大江山の歌 十訓抄。 十訓抄「大江山」原文と現代語訳・解説・問題|鎌倉時代の説話集

十訓抄『大江山』現代語訳

大江山の歌 十訓抄

009] 小倉山荘では、2000年~2002年にかけて、『ちょっと差がつく百人一首講座』と題したメールマガジンを発行しておりました。 『小倉百人一首』の中から毎回一首ずつ、100回完結の形式で発行いたし、たくさんの方々に愛読いただいておりました。 この度愛読者様からのご要望にお答えし、バックナンバーを作成いたしましたのでおせんべいを召し上がりながらゆったりくつろいでご覧ください。 尚、マガジンの記載内容につきましては発行時点(2000年~2002年)のものであること、お問い合せ等にはお答えできかねますことを重ねてご了承くださいませ。 鬼退治で有名な丹後の大江山とは別。 大枝山とも書く。 【いく野の道】 生野は、丹波国天田郡(現在の京都府福知山市字生野)にある地名で、丹後へ行くには生野の里を通りました。 この「いく野」には「野を行く」の「行く」を掛けています。 【遠ければ】 遠いので、という意味です。 形容詞「遠し」の已然形に、確定の助詞「ば」を付けています。 【まだふみも見ず】 「ふみ」に「踏み」と「文(ふみ)」つまり手紙を掛けた掛詞(かけことば)です。 行ったこともないし、母からの手紙もまだ見てはいない、ということを重ねて表しています。 さらに、「踏み」は「橋」の縁語でもあります。 小式部内侍の華麗なテクニックが伺えるでしょう。 【天の橋立】 丹後国与謝郡(現在の京都府宮津市)にある名勝で、日本三景のひとつです。 当時、小式部内侍は年少ながら非常に歌が上手いと評判でした。 しかし、あまりに上手なので、母の和泉式部が代作しているのではないかと噂が出るほどでした。 ある日小式部内侍は歌合(歌を詠み合う会)に招かれますが、その頃、母の和泉式部は夫とともに丹後国に赴いており不在でした。 そこで、同じ歌合に招かれていた藤原定頼が、意地悪にも「歌は如何せさせ給ふ。 丹後へ人は遣しけむや。 使、未だまうで来ずや」と尋ねました。 つまり「歌会で詠む歌はどうするんです? お母様のいらっしゃる丹後の国へは使いは出されましたか? まだ、使いは帰って来ないのですか」と、代作疑惑のことを皮肉ったのです。 そこで、小式部内侍が即興で歌ったのがこの歌です。 「大江山へ行く野の道(生野の道)は遠いので、まだ行ったことはありませんわ(手紙なんて見たこともありませんわ)。 天の橋立なんて」。 生野と行くと掛け、さらに「踏みもみず」と「文も見ず」を掛けた華麗な歌。 これを即興で詠むことで、小式部内侍は、これまでの歌が全部自分の才能の賜であり、噂はデタラメであることをずばりと証明してみせたのです。 定頼はさだめし驚いたことでしょう。 今で言うなら、部長のセクハラ発言を、ずばり自分の才知で切り返してしまった新入女子社員といったところでしょうか。 このエピソードは非常に有名になり、後の多くの物語や研究書にも引用されました。 内侍が若くして逝去したことが惜しまれます。 この歌で詠まれた「天の橋立」は、日本三景のひとつに数えられる名勝です。 現在の京都府宮津市の宮津湾にあり、3. 3キロにも及ぶ細長い松林が、湾を塞いで伸びています。 この姿から、イザナギノミコトが天にかけた梯子が倒れたとの伝説を生み、平安期から幾多の文人達が訪れました。 天橋立を望む笠松公園は、両足を広げて股の間から覗く「股のぞき」の場所として有名です。 訪れる場合は、JR山陰線を乗り継ぎ、宮津線天橋立駅で下車します。

次の

ちょっと差がつく百人一首講座

大江山の歌 十訓抄

その時に、 【二】<代作は届いたかとの定頼の揶揄> 定頼の中納言たはぶれて、小式部内侍ありけるに、 「 丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに 心もとなく思すらむ。 」と言ひて、局の前を過ぎられ けるを、 =定頼中納言がふざけ(からかっ)て、小式部内侍が 局(私室)にいた時に「丹後国へ遣わした人は京都 に帰って参りましたか。 さぞかし待ち遠しくお思い になっていることでしょう」と言って、小式部内侍 のいる局の前を通り過ぎなさったところ、 【三】<小式部が返事に詠んだ即興の見事な歌> 御簾より半らばかり出でて、わづかに直衣の袖を控へ て =小式部内侍は、御簾から半分ほど体を乗り出して、 少し定頼の直衣の袖を引き止めて 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 =大江山を越え、生野を通って行く(丹後への)道が 遠いので、まだその先の天の橋立に足を踏み入れた ことはなく、母からの手紙も見てはいません と詠みかけけり。 =と詠みかけ(て返歌を求め)た。 思はずに、あさましくて、「こはいかに、かかるやう やはある」とばかり言ひて、返歌にも及ばず、袖を引 き放ちて逃げられけり。 =定頼は、意外な事で驚き呆れて、「これはどうした ことか、このようなことがあるものか、いやある筈 がない」とだけ言って、返歌を詠むことも出来ず、 袖を引っ張り放してお逃げになったと言う。 【四】<評判が広がった小式部内侍> 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 =小式部内侍は、この一件以来歌詠みの世界で評判が 広がることになった。 京都から山陰道を下る時、必ず通る山城と丹波の 国境にあり、交通・軍事の要所・歌枕の地。 平安初期以来、貴族の間に流行。 平安後期 には歌人の実力を争う場となった。

次の

ちょっと差がつく百人一首講座

大江山の歌 十訓抄

このお話のあらすじ 和泉式部は才能にあふれた歌人として知られていました。 この話が起こった当時、和泉式部は夫の転勤で丹後に引っ越しており、京都には娘の小式部内侍だけが残されていました。 ある日、小式部内侍は、歌詠みの大会(歌合)によばれました。 歌合とは即興で詠んだ和歌の優劣を競い合う文学的な遊びのことです。 有名な歌人を母にもつ小式部内侍には、周囲からの期待がかかります。 そのような状況下で小式部内侍は、定頼の中納言に「歌の名人であるお母さんに、代わりに歌を詠んでもらうために遣わした者は帰ってきましたか。 」とからかわれてしまいます。 からかわれた小式部内侍は、すばらしい歌でこれに答えます。 その時に詠まれた歌がこの「大江山いく野の道の遠ければまだふみも見ず天橋立」です。 あまりのすばらしさに返す言葉もなくなった定の頼中納言は逃げてしまいました。 そんな、すかっとするようなお話です。

次の