ファンキー ジャグラー 判別 ツール。 ファンキージャグラー 設定判別ツール|設定判別と設定差

ファンキージャグラーの設定判別ツールを無料提供!【設定判別要素・解析スペック】

ファンキー ジャグラー 判別 ツール

天国やゾーンもないので、ボーナス後0GやめでOKです。 BIG確定チェリー(フラグ違いで2種類あり)を取りこぼした場合に揃えることができます。 といっても、もちろん97%は勝負できる割ではないので、情報として参考程度に覚えておいてください。 この機種はなんといっても プレミア告知音がとにかく派手! のプレミア演出紹介に載っている擬音が、どう見ても ジョジョを意識しているようにしか見えないんですが、まぁジャグラー界のジョジョと言っても差し支えないくらい(?)ファンキーな機種になっています。 そしてリプレイ絵柄も新キャラ(イヌ)が追加! 初登場から攻めてますね。 ファンキージャグラーの紹介動画も公式で用意されてます。 最初の数十秒はファンキージャグラーの世界観を表すのに必要なのかわかりませんが、個人的には「いるかなコレ……?」と思いました。 7 99. 7 104. 掲載の数値はメーカー発表値となります。 ファンキージャグラーの単独・チェリー重複・小役確率について ファンキージャグラーは通常のボーナス確率以外は、解析値が公表されていません。 そのため、以下の数値はにて掲載されている、 10万G回した実践値となります。 10万Gがどれくらい信頼できる数値なのか判断がつきませんが、あくまでも参考程度にとどめた方が無難です。 4 5. 2 5. 6 5. 7 6. 6 6. 47% チェリー重複で枠内にBAR絵柄がなくてもペカる場合があります。 昼~夕方以降、ある程度稼働している状況でも、従来のジャグラーシリーズのようにREG確率だけで判断するのは非常に危険なので、慎重な立ち回りが必要です。 なるべく3000G以上回っていて、BIG確率と合算確率が設定6を上回っている台があれば、投資額の上限を決めてぶどうをカウントしながら深追いしないように打つって感じですね。 とはいえ、設定6の出玉率は109%と優秀かつBIG先行タイプなので、早めのG数でBIGボーナスを立て続けに引ければ、一気にまとまった出玉を獲得することも期待できる機種です。 ファンキージャグラーの打ち方(順押し・逆押し手順)解説 通常時の打ち方 左リール枠内にBARを目安にチェリーを狙って、中・右リールは適当打ち。 上記手順ではチェリー狙いのため、ピエロ・ベルは取りこぼす場合があります。 ピエロ・ベルは確率が重いので、 時間効率を優先してチェリー狙いのみをおすすめします。 目押しに自信がある方や、小役をしっかりフォローしたい場合は逆押しでフラグ判別をし、停止形によって細かい打ち分けが必要となります。 【ぶどう獲得手順】 1枚掛けで中リール上段~中段に7絵柄(どちらでも可)を狙う。 中リール下段に7絵柄が停止した場合はぶどうは成立していないため、そのままボーナスを揃えてOK。 中リール中段に7絵柄が停止した場合は、左リール枠上~上段に7絵柄(どちらでも可)を狙う。 中リール上段に7絵柄がビタ停止した場合は、ボーナス絵柄を避けてぶどうを揃える。 ボーナス中の打ち方 BIGは全リール適当打ちでOK。 REGは変則打ちだと小役を取りこぼすため、順押し適当打ち。 ファンキージャグラーのプレミア演出とプレミアムBGM 【プレミア演出】 ・GOGO! エレキ点滅(エレキ音とともにGOGO! ランプが高速点滅) ・ガコマシンガン(一瞬の暗転後、ガガガッガコ音とともに高速点滅) ・ドリフト告知(ドリフト音の発生後にGOGOランプが点灯) ・ドリフトストップ(第1~3ボタン停止ごとにドリフト音が発生) ・7セグ演出(告知ランプ点灯後に獲得枚数表示デジタルに7セグが始動) ・BIGの1G連でジャグビーランプ点滅 【公式】ファンキージャグラーのプレミアム演出動画 動画見るとわかると思うんですが、エレキ音もドリフト音もガコマシンガンもすべてがやかましいw 「ド派手にアピールしようぜ!!」のキャッチフレーズどおり、周囲の視線を集めそうな告知音が満載のまさしくファンキーな機種ですね。 【プレミアムBGM】 ・軍艦マーチ ファンキージャグラーVer. ファンキージャグラーで設定6を掴む方法 ファンキージャグラーは解析値が公表されておらず、ボーナス確率の設定差が小さいBIG先行タイプのため、設定推測が難しい機種のひとつです。 設定6の出玉率(機械割)が109%と並みに高く、REGよりBIG確率の方が甘いのでチャンスがあれば積極的に狙いたいところですが、データだけで判断するのは難しい機種となっています。 また、ファンキージャグラーはBIG先行タイプのためか出玉も荒れやすく、解析値も出ていないため設定判別も難しいので、同じく高スペックで大きな設定差つきの判別要素があるマイジャグラーシリーズより、狙うライバルは少ないです。 ジャグラーに力を入れているか、ジャグラーに高設定を使っているかといったホール状況をしっかり把握しておくことで、ライバルが少ないファンキージャグラーの高設定をツモれる可能性が上がります。 ホール状況を把握するには本来はかなりの労力と時間がかかるので、仕事帰りや休日にしかホールに行けない場合などは、ホール営業の裏側(高設定を使う状況や設定配分など)を知るのが一番手っ取り早い方法です。 普通はそういう話は実際にホールで働くとか、ホール店長や業界人と仲良くならないとなかなか聞けないものですが、そんな貴重な情報を公開しているパチンコホールの現役店長がいます。 ホール状況を効率よくリサーチするポイントや手順、設定配分の癖や特徴などを「設定を入れる側」の視点から丁寧に解説されてます。 有料にはなりますが(1回パチスロで遊ぶのを我慢する程度の金額)、無料では絶対に得られない裏話や、ジャグラーの高設定狙いで勝つために必要な濃い情報が詰まっています。 ジャグラーで勝率を上げたい、通っているホールの設定状況を把握したいなら必見です。

次の

ファンキージャグラー リール配列・打ち方・小役確率

ファンキー ジャグラー 判別 ツール

1 97. 0 98. 7 99. 6 102. 7 104. 0 109. この記事に記載している数値は「」から引用しています。 ファンキージャグラーのまとめ ファンキージャグラーはジャグラーシリーズの中でも設定判別が難しい部類に入ります。 設定6はスペックが優秀なので比較的わかりやすいと思いますが、設定4や5の見極めは困難を極めます。 設定差が大きくなので…。

次の

スロット ファンキージャグラー攻略要素まとめてみた。判別ツールあり!!

ファンキー ジャグラー 判別 ツール

ゴーゴージャグラーを設定判別する時の危険性 ゴージャグを「普通」に設定判別してしまうと、見当はずれの推定設定になる可能性があります。 ですが、それらの「設定判別ツール」は、実は特別なことは何もしていません。 自動で設定判別してくれるのはありがたいことですが、 単にボーナス出現率が良ければ高設定の可能性が高いよ!ということを高精度で素早く計算してくれているだけのことです。 ツールを使っての設定判別は、自分でボーナス出現率から設定判別 推測 することと、本質的には何も変わりません。 精度と速さの問題だけです。 僕はこのページで「設定判別ツールなんか使えないぞ!」と言いたいわけではないです。 そうではなくて、 自分で設定判別しようが、ツールを使おうが、ゴーゴージャグラーは普通に設定判別 推測 をしたら危険だ、と言いたいのです。 その理由は以下のようになります。 BIG確率、REG確率、合算確率、機械割、全てがジャグラーシリーズの設定1の中では、抜群に良い数値になっています。 このように、ゴージャグの設定1のボーナス確率は、ジャグラーシリーズの設定1にしては極端に高いです。 機械割に関しては、ゴージャグは全設定でぶどう確率が悪いので、「設定1が他のジャグラーの設定3並み」ということはありません。 それでもゴージャグの設定1は、機械割もジャグラーシリーズの設定1の中では最強クラスです。 つまり、ゴージャグは設定1でも店の利益は出にくい台、だと言えます。 と、なると・・・ 実際のホールで、ゴーゴージャグラーがどういった設定配分になるのかは、もう簡単に予想ができるのではないでしょうか? ゴーゴージャグラーの強烈に片寄った設定配分 お分かりの方も多いと思いますが、 ゴーゴージャグラーは他のジャグラーに比べて、圧倒的に設定1が多いです。 ゴーゴージャグラーの設定1は、他のジャグラーの設定1に比べて甘いスペックです。 ゴーゴージャグラーの設定1は他のジャグラーの設定1より店の利益が出ないので、ゴージャグは設定1ばかりになってしまうのも当然かもしれません。 また、もう一つ、ゴージャグの設定1が多く使われる理由があります。 その理由は、 ゴージャグの設定1は他のジャグラーの設定1よりも、高設定だと勘違いされやすい、ということです。 ゴージャグの設定1は他のジャグラーの設定1よりボーナス確率が高いわけですから、まぐれ噴きなどで、設定1が高設定に見えてしまう可能性も、他のジャグラーより高いわけです。 ゴージャグは、本物の高設定を入れなくても、稼働さえつけば設定1が高設定に見えてしまう可能性がある。 このようなことがあれば、当然、 ゴージャグの高設定投入率は、他のジャグラーの高設定投入率より低くなります。 高設定が少なくなるので、相対的にゴージャグの設定1の割合は高くなります。 最近はマイジャグなどで設定2~設定3をフェイク設定として投入するホールが増えています。 設定2~設定3は、高設定をすぐに見つけられないようにするためのフェイク設定です。 そういうフェイク設定も、ゴージャグにはほとんど入りません。 設定1ですら高設定に見えてしまう可能性のあるゴージャグなのですから、わざわざ設定2~設定3で「フェイク」など入れる必要がないわけです。 「ゴージャグにはフェイク設定がいらない」という理由からも、ゴージャグは設定1の比率が高くなってしまいます。 台数が少なく稼働が低い「死にシマ」になっているジャグラーを除けば、 ここまで設定1の割合が高くなってしまう理由を兼ね備えたジャグラーは他にはないです。 ゴーゴージャグラーの実践的な設定判別方法 ゴージャグの実践的な設定判別の方法としては、 普通に設定判別をする前に、まず高設定がそのシマに入っているかどうかの判別をすることです。 高設定が入っているかどうかの判断は、次のような基準ですべきです。 過去にその店のゴージャグで5000回転以上回っていて高設定っぽい台があったか。 その店は優良店かどうか。 その日は強い日 リニューアルや新装開店、特定の数字の日など かどうか。 他のジャグラーに高設定らしき台があるかどうか。 ゴージャグのシマ全体のボーナス出現率の平均は設定1より高いかどうか。 上記のチェックポイントで、少なくとも2つ以上が当てはまって欲しいところです。 先ほど説明したように、ゴージャグは設定1の台数が圧倒的に多いジャグラーです。 下手をすると、全台設定1の可能性もあります。 良くても、「ほとんど設定1の台の中に、設定4~設定5が数台入っている」くらいだと思っておくべきです。 まずは、全台設定1のシマを避けることが、ゴージャグで設定判別をするための条件です。 上の条件をクリアしたら、あとは普通にボーナス出現率から設定推測すればいいのですが、 ゴージャグはBIG出現率をほぼ無視して、REG出現率だけで設定推測をすべきです。 後ほど、スロマガのツールでの例を出しますが、ゴージャグは基本的にBIG出現率が高くても、高設定の可能性は高くなりません。 もの凄くたくさんBIGを引いた場合に、設定6の可能性が少し上がるだけです。 使われる可能性の低い設定6の数値が上がるよりも、使われやすい設定4や設定5の可能性が上がる方が重要ですし、設定1の可能性が下がることの方がもっと重要です。 そのためにはREG出現率が少しでも良い台を選ぶべきです。 冒頭のボーナス確率表をみてもらえれば分かりますが、ゴージャグは設定1~設定5までのBIG確率の差は微小です。 設定6のみ、頭一つBIG確率が高くなっています。 こういった理由から、ゴージャグはREG出現率を中心に REG出現率だけを見て 設定判別をすべきです。 さらに、ツールを使うにしろ、ボーナス出現率を頼りに自分で台を選ぶにしろ、実際にゴージャグを打ち始める時には注意点があります。 高設定のゴージャグを狙って設定判別する場合の注意点を次の項目にまとめました。 ゴーゴージャグラーで設定判別ツールを使う場合の注意点 ゴージャグで設定判別ツールを使ったり、自分でボーナス出現率から自分で設定判別することは、必ずしもいけないわけではないです。 ポイントさえ押さえれば、ツールもボーナス出現率も有用な設定判別要素です。 そのポイントとは、主に2つです。 台と台の比較のみにツールを使用する。 台と台の比較のみにボーナス出現率を利用する。 大幅に余裕をもって 控えめに 設定推測をする。 例えば、3000回転でBIG10回・REG14回の空き台と、同じ3000回転でBIG22回・REG10回の空き台があったとします。 どちらを打つか、悩ましくはないですか? ゴージャグはREG重視で台を選ぶべきだとは分かっていても、さすがにBIG出現率の差がここまであったら、BIG22回・REG10回の方が設定推測値が良くなりそうな気もしませんか? スロマガのツールにかけてみると、以下のようになりました。 結果から言うと、 BIG10回・REG14回の台の方が良いことになります。 BIG22回・REG10回の台の方が、設定6の可能性が約2. 5%くらい高いと出ています。 ですが、設定1~設定3の可能性は低く、設定4~設定5の可能性は高いBIG10回・REG14回の台の方が良いでしょう。 ゴージャグで一番使われる設定1の可能性が低いことと、高設定として使われる可能性が高い設定4と設定5の可能性が高いことが重要です。 使われる可能性の低い設定6の数字が高くても、あまり意味がないです。 ツールの使い方はこれでいいです。 どちらの台の方を打てばいいかな?という確認のためにツールを使うのはオッケーです。 ただし、 実際の店で 、3000回転でBIG10回・REG14回の空き台があったとして、その台の 高設定の可能性が「設定4=19. ことゴージャグに関しては、とにかく低めに高設定の可能性を見積もるべきです。 店が優良店かボッタクリ店かにもよりますが、 ツールから出てきた数字マイナス20%~マイナス30%くらいが妥当な数字だと思われます。 実際に、僕がゴージャグを打つ場合でも「3000回転でBIG10回・REG14回」台を打つかどうかは、店や状況によります。 通常営業の知らないホールでは、僕は「3000回転でBIG10回・REG14回」というゴージャグは間違いなく打ちません。 設定1でも稼働さえつけば、3000回転でBIG10回・REG14回くらい引く台が出てきてもおかしくないからです。 ただ、 その店やそのシマに高設定が入っていると思われる根拠があれば、3000回転でBIG10回・REG14回のゴージャグは一転して狙い目の台になります。 ホールの状況の把握などは、なかなか難しいことなので、現実的には「大幅に余裕をもって 控えめに 設定推測をする」ことが重要になります。 「3000回転でBIG10回・REG14回」はツールで高設定の可能性が約70%と出たわけですから、何も知らない店なら、そこから30%引いて「高設定の可能性は40%」だと思っておくべきです。 少し打ってみて、「ツールで高設定の可能性が50%」 マイナス30%で高設定の可能性20% になったら危ないからヤメ、くらいがちょうど良いかと思います。 ゴージャグのフリーズ+単独チェリー 追記 実はゴージャグには「単独チェリー」というフラグがあって、そのフラグにはそれなりの設定差があります。 なので「単独チェリー」も設定推測要素に加えるべきなのですが、めったに出現しないプレミアフラグな上に、100%見抜けるわけではないので、このページでは触れませんでした。 ただ、場合によっては「ほぼ単独チェリー」だと言える場合もあります。 それは3秒フリーズと同時にチェリーが出た場合や、特定の出目でペカった場合です。 「単独チェリー」を確認する方法や、確認出来た場合の設定推測に与える影響などは、こちらに詳しくまとめていますので、興味のある方はぜひご覧下さい。

次の