬の僧侶手配料は90,000円(税別)、戒名授与のご希望がある場合はプラス20,000円(税別)が追加となります。 以上の内容で、充分な家族葬の手配が可能です! 涙そうそうご提案!葬儀(火葬式・一日葬・家族葬)の特徴 涙そうそうご提案!葬儀(火葬式・一日葬・家族葬)のご依頼の流れ <2018. 04:大阪市立北斎場の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場」と検索してみました。 30:=大阪市立北斎場=大阪府の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 大阪府」と検索してみました。 30:=大阪市立北斎場=大阪市の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 大阪市」と検索してみました。 30:=大阪市立北斎場=火葬の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 火葬」と検索してみました。 30:=大阪市立北斎場=炉前葬の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 炉前葬」と検索してみました。 30:=大阪市立北斎場=葬儀の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 葬儀」と検索してみました。 01:=大阪市立北斎場=葬式の最新情報> グーグルで「大阪市立北斎場 葬式」と検索してみました。 該当する相談項目• 斎場(火葬場)の葬儀の予約をしたい• 葬儀の費用や流れを知りたい• 急ぎで葬儀の手配をしたい• ハイフンは不要です。 メールアドレス• 【涙そうそう:TEL 050-5305-2566】• 安心で格安な家屋解体を目指しています。 回答者さん• 本山修行3年の現役僧侶さん・現役の葬儀社社長さん・冠婚葬祭互助会の元社長さんのお三方にお願いしました。

次の

北斎場 家族葬 葬儀 大阪市北区 天満花重

北斎場 火葬のみ

大阪市北区長柄西にある公営の北斎場(きたさいじょう)では大・中・小の3タイプの式場をご用意し、こじんまりとした温かみのある家族葬から大多数でお見送りするお式まで、ご希望に合わせてのご葬儀が可能です。 また、火葬場が併設されているため、同じ施設内でお通夜・ご葬儀・火葬をとり行えます。 そのため移動やお車の手配の心配がなく、ご家族や参列者の方のご負担が軽減されるので、生前から「こちらで」と希望される方も多い、人気の斎場です。 アクセスは、地下鉄大阪メトロ谷町線・堺筋線 「天神橋筋六丁目」 駅から徒歩8分です。 お車で来られる場合でも駐車場を88台分(地下、高さ2. 1m迄)ご用意しておりますので、お車の方も安心です。 初めてのご葬儀で心配な方も専門スタッフがお手配致しますのでご安心ください。 搬送・ご安置の手配もすぐに対応いたします。 時間 市民料金 市外料金 大式場 150席 昼間(9:00~17:00 40. 000円 ー 夜間(17:00~翌9:00 80. 000円 ー 中式場 50席 昼間(9:00~17:00 20. 000円 ー 夜間(17:00~翌9:00 40. 000円 ー 小式場 20席 昼間(9:00~16:00 6. 000円 ー 夜間(17:00~翌9:00 12. 000円 ー ご安置 一晩 火葬の前日のみ) 800円 ー 火葬料 大人 ー 10. 000円 60.

次の

岐北斎苑

北斎場 火葬のみ

概要 [ ] に大阪府でが解除された後、1876年に民営の火葬場として前身の長柄葬儀所が操業を開始。 1907年に公共性の観点から大阪市が民営の火葬場4ヶ所を買収し市営火葬場として事業を継続。 施設の老朽化のため1937年6月に施設の改修が行われ、重油炉30基及び、大小式場を完成。 1940年には長柄葬儀所から長柄斎場に改められ、さらに1943年には北斎場と改めることとなった。 1955年に戦時中薪炭炉を使用していたが、重油式火葬炉15基に改築、1970年代に重油から灯油に燃料を切り替えるなど小改装を重ねてきたが、瓜破斎場に続き1997年から施設の老朽化及び環境的な問題から改修に着手。 1999年より一部施設の供用を開始。 2001年4月から全施設での稼働を開始。 周辺は住宅密集地帯であり、建替えにより都市型火葬場らしく外観は火葬場とは思えない近代的な設備となっている。 火葬料金は大阪市内その他4箇所の斎場共通である。 埋火葬許可証の届出人が大阪、八尾市民であれば市民料金で利用できる。 施設 [ ]• 地上4階建てで2階に炉前ホールが設置されている• 台車式火葬炉 20基• 式場 大式場、中式場、小式場• 駐車場 88台 葬儀・火葬が行われた有名人 [ ].

次の