生理 前 左下 腹部 痛 チクチク。 左下腹部の痛みは排卵痛の可能性があります。排卵痛とは?

生理前の左下腹部痛は妊娠?

生理 前 左下 腹部 痛 チクチク

女性 のおなかはデリケート。 下腹部痛にお悩みの女性は少なくありません。 下腹部痛は男女問わず よくある症状の一つでありながら、下腹部痛を伴う 疾患の種類は多く、その病気の原因を特定するのは医師でも困難なことがあります。 痛みの原因を探るには専門機関で医師による診察や検査が必要ですが、 病気の特徴について知っておくと症状の経過をたどるのにもきっと役立つことでしょう。 女性の場合はそれに加えて 婦人科疾患の可能性も疑わなくてはならないため、下腹部痛が起きたときに受診するべき科は• 婦人科• 消化器内科 の2つの科が挙がります。 そこで、今回は女性の 左の下腹部に痛みがある時に原因となっていると考えられる 病気について• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に分けて図を用いてわかりやすく説明します。 一つ一つ見ていきましょう。 子宮付属器炎 子宮付属器とは 卵巣及び 卵管を総称したもので、 子宮付属器炎とは 卵巣もしくは卵管に起こる炎症のことを言います。 原因は、細菌の 混合感染がほとんどで免疫力の低下や病原体に過剰にさらされるなどして炎症が起こります。 子宮筋腫 婦人科にかかる腫瘍の中で最も多いのが 子宮筋腫。 主に子宮筋層内の平滑筋に発生し、女性ホルモンであるエストロゲンによって発育する 良性の腫瘍です。 腫瘍は米粒ほどのものから数十センチのものまで、1箇所から数箇所にみられることもよくあります。 主な症状は、月経血の増加や月経期間が延びる、貧血、 下腹部痛、腰痛、膨満感などがあります。 またサイズが大きい場合は、神経や尿管、膀胱を圧迫し支障がでる場合も。 子宮内膜への血流が悪くなるため、不妊症や流産・早産の原因ともなり得ます。 月経は個人差があるので 判断が難しい ところではありますが、 普段と違う、 症状がひどくなっていく、 そんな異常 が起きたときは 婦人科 で診察を受けておくと安心 ですね。 子宮内膜症 子宮内膜症は、本来子宮の内側にある子宮内膜が、 卵巣や 腹膜などの子宮以外の場所で増殖、剥離を繰り返す病気です。 子宮内にある子宮内膜が剥がれ落ちると、月経血とともに体外へ流されます。 しかし、 子宮外にできた子宮内膜は腹腔内にとどまり、痛みや炎症、癒着を起こします。 卵巣にできたものは 卵巣チョコレート嚢胞と呼ばれています。 卵巣嚢腫茎捻転 卵巣は 靭帯によって子宮と骨盤につながっています。 卵巣に 腫瘍ができると靭帯が伸び、腫瘍の茎部分がねじれてしまうのが 卵巣嚢腫茎捻転です。 主な症状は 急激な下腹部痛や吐き気、嘔吐などです。 排卵痛 卵巣にある卵胞が成熟(発育・増大)すると、卵巣の表面に突出して破裂し、卵子・卵胞液・顆粒膜細胞などが排出されますが、これを排卵といいます。 この排卵が起こるからこそ、卵子が精子と結びつき受精が可能となるわけですが、この排卵時に伴う痛みを排卵痛というのです。 この卵子は一時卵胞から成熟卵胞まで発育するには200日程度かかりますが、 通常月に1個排卵され、おおよそ 月経から14日後に排卵に至ります。 1) 主な症状は、 下腹部痛や 腰痛、 出血(少量かつ一過性であることが多い)などです。 卵巣出血 卵巣出血では、黄体出血と呼ばれる月経予定の約1週間前に起こるものが最多です。 黄体のう胞内に出血する場合は出血量は抑えられますが、卵巣の外に出血を起こすとショック状態を起こすことがあります。 卵巣外に出血を起こす(腹腔内出血)と、腹部全体に痛みが広がります。 卵巣過剰症候群 多数の卵胞が発育・排卵したことで、• 卵巣腫大• 胸水の貯留• 血液濃縮 などをきたす病態を、卵巣過剰刺激症候群(ovarian hyperstimulation syndrome「OHSS」)といいます。 hCGによって排卵誘発を行なった症例の20〜30%に発症するといわれています。 2) 主な症状は、 呼吸困難・腹部膨満感・悪心・嘔吐・血栓症(脳梗塞)・低Na. 高K血症・乏尿(急性腎不全)などです。 妊娠非成立時は、月経開始頃から症状は改善しますが、妊娠が成立している場合には、症状はさらに重症化します。 腫大した卵巣が捻転する(ねじれる)ことがあり、その場合は 急激な腹痛として症状が出ることがあります。 子宮外妊娠 子宮腔外の部分に受精卵が着床することを 子宮外妊娠といいます。 とくに多いのは卵管妊娠で、中でも卵管膨大部と呼ばれる部位での子宮外妊娠が多いとされています。 主な症状は出血や 下腹部痛です。 痛みの多くは左右に偏ります。 受精卵が育つとともに痛みが増し、 卵管破裂となると腹腔内で大量出血が起き ショック症状を起こしてしまうこともあります。 スポンサーリンク では次に女性特有の病気以外が原因で左下腹部痛になる病気を見てみましょう。 その他左下腹部痛を伴う病気 女性特有の生殖器以外に、 下腹部には腸や尿管などの 臓器があります。 その部位に問題が起こった時も 左下腹部の痛みとなって出てくる可能性があります。 生殖器以外が原因で左下腹部痛を引き起こす原因となる病気には以下のものがあります。 S状結腸軸捻転(えすじょうけっちょうじくねんてん)• 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎• 大腸炎(結腸炎)• 大腸癌(だいちょうがん)• 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)• 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)• 腸閉塞(ちょうへいそく)• 左尿管結石 など 一つ一つ見ていきましょう。 S状結腸軸捻転 腸間膜を軸として腸がねじれることを 腸軸捻転といい、それがS状結腸で起きたものを S状結腸軸捻転といいます。 腸の閉塞により腹痛、腹部の膨満、便秘、排ガスの停止などが現れます。 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎 大腸の壁の一部が袋状に外へ飛び出してしまったものを 憩室といいます。 通常は無症状で、治療の必要性はありません。 ところが、その憩室に便が詰まるなどして 炎症が起きてしまうと 憩室炎となり、腹痛や発熱、血便を引き起こすのです。 下行結腸、S状結腸にできた憩室炎は 左側が痛みます。 欧米人に多いとされてきた左側の憩室炎ですが、日本でも食事の欧米化が進み、左の下行結腸・S状結腸の憩室炎の割合は増えています。 大腸炎(結腸炎) 大腸が感染を引き起こし、むくんだ状態を大腸炎(結腸炎)(とくに感染性大腸炎)と言います。 腹痛や下痢の症状を起こします。 下で説明する、虚血性大腸炎や潰瘍性大腸炎も広義の大腸炎に含まれます。 スポンサーリンク 虚血性大腸炎 大腸が虚血に陥ることで、炎症を起こします。 下行結腸やS状結腸といった左半結腸に多く、とくに50歳以上の女性に多い病気です。 腹痛、下痢、血便といった症状を起こします。 潰瘍性大腸炎 大腸の内側にある粘膜に びらんや 潰瘍ができる大腸の慢性炎症性疾患です。 直腸から口の方向へ連続的に炎症が広がる特徴があり、直腸から結腸まで広がることもあります。 腹痛や下痢が主な症状で、時に下血を伴います。 大腸癌 初期の場合、大腸癌そのもので痛みは生じにくいですが、癌が漿膜外まで浸潤して別の臓器を巻き込んだり、癌が大腸を閉塞させイレウス(腸閉塞)を起こすことにより、痛みを起こすことがあります。 腸閉塞 厳密には異なりますが、イレウスとほぼ同義で使われる言葉です。 一般的には、腸閉塞という言葉の方が聞いたことがあると思います。 多くは、手術後などの癒着が原因となります。 腸管が詰まってしまい腸管の内容物が先に進めなくなり、腸管の圧が上昇して、腹痛や嘔気嘔吐などの原因となります。 左尿管結石 尿管に石が詰まってしまうのが 尿管結石です。 結石自体は珍しくなく、尿管より小さければ自覚症状もなく排尿とともに排泄されます。 ところが、石が大きく尿管をふさいでしまうと尿管や腎臓への圧力が高まり、激痛を起こす原因となります。 参考文献:病気がみえるvol. 9 婦人科・乳腺外科 第3版P 7〜30・31 ・254・255 1)15 2)254 最後に 女性の 左の下腹部に痛みを感じる時に考えられる病気をご紹介しました。 女性の場合は、• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に大きくわけることができ、専門科としては前者は婦人科、後者は消化器内科(胃腸科、もしくは消化器外科)となります。 とはいえ、随伴する症状がなく、 左の下腹部痛の症状のみの場合、どちらに該当するのかわからないこともしばしばあります。 最初にお話しした通り、それぞれ専門科の医師であっても鑑別は困難なことはしばしばあるくらいです。 その場合は、結局二度手間になる可能性はありますが、まずは、お近くの 婦人科もしくは、消化器内科を受診してみましょう。 参考になれば幸いです。

次の

「もしかして妊娠?」妊娠超初期にチクチク腹痛があるのホント?

生理 前 左下 腹部 痛 チクチク

生理のときにお腹が痛くなる人は多いですが、生理前に痛みを感じることがある。 それもなんだかチクチクした感覚。 もしかすると、それは妊娠超初期なのかもしれません。 どうして妊娠初期にチクチクとした痛みを感じるのでしょうか?• 生理の痛みとはどう違うのでしょうか? 今回は生理前のいつもと違う感覚と、妊娠超初期の可能性について見ていきたいと思います。 妊娠超初期とお腹の痛みの関係 生理前のチクチクとした感覚は、妊娠超初期の可能性があると冒頭で書きましたが、どうして妊娠した場合には痛みが起こるのでしょうか。 それは、生理のときとは違う現象が体の中で起こっているからです。 生理のときの痛みは、全体的にもやっとしている方が多いといいます。 体全体がすっきりしない感じともいえるでしょう。 もやっとしていて鈍い痛み。 毎月経験する方も多いのではないでしょうか。 一方、妊娠超初期では、体が子宮内膜を厚くしようとして子宮が膨張させます。 そのため、子宮の周りにある靭帯(じんたい)が引っ張られるため、今回のテーマのように「お腹にチクチクとした感覚がする」という訳なのです。 痛みの違いが分かっていただけたでしょうか? 妊娠超初期の見分け方は? 妊娠超初期の症状は、生理前と似ていて少し見分けづらいです。 まず、強い眠気やだるい感じ、倦怠感。 また、おなかの調子が悪くなったりもします。 おなかをくだしてしまったり、もしくは便秘気味になったり。 一番わかりやすいのは、基礎体温の変化です。 基礎体温と、その変化 基礎体温とは、妊娠を望む女性がつける、毎日の体温の記録です。 これをつけると、おおまかな排卵日が予測できるようになります。 排卵日近くに性交をすることが妊娠の可能性をあげるからです。 毎朝、目覚めた直後に婦人用体温計という専用の体温計で、体温を測ります。 この体温を毎日記録しておくのです。 女性には、高温期という体温が高めの時期と、低温期という体温が低めの時期があります。 低温期になる頃、生理がはじまり、高温期になる頃、排卵がはじまります。 この基礎体温を記録していると、体温の変化が目で見えますよね。 普通ならば、生理がはじまる頃は低温期になる、つまり体温が下がるのですが、妊娠超初期である場合は基礎体温がさがりません。 これにより見分ける方法です。 そのほかの兆候 基礎体温に比べればはっきりとわかるわけではありませんが、このような兆候もみられます。 普段と痛みがなんだか違う• おりものの様子が普段と違う• 不正出血がある 不正出血がどうしておこるかというと、受精卵の着床により出血することもあるためです。 受精卵が着床するときに、子宮内膜を傷つけてしまったとき、不正出血となります。 生理痛だったら? 早めの生理痛であった場合、心配することはありません。 生理にともなう腹痛は、多少なりとも感じる方が多いからです。 でも、あまりにひどい場合は我慢しないようにしましょう。 痛みをストレスや負担に感じたりすること以外にも、婦人科系の病気により痛みを起こしている場合もあるからです。 婦人科系の病気は、早期発見がとても大切。 放っておくと、将来の不妊に繋がることもあるからです。 一度婦人科にかかりましょう。 また、特に異常がない場合も薬を処方するなど、お医者さんに改善策を教えてもらえるでしょう。 痛みを軽減する方法は? おなかの痛みを軽減する方法は、基本的なことですが、生活習慣を見直すことです。 特にこのようなことに気を付けると良いでしょう。 体を冷やさないようにする 冷えは女性の大敵ですよね。 冷えると血のめぐりが悪くなり、生理の痛みも強くなってしまうことがあります。 冷たいドリンクやアイスは取りすぎないようにして、あたたかい飲み物を中心にしましょう。 また特に冷えがひどい方は、腹巻きをするなど、冷えから守る対策を服からもすると良いでしょう。 お風呂にも毎日しっかり浸かるようにしましょう。 体を温める効果のある入浴剤を入れると、普段より温まることができますし、リラックスできたり楽しい気持ちになれたりするでしょう。 ホルモンバランスを整える 生理の状態は、女性ホルモンが大きくかかわっています。 なのでホルモンバランスを正常にたもつことはとても大切です。 ホルモンバランスが崩れると、痛みが強くなるだけではなく、生理がとまってしまったりということもありえます。 基本的なことですが、バランスの良い食事を三食食べましょう。 同じものばかり食べる、食事を抜くなど、過剰なダイエットも止めておきましょう。 しっかり眠ることも大切です。 睡眠不足は大敵です。 また、ストレスをためないようにしましょう。 現代の女性は、常にストレスにさらされているといっても過言ではありません。 ストレスのない生活はなかなか難しいでしょうから、ストレスを感じてしまったら、きちんと発散させましょう。 好きなことをしたり、お友達とおしゃべりしたり、少し体を動かしたり……。 自分に合った方法を見つけて、ときには楽しいことをして発散させるのが必要です。 下腹部のチクチクした感覚が気になってしまうのは、妊娠を意識しているときである方もいるでしょう。 赤ちゃんを望む場合もやはり、自分が健康でなければなりません。 普段の生活からホルモンバランスを崩さないように、心がけられたらいいですね。 少々見分けづらい下腹部のチクチク 下腹部のチクチクは妊娠初期の可能性がありますが、少し見分けづらいですよね。 でも普段から生理前の状態をしっかり把握していたり、おりものの様子を観察していたりすると、気付きやすいでしょう。 自分の体としっかり向き合い、見つめてあげることが大切ですね。

次の

左下腹部の痛みは排卵痛の可能性があります。排卵痛とは?

生理 前 左下 腹部 痛 チクチク

女性 のおなかはデリケート。 下腹部痛にお悩みの女性は少なくありません。 下腹部痛は男女問わず よくある症状の一つでありながら、下腹部痛を伴う 疾患の種類は多く、その病気の原因を特定するのは医師でも困難なことがあります。 痛みの原因を探るには専門機関で医師による診察や検査が必要ですが、 病気の特徴について知っておくと症状の経過をたどるのにもきっと役立つことでしょう。 女性の場合はそれに加えて 婦人科疾患の可能性も疑わなくてはならないため、下腹部痛が起きたときに受診するべき科は• 婦人科• 消化器内科 の2つの科が挙がります。 そこで、今回は女性の 左の下腹部に痛みがある時に原因となっていると考えられる 病気について• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に分けて図を用いてわかりやすく説明します。 一つ一つ見ていきましょう。 子宮付属器炎 子宮付属器とは 卵巣及び 卵管を総称したもので、 子宮付属器炎とは 卵巣もしくは卵管に起こる炎症のことを言います。 原因は、細菌の 混合感染がほとんどで免疫力の低下や病原体に過剰にさらされるなどして炎症が起こります。 子宮筋腫 婦人科にかかる腫瘍の中で最も多いのが 子宮筋腫。 主に子宮筋層内の平滑筋に発生し、女性ホルモンであるエストロゲンによって発育する 良性の腫瘍です。 腫瘍は米粒ほどのものから数十センチのものまで、1箇所から数箇所にみられることもよくあります。 主な症状は、月経血の増加や月経期間が延びる、貧血、 下腹部痛、腰痛、膨満感などがあります。 またサイズが大きい場合は、神経や尿管、膀胱を圧迫し支障がでる場合も。 子宮内膜への血流が悪くなるため、不妊症や流産・早産の原因ともなり得ます。 月経は個人差があるので 判断が難しい ところではありますが、 普段と違う、 症状がひどくなっていく、 そんな異常 が起きたときは 婦人科 で診察を受けておくと安心 ですね。 子宮内膜症 子宮内膜症は、本来子宮の内側にある子宮内膜が、 卵巣や 腹膜などの子宮以外の場所で増殖、剥離を繰り返す病気です。 子宮内にある子宮内膜が剥がれ落ちると、月経血とともに体外へ流されます。 しかし、 子宮外にできた子宮内膜は腹腔内にとどまり、痛みや炎症、癒着を起こします。 卵巣にできたものは 卵巣チョコレート嚢胞と呼ばれています。 卵巣嚢腫茎捻転 卵巣は 靭帯によって子宮と骨盤につながっています。 卵巣に 腫瘍ができると靭帯が伸び、腫瘍の茎部分がねじれてしまうのが 卵巣嚢腫茎捻転です。 主な症状は 急激な下腹部痛や吐き気、嘔吐などです。 排卵痛 卵巣にある卵胞が成熟(発育・増大)すると、卵巣の表面に突出して破裂し、卵子・卵胞液・顆粒膜細胞などが排出されますが、これを排卵といいます。 この排卵が起こるからこそ、卵子が精子と結びつき受精が可能となるわけですが、この排卵時に伴う痛みを排卵痛というのです。 この卵子は一時卵胞から成熟卵胞まで発育するには200日程度かかりますが、 通常月に1個排卵され、おおよそ 月経から14日後に排卵に至ります。 1) 主な症状は、 下腹部痛や 腰痛、 出血(少量かつ一過性であることが多い)などです。 卵巣出血 卵巣出血では、黄体出血と呼ばれる月経予定の約1週間前に起こるものが最多です。 黄体のう胞内に出血する場合は出血量は抑えられますが、卵巣の外に出血を起こすとショック状態を起こすことがあります。 卵巣外に出血を起こす(腹腔内出血)と、腹部全体に痛みが広がります。 卵巣過剰症候群 多数の卵胞が発育・排卵したことで、• 卵巣腫大• 胸水の貯留• 血液濃縮 などをきたす病態を、卵巣過剰刺激症候群(ovarian hyperstimulation syndrome「OHSS」)といいます。 hCGによって排卵誘発を行なった症例の20〜30%に発症するといわれています。 2) 主な症状は、 呼吸困難・腹部膨満感・悪心・嘔吐・血栓症(脳梗塞)・低Na. 高K血症・乏尿(急性腎不全)などです。 妊娠非成立時は、月経開始頃から症状は改善しますが、妊娠が成立している場合には、症状はさらに重症化します。 腫大した卵巣が捻転する(ねじれる)ことがあり、その場合は 急激な腹痛として症状が出ることがあります。 子宮外妊娠 子宮腔外の部分に受精卵が着床することを 子宮外妊娠といいます。 とくに多いのは卵管妊娠で、中でも卵管膨大部と呼ばれる部位での子宮外妊娠が多いとされています。 主な症状は出血や 下腹部痛です。 痛みの多くは左右に偏ります。 受精卵が育つとともに痛みが増し、 卵管破裂となると腹腔内で大量出血が起き ショック症状を起こしてしまうこともあります。 スポンサーリンク では次に女性特有の病気以外が原因で左下腹部痛になる病気を見てみましょう。 その他左下腹部痛を伴う病気 女性特有の生殖器以外に、 下腹部には腸や尿管などの 臓器があります。 その部位に問題が起こった時も 左下腹部の痛みとなって出てくる可能性があります。 生殖器以外が原因で左下腹部痛を引き起こす原因となる病気には以下のものがあります。 S状結腸軸捻転(えすじょうけっちょうじくねんてん)• 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎• 大腸炎(結腸炎)• 大腸癌(だいちょうがん)• 虚血性大腸炎(きょけつせいだいちょうえん)• 潰瘍性大腸炎(かいようせいだいちょうえん)• 腸閉塞(ちょうへいそく)• 左尿管結石 など 一つ一つ見ていきましょう。 S状結腸軸捻転 腸間膜を軸として腸がねじれることを 腸軸捻転といい、それがS状結腸で起きたものを S状結腸軸捻転といいます。 腸の閉塞により腹痛、腹部の膨満、便秘、排ガスの停止などが現れます。 大腸(下行結腸・S状結腸)憩室炎 大腸の壁の一部が袋状に外へ飛び出してしまったものを 憩室といいます。 通常は無症状で、治療の必要性はありません。 ところが、その憩室に便が詰まるなどして 炎症が起きてしまうと 憩室炎となり、腹痛や発熱、血便を引き起こすのです。 下行結腸、S状結腸にできた憩室炎は 左側が痛みます。 欧米人に多いとされてきた左側の憩室炎ですが、日本でも食事の欧米化が進み、左の下行結腸・S状結腸の憩室炎の割合は増えています。 大腸炎(結腸炎) 大腸が感染を引き起こし、むくんだ状態を大腸炎(結腸炎)(とくに感染性大腸炎)と言います。 腹痛や下痢の症状を起こします。 下で説明する、虚血性大腸炎や潰瘍性大腸炎も広義の大腸炎に含まれます。 スポンサーリンク 虚血性大腸炎 大腸が虚血に陥ることで、炎症を起こします。 下行結腸やS状結腸といった左半結腸に多く、とくに50歳以上の女性に多い病気です。 腹痛、下痢、血便といった症状を起こします。 潰瘍性大腸炎 大腸の内側にある粘膜に びらんや 潰瘍ができる大腸の慢性炎症性疾患です。 直腸から口の方向へ連続的に炎症が広がる特徴があり、直腸から結腸まで広がることもあります。 腹痛や下痢が主な症状で、時に下血を伴います。 大腸癌 初期の場合、大腸癌そのもので痛みは生じにくいですが、癌が漿膜外まで浸潤して別の臓器を巻き込んだり、癌が大腸を閉塞させイレウス(腸閉塞)を起こすことにより、痛みを起こすことがあります。 腸閉塞 厳密には異なりますが、イレウスとほぼ同義で使われる言葉です。 一般的には、腸閉塞という言葉の方が聞いたことがあると思います。 多くは、手術後などの癒着が原因となります。 腸管が詰まってしまい腸管の内容物が先に進めなくなり、腸管の圧が上昇して、腹痛や嘔気嘔吐などの原因となります。 左尿管結石 尿管に石が詰まってしまうのが 尿管結石です。 結石自体は珍しくなく、尿管より小さければ自覚症状もなく排尿とともに排泄されます。 ところが、石が大きく尿管をふさいでしまうと尿管や腎臓への圧力が高まり、激痛を起こす原因となります。 参考文献:病気がみえるvol. 9 婦人科・乳腺外科 第3版P 7〜30・31 ・254・255 1)15 2)254 最後に 女性の 左の下腹部に痛みを感じる時に考えられる病気をご紹介しました。 女性の場合は、• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に大きくわけることができ、専門科としては前者は婦人科、後者は消化器内科(胃腸科、もしくは消化器外科)となります。 とはいえ、随伴する症状がなく、 左の下腹部痛の症状のみの場合、どちらに該当するのかわからないこともしばしばあります。 最初にお話しした通り、それぞれ専門科の医師であっても鑑別は困難なことはしばしばあるくらいです。 その場合は、結局二度手間になる可能性はありますが、まずは、お近くの 婦人科もしくは、消化器内科を受診してみましょう。 参考になれば幸いです。

次の