ドコモ シミュレーション。 「ギガホ・ギガライト」の料金シミュレーションでの注意点

「ギガホ・ギガライト」の料金シミュレーションでの注意点

ドコモ シミュレーション

ハイトーンボイスな歌声への不快指数が高め ドコモの料金シミュレーションのCMが嫌いな方が指摘されてるポイントは、 独特の歌声 についてです。 CM中では、• 『そうだ、料金シミュレーションだ、ハァ~(パァ~?)』 (ハイトーンボイスすぎて最後なんて言ってるのかよくわからないですw) というような、阿佐ヶ谷姉妹のような歌声が使用されてるのも特徴になってますが、 この声のクセが非常に強いため、耳障りと感じてる方が多いようです。 ダッ!の部分も。 特にパッ!の所の高音が嫌い。 歌声が不快• キーがずれてる感じがして気持ち悪い• うるさい• イライラする と言ったリアクションが見られてます。 料金シミュレーションを必要とする契約形態の複雑さを疑問視する声も また、歌以外の部分でも、 『料金シミュレーション』が必要なくらい複雑な契約形態 が、そもそもおかしいんじゃないか?という疑問の声も見られてます。 ドコモの料金シミュレーションのcmって、ドコモが杜撰な契約形態取ってるって言う証拠でしかないのでは…? — ぱぱす PPSnuwa docomoの料金シミュレーションのCMって自ら『ややこしい料金設定で馬鹿な客からお金を騙し取っていましたよ』って言ってるようなもんじゃねえの — 考え中 OeuXslFs5ATIfvu ドコモのCMで、料金シミュレーションとかやってるが、 最初から安くするプラン紹介しろよ — PYON 2202PYON たまたま、docomoのHPで料金プラン的なとこ見て料金シミュレーションしたら、3,000円くらい多く払ってた事が発覚。 チラシとかCMとかで金かけるなら、自動的に料金プラン変えといてくれないかなー、安くなって文句言う人いないでしょ? — あきを。 gentenv4 同じキャリア内での料金シミュレーションなんか、キャリア側でもれなく実施してユーザーに積極的に提案しろ。 料金シミュレーションしてないユーザーが悪いみたいなcmむかつく。 キャリアを問わずに料金シミュレーションするサービスを楽天やソフトバンクに期待する。 — たろいち。

次の

2019ドコモ新料金プランシミュレーターにドコモ契約者専用で安く・高くなるか「しっかり」計算機能追加

ドコモ シミュレーション

スポンサーリンク ドコモ料金シミュレーション違う謎確認方法 ドコモの利用料金を見直したい時に便利なのがドコモホームページにある料金シミュレーションです。 ですがこの料金シミュレーションを利用しても実際の料金と異なることもあると思います。 その主な理由はオプション・シミュレーションの入力内容の2つです。 料金プランの内容と実際の金額が異なる場合、オプションの内容が異なることが考えられます。 このシミュレーションではspモードやiモードの料金しか計算されていません。 必要なオプションをつけている場合にはその料金をシミュレーション結果の金額に加算して比較してみてください。 それでも合わない場合には、余計なオプションがついていないか確認してみましょう。 確認方法やオプション解約方法は次の章にてご紹介します。 次に確認していただきたいのがシミュレーションの入力内容です。 このシミュレーションの入力時にまずわかりづらいのが『ずっとドコモ割』の部分です。 ずっとドコモ割はフリーコースかずっとドコモ割コースかの選択や、利用料金への割引かポイント還元なのかの選択があります。 またパケットパックの選択肢でdポイントクラブのステージの選択を忘れずに行いましょう。 現状のずっとドコモ割の設定が何になっているのかを把握していない方は、初期状態のずっとドコモ割コースで料金への割引の設定になっていることが多いです。 何も手を加えていない状態がそれだからです。 dポイントクラブのステージなど、実際の状態はMy docomoのサイトから『契約内容の確認・変更』から確認できます。 料金が合わない場合には確認してみましょう。 また機種変更ありでシミュレーションをしている場合には、下取りの状態で内容が変わる場合があります。 このシミュレーションで下取りを有りにすると、端末の分割代金から下取り額を割り引いて計算されています。 ですが機種変更をドコモオンラインショップで行うと、下取りはポイントで還元されます。 端末代金からは割引されません。 その違いによってシミュレーションと実際の料金に差が出ます。 スポンサーリンク ドコモの料金を安く変更する為には ドコモの利用料金を安くする為にはまず余計なオプションがついている場合には解約しましょう。 料金シミュレーションの結果画面からMy docomoへアクセスできます。 ここから『契約内容の確認・変更』の項目から何のオプションがついているのか確認ができ、不要な場合にはそのまま解約の処理ができます。 オプションによっては月ごとの1ヶ月分に料金が発生しますが、タイプによっては日割り計算でやめることができます。 日割り計算ならなるべく早く手続きを行っておいた方がいいですし、月ごとの料金なら月末付近まで利用してから解約した方がお得感がありますよね。 解約画面に日割り計算されるかどうかが表示されますので確認してから解約するかどうか決めてもいいかもしれませんね。 次にずっとドコモ割の件ですが、利用料金への割引よりもポイント還元の方が少しお得です。 ですが期間・用途限定ポイントな為利用料金への割引にはあてられません。 他の用途で利用するしかありません。 どちらがいいかはお好みだと思います。 最後に下取りプログラムの部分ですが、料金シミュレーション同様に端末代金から割引を受ける為にはドコモショップ等の店頭で購入する必要があります。 ですが頭金や手数料を考えるとドコモオンラインショップで購入した方が安いことが多いです。 店頭の端末金額がオープン価格であるため一概には言い切れませんが・・・ ドコモオンラインショップで下取りに出すと、後日dポイントにて還元されますがこれは基本料金等への割引として利用ができるポイントです。 その為ポイントでもらっても月の負担を安くすることもできますから、そこも含めて検討してみていただくといいと思います。 最後に ドコモ料金シミュレーションを利用する場合には、実際の料金と違うことはよくあります。 ですがそれは間違いではなく、実際と異なっている部分があるだけです。 謎の部分をしっかり確認してみてください。

次の

[2020年]ドコモ料金を徹底解説|新旧プランをシミュレーションで比較

ドコモ シミュレーション

ひとりでも家族でもシミュレーション可能 ドコモの料金シミュレーションでは、1台だけのシミュレーションも、家族の分を合わせてのシミュレーションもでき、同時に最大10台までシミュレーションが可能です。 さらに、子回線のみのシミュレーションもできます。 それぞれの端末を選んで、基本料金の契約やパケットの使用料などを順番に選んでいくようになっています。 選んだ契約が自動的に適用され、年齢や選んだ機種によって自動的に割引が適用されます。 数分間の作業で、端末ごとの利用料金が簡単にわかります。 料金の見直しや契約内容を見直すのにとても便利なシステムです。 シミュレーション結果を比較できる ドコモの料金シミュレーションでは、診断結果を保存することもできます。 保存した結果をみて、1回目にシミュレーションした結果と、2回目にシミュレーションした結果を比較して選べます。 選ぶ機種を変更してシミュレーションもできるので、月々の利用料金を見ながら機種を選ぶことも可能です。 選ぶ機種によって月々に適用される割引も、自動で計算されます。 また、年齢を選ぶところがあるので学割も自動で適用されます。 シミュレーション結果は編集可能 ドコモの料金シミュレーションには、結果を保存した後で編集して様々なパターンを比較できます。 基本プランを変えたり、パケットプランを変えたりしながら、月々の料金を確認できます。 このプランの変更なども簡単に作業でき、短時間で何種類ものシミュレーションができます。 そのため、購入のときや契約の変更のときなど、検討するときにも利用できます。 ドコモ光の料金も含めて算出可能 このシミュレーションでは、ができます。 のですが、これらのサービスも自動で適用し、料金も計算されます。 「ドコモ光」のサービスを契約すると、WiFiの通信容量を気にすることなく、自宅でインターネットを楽しめます。 ドコモ料金シミュレーションの使い方 シミュレーションでは、手続きの種類や基本料金のプラン・パケットプラン、機種などを選択するだけで、簡単に月々の料金が確認できます。 購入前に料金を調べるときや、現在使用中の契約内容を見直すときに役立ちます。 から行うことができます。 購入機種を選択 最初に、料金シミュレーションする機種と台数を選択します。 家族がドコモを使っている等、適用範囲の方は、何回線 何人 ドコモを使っているか選んでください。 希望の手続きを選択 次に、スマホの機種変更を行うのか、他社からの乗り換え MNP なのか、ガラケーからスマホへの変更なのかなど、手続き方法を選びます。 特に機種変更の予定がない方は、料金プランの見直しのみのシミュレーションも行えます。 画面上でクリックして順番に選択するだけなので、簡単にシミュレーションを始められます。 支払い回数を選択 機種を選択したら、次に支払い回数を選びます。 支払い回数は、一括払いか分割払い 36回 か選ぶことが可能です。 一括払いを選択すると、一括での支払い料金が表示されます。 分割払いを設定した場合は、月々の機種代の支払い金額がわかります。 下取り機種を選択 下取りを希望するスマホや携帯があれば、ここで選ぶことで割引サービスが適用された金額になります。 下取りの対象となっているのは、下取り機種を選択する欄で確認できます。 下取りできる機種を確認して、該当するものがあり下取りを希望する場合は、購入する機種代金から割引されます。 下取りができる機種かどうかは、ホームページなどで確認するとよいでしょう。 下取りをする場合には、端末購入と同時に申し込みが必要です。 基本プラン・オプションを選択 基本プランには「ギガホ」や「ギガライト」があります。 ギガホは30GBまで使い放題のプラン、ギガライトはギガを使った分だけ支払うプランです。 自宅にネット環境がない方や、月に7GB以上使う方にはギガホがおすすめです。 逆にネットをあまり使わない方や、光回線・ポケットWiFi等を契約している方にはギガライトをおすすめします。 ドコモ光契約の有無を選択 最後に、ドコモ光契約の有無を選択します。 ドコモ光とドコモスマホをセットで契約すると、永年最大1,000円割引が受けられます。 家族がドコモ光を契約している場合も割引対象となるので、忘れずに選択しましょう。 これで料金シミュレーションは完了です。 ギガホ割 出典:• 2019年5月22日 水 ~ 「ギガホ」を申し込むと、 最大6ヶ月間月額1,000円割引を受けることができます。 ギガホは定額6,980円なので、キャンペーンを適用すると月額5,980円です。 「ギガライト」で5GB以上使うと月額5,980円になるので、かなりお得なキャンペーンであることがわかります。 速度制限を気にせずスマホを使いたい方、月5~7GB使っている方は、「ギガホ割」キャンペーン中に「ギガホ」を申し込みましょう! 5G WELCOME割 出典: ドコモは、 5G対応のスマートフォン全7機種を「5G WELCOME割」の対象機種として、新規契約または乗り換え MNP 契約で 最大22,000円、契約変更 FOMAやXiからの機種変更 では 最大5,500円の割引を実施します。 5G WELCOME割の対象5Gスマホは以下の通りです。 【5G WELCOME割対象端末】• Galaxy S20 5G• AQUOS R5G• LG V60 ThinQ 5G• Xperia 1 II• arrows 5G ドコモ5Gスマホの本体価格・割引 早見表 ドコモで発表された2020年春夏モデル全7機種の本体価格・5G WELCOME割の早見表をまとめました。 また、ドコモオンラインショップでは 頭金や事務手数料が無料になるため、上記の本体代金以外の費用は一切かかりません。 この機会に、ドコモの5Gスマホの購入を検討している方はぜひ一度ドコモオンラインショップに遊びに行ってみてくださいね。 5Gギガホ割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:「5Gギガホ」の契約で最大6ヶ月間1,000円割引 5Gギガホ割は、ドコモの新料金プラン「5Gギガホ」の割引キャンペーンです。 「5Gギガホ」を契約すると最大6ヶ月間、月額料金が1,000円割引になります。 5Gギガホの月額料金は7,480円なので、最大6ヶ月間 6,480円で利用できます。 毎月7GB以上使う場合は「5Gギガライト」よりも、 毎月最大100GBまで使える「5Gギガホ」がおすすめです。 今なら、 データ量無制限キャンペーンを実施しているので実質ギガ使い放題となっています。 最新5Gスマホをお得に購入出来て、さらにギガ使い放題になるので機種変更を検討している方は今がチャンスです。 5Gギガホ音声割 出典:• 受付期間:2020年3月25日 水 ~• 割引内容:割引内容:最大12ヶ月間700円割引• 対象料金プラン:5Gギガホ• 対象音声オプション:かけ放題・5分通話無料 5Gギガホは、家族間の通話は無料となっていますが、家族以外との通話をお得にするには通話オプションを契約する必要があります。 5Gギガホ音声割は、現行の通話オプション「かけ放題」「5分通話無料」の料金からそれぞれ 最大12ヶ月間700円割引になります。 割引額は以下の表の通りです。 通話オプション 月額料金 割引適用後の料金 オプション内容 かけ放題 1,700円 1,000円 国内通話かけ放題 5分通話無料 700円 0円 国内通話 5分以内:無料 5分超過分:30秒あたり20円 ドコモ料金シミュレーションの注意点 ドコモの料金シミュレーションの機種代金は、オンラインショップでの価格です。 出されるシミュレーション結果は、おおよその目安であり、その金額で契約できるわけではありません。 他にも注意点がいくつかありますので、ここで解説していきます。 店舗で機種を購入した場合は機種代金が変わる Web上で行ったドコモのシミュレーションでの機種代金は、基本的にドコモのオンラインショップで端末を購入したときの金額です。 そのため、店舗で購入するときの金額とは異なります。 実際に端末を手に取って購入したい場合のように、店舗で購入を予定しているのなら、機種代金が異なるので注意が必要です。 オンラインショップでは事務手数料がかからなかったり、待ち時間が少なかったり、限定キャンペーンがあったりして、お得に購入できる可能性があります。 店舗での購入なら、実際に店舗にいるスタッフに質問をしたりしながら購入が検討できます。 少しでも安く、時間や手間を省いて購入したいのであれば、店舗よりもオンラインショップでの購入がおすすめです。 シミュレーション結果はあくまでも目安 ドコモの料金シミュレーションは、様々な料金プランがどれくらいの金額になるか比較して検討するためのものです。 また機種の価格は、ドコモのオンラインショップでその機種を購入したときの価格です。 そのため、どこで端末を購入するかでも月々の料金が変わります。 シミュレーションで表示される金額は、その金額で契約できることを保証したものではありません。 シミュレーションで出された金額は、どのプランで契約するかを検討するときの、判断材料とする目安の金額でしかありません。 このシミュレーションをして、オンラインショップや店舗で正式に申し込むことで、正確な月額料金が確定されます。 オンラインショップでは申し込めないプランもある オンラインショップで機種の購入や契約を行うときには、全ての契約プランや全ての機種が用意されているわけではありません。 オンラインショップでは、選べない料金プランもあります。 そのため、オンラインショップで申し込む際に、希望のプランを選択できない場合には、ドコモショップやドコモ・オンライン手続きで、申し込みを行うことになります。 ドコモ基本料金プラン 6月1日から導入されたが用意されています。 新料金プランの中にも、毎月多くのがおすすめです。 以前からドコモを使用している方は、このまま旧料金プランで端末を使い続けることを考えている方もいらっしゃるかもしれません。 ここからは、新料金プランの解説と新旧プランでどちらがお得になるかを検証していきます。 ギガホ 出典: 音声通話とデータ通信が一体化した料金プランで、毎月最大30GBまで速度制限がありません。 もし、30GBの容量を超えてしまっても、受送信最大1Mbpsの速度で利用できます。 動画や音楽で通信量が多いスマホのヘビーユーザーにとってはデータ量、通信速度、価格ともに文句の付け所がないお得な料金プランとなっています。 また、後述の家族割を使うとさらに料金が割り引かれます。 料金は以下の通りです。 料金プラン データ容量 月額料金 ギガホ 2年定期契約 30GB 6,980円 ギガライト 出典: 「ギガライト」は1GBから7GBの間で使ったデータ量に応じて料金が変動する料金プランです。 スマホユーザーの中には、「旅行に行った月は通信量が多くなるが、普段は通信量が少ない」というように、月によって通信量がばらばらだという方も多いのではないでしょうか。 通信量が多い月も少ない月も同じ料金を払っている方は、支払いの金額が最適化されていないといえるため、「ギガライト」のような変動性の料金プランに申し込んだ方が良いでしょう。 料金は以下のとおりです。 利用データ量 月額料金 ~2GB 2,980円 ~3GB 3,980円 ~5GB 4,980円 ~7GB 5,980円 5Gギガホ 出典: 5Gギガホは、月額7,650円で100GBまで5G通信ができるプランです。 5Gギガホは、月間のデータ容量である100GBを使い切ってしまっても、最大3Mbpsの通信ができます。 現行の「ギガホ」では、データ容量を使い切った場合の速度は最大1Mbpsでした。 最大3Mbpsというと、主要のSNS利用・通話・メールは問題なく行えて、YouTubeも480pの画質なら何とか視聴できます。 また「データ量無制限キャンペーン」のキャンペーン終了期間は未定となっているので、しばらくは容量を使い切ってしまったという心配はありません。 料金は、以下の表の通りです。 料金プラン データ容量 月額料金 5Gギガホ 100GB 「データ量無制限キャンペーン」期間中は無制限 7,650円 5Gギガライト 出典: 5Gギガライトは、0GB~7GBまでのデータ利用量に合わせて月額料金が変動する段階制プランです。 5Gギガライトではデータ利用量が7Gを超えた場合、通信速度は最大128kbpsに制限されます。 この速度制限は現行の「ギガライト」と同じです。 5Gギガホがヘビーユーザー向けの料金プランであるのに対して、5Gギガホライトは必要最低限のネット利用しかしない、月額料金を節約したいというライトユーザーにおすすめのプランです。 料金は以下の表の通りです。 通話オプション ここからは、ドコモの料金プランにおける通話オプションについて解説します。 ドコモの端末では家族間通話が無料になっていますが、その他オプションについても説明していきます。 自分がどれくらい通話を利用するかによって加入するオプションを決めましょう。 普段はLINEなどのSNSを使用するので通話はほとんど使わないという方はオプションに加入しなくても良いでしょうし、仕事で1回5分以上の通話をすることが多い方はかけ放題オプションに入ったほうが良いかもしれません。 5Gギガホで利用できる通話オプションと、現行のギガホ・ギガライトで利用できる通話オプションは以下の表の通りです。 オプション名 料金 オプション内容 オプション加入なし 0円 通話30秒につき20円 5分通話無料オプション 700円 1回5分以内の通話:無料 5分を超えた通話分については30秒20円 かけ放題オプション 1,700円 国内通話無料 スマホなどの端末代金 ドコモで契約するときには、機種代金の支払い方法が選択できます。 支払い回数は1回、12回、24回、36回から選べます。 1回だと最初に一括で支払うことになるため、その後の月々の支払いを抑えられます。 また、「ドコモ分割払い」では12回~36回払いを選べますが、その分割手数料は無料です。 分割払いの支払い期間中でも機種変更ができます。 また、支払いにdポイントを使って支払うことも可能です。 「ドコモ分割払い」だと機種代金は選んだ回数で分割されて、月々の支払いに上乗せして請求されます。 一括払いを選んでも「ドコモ分割払い」を選んでも損をすることはないため、どちらか自分が好きな方を選択しましょう。 オプションサービスの利用料金 ドコモには、たくさんのオプションサービスを付けられます。 ウィルス対策や迷惑メール・迷惑電話、危険サイトなどからスマホを守る「あんしんセキュリティサービス」は、月額200円で付けられます。 また、スマホを紛失したときにスマホをロックする「おまかせロック」のサービスは、申し込みの必要がなく無料で付けられます。 そして、紛失したケータイのだいたいの位置を探せる「ケータイお探しサービス」は、月額50円です。 さらに、スマホが水没したり、故障したりしたときに補償される「ケータイ保証サービス」もあります。 こちらは機種によって月額料金が変わり、約300円から500円で申し込めます。 他にも、子供の位置を確認できる「いまどこサーチ」など、豊富で便利なオプションが手頃な値段で契約できます。 割引や特典が利用料金から割り引かれる ドコモでは、長期でドコモを契約していると料金が割引されたり、dポイントが進呈されたりなどのサービスがあります。 このポイントや割引料金は、契約しているパケットパックと、回線を利用している年数でdポイントクラブのステージが決まり、割引金額やポイント進呈数が変わります。 例えば、15年以上の契約か、dポイントの半年間の累計獲得ポイントが10,000ポイント以上なら、年間最大36,000ポイントの進呈か30,000円の割引を受けられます。 料金での割引を受ける場合申し込みは不要ですが、dポイントをもらうのであればWeb上か電話での申し込みが必要です。 ドコモの料金を安くするためのポイント ドコモの月額料金を安くする方法、安くするポイントをまとめました。 ドコモオンラインショップで機種を購入する ドコモのオンラインショップで端末を購入し、契約すると様々なメリットがあります。 事務手数料が無料になります。 そのため、店舗で購入するよりも費用を抑えられます。 また、2,500円以上の購入で送料が無料です。 購入の際にはdポイントも利用でき、送付方法も宅配やメール便、ドコモショップの受け取りから選択できます。 ドコモ料金シミュレーションを使ってお得に契約しよう 携帯やスマホの料金は、複雑でとてもわかりにくく、得をしているのか損をしているのかがわからないことも。 うっかり、オプションを付けたままで損をしていたということがないように、自分の契約内容を確認してプランを見直してみましょう。 ドコモの料金シミュレーションを利用すると、簡単にプランを選んで月々の料金が確認できます。 また、シミュレーションをした結果を保存し、プランを変えたり、購入する機種を変えたりしながら編集し、最適なプランが選べます。 上手にこのシミュレーションを利用して、月々の支払いを少しでも抑え、お得にスマホやケータイ、タブレットを利用しましょう。

次の