車 高調 減衰 調整。 車高調ハイパーマックスの取り付け方と減衰力・プリロード調整方法

簡単な減衰力調整方法とは?

車 高調 減衰 調整

車のアフターパーツとして、広く一般販売されているサスペンション ダンパー&スプリング パーツ。 その多くに車高調整機能がついていることから、車高調と呼ばれることもあります。 この減衰力とは、サスペンションの根幹をなすショックアブソーバー 伸縮する本体の部分 が伸び縮みする速度を抑える力です。 減衰力が弱ければ、伸び縮みの際にスコスコと抵抗も少なく動きますし、減衰力が強ければ、伸び縮みに抵抗が発生してジワジワと動きます。 これは、車高の調整とはまったく異なる仕組みなので、車高調整機能の無いショックアブソーバーでも、減衰力調整機構がついていることがあります。 この減衰力を調整することには、どんな意味があるのでしょうか? 一般論になりますが、ハイパワーを路面に伝えたり、あるいはカーブを曲がる時などに、路面へ向かって押し付けられるような力が車体に働く自動車では、ショックブソーバーの減衰力が強い方が、よりスポーティに走れると言われます。 減衰力が弱い場合だと、車体を路面に押し付ける力でショックアブソーバーが完全に縮み切ると、それ以上はスプリングが効かない状態、つまり衝撃も力も何も吸収しない状態になってしまいます。 それを避けるため、普段からの乗り心地は固くなるものの、高い減衰力でジワジワとショックアブソーバーが縮むような動きをすれば、その分だけタイヤやボディの負担が減り、高速走行時の乗り心地は向上します。 しかし、そこまで激しい走りをしないのであれば、普段の乗り心地を重視した方が良いので、減衰力が弱い方が良いでしょう。 そのため、普段は減衰力が弱い状態で走り、本気でスポーツ走行を行う時には減衰力を上げたりといった調整を行います。 ほかにも天候その他の理由で路面温度が低かったり濡れていたりで、サスペンションがあまり硬いとタイヤが滑ってしまう場合や、逆に路面温度が高く、タイヤが普段より路面に食いつく 摩擦力が高い 状態など、状況に応じた変更を行うわけです。 伸び側、縮み側で異なる減衰力 この減衰力調整にも2種類あり、伸びも縮みも一緒くたに調整してしまうものと、別々に調整するものがあります。 ショックアブソーバー内部の構造によってどちらかが選択され、単筒式という構造は単純ながら、それゆえ容量の大きい方式では伸び縮み一緒に、複筒式という複雑な構造を持つものは別々に調整可能なことが多いです。 伸び側と縮み側を別々に調整する意味としては、舗装路を走る車の場合はカーブを曲がる時に縮み側 外側の車輪 減衰力を下げて積極的にロール 傾ける させる一方、伸び側 内側の車輪 減衰力を上げて、ショックが伸び切らないようして踏ん張らせるなどの効果を狙う場合などがあります。 これが悪路を走る車ですとその逆で、縮み側減衰力を上げて激しい悪路でもショックが縮みきらないようにする一方、伸び側減衰力を上げて凹凸の激しい路面に対する追従力を上げ、車体をなるべく水平に保たせるのです。 そうした効果が狙えるのであれば、すべて別々に調整できた方が良いのではないかと思うかもしれませんが、複筒式は十分な性能を持つものなら高価 1台分で100万円以上する場合もある なため、用途によっては安価かつ容量も大きい単筒式で十分とも言えます。 車高調でも減衰力調整が無いものもある 車高調だからすべて減衰力調整式かと言えば、そうでもありません。 ビルシュタイン系の車高調などで、元から減衰力調整機能を持たないものもあります。 減衰力調整機能付きのサスペンションを使ったことがある人なら覚えがあると思いますが、実際にはそうそう減衰力のセッティングは行いません。 場合によってはタイヤの空気圧で細かいセッティングを済ませてしまう場合もありますし、車高と同様、ある程度セッティングが煮詰まると、そこから必要以上に変更しても迷うだけで大きな効果は見込めないからです。 あくまで「自分にとっての好みで微調整するための機能」と割り切って、無ければ無いなりにスプリングやタイヤで調整してしまうのもひとつの手ですね。

次の

SPORT

車 高調 減衰 調整

車のアフターパーツとして、広く一般販売されているサスペンション ダンパー&スプリング パーツ。 その多くに車高調整機能がついていることから、車高調と呼ばれることもあります。 この減衰力とは、サスペンションの根幹をなすショックアブソーバー 伸縮する本体の部分 が伸び縮みする速度を抑える力です。 減衰力が弱ければ、伸び縮みの際にスコスコと抵抗も少なく動きますし、減衰力が強ければ、伸び縮みに抵抗が発生してジワジワと動きます。 これは、車高の調整とはまったく異なる仕組みなので、車高調整機能の無いショックアブソーバーでも、減衰力調整機構がついていることがあります。 減衰力調整を行うことで、何が変わる? この減衰力を調整することには、どんな意味があるのでしょうか? 一般論になりますが、ハイパワーを路面に伝えたり、あるいはカーブを曲がる時などに、路面へ向かって押し付けられるような力が車体に働く自動車では、ショックブソーバーの減衰力が強い方が、よりスポーティに走れると言われます。 減衰力が弱い場合だと、車体を路面に押し付ける力でショックアブソーバーが完全に縮み切ると、それ以上はスプリングが効かない状態、つまり衝撃も力も何も吸収しない状態になってしまいます。 それを避けるため、普段からの乗り心地は固くなるものの、高い減衰力でジワジワとショックアブソーバーが縮むような動きをすれば、その分だけタイヤやボディの負担が減り、高速走行時の乗り心地は向上します。 しかし、そこまで激しい走りをしないのであれば、普段の乗り心地を重視した方が良いので、減衰力が弱い方が良いでしょう。 そのため、普段は減衰力が弱い状態で走り、本気でスポーツ走行を行う時には減衰力を上げたりといった調整を行います。 ほかにも天候その他の理由で路面温度が低かったり濡れていたりで、サスペンションがあまり硬いとタイヤが滑ってしまう場合や、逆に路面温度が高く、タイヤが普段より路面に食いつく 摩擦力が高い 状態など、状況に応じた変更を行うわけです。 伸び側、縮み側で異なる減衰力 この減衰力調整にも2種類あり、伸びも縮みも一緒くたに調整してしまうものと、別々に調整するものがあります。 ショックアブソーバー内部の構造によってどちらかが選択され、単筒式という構造は単純ながら、それゆえ容量の大きい方式では伸び縮み一緒に、複筒式という複雑な構造を持つものは別々に調整可能なことが多いです。 伸び側と縮み側を別々に調整する意味としては、舗装路を走る車の場合はカーブを曲がる時に縮み側 外側の車輪 減衰力を下げて積極的にロール 傾ける させる一方、伸び側 内側の車輪 減衰力を上げて、ショックが伸び切らないようして踏ん張らせるなどの効果を狙う場合などがあります。 これが悪路を走る車ですとその逆で、縮み側減衰力を上げて激しい悪路でもショックが縮みきらないようにする一方、伸び側減衰力を上げて凹凸の激しい路面に対する追従力を上げ、車体をなるべく水平に保たせるのです。 そうした効果が狙えるのであれば、すべて別々に調整できた方が良いのではないかと思うかもしれませんが、複筒式は十分な性能を持つものなら高価 1台分で100万円以上する場合もある なため、用途によっては安価かつ容量も大きい単筒式で十分とも言えます。 車高調でも減衰力調整が無いものもある 車高調だからすべて減衰力調整式かと言えば、そうでもありません。 ビルシュタイン系の車高調などで、元から減衰力調整機能を持たないものもあります。 減衰力調整機能付きのサスペンションを使ったことがある人なら覚えがあると思いますが、実際にはそうそう減衰力のセッティングは行いません。 場合によってはタイヤの空気圧で細かいセッティングを済ませてしまう場合もありますし、車高と同様、ある程度セッティングが煮詰まると、そこから必要以上に変更しても迷うだけで大きな効果は見込めないからです。 あくまで「自分にとっての好みで微調整するための機能」と割り切って、無ければ無いなりにスプリングやタイヤで調整してしまうのもひとつの手ですね。 中古車を購入するなら、高品質で安価な一台を手に入れたいものですよね。 しかし中古車は状態も様々なため、数ある中古車の中から良いもの選ぶのはとても難しいことです。 そこでオススメなのは、信頼できる販売店を見つけて店舗スタッフと相談しながら、希望にあった中古車を見つけることです。 中古車情報サイト「車選び. com」では、車販売の専門家である店舗スタッフが、顔写真と実名入りで車両をオススメしますので、信頼性が高い情報の中から中古車を探すことができます。 全国展開する大型販売店から地域密着の販売店まで、幅広い層の中古車販売店から約20万台の中古車情報を掲載する「車選び. com」で、あなたにピッタリの中古車を探してみませんか? 相場より数十万円高くクルマを売る方法 クルマを高く売りたいなら、見積もりを一社だけにするのは絶対に避けるべきです。 買取査定額は買取業者がそのクルマ欲しいタイミングかどうかで決まるため、複数の買取業者に見積もりを出してもらうのが高額査定の近道です。 また、車種・年式・走行距離と言った状態が近いクルマの買取相場を知ることで、査定額が適正かどうかを判断することができるため、事前に調査しておくこともおすすめです。 中古車買取サイト「車選び. comの一括査定」では、必要情報を一回書くだけで複数の業者に見積もり依頼ができます。 また、条件にあった車の買取相場を調べる機能もついているため、今は売るつもりがない方も気軽にクルマの価格を調べることができます。 自動車保険をまとめて比較するなら、「価格. com」がおすすめ!.

次の

車高調について質問です。減衰調整とは何ですか?どこの部分で...

車 高調 減衰 調整

減衰力の調整方法について 減衰力が高いと、スプリングの伸び縮みは素早く収まり、乗り心地は硬く感じるようになります。 反対に減衰力が低いと、スプリングの伸び縮みはゆっくり収まり、乗り心地は柔らかく感じるようになります。 したがって、サスペンションが硬過ぎる感じがする場合は減衰力を低くし、柔らか過ぎる感じがする場合は減衰力を高くしていきます。 車高調サスペンションの多くは、アッパーマウント部やダンパー下側に減衰力調整のつまみがついています。 基本的につまみを時計回りに回すと減衰力は高くなり、反時計回りに回すと低くなります。 調整は一気に行わず少しずつ(1段か2段ずつ)回して試しながら、自分にとって最適なポジションを探すようにしてください。 乗り心地を良くするコツは 減衰力調整によって、自分にとってベストな乗り心地が実現できれば、それに越したことはありませんが、実際はそう簡単にはいきません。 たとえば減衰力は、スプリングのバネレートとのバランスで決めていきます。 それはバネレートの高いスプリングを使っているのに、減衰力だけを低くして乗り心地を良くしようとしても限界があるからです。 もっと言えば、乗り心地自体が人によって感じ方が異なるためです。 確かに減衰力調整は、簡単にできてある程度の効果も見込める方法ですが、それだけにこだわらずに、自分自身でいろいろ工夫してみることをおすすめします。 車の乗り心地は、タイヤの銘柄や空気圧、シートのクッション性によっても変わります。 いろいろな工夫をして、自分や家族にとって最高に乗り心地のいい車をつくっていくのは、けっこう楽しい作業なのではないでしょうか。

次の