イラスト 女性 顔 描き方。 「2つの女性の顔」面の数を調整して写実やイラストっぽく

Practicing How to Draw Face Profile

イラスト 女性 顔 描き方

今日はお絵描き講座(実践編)第一回目ということで、 アタリを使った顔の描き方について書いていこうと思います。 アタリとは、バランスをとるための目印みたいなものです。 一応注意書きをしておくと、 描き方や描き順に正解はありません。 最終目標はアタリをうまくとることではなく、 しっかり顔が描けるようになることです。 スポンサードリンク さて、早速ですがまず丸を描きます できるだけ正円に近い方がいいですが、あまりこだわる必要はありません。 次に十字を描いて顔の方向を決めましょう。 この十字は方向はもちろん、目などの顔のパーツの位置の基準にもなります。 簡単に描くとこんな感じです 十字を描く位置を調整して この状態の顔をいろいろな方向に向けてみるのも練習になると思います さて、元の十字の書かれた丸に戻ります ここから、顔の顎のラインを描いていきます。 描き順的なものが描いてありますが、右利きの僕の場合です。 描きやすい形や順序を模索してみてください。 ここでコツ的なものをひとつ。 赤い線は正中線と言います。 顔の真ん中を通る線です。 この終点が顎なのですが、 顎は若干突き出し目に描いたほうがズレが少なく見えます。 もちろんやりすぎは良くありませんが、顎のラインを引くとき迷ったらやってみて下さい。 スポンサードリンク 次に後頭部を描きます。 他のお絵描き講座ではなかなか目にすることはないんですが、個人的にとても重要だと思ってます。 これを描くとき意識するのは、 顔の全体の形です。 アウトラインとも言います。 この画像だと頭の頂点あたりから出て、ちょうど耳のあたりに線を引いてますが 顔の角度が違えば、どこから線を引いて〜というのは変わってきます。 立体を思い浮かべながらこれくらいかな、という感じで描きましょう 次に、いらない線を消して新しい線を引きました。 これは 目の基準になる線です。 この線ですが、 あまり曲げないことをおすすめします。 線を元に目を描きました。 今回はさっきの線が目の下の基準になっています。 目の描き方については「 個性」の部分なので省略します。 他サイトの講座などを見て、自分好みの目を探してください。 加えて鼻と口も描きました。 鼻は先ほどの正中線上に描きましたが、 口を正中線上に描くとほぼ確実に顎が出ます。 顔の向きと逆方向にずらして描くといい塩梅になるかと思います。 ほぼ完成ですね。 首と耳を描きたして余計な線を消しました。 首ですが、 描き始めは前に出過ぎてしまうきらいがありますので 若干引き気味に描きましょう。 背骨を起点にするとわかりやすいです。 首周りの描き方については難しいので、また別に記事にしようと思ってます。 とりあえず、基本的な顔の描き方はここまでです。 ここから髪の毛などを描きたしてくことで、キャラクターの完成です。 まとめ:アタリを使って顔を描いてみよう ちょっと斜めを向いた顔を例に描きましたが、おそらくこれが一番簡単な向きかと。 慣れてきたら最初の十字線を変更していろいろな方向を向いている顔を描いてみましょう。 こんな感じです。 お絵描き講座実践編、長くなってしまいましたが初回はここまでです。 コメント、質問などお気軽にどうぞ。 では、おやすみなさい.

次の

【初心者向け】顔の描き方【基本】

イラスト 女性 顔 描き方

今日はお絵描き講座(実践編)第一回目ということで、 アタリを使った顔の描き方について書いていこうと思います。 アタリとは、バランスをとるための目印みたいなものです。 一応注意書きをしておくと、 描き方や描き順に正解はありません。 最終目標はアタリをうまくとることではなく、 しっかり顔が描けるようになることです。 スポンサードリンク さて、早速ですがまず丸を描きます できるだけ正円に近い方がいいですが、あまりこだわる必要はありません。 次に十字を描いて顔の方向を決めましょう。 この十字は方向はもちろん、目などの顔のパーツの位置の基準にもなります。 簡単に描くとこんな感じです 十字を描く位置を調整して この状態の顔をいろいろな方向に向けてみるのも練習になると思います さて、元の十字の書かれた丸に戻ります ここから、顔の顎のラインを描いていきます。 描き順的なものが描いてありますが、右利きの僕の場合です。 描きやすい形や順序を模索してみてください。 ここでコツ的なものをひとつ。 赤い線は正中線と言います。 顔の真ん中を通る線です。 この終点が顎なのですが、 顎は若干突き出し目に描いたほうがズレが少なく見えます。 もちろんやりすぎは良くありませんが、顎のラインを引くとき迷ったらやってみて下さい。 スポンサードリンク 次に後頭部を描きます。 他のお絵描き講座ではなかなか目にすることはないんですが、個人的にとても重要だと思ってます。 これを描くとき意識するのは、 顔の全体の形です。 アウトラインとも言います。 この画像だと頭の頂点あたりから出て、ちょうど耳のあたりに線を引いてますが 顔の角度が違えば、どこから線を引いて〜というのは変わってきます。 立体を思い浮かべながらこれくらいかな、という感じで描きましょう 次に、いらない線を消して新しい線を引きました。 これは 目の基準になる線です。 この線ですが、 あまり曲げないことをおすすめします。 線を元に目を描きました。 今回はさっきの線が目の下の基準になっています。 目の描き方については「 個性」の部分なので省略します。 他サイトの講座などを見て、自分好みの目を探してください。 加えて鼻と口も描きました。 鼻は先ほどの正中線上に描きましたが、 口を正中線上に描くとほぼ確実に顎が出ます。 顔の向きと逆方向にずらして描くといい塩梅になるかと思います。 ほぼ完成ですね。 首と耳を描きたして余計な線を消しました。 首ですが、 描き始めは前に出過ぎてしまうきらいがありますので 若干引き気味に描きましょう。 背骨を起点にするとわかりやすいです。 首周りの描き方については難しいので、また別に記事にしようと思ってます。 とりあえず、基本的な顔の描き方はここまでです。 ここから髪の毛などを描きたしてくことで、キャラクターの完成です。 まとめ:アタリを使って顔を描いてみよう ちょっと斜めを向いた顔を例に描きましたが、おそらくこれが一番簡単な向きかと。 慣れてきたら最初の十字線を変更していろいろな方向を向いている顔を描いてみましょう。 こんな感じです。 お絵描き講座実践編、長くなってしまいましたが初回はここまでです。 コメント、質問などお気軽にどうぞ。 では、おやすみなさい.

次の

顔の描き方に違和感? 「顔の描き方」をマスターする7つのポイント

イラスト 女性 顔 描き方

絵を描くとき、 どうもバランスが悪い、でも何が悪いのか分からないと思ったことはありませんか? 今回は そんなときに読みたいワンポイント講座です。 前半は 「初心者が間違いがちな頭部の描き方」をご紹介。 以下の項目に引っかかるなと思った方はチェックしてみましょう。 耳の位置がどこにあるかわかっていない• 前髪の流れを意識していない• 目のパーツが左右異なってしまう• 眉毛の位置が左右異なってしまう• アゴが前に出すぎてしまう• ほっぺたの位置がよくわからない• 鼻の位置に違和感がある 後半では、 頭部の描き方と髪の描き方をご紹介します。 ビギナーの方は今回の記事を通して頭部と髪の毛の描き方をマスターしましょう。 何かがおかしい頭部の例 はじめにこちらの女の子をご覧ください。 この女の子、何か違和感がありませんか? どこの部分がおかしいのか、 顔を描くときに注意したい7点をまとめました。 耳の位置は目と平行でアゴの付け根あたりに 自分自身の耳を触ってみると、 耳はアゴの付け根あたりからついていることが分かります。 今回のサンプルの女の子は耳がかなり上になっていますね。 前髪の生え方を揃える 前髪の生え方、流れがバラバラで違和感があります。 何か意図がない限り、 髪の毛の流れは規則的にした方が自然です。 目の大きさ、見ている方向を左右で合わせる 左右の目の大きさは、顔に角度がついている状態でも、漫画のように絵全体にパースがかからない限り 高さはほぼ同じになります。 また、右目が横を向いているのに対して、左目が真正面を向いてしまっているので、方向を合わせましょう。 眉毛の高さを合わせる 目からの高さを比べてみると眉毛の高さが違うことが分かります。 例えば片目を閉じていたり、表情を作るために片眉だけ高さを変えたりするなどありますが、そうでない場合は、 基本的に両目とも目から同じ高さを意識するようにしましょう。 アゴの位置は口の下に 首の位置に対してアゴが前に出てしまっています。 このくらいの斜めの角度であるなら、もっと引いたほうがいいです。 この場合、口に合わせたほうが自然にみえます。 頬のふくらみは目のすぐ下に 基本的に 下まつげの下あたりからが頬のふくらみになります。 これでは下まつげと頬の間が空きすぎてしまっています。 意図したデフォルメではない限り、気をつけましょう。 鼻と口とアゴは顔の中心線に 中心線を引いたときに鼻の位置がズレていることがわかります。 一見、目と目の中心部分にあるので合っていると思いますが、鼻の頂点は斜め横を向いたときに左側へ寄りますので、この場合目と目の丁度真ん中にあるとおかしいということになります。 顔の中心線には鼻、口の真ん中、アゴがあたることを意識しましょう。 まとめ ポイントをまとめました。 自身のイラストを比較してチェックしてみましょう。 頭の形をしっかりと描くには 頭部の形を簡単に取るには、 丸を描いてから頬を描き、アゴをつけていく感じで描くときれいに形を取ることができます。 しっかりと 形を取る癖をつけて少しずつ描きなれると、自然にバランスが取れるようになります。 また、頭はこのように 補助線などを引いて、立体感がちゃんと出ているか確認してみると違和感が分かりやすくなります。 慣れるまでは、このようにしっかりと確認をするようにしましょう。 髪の毛が中々上手く描けない……そんなときは 髪は、 髪の毛の束を頭に貼り付けていくイメージで描くと良いです。 このような感じの束をペタッと貼り付けていくイメージがつければ、 髪の毛の流れなどを意識しやすいでしょう。 ぺたぺたと貼り付けたイメージがこちらになります。 パーツを分割したように貼り付けていく感じで描いてみましょう。 この手法で髪の毛を描くと、 頭の頂点から自然に髪の毛が生えているように描けます。 「見えない部分」も意識してみよう 髪の毛で隠れた頭部など、見 えない部分も描くことで全体のバランスをしっかりとおさえることができます。 例えば、この女の子の前髪を取ってしまった状態でも、絵が破綻しないように前髪の下の頭部も考えて描くようにします。 左の状態から前髪をはずしても、右のように前髪の裏までイメージできるようになれば、横顔を描く時も、 パーツごとの形状を理解できるので、違和感なく描くことができます。 いかがでしたか? 「描く前後にしっかりと確認をしない」「実物や見本を参考にしない」などが初心者にありがちなミスです。 確認しながら描けばもっとバランス良く描けたのに……と、もったいない思いをする前に、是非チェックポイントを参考にしてみてください。 参考資料を見ながら描くことは悪いことではなく、むしろ良いことです。 「何も見ないで描く」よりも、よく見て調べて確認してしっかりと描き上げる、それこそが上達への近道です! [著・画:乃樹坂くしお] Twitter 2009年から絵を描き始め、2013年からフリーランスとなった駆け出しイラストレーター。 大人になってからイラストを1から始めるなんて遅くない、と証明するために日々積み重ねています。

次の