ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果。 オスバンS

喉の痛みや腫れにのど飴「ヴイメディカルドロップO」|炎症を抑えるメディカルドロップ

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

消毒薬ブランド「マキロン」等に使用されている ベンゼトニウム塩化物は陽イオン界面活性型(いわゆる逆性石鹸)の殺菌消毒成分です。 医療機関で治療を受ける程ではない擦り傷、キリ傷等の消毒に用いる消毒薬や、鼻腔内の殺菌消毒の目的で点鼻薬に用いられたりします。 (なお、登録販売者試験の手引きでは、「口腔咽喉薬・含嗽薬」の分野にも登場しますが、現在含有する製品は不明。 ) 出題の手引きに記載にある通り、陽イオン界面活性型(陽性界面活性成分)の特徴として、黄色ブドウ球菌、溶血性連鎖球菌などの細菌類や カンジダ等の真菌類に対する殺菌消毒作用を示しますが、 結核菌やウイルスには効果がないとされています。 同タイプの殺菌消毒成分であるに比べると、地味な存在ですが、ベンゼトニウム塩化物を含有する消毒薬としては、何と言っても「マキロン」が有名です。 最近は、キズパワーパット等を用いた浸潤療法が普及してきている為、家庭薬としての消毒薬ニーズは低下していますが、かつて子供のキズの消毒といえば、とにかく噴射タイプの「マキロン」が有名でした。 家庭常備薬的存在で、どこの家にもあったと言っても良いぐらいでした。 なお、「マキロン」には、有効成分はベンゼトニウム塩化物のみで医薬部外品扱いの「マキロン」と、組織修復成分のアラントインや、抗ヒスタミン薬のクロルフェニラミンマレイン酸も一緒に含まれ、第3類医薬品扱いの「マキロンS」があることは区別しておきましょう。 マキロンSは、通常の噴射タイプの他、軟膏やジェットスプレータイプもあります。 他にも、マキロンブランドは、消毒薬以外に、かゆみ止めや、虫よけにもされています。

次の

オスバンS

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

消毒対象物に血液などの有機物が付着していると、消毒剤の殺菌効果に影響を与えることがある。 付着・混入する有機物としては血液のほか、血清、体液成分、分泌物、喀痰、糞便、膿、吐物、各種界面活性剤などがある。 これらにより殺菌力が減弱される消毒剤の使用に際しては、その殺菌効果を十分発揮させるため、消毒開始前に血液などの有機物による汚染をできるだけ洗浄し除去しておく必要がある。 有機物などにより殺菌力が減弱されやすい消毒剤・減弱されにくい消毒剤を表1に示す。 また、ベンザルコニウム塩化物、ベンゼトニウム塩化物、アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩、クロルヘキシジングルコン酸塩などは、石けんの存在によっても殺菌力が減弱されやすいため注意が必要である。 適切な濃度で使用しても作用時間が十分でなければ期待どおりの効果は得られない。 消毒剤が殺菌効果を発揮するためには、微生物に対してある一定の接触時間が必要である。 必要な消毒時間は消毒剤、対象微生物などにより異なり、一般に作用時間が長いほど殺菌効果は良くなるが、副作用の発生が起こることがある。 なお、濃度が低く、温度が低いほど作用時間を延長する必要がある。 また、消毒剤の殺菌効果は作用温度によって変化する。 一般に温度が高いほど殺菌力は強くなり、温度が低いほど殺菌力は弱くなる。 表3.pHにより殺菌力に影響を受ける消毒剤 消毒剤 至適pH pHの影響 グルタラール 弱アルカリ性 アルカリ性で殺菌力強く、酸性で殺菌力減弱 過酢酸 酸 性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 フタラール 中 性 アルカリ性で殺菌力減弱 次亜塩素酸ナトリウム 中性~弱アルカリ性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ポビドンヨード 弱酸性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ヨードチンキ 弱酸性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 フェノール 酸 性 酸性で殺菌力強く、アルカリ性で殺菌力減弱 ベンザルコニウム塩化物 中性~弱アルカリ性 アルカリ性で殺菌力強く、酸性で殺菌力減弱 ベンゼトニウム塩化物 アルキルジアミノエチルグリシン塩酸塩 弱アルカリ性 弱アルカリ性で殺菌力強く、酸性、アルカリ性で殺菌力減弱 クロルヘキシジングルコン酸塩 弱酸性 アルカリ性で殺菌力減弱 消毒薬の基礎•

次の

ベンザルコニウム塩化物液

ベンザ ルコ ニウム 塩化 物 効果

用途 [ ] 消毒 手指、粘膜、機器消毒の用途に使われる。 消毒効果は以下のとおり。 ・ - 一般的に有効• - 一部有効、一部無効• を有する - 一部有効、一部無効• - 抵抗性または無効• () - 抵抗性• - 抵抗性• () - 抵抗性• ・ - 無効• その他のウイルス全般 - 無効• その他の芽胞を持つ細菌 - 無効 また逆性石鹸という消毒剤の性質上、石けんなどの併用で作用が減弱する(はこの限りでない )。 外用消毒剤の為、経口投与や浣腸には使用しない。 作用機序 [ ] 塩化ベンザルコニウムは、細菌のリン脂質に吸着し細胞膜の流動性を増加させ細胞膜をバーストさせる。 細胞膜の酵素機能を不活性化する。 また、細胞のをさせることによって、殺菌性を発揮する。 以上は界面活性剤タイプの消毒剤に共通の作用機序と考えられている。 アルキル側鎖が C 12H 25の塩化ベンザルコニウム(ベンジルドデシルジメチルアンモニウムクロライド、通称:BDDAC)が有機物存在下で最も作用が強い。 なお、0. 1mL)での薬物含有量は0. 01mgである。 通常希釈液も含め眼に刺激性があるため注意を要する(次項を含む) コンタクトレンズとの関係 [ ] コンタクトレンズ用液は防腐剤として0. 各種点眼薬にも防腐剤としてベンザルコニウム化合物が添加されるが、ベンザルコニウム化合物はコンタクトレンズに吸着されやすく、またベンザルコニウム化合物を吸着してしまったコンタクトレンズをそのまま使用していると角膜上皮を障害するので、コンタクトレンズを装着したままでベンザルコニウム化合物を含有した点眼薬は使用することができない。 商品名 [ ] 以下のような商品名でも呼ばれる。 オスバン(Osvan)• ウエルパス(Welpas)• ロッカール(Roccal)• ベルコムローション• ザルコニン液• ザルコノック• ヂアミトール• オロナイン-K 出典 [ ] []• 2020年1月30日閲覧。 Frank T. Sanders, ed August 2006. Report. United States Environmental Protection Agency Office of Prevention, Pesticides, and Toxic Substances. 114. 2009年3月31日閲覧。. 急性中毒情報 塩化ベンザルコニウム - 丸石製薬株式会社• Patent 5,725,887, column 2, line 8• 2016年7月1日閲覧• Swan, K. , "Reactivity of the Ocular Tissues to Wetting Agents", Am. Ophthalmol. , 27, 118 1944• 出典 [ ]• 外部リンク [ ]•

次の