海外fx 手数料とは。 JCB入金できる海外FXブローカー特集!手数料体系や最低/最高金額、レバレッジ情報もバッチリです

海外FXで取引手数料が発生するのはいつ?隠れた手数料にも注意!

海外fx 手数料とは

レバレッジ・ロスカット水準• ライセンス などの基本情報と共に一覧にしてまとめました。 「自分に合ったJCB対応海外FXブローカー選び」の参考にしていただければ幸いです。 JCB対応海外FXブローカーおすすめランキング それではさっそく、JCB対応海外FXブローカーをおすすめ順に紹介していきます。 【安全性】分別管理によって入金分・利益分共に全額補償&万が一の時もIFSCにより最大2万ドルが損失補填• 【透明性】完全NDD&リクイディティプロバイダー公開など取引の透明性が高い• 日本語対応もしっかりしていますので「長く付き合えるFXブローカー」を探している方にオススメです。 JCB出金は入金額まで可能。 XMはビットウォレットやスティックペイにも対応していますが、これらのオンラインウォレットでも利益分の出金は不可です。 しかし、このデメリットを補って余りあるほどの信頼感と安定感があるのも事実で、十分に検討したいFXブローカーの1つとなってくると思います。 【信頼性】20年以上の歴史があり出金トラブルなどの報告もない• スキャルピングやEAを使った運用を考えている場合は、ここまで紹介してきたアキシオリーやXMを選んでいきましょう。 ボーナスが豊富なJCB対応FXブローカー!is6. com」です。

次の

海外FXでかかる実質的なコスト(手数料)について

海外fx 手数料とは

海外FX業者をスプレッドで比較するときの落とし穴 その1.「リアルタイムスプレッド」や「最小スプレッド」で比較しても意味がない! 「リアルタイムスプレッド」で海外FX業者を比較しても意味がありません。 1秒後には違うスプレッドになっているので、あなたが見た瞬間に狭いスプレッドの海外FX業者が10分後にも、狭いスプレッドが維持できるとは言えないからです。 「最小スプレッド」「最大スプレッド」で海外FX業者を比較しても意味がありません。 これもリアルタイムスプレッドと同じように「最小」だけで比較しても、たまたまスプレッドが狭い時間が一瞬だけあっただけかもしれません。 実際に取引したときも最小になるとは限らないからです。 回避方法 海外FX業者を比較するときに重視するべきなのは 「平均スプレッド」です。 「固定スプレッド」ほどの信頼性ではありませんが、「平均スプレッド」が狭い海外FX業者の方が、実際に取引をしたときも狭いスプレッドが実現できる可能性が高いからです。 その2.取引手数料が無料じゃない可能性もある! 国内FX業者はほとんどは 取引手数料が無料です。 海外FX業者も 取引手数料が無料のものが多いです。 しかし、海外FX業者の口座によっては• 取引手数料を有料にする代わりに、スプレッドが狭い口座 を用意しているところも少なくありません。 ECN口座• 大口投資家向け口座• ゼロスプレッド口座• 自動売買系(システムトレード、ソーシャルトレード)の口座 などの口座が手数料が有料の可能性があります。 取引手数料無料の口座のスプレッド• 取引手数料有料の口座のスプレッド を比較すれば 「取引手数料有料の口座のスプレッド」の方が狭いのは当然なのですが 回避方法 まずは「取引手数料が有料か?無料か?」を口座を開設する前に今一度確認することが重要です。 取引手数料が有料の場合には 「取引手数料をpipsに換算して比較すること」をおすすめします。 1pips 例えば FX海外口座:A• 取引手数料:無料• 米ドル/円スプレッド:1. 0pips FX海外口座:B• 取引手数料:往復10ドル/1ロット(10万通貨取引)• 米ドル/円スプレッド:0. 2pips という場合には• FX海外口座:A 1. 0pips• 0pips + 0. 2pips = 1. 2pips とpips換算した上で、比較すれば良いのです。 この例で言えば、取引手数料を無視したら「FX海外口座:B」の方がスプレッドが狭いと思ってしまいがちですが、取引手数料をpips換算して合算すれば「FX海外口座:A」の方がスプレッドが狭いことに気づきます。 その3.取引手数料には片道と往復がある! スプレッドは 「通貨を売る時の値段 BID と通貨を買う時の値段 ASK の差」ですから 「買う」「売る」という2つの行為で1回のスプレッドが発生します。 取引手数料は• 「買う」:1回分の取引手数料発生• 「売る」:1回分の取引手数料発生 となります。 取引手数料は「往復」、つまりすでに2倍してある状態で記載することが多いのですが、海外FX業者の場合、 少しでも取引手数料を安くするために「片道の取引手数料」で表記していることが多いのです。 大きな問題は• 往復で取引手数料を表示する海外FX業者と片道で取引手数料を表示する海外FX業者が混在していること• 片道の取引手数料の場合は、注意書きに小さく「片道」と書いてあるだけというところも少なくない ことです。 回避方法 取引手数料が有料の海外FX口座の場合は必ず 「片道」「往復」か確認することが重要です。 「片道」の場合は2倍してから、取引手数料のスプレッド換算をしましょう。 その4.平均スプレッドの「測定期間」に注意 前述したAXIORYは• 現在スプレッド• 最小スプレッド• 最大スプレッド• そのため、休場明け等によりスプレッドが広まる時間帯を跨ぐ場合、実際の参考値と異なる値が表示される場合がございます。 という注意書きがあります。 24時間でのスプレッドの平均値が掲載されているということです。 「平均スプレッドで比較することが重要」と言いましたが、24時間の平均値の場合は、日によって変動幅が大きく異なります。 指標発表日の平均スプレッド• 何もない日の平均スプレッド は大きく違うはずなのです。 逆に「測定期間」が1年と長く設定している海外FX業者の場合は、「平均値の信頼性が高い」スプレッドを表記していると言えます。 どのくらいの「測定期間」の平均値なのか?も重視すべき要素です。 最小スプレッド:1. 6pips 平均スプレッド:1. 8pips となっています。 AXIORYのウェブサイトの公開スプレッドは過去24時間のデータで、当サイトの測定スプレッドは本日(14時まで)のデータですから 同じスプレッドを測定しているのであれば「当サイト測定の最小スプレッド:1. 1pips」が「AXIORYのウェブサイトの最小スプレッド:1. 6pips」を下回るはずがないのです。 しかし、現実的に「違う」結果となっています。 これには色々な理由が考えられますが• 測定タイミング• トレード環境 によっても、スプレッドがは大きく異なるということを意味しています。 今回は、海外FX業者の表記しているスプレッドの方が弊社測定のスプレッドよりも広いというパターンでしたが、逆パターンも考えられます。 外国為替取引には高いリスクが伴います。 海外FXはハイレバレッジトレードができるメリットがありますが、それは高いリスクも併せ持つということを意味します。 投資目的や投資経験、リスクの許容範囲などを十分に考慮し、不安がある場合には中立なアドバイザーにアドバイスを求めることをおすすめします。 当サイト「海外FXプロ」は日本在住の日本人の方に向けた情報サイトではございません。 あくまでも、海外在住の日本人に向けた情報サイトです。 また、当サイトの情報については万全を期しておりますが正確性、安全性その他を保障するものではございません。 当サイトは情報の提供のみを目的としており、特定の会社に勧誘をするものではございせん。 当サイトを利用した際のトラブルや損害に対しては一切責任を負いませんので、ご自身の判断でご利用ください。

次の

海外FXでかかる実質的なコスト(手数料)について

海外fx 手数料とは

海外FXを利用するにあたり、「利益が出ても本当に出金できるの?」「出金がめんどくさそう」と不安に感じる人も多いのではないでしょうか。 確かに、海外FX業者は日本に拠点がないため、出金に不安を感じてしまっても無理はないかもしれませんね。 しかし、海外FXの出金はそんなに複雑ではありません。 グローバルなサービスですので、世界中の投資家が利用できるよう様々な出金方法を用意しており、銀行送金のほか、オンラインウォレットやクレジットカードでの出金など、日本のFX会社にはない方法もあります。 海外FXの具体的な出金方法の仕組み・メリットを知れば、出金時の不安も軽減されるますし、大手海外FX業者がどのような出金方法を用意しているのか、注意するべきポイントは何かを知っていれば、海外FX業者を選ぶ際の選択肢も広がりますね。 そこで本記事では、海外FX業者から出金をする際の方法について、詳しく説明していきたいと思います。 海外FXの出金について知っておくべきこと 海外FXと国内FXの違いの1つに「出金方法の違い」が挙げられます。 海外FX業者の拠点はもちろん日本国内にはありませんので、口座なども海外に存在しています。 そのため海外FX業者から出金しようとする場合、 海外から日本国内に何らかの手段を使って送金しなければいけません。 また海外FXには出金に関して特有のルールというものも存在します。 さらには、海外FX業者の魅力の一つであるボーナスを正しく理解していないと、「出金を拒否された」と感じてしまう人もいますね。 そこでまずは、これらの点について解説したいと思います。 出金優先手順について 海外から国内へ資金を移動する際に問題になるのは、マネーロンダリング(資金洗浄)。 マネーロンダリングとは、犯罪行為で得たお金を別のお金にすり替え、正当な取引で得たように見せかける行為のことですね。 各海外FX業者はこのようなマネーロンダリングに関与しないように、共通のルールが設けられており、それは 「原則的に、入金に使った手段を用いて出金を行う」というものです。 しかし、FX取引で利益が発生し、入金額以上に出金する場合も当然ありますよね。 その時に関係するルールが 「出金優先手順」です。 出金優先手順について表でまとめると以下のような感じになります。 出金優先手順 1. クレジットカードの入金額に達するまではカードへ出金(5万円分) 2. ビットコイン入金額に達するまではビットコインでの出金(8万円分) 3. 残りの32万円分に関しては、bitwalletもしくは国際銀行送金で出金 入金以上の出金を行う場合は、自動的に優先順の方法で処理されます。 bitwalletと国際銀行送金に関しては、入金額以上の金額を出金可能ですね。 クレジットカードとビットコインに関しては、入金額以上の出金はできないということになっています。 ボーナス分は出金できない 海外FXの大きな魅力のひとつともいえる豪華なボーナスですが、ほとんどのFX会社では、このボーナスについては出金できません。 ボーナスは一般的に、口座内で FX取引のみに使用できるクレジット(ボーナス)として提供されています。 このボーナスはあくまでも取引に使用できるクレジットですので、この有効証拠金全額を出金することはできません。 もちろん、 ボーナスを使って得られた利益は出金できます。 その際、ボーナスが消失してしまうという会社もあるため、利用している各FX会社のボーナスについての扱いを確認しておきましょう。 海外FXの出金方法を徹底解説 海外FX業者からの出金方法は様々なサービスが用意され、その手段は多岐に渡りますが、中には日本からは使えない・使いにくいサービスも存在します。 そこで、ここでは主に利用される5種類の出金方法をピックアップ。 各主要海外FX業者がどのような出金方法に対応しているかも合わせて、それぞれの特徴などを説明していきたいと思います。 クレジットカード出金について 出金優先手順で先述したとおり、クレジットカードで入金された金額は原則クレジットカードを通じて出金されます。 ここで「クレジットで出金するってどういうこと?」と疑問に思う人もいるかもしれませんね。 では、クレジットカードの出金の仕組みについて解説していきましょう。 クレジットカード出金の仕組みと注意点 クレジットカード入金はショッピング枠として処理されますが、 出金はリファウンド(返金)として処理されます。 イメージとしては、クレジットカードを使って買い物をし、返品したときにカードの利用額がリセットされるのと同じですね。 トレーダーがFX業者にクレジットでの出金申請を行うと、FX業者からクレジット会社に出金額が送金され、クレジット会社はリファウンド(返金)処理を行います。 ショッピング枠のキャンセルですから、当然、決済した金額以上の返金はできません。 そのためクレジットカードの入金額に達した場合は、別の出金方法で出金されます。 また手数料が発生することはありません。 このクレジットカード出金については、他の出金方法とは違いクレジットカードで入金した場合にしか使うことはできません。 またクレジットカードで入金した場合は、入金額までは強制的にクレジットカードへの返金で処理されることになります。 そのため出金方法の選択肢のひとつと言うわけではなく、あくまでもマネーロンダリング防止のために用意されている出金手段となります。 また注意点として、クレジットカードで入出金を何回も繰り返すと言うのは、購入と返金を繰り返していることと同じになるため、カード会社から取引を拒否される可能性もあります。 カード会社によっても対応が異なるので、気になる方は直接カード会社に尋ねてみてくださいね。 bitwalletでの出金について bitwalletはインターネット上で管理する電子財布(オンラインウォレット)であり、クレジットカードや銀行振込などによる入金、日本国内の銀行へ送金できるサービスです。 bitwallet出金の特徴は、 対応しているFX業者であれば簡単に資金の移動ができる点ですね。 手数料も非常に安く、海外FX利用時の出金手段としては現在最もおすすめできるのが、このbitwalletによる出金。 ここではbitwalletの仕組みと手数料、メリット・デメリット、対応している海外FX業者を紹介していきたいと思います。 bitwallet の仕組み メジャーな海外FX業者のほとんどは、 bitwallet出金の手数料が無料となっています。 bitwallet出金で 手数料がかかるのはbitwalletから銀行口座へ出金するときのみですね。 すぐに必要でないお金はbitwallet上に保管して、必要になったら銀行口座に戻すという方法だと手数料を節約できます。 入金と出金方法をbitwalletにすれば 、 複数の海外FX業者への資金管理を一元化できるメリットもあります。 bitwallet出金の手数料 bitwalletの出金手数料は以下のとおりです。 出金手数料 銀行振込(国内) 824円(2019年3月時点) 国内銀行への着金まで2~3営業日程度 bitwalletから銀行口座への出金手数料は、2019年3月時点で824円となっています。 銀行送金などと比較しても圧倒的に低コストで出金ができますね。 アンリミテッドの条件としては、直近1年間の入金実績が3万ドル以上、かつ、直近1年間の入出金、送金回数実績が30回以上となっています。 これは海外FXを利用する上では特にハードルが高い条件ではなく、実際に私も下記の画像のようにアンリミテッド会員になっています。 私の場合直近1年間の入金実績が140,000ドル以上、回数実績が57回となっていますが、複数の海外FX業者を利用している場合は資金移動なども増えやすいため、アンリミテッドの条件は比較的容易にクリアできる内容ではないでしょうか。 これで国内銀行への利益などの出金手数料が半額の412円に抑えられる点は、かなりのメリットと言えますね。 海外FX業者 手数料 反映時間 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 無料 即時 上の表のように主要海外FX業者はほとんどがbitwalletに対応し、手数料も無料となっています。 実際の海外FX業者の出金処理は1営業日程度は必要です。 それに代わる手段として、別のオンラインウォレットを提供しているSticpayとの提携を発表しました。 また、新たに国内銀行振込にも対応する予定となっているようです。 利益分の出金には海外送金などを使う必要があります。 Sticpayでの出金について 先ほどAxioryの件で紹介したSticpayについて見ていきましょう。 Sticpayは2017年に香港でスタートした比較的新しいサービスですが、すでに数百万人の利用者を持つオンライン送金サービスです。 Sticpayから出金する方法としては国内銀行送金の他にもSticpayカードを使った出金もあり、 日本 国内の金融機関 銀行 を経由しないで資金が出金できるという特徴があります。 Sticpay出金 の仕組み Sticpayの特徴としては、出金方法の選択肢がbitwalletよりも多いという点でしょう。 主に国内銀行送金とSticpayカードを使ってATMから出金する2つの方法があります。 公式ホームページ上では告知されていませんが、オンライン上ではかなり話題となっています。 Sticpay社から「事態の解決に向けて動いているが、カード再開のめどがついていない」との連絡が一部の方にはあったようですね。 Sticpay出金の手数料 Sticpayによる国内銀行送金の手数料は以下のようになっています。 カード操作の種類 手数料 出金手数料 1. ただ、Sticpayカードは 13ヶ月目以降に毎月手数料がかかり、発行するための費用も必要という点は注意が必要ですね。 このあたりは公式ホームページで最新の情報を確認してみてくださいね。 現在は、新規カード発行とカード利用が停止になっており、再開するのを待つしかありません。 Sticpayカードが使えないと出金などは国内銀行送金に限定されてしまいますので、メリットが少なくなってしまいます。 Sticpay出金のメリット・デメリット Sticpayを使った出金に関してのメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。 海外銀行送金について 海外銀行送金は入金ではあまり利用されませんが、出金では比較的一般的な方法です。 ただ中継銀行、受取銀行などの 手数料が高額であり着金までに5~7営業日必要ですので、bitwalletなどのサービスを使う方法よりややメリットは少ないと言えますね。 海外銀行送金の仕組み 海外銀行送金はほぼ すべての海外FX業者が対応している出金方法です。 しかし前述の通り、海外の銀行から国内の銀行へ送金という形になりますので、どうしてもコストは高くなってしまいます。 そこでおすすめなのが国内受取銀行をソニー銀行にすること。 ソニー銀行にすると受取手数料が無料になりますので、他の銀行よりもお得に出金できますね。 海外銀行送金を利用する人は、ぜひソニー銀行口座の開設を検討してみてください。 私は現在までのところ海外FX業者からの入金を拒否された経験はありませんが、もし利用できなかった場合は楽天銀行など別の銀行を利用するようにしましょう。 海外銀行送金の手数料と対応FX業者 海外FX業者 海外FX業者側の送金手数料 トレーダー側の受取手数料 最低出金額 無料 中継手数料+受取銀行手数料(2500円程度) 1万円 無料(2万円以上) 中継手数料+受取銀行手数料 2万円以下の場合、別途1500円の手数料が必要 1700円 (20AUD相当額) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 5000円程度 (45ドル相当額) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 無料 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 無料 中継手数料+受取銀行手数料 1円 4000円程度 (35ドル相当) 中継手数料+受取銀行手数料 記載なし 海外FX業者によっては、FX業者側の送金手数料がかかる会社も複数あります。 そのような海外FX業者で海外銀行送金を行うと、手数料の総額がかなり高額になってしまいますので、他の方法で出金したほうが良いと言えるでしょう。 最もメジャーな海外FX業者であるXMのほか、FBSとGemForex、条件付きではあるもののAxioryも、FX業者側の送金手数料が無料ですので、中継銀行手数料と受取手数料のみで送金可能です。 受取銀行をソニー銀行口座にすれば受取手数料も無料になりますので、出金時のコストをかなり抑えることができますね。 海外銀行送金のメリット・デメリット 海外銀行送金のメリット・デメリットをまとめると以下のようになります。 メリット デメリット ・すべての海外FX業者が対応している ・出金手数料が高額 ・着金までに時間がかかる 最も基本的な出金方法ですので、 すべてのFX業者が対応しています。 しかし、銀行をいくつも経由して着金するため、 高額な手数料が何千円単位で発生し時間もかかります。 国内銀行振込について 入金の際には非常に便利な国内銀行振込送金ですが、出金の際には、ほとんどの会社が使用できません。 これは海外からの送金に関しての規制が年々厳しくなっているためです。 規制が年々厳しくなっている 入金では国内銀行振込に対応していても、出金で国内銀行送金に対応しているFX業者はほとんどありません。 理由としては、マネーロンダリング防止と脱税などの犯罪防止が挙げられます。 金融機関は、海外から国内の銀行に着金するとすべての取引を税務署に申告する義務がありますが、国内銀行から振込をするだけでは申告の義務はありませんね。 この仕組みを悪用すれば、脱税に使われる恐れがあります。 そのため金融庁などから厳しい取り締まりがあり、2020年1月現在、国内銀行振込による出金に対応している大手海外FX業者は下記の4社 国内送金を明言していない業者もあり のみとなっています。 まとめ 入金よりも出金のほうが、年々仕組みや法律が変わり、非常に流動的です。 数年前までは普通に使えていた方法が使えなくなってしまったり、Sticpayカードのように突然利用停止になってしまったりということもありますね。 それと同時に様々なサービスが誕生しており、選択肢も広がっています。 コストを考えた場合、 やはり出金で一番おすすめの方法はbitwallet。 海外FX業者間の資金移動も楽にできますし、ただでさえ安い手数料が使うほどにさらに安くなる点も魅力的です。 ただbitwalletに対応していない海外FX業者もありますので、その場合は本記事を参考に各出金方法のメリット・デメリットなどを把握して出金手段を検討していただければと思います。

次の