ペットを亡くした友人にかける言葉。 友人のペットが亡くなった時かける言葉|お悔やみメールやNGな一言|ペット火葬・ペット葬儀8,500円(税抜)~、提携霊園あり供養相談も|ペット葬儀110番

ペットを亡くした人にかける言葉や励ましの言葉は?【お悔やみの言葉・メッセージ】

ペットを亡くした友人にかける言葉

今も昔も、犬や猫などのペット人気は衰えることがありません。 この記事を読んでおられる方ご自身も、またみなさんの周りでも、なんらかのペットを飼っているという方は多いのではないでしょうか。 私たちはペットと暮らすことによって心が癒され、楽しい時間を過ごすことができます。 しかし一方で、避けては通れないのがペットの死です。 もし親しい友人のペットが死亡して、悲しそうにしていたら、お悔やみの言葉をかけて元気づけてあげたいものです。 そこで今回は、 ペットへのお悔やみメッセージに焦点をあてて、具体的な文例や、お供え物について、ご紹介していきます。 「まさに今ペットを飼っている」とか「親しい友人がペットを飼っている」という方は、ぜひ参考にしてみてください。 ペットを亡くした飼い主にかけたい言葉 ペットを亡くした方には、適切な言葉をかけることが重要になります。 不適切な言葉をかけると失礼にあたり、ときには反感をかうおそれもあるでしょう。 飼い主がどれだけ生前ペットを大切にしていたかも考慮して、 臨機応変に対応することが大切です。 ここでは、ペットへのお悔やみの言葉をみていきます。 亡くなった原因ごとに適切な言葉は変化するため、ケース別にご紹介します。 病気の場合 病気でペットが亡くなった場合は、「もっとこうしていれば」「ああしていればよかったのでは」と悩んだり考えたりしてしまうものです。 しかし、亡くなったペットが頑張って生きたのと同じように、飼い主も懸命に看病し、病気の治療をしていたはずです。 寿命の場合 ペットの寿命は、個体差にもよりますが10年以上生きる場合が多いです。 そのため、長年連れ添った想いが強い分、悲しみも強くなるでしょう。 寿命をまっとうしたのであれば、基本的に明るい言葉をかけるのがよいとされています。 長生きしたことを褒め、飼い主がそれだけ 大切に育ててきたということをねぎらってあげることが大切です。 不慮の事故であった場合 不慮の事故で突然ペットが亡くなってしまった場合は、病気で見送った人とは違う心の痛みがあります。 現実を受け止められず、錯乱してしまう人も少なくはないでしょう。 そのため、お悔やみの言葉をかける際は細心の注意を払い、 飼い主の気持ちに寄り添うことが大切です。 感謝の気持ちでお見送りしてあげよう」 など、「 ペットのお悔やみの言葉」だけでなく、「 飼い主への励まし」を含んだ言葉をかけてあげるとよいでしょう。 自分もおどろいているなど、同じ気持ちであることを話し、飼い主の体調も気にかけてあげてください。 精神的に不安定であるなら、あまり刺激してしまうと感情を逆なでしてしまうおそれがあるため注意も必要です。 ペットのお悔やみにふさわしくない言葉 ペットへのお悔やみの言葉として不適切な表現をしてしまうと、 飼い主の不安や悲しみをあおる原因となるおそれがあります。 言葉選びには十分気をつけなければなりません。 「あなたがもっと早く気づいていれば」 「寿命だから仕方がない」 「新しい子を飼えば」 「たかがペットでしょ」 「かわいそう」 などは、いわないようにしましょう。 飼い主はかけがえのない家族同様のペットが亡くなった大きな悲しみのなかです。 そんなときに、上記のような言葉をかけるのは、飼い主の 心に大きな傷を残してしまうことがあります。 また、一般的目線の言葉も他人行儀な印象を与え、心無い言葉と受け取られるかもしれません。 茶化すような言葉や心無い言葉は、絶対にかけてはいけません。 ペットが亡くなったケースはさまざまに考えられます。 悲しみから立ち直る時間はそれぞれ違い、 話しを聞いてもらうだけでも気持ちが楽になる方もいるでしょう。 まずはどういう状況だったのかを理解し、しっかり相手の気持ちに寄り添い、飼い主が悲しみを乗り越えられるよう 臨機応変な対応をすることが大切です。 ある程度時間が経ったあとでも、説教じみた話や茶化すようなニュアンスの言葉はいわないようにしましょう。 また、悲しみを克服したあとに、新しいペットを家族として迎えることもあります。 その際、前のペットの話や飼うタイミングが早かったことをにおわせる言葉をかけるのはおすすめできません。 お悔やみメッセージはどのように書く? まずは親しい人が飼っていたペットが亡くなった場合に、どのようなお悔やみメッセージを送ったらよいのかでしょうか?実はペットのお悔やみメッセージについては「必ずこうしなければならない」といった決まりはありません。 しかしペットも家族の一員ですから、人間の場合と同じように「お悔やみの気持ちをスマートに伝えたい」という場合に役立つ文例をご紹介しますので、参考にしてみてください。 【ペットのお悔やみメッセージ文例】 ご霊前・四十九日前 仏教の場合、亡くなった日から四十九日前はご霊前といい、法要にうかがう場合のマナーとして「御仏前」または「御供物料」と表書きをした香典袋を持参するのが一般的なしきたりとなっています。 人間でいうところの「四十九日前」に出すペットのお悔やみメッセージについて、いくつかの文例をご紹介します。 たくさんの思い出をありがとう。 どうぞ安らかにお眠りください。 (2)ご家族の気持ちを思うと、胸が痛みます。 (3)突然の悲しいお知らせに呆然としております。 お別れにもうかがえず、残念でなりません。 初盆・新盆 人間でいうところの「初盆」は、亡くなってから初めて迎えるお盆のことです。 地域によっては新盆という言い方をする場合もあります。 この初盆の時期に出すお悔やみメッセージの文例をご紹介します。 (1)初盆を迎えられるにあたり、心ばかりですがお花を送らせていただきました。 暑さ厳しい折、くれぐれもご自愛ください。 ささやかではございますが、お花を送らせていただきます。 当日はお参りにいくことができず、遠方より合掌させていただきたいと思います。 お悔やみメッセージを英語で書きたい場合 続いて英語でペットのお悔やみメッセージを送りたい場合は、どのようなメッセージを送ったらよいのでしょうか?英語の場合でもペットが死亡した際のお悔やみの言葉は「必ずこういわなければならない」という決まりはありません。 しかし英語の場合は、なるべく 直接的な表現を避けるなど、気をつけたい点があります。 例えば日本語の場合は「死ぬ」とはいわずに「亡くなる」という表現を使いますよね。 それと同じように「死=death(名詞)・死ぬ=die(死ぬ)」の代わりに「亡くなる・居なくなる=pass away 」・「失う=lose」・「喪失=loss」という言葉を用いたほうが優しい表現になります。 また日本語の「ご愁傷様・お気の毒」というような意味で「sorry」という言葉もよく使われます。 基本的には「I am sorry」で話し始めることが多いですが「I am so sorry」・「Sorry」・「So sorry」という言い方をする場合もあります。 そこで相手にペットのお悔やみメッセージをスマートに届けるため、短い文例をいくつかご紹介いたします。 「ご愁傷様です・あなたの喪失をお気の毒に思います」 (2)Rest in Peace. 「安らかに・ご冥福をお祈りします」 (3)My thoughts and prayers are with you. 「私の思い(祈り)は、あなた共にあります」 (4)I am sorry to hear that she passed away. それと同じように、ペットが死亡した場合は飼い主に対しペットのお悔やみメッセージを添えた 「お悔やみカード」を送ることができます。 日本ではまだあまり普及していませんが、欧米ではよく「お悔やみカード」を送ったり、送られたりする習慣があるようです。 大切なペットが死亡して悲しみにくれているとき、親しい友人からペットのお悔やみメッセージを添えた「お悔やみカード」を貰ったら、誰でも 嬉しい気持ちになり励まされるのではないでしょうか。 そこで実際に販売されている「お悔やみカード」を紹介いたします。 犬Speakお悔やみカード — If There Ever Comes A Day プリザーブドフラワーに弔電がセットになったお花です。 まとめ ここまでペットへのお悔やみメッセージに焦点をあてて、具体的な文例やお供え物についてご紹介してきました。 ペットを飼うすべての人にとって 避けることのできないものが「ペットの死」です。 もしも身近な人がペットの死に悲しみ、落ち込んでいたら優しい言葉やお花を送って励ましてあげたいものです。 またペットを飼っている人は、いつかくるペットとの別れに備えて、あらかじめ ペット葬儀ができる業者を探しておくことも大切です。 あらかじめ準備をしておくことで、ペットとの最後の時間を、ゆっくりと過ごすことができます。 (この記事は2020年4月16日に加筆・修正しています).

次の

火葬の際にどのような言葉をかけるべき?例文なども合わせてご紹介!|終活ねっと

ペットを亡くした友人にかける言葉

「飼い主の方へ何かお悔やみの品を送った方がいいかな?」 「励ましの為になにか贈りたいけれど、どんなものが良いのかな?」 と多くの方が、悩まれる場合が多いようです。 言葉だけではなくて、何か思いを形にして弔いの気持ちを伝えたいとお考えの方に、贈り物のご参考になりましたらうれしく思います。 また、知人・友人のペットが亡くなった知らせを受けた時、贈り物よりも先に、まずかけて差し上げたいのが、心を込めたお悔やみの言葉、励ましの言葉です。 なんと声をかけたら飼い主さんを励ませるのかについては、をご覧ください。 「お花」 愛するペットの祭壇は、お花でいっぱいにしてあげたいものです。 たくさんのお花で飾り、「この子はたくさんの方に想ってもらって、幸せだったな」と飼い主様が思ってくださることで、ペットを亡くされた方への大きな励ましになることでしょう。 ペットの場合、 仏花にこだわらず、祭壇に飾れる 可愛らしいアレンジメントフラワーや、 白を基調としたブーケや、 その子のイメージカラーのお花を贈って差し上げる場合も多いようです。 最近では、花瓶に移し替える必要のない という生花のアレンジメントもあります。 そのまま祭壇に飾れ、通常のブーケよりも長持ちするので、とてもおすすめです。 「ロウソクや可愛いキャンドル、お線香」 祭壇に飾れるグッズは、やはり喜んでいただけることと思います。 ペットフード風のロウソクなどは、お供え物として飾っていただけます。 また、ふくふくやまではロウソクやお線香のセットなど、を多数取り扱っています。 「お友達のペットのお写真を、現像してプレゼントする」 ご自身の携帯電話・スマートフォンに、お友達の亡くなったペットを撮影したお写真はありませんか? もしお写真をお持ちでしたら、それを現像して可愛いフォトフレーム等にお入れして差し上げるのも、祭壇に飾れるのでお喜びいただけることでしょう。 「お供え物のお菓子(最後にご家族が召し上がれる物)」 祭壇に飾っていただけるものとして、お供え物のお菓子等の食品があります。 ペット用のお菓子は、多頭飼いのご家族で、お供えした後にほかのワンちゃん・ネコちゃんが召し上がれる場合でしたら喜ばれることと思います。 一方、ほかにペットが居ないご自宅は、 ペット用の食品をいただくと、お供えしたのちに賞味期限が切れた際、せっかくいただいたのに捨てなくてはならず、心苦しい思いをされる、という場合もあります。 多頭飼いでない場合は、 お供えしたのちに、ご家族が召し上がれる物を差し上げるのも良いかもしれません。 番外編 お友達からいただいて嬉しかったもの 飼っていたペットと同じ種類のシール。 身近なものに貼っていつでもペットを想っていられるので、心に残っているプレゼントです。 ペットを見送った飼い主は、いつでもそばにそのペットの面影を感じていたいものです。 ペット達に仏壇はいけないと言われました。 理由はなく私は、自宅に仏壇がありまた、ご本尊をお祀りしておとけさまを大切にお祀りしてきたご先祖さまたちは、やはり犬や猫を家族とは認めてくれない時代なんだな!と感じました。 ならば、生前の写真にお花やお供えなどはよいのでわ!とかんがえています。 仏壇はありませんが、のちに私が、他界した時に薬師寺などに預けなくてわならなく姉の水子供養の仏壇も結果的に預けました。 人のようにお祀りできない宗派があっても生前の名残を残してくれた写真と共に人生を歩むのもひとつなんだとかんがえています。 お供として何からの幸せを与えてくれたわんちゃんたちにできることは、天国で幸せになってほしい。 昔のワンちゃんの写真まで飾れないなら一年に一回身近なワンちゃんの命日に一年に一回薬師寺にて、れなちゃんを代表して先祖代々で供養するつもりです。 れなだけでも母が知ってる犬は、13代目です。 をたしでも、9代目そして、猫ちゃん。 迷い犬や猫なども家に縁がありまよいこんできた動物もまとめてくようしてやっています。 供養の仕方は、宗派や個人の考え方によりずいぶんと変わりますが、共に生きてきてくれ幸せを与えてくれ人と同じように自然の恵みを受けた動物の死は人にとってかけがえのない存在の別れでもあります。 しかしきっとそばにて見守ってくれている。 そして、観音様のお供になり天国のてまえの虹の橋にて幸せに暮らしている!とかんがえています。 次の世代にも仏教の教えにならいどうぶての命のはかなさそして、人もおなじなんだと伝えながら命の大切さや愛することの大切さを形が違うにてもつたえてゆきたいですね。

次の

ペットロスにはこう対応する!かける言葉はどんなものが良いの?

ペットを亡くした友人にかける言葉

ペットロスになった場合 ペットロスの症状には、周りから見て分かるものと分からないものがあります。 私の場合は、泣きたいだけ泣く!ということだったので周りから見て分かるものだったと思います。 中には、亡くなったペットのことを思い出して寝れていない、食欲不振などの症状が出ているのに大丈夫!といって一人で抱えてしまう方もいらっしゃいます。 ペットロスになった場合は、気持ちを自分の中で抑え込まないことが大切だと思います。 家事ができそうにないのなら、周りの人に頼ってもいいと思います。 学生なら悲しみや辛さが落ち着くまで休んでもいいと思います。 しっかり自分の気持ちを外に出す!抑え込まないということが重要だと思います。 ブログなどのSNSで気持ちを出してもいいと思います。 SNSであれば同じ気持ちの人たちと励ましあうということもできます。 けして飼い主さんが悪いわけではありません。 それは絶対なので、ゆっくりゆっくりペットロスから回復していってください。 ペットロスの方へ、youtubeがありましたので載せておきます。 ペットロスの人にかける言葉 ペットロスの人には言葉をかけるというより、 聴いてあげる方がいいと思います。 ただ、けして否定的な言葉(あなたのせい、かわいそう、泣いたらペットが心配するよ・・・などなど)をかけることはNGです。 また、励ましすぎるのも逆効果になることがあります。 言葉をかけるのであれば、「一緒にどこか行く?」「ちょっと気晴らしに遊びに行こうか?」などポジティブな言葉をかけてあげるといいと思います。 私の場合は、母や祖母に聴いてもらっていました。 「寿命だったから仕方ないよ」と言われたのですが、本当はあまりよくない言葉かもしれないですね。 できるならば「1日1日、みんなといたいから頑張って生きてくれたんだね」とか「みんなと暮らせてこの子は幸せだったよ」などポジティブな言葉をかけてあげる方が良いのかもしれません。 私も小さかったのと、周りより泣いて言葉がしっかり理解できていなかったので今思えば、母や祖母の言葉はペットロスにはよくないと思います。 そばにいるだけでもOK! 私が中学1年生の時に、初めて親に手伝ってもらわないで、自分でお世話をして可愛がっていたハムスターが亡くなりました。 そのとき偶然、友人が隣にいてくれたのです。 その友人は何も言わず、私が泣き止み落ち着くまで一緒にいてくれました。 そのおかげで、私も落ち着き幸いペットロスにまで至らなかったです。 ペットロスの人にでも、1人でいるよりは断然2人でいた方が悲しみもまぎれます。 1人でいるとどうしても寂しさを感じたり、罪悪感を感じてしまったりいろいろな負の感情が出てきてしまいます。 なので、周りの方がペットロスになったら「一緒にいる」ということでもいいと思います。 少しずつ元気を取り戻して来たら、「どこか行く?」などの言葉をかけてあげるのでもいいと思いますよ。 また、一緒にペットの遺影を選んだりするのもいいかもしれません。 きっと、「この写真はこんなことをした時に撮ったの」「面白い顔してるでしょ?」など、思い出話をしてくれると思います。 ペットロスの人が泣いてもそっとそばにいてあげることで少しは違うと思います。 まとめ 自分がペットロスになってしまった場合は、気持ちを殺さず思いっきり泣いたり、周りに話を聴いてもらいましょう。 ペットロスの人にかける言葉は、否定的な言葉をかけないように注意します。 ポジティブな言葉をかけてあげることで少しずつ立ち直れると思います。 また、言葉をかけなくとも話を聴いてあげることでもペットロスには効果があると思います。 そばにいてあげるそれだけでも十分ペットを亡くして不安な時には心強いです。 私は、ずっとそばにいてくれた友人に感謝しています。 否定もせず、泣きたいだけ泣かせてくれて落ち着くまでそばにいてくれたこと、とても嬉しかったしそのおかげでペットロスにならなくてすんだと思っています。

次の