おかゆ トッピング。 お粥に合うおかずレシピ12選|副菜/付け合せ/トッピング/味噌/梅干し

中華粥のレシピ(作り方)

おかゆ トッピング

Contents• そこで、日本人なら誰でも知っている「お粥」に注目してみました。 お粥って病気の時に食べるだけの食べ物ではないのです。 その効能を知ればあなたも驚くはず。 お粥について お粥って日本特有の食べ物?と思ってる方も多いでしょうか。 筆者が20代の頃、長年ペンパルだった台湾人の子に会いに2週間の台湾滞在をした時のこと。 その歴史がちょっと気になりますよね。 お粥の歴史 日本に米が伝わったのは紀元前1世紀の頃で、本格的に米が作られるようになったのは弥生時代。 今のお粥と同じような、土鍋で作る水分が多いものが文献に登場したのは、11世紀ころの様です。 でも日本よりもっともっと昔からお粥が食されていたのはやはり、中国の様です。 その歴史は 3000年以上前からと言います。 お粥の効能 先日、体調を崩して3日ほど寝込んでしまった筆者です。 3日ぶりにやっと起き上がることが出来たので、スポーツ飲料以外のものを口にしようと思って、買い置きしてあったお粥を食べたんです。 その時にす~っとなんだかカラダの中に沁み込んでいく様な感じがして、日本では病気の時に食べる物と言われる意味が分かった様な気がしました。 カラダに優しく入っていくお粥の効能ってどんなものがあるのでしょう。 禅宗の世界の教えで、お粥の 十の 功徳という意味の 「 粥有十利 (しゅうゆうじり)」という言葉があります。 つまり、 お粥の効能十項目という事ですが、具体的には次のようになっています。 そして、胃に優しく消化にいいので便秘改善のときのもおすすめです。 胃腸に良いというのは新陳代謝の活性にもつながるので、 お肌にもいいということになります。 この様なことからお粥は美容と健康の面でもとてもカラダにいい食べ物なんです。 人日の節句と言って、日本の1年で5つある節句の一つです。 その名の通り、七草の入ったお粥を、松の内の最後の日の1月7日の朝に食べるものです。 お正月にたくさん食べて飲んだカラダを、胃腸に優しい七草粥で休めてあげるなんて良く聞きますね。 七草粥の風習は唐の時代からの風習「人日の日」として、七種類の野菜を入れたとろみのある汁物を食べて無病息災を祈るという風習と、日本の昔からある「若菜摘み」の風習からきている様です。 邪気を払って病気が退散するとも言われています。 【材料】1人分 米 1合 チキンスープ 1400ml ねぎ 青い部分 1~2本分 しょうがの薄切or千切り 1枚 鶏の皮 2~3枚 100g 塩 少々 ブラックペッパー 少々 ザーサイ等 適量好みで。 【作り方】 1. お米はよくといで水に30分以上つけてから、ざるにあけて水気をきっておく。。 鶏の皮はさっと湯通しして、食べやすい大きさに切っておく。 圧力鍋or深めの鍋にお米、チキンスープ、ねぎ、しょうが、鶏の皮を入れて火にかける。 クツクツ沸騰したら弱火にしてさらに約10分火にかける。 火をとめて塩で味をととのえる。 器に盛ったら最後に刻んだザーサイを好みで。 鍋で湯を沸かし、沸騰したら牛挽肉を入れてゆでる。 アクはしっかりとりましょう。 米を洗ってから時間があれば30分程水に浸す。 ライスクッカーか、厚みと深さのある鍋に2を入れます。 その鍋の中に水と鶏がらスープを加えて蓋をして中火にかけます。 沸騰して吹きこぼれないように注意します。 沸騰したら、1. の牛挽肉も加えて、弱火でさらに約20~25分炊きます。 油揚げを2cm角程に切って、軽く塩をしてから油度ひかないでフライパンで炒る。 カリカリになったら、キッチンペーパーに乗せて、余分な脂を切る。 これが台湾のお粥で使っている揚げパンの役目とします。 お粥が炊きあがったら火を切って5~10分蒸らして完成。 ピータン(orゆで卵)と油揚げをトッピングして完成。 *ナンプラーは醤油でもOK。 【作り方】 1. お米は軽く洗って水に浸しておく。 茹で玉子を作って縦半分に切っておく。 (半熟卵は常温にした卵を沸騰したお湯に入れて8分茹でるとOK。 ) 3. ベーコン、にんにく、タマネギ、生姜みじん切り。 フライパンにサラダ油大さじ2を熱し、弱火でベーコン、にんにくをカリカリになるように炒める。 炒めたらとりだしておく。 注*ベーコンを入れた後しばらく経ってからにんいくをいれる(焦げやすいため)。 同じフライパンでタマネギと生姜を中火で炒める。 香りが出てから鶏ガラスープ、水をきったお米を入れる。 煮立ってから火は弱火、アクを取りながら煮込む。 注*煮汁が少なくなったら適宜水を加える。 1カップ程度まで。 20分ほど煮てお米が柔らかくなったのを確認して、ナンプラーで味を調整。 トッピング:刻んだ葱、茹で玉子、レモン汁少々かける。 カリカリのベーコン、にんにくを乗せる。 最後にブラックペッパーかけて完成。 沸騰したら、一度こげないように混ぜる。 弱火にしてさらに炊く。 豚肉に塩麹をもみ込み15分くらい置いておく。 (スチームケースがなければ耐熱皿でOK). 出来たお粥に細かく切った高菜漬けを乗せ、3のもやしとお肉を乗せる。 最後に蒸し汁をまわしかけて出来上がり。 鍋に水を入れて手羽先・長ネギの青い部分・タマネギ・にんにく・残りの野菜などと一緒にいれて、30分以上煮込む。 煮込んだスープは笊でこす。 手羽先は骨から肉をとり千切りにする。 にんじん、ニラ、長ネギの白い部分、タマネギはみじん切り。 2の煮込んであったスープにご飯2杯と鶏肉、4の野菜を入れて、弱火でじっくりと混ぜながら煮る。 ご飯粒が柔らかくなったか確認して火を止める。 塩、コショウしてニラを入れよく混ぜる。 粥は器に盛る。 ごま油とすりごまはお好みで入れる。 卵の黄身を真ん中に入れて、すりごまをその上に乗せ手完成。

次の

【みんなが作ってる】 おかゆ トッピングのレシピ 【クックパッド】 簡単おいしいみんなのレシピが333万品

おかゆ トッピング

お粥(おかゆ)に合うおかずレシピ1つ目は、焼き鮭です。 塩味を感じる焼き鮭は、やさしくシンプルな味わいのお粥のおかずにピッタリです。 ほぐした焼き鮭や鮭フレークを、お粥の上にトッピングしても美味しくいただけますよ。 材料 1人分• 鮭の切り身 1つ• 水 20ml 焼き鮭の作り方• 油を引き、予熱しておいたフライパンに、皮を上にした状態の鮭の切り身を置いて焼きます。 焼き色が付いたら水を入れ、フタをして中火で蒸し焼きします。 2~3分ほどしたらフタを外し、鮭から出た油をふき取って、反対側を焼いていきます。 皮部分に焼き目が付いたら完成です。 肉野菜炒めを濃いめの味に仕上げれば、薄味のお粥に最適なおかずになってくれます。 お肉を始め、玉ねぎやキャベツ、キノコ類など、さまざまな野菜を摂取できる肉野菜炒めは、栄養のバランスを気を付けたい人におすすめですよ。 材料 2人分• ピーマン 2個• もやし 100g• 豚こま肉 100~150g• 鶏がらスープの素 小さじ1• しょうゆ 大さじ1• 酒 大さじ1• オイスターソース 小さじ2• 塩こしょう 適量 肉野菜炒めの作り方• キャベツ・人参・ピーマンを食べやすい大きさに切ります。 鶏がらスープの素・しょうゆ・酒・オイスターソースを、よく混ぜ合わせてタレを作ります。 油を引いたフライパンで、豚こま肉を強火で炒めます。 塩こしょうを振り、豚こま肉に火が通ったら一旦お皿へ移します。 フライパンで人参を炒めて火が通ったら、ピーマンを入れてさらに炒めます。 ピーマンが柔らかくなったら、キャベツともやしを加えて炒めます。 キャベツともやしに火が通ったら、炒めた豚こま肉と作ったタレを加えて強火で炒めます。 ショウガやニンニクが香るタレをかけた蒸し鶏は、おかずとしても、お酒のお供としてもおすすめのおかずになっています。 また、タレをかける前の蒸し鶏をフォークでほぐせば、お粥のトッピング具材としてもおすすめです。 材料 2人分• 鶏むね肉 180~200g• 酒 大さじ2• 青ねぎ 適量• すりおろしたショウガ 適量• ニンニク 10g• 白ねぎ 10g• ショウガ 10g• しょうゆ 大さじ1• 酢 小さじ2• 砂糖 小さじ1• 白すりごま 適量• ラー油 適量 蒸し鶏の作り方• 皮を剥いたショウガとニンニク、白ねぎをみじん切りにします。 鶏むね肉と酒、すりおろしたショウガ、5~10cmに切った青ねぎを耐熱容器に入れてラップをします。 600Wの電子レンジで4分ほど加熱し、粗熱をとって冷まします。 ニンニク・白ねぎ・しょうが・しょうゆ・酢・砂糖・白すりごまを混ぜ合わせてタレを作ります。 冷めた蒸し鶏を食べやすい大きさに切り、お皿に盛り付けます。 作ったタレを蒸し鶏にかければ完成です。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 200~300ml• 卵 1個• 味噌 小さじ2• 和風だし 小さじ1• ねぎ 適量 味噌と卵のお粥の作り方• お鍋でお湯を沸かします。 沸いたお湯の一部を使って、味噌を溶かしておきます。 お湯が沸いたら、和風だしと味噌を入れ、よく溶かします。 お鍋が沸騰したら、ごはんを加えてよく煮込みます。 ごはんが柔らかいお粥状になったら、溶き卵を入れ、軽くかき混ぜたら火を止めます。 卵がふんわりしてきたら、溶かしておいた味噌を加えて混ぜます。 ネギを刻みます。 お皿に出来上がったお粥を盛り付け、刻んだネギを飾れば完成です。 ホタテの貝柱や、エビ、イカなどの海鮮の具材を使ったお粥は、魚介の風味が広がる美味しいお粥に仕上がります。 また、ザーサイなどを加えれば海鮮の中華粥を作ることもでき、おすすめです。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 400ml• 冷凍のシーフードミックス 適量• 鶏がらスープの素 小さじ1• 塩 適量• ザーサイ 適量• ネギ 適量 海鮮のお粥の作り方• 冷凍のシーフードミックスを解凍しておきます。 ザーサイとネギを食べやすいように切ります。 ごはんと水をお鍋に入れ、時々ごはんをほぐしながらよく煮ます。 沸騰し始めたら、弱火にして10分ほど煮込みます。 ごはんがお粥状になったら、鶏がらスープの素・すりおろしたショウガ・塩・解凍したシーフードミックスを加えて混ぜます。 全体的にとろみがついたら火を止めて、お皿によそいます。 最後に、切ったザーサイとネギを乗せれば完成です。 お粥に合う定番のトッピングでもある梅干しは、シンプルなお粥とよく合います。 夏など暑くて食欲がないけど、塩分をしっかりと摂取したい時などにも梅干しをトッピングしたお粥はおすすめです。 材料 1人分• ごはん 100g• 水 300ml• 塩 適量• 和風だし 小さじ1• 梅干し 1個 梅干しのお粥の作り方• お鍋にごはんと水、和風だしを入れて、よく煮込みます。 ごはんがお粥状になったら、塩を入れ混ぜます。 全体的にとろみがついたら、お皿に盛り付けて梅干しを乗せたら完成です。 まろやかな味わいで子供にも大人にも人気のエビとブロッコリーのマヨネーズ和えは、あっさりとした味付けのお粥の副菜・付け合せにおすすめです。 作り方は、茹でたブロッコリーと塩こしょうで軽く焼いたエビを、塩こしょうを加えたマヨネーズで和えれば完成です。 もう少しさっぱりとしたものが良い時は、マヨネーズにレモン汁を加えることで、爽やかな味わいのエビとブロッコリーのマヨネーズ和えを作ることができますよ。 でも、 大食いなのにほっそりしたモデルさんや、大食いアイドルなどを見たことはありませんか? 実は、そうした太りにくい女性たちにはある それは、にあったのです! たくさん食べているのに太りにくい人たちの腸内には、(ビフィズス菌、酪酸菌など)がありました。 この善玉菌が多いと、 余計なものは吸収せず、ドバッと外に出してくれるのです。 だから痩せるためにはこの 「腸内環境」が重要なカギになっているんです。 「腸内の善玉菌」を増やせば、普段の生活に必要な栄養だけを取り込んでくれるのです。 腸内環境を整えるためにはどうすればいいの?.

次の

トッピング全部のせ実現なるか!? お粥の魔術師が操る粥専門店で、万里超え新味の長城へ!?

おかゆ トッピング

<材料>• 豚こま切れ肉:150g• ピーマン:2個• もやし:100g• 鶏ガラスープの素:小さじ1【A】• しょうゆ:大さじ1【A】• オイスターソース:小さじ2【A】• 酒:大さじ1【A】• 塩こしょう:少々• 薄力粉:小さじ1• サラダ油:大さじ1 <作り方>• 【A】を混ぜ、合わせ調味料をつくる。 キャベツはざく切り、にんじんは短冊切り、ピーマンは種を取り除き細切りにする。 豚肉を薄力粉をまぶして揉むこむ。 フライパンにサラダ油をひいて火にかけ、3を強火で炒め、塩こしょうを振る。 色が変わったら一度取り出して、同じフライパンににんじんを入れて強火で炒める。 にんじんに火が通ったらピーマンを加えて強火で炒める• 6がしんなりとしたらキャベツを炒め、更にもやしを加えて炒める。 全体をよく混ぜたら肉を戻し、合わせ調味料を入れる。 馴染ませたら出来上がり。 <材料>• 豚バラ肉 ブロック :300g• 長ねぎの青い部分:1本分• 水:400ml• しょうゆ:70ml【A】• 料理酒:50ml【A】• はちみつ:大さじ3【A】• 砂糖:大さじ1. 5【A】• ほうれん草:50g• お湯 ゆで用 :1000ml• 塩 ゆで用 :少々• 糸唐辛子 仕上げ用 :適量 <作り方>• 生姜は皮付きのまま、薄い輪切りに。 豚バラ肉を5cm幅に切る。 鍋にお湯を沸かし、塩とほうれん草を入れてしんなりするまで30秒程茹で、ザルに上げる。 流水で冷やして水気を絞り、根元を切り落として4cm幅に切る。 強火で熱したフライパンに2を入れて、全面に焼き色を付けるように焼き上げる。 長ねぎの青い部分、1、水、【A】を入れて中火で加熱する。 ひと煮立ちしたら落し蓋をのせ、蓋をして柔らかくなるまで弱火で40分程煮る。 皿に盛り付けて、糸唐辛子を飾り付けたら出来上がり。 <材料>• 鶏もも肉:1枚(300g)• 大根:250g• 水:1カップ【A】• しょうゆ:大さじ1【A】• 酒:大さじ1【A】• みりん:大さじ1【A】• 和風だしの素:小さじ1【A】• しょうがチューブ:1〜2cm【A】• 塩・こしょう:少々• ごま油:小さじ2 <作り方>• 鶏肉を一口サイズに切って、塩・こしょうをふる。 大根の皮をむき、1cm幅のイチョウ切りにする。 耐熱容器に大根を重ならないように並べる。 ふんわりとラップを掛け、電子レンジ600wで約3分間加熱する。 フライパンにごま油を中火で熱し、鶏肉を並べる。 2分焼いたら裏返し、もう片面も1分ほど焼く。 鶏肉の色が変わったら大根を加えてサッと炒める。 大根に油がまわったら、ペーパータオルで余分な油を拭き取ってAを注ぐ。 沸騰したら落し蓋をして15分ほど煮る。 落し蓋をとって火を強め、汁気がなくなるまで炒め煮したら出来上がり。 <材料>• 帆立貝柱(刺身)・小:150g• いか(胴):150g• 塩:少々【A】• こしょう:少々【A】• ピーマン:2個(70g)• 赤ピーマン:1個(35g)• ゆでたけのこ:100g• 青椒肉絲の素(3~4人前):1箱• サラダ油:大さじ2 <作り方>• 帆立は厚さを半分に切り、いかは皮をむき、表面に格子状に切り込みを入れて食べやすい大きさに切り、Aで下味をつける。 ピーマン、赤ピーマン、たけのこを細切りにする。 フライパンに油大さじ1を熱して帆立・いかを入れて炒め、火が通ったらいったん取り出す。 フライパンに油大さじ1を熱し、(1)のピーマン・赤ピーマン・たけのこを入れて炒め、(2)の帆立・いかを戻し入れ、青椒肉絲の素を加えて炒め合わせる。 お皿に盛り付けて出来上がり。 <材料>• 牛薄切り肉:200g• 酒:小さじ1【A】• 塩:少々【A】• セロリ:1本• トマト:2個• にんにくのみじん切り:2片分• 鶏がらスープの素:小さじ1• こしょう:少々• オイスターソース:小さじ1• 酒:小さじ1【B】• 砂糖:小さじ1【B】• 水:大さじ2【C】• 片栗粉:大さじ1【C】• サラダ油:大さじ2 <作り方>• 牛肉はひと口大に切り、Aで下味をつけ片栗粉をまぶす。 セロリのスジを取り、茎を5mm幅の斜め切りに、葉はザク切りにする。 トマトは1cm角に切る。 フライパンに油大さじ1を熱し、(1)の牛肉を炒める。 肉の色が変わったら (1)のセロリの茎を加え、さらに炒める。 フライパンをサッと拭き、油大さじ1を熱してにんにくを炒める。 香りがたったら、 (1)のトマトを炒める。 トマトあんを掛けたら出来上がり。 <材料>• ごぼう:1本(150gくらい)• 酒:40cc• 砂糖:大さじ1. 5【A】• しょう油:大さじ1. 5【A】• みりん:大さじ2【A】• ごま油:適量• いりごま:適量 <作り方>• ごぼうは洗って泥を軽く落とす。 切れ目を上にして千切りにする。 ごぼうを数分間、水にさらしてザルにあげる。 にんじんもごぼうと同様に千切りにする。 フライパンにごま油をひき、ごぼう・にんじんをしんなりするまで炒める。 しんなりしてきたら酒を入れて混ぜ全体にからめる。 7に【A】を入れて混ぜ、味見をして好みの味に調整する。 煮汁が少量残るくらいまで煮含める。 火を止めた後、しばらく広げておく。 器に盛り付けて、いりごまをかけて出来上がり。 <材料>• 米:60g• 水:360cc• 出汁昆布:10cm• もずく:200g• 酒:小さじ1• 塩:少々• 薄口醤油:少々 <作り方>• 米はよく洗ってざるにあげ、昆布は水につけて出汁をとる(最低1時間くらい)• 昆布の出汁が出たら、米と出汁を鍋に入れて30分ほど置く。 鍋を強火に掛けて沸騰したら弱火にし、焦げ付かないようにかき混ぜながら30分ほど煮る。 おかゆの火を止める数分前に鍋にもずくを入れて、よくかき混ぜる。 <材料>• お米:1カップ• 水:4L• サラダ油:10cc• 鶏手羽中:5本(150g)• 塩:小さじ1• 冷凍エビ:お好みの量• 生ホタテ(刺身用):お好みの量 <作り方>• 米を洗いザルに開け、鍋に分量のお湯を沸かす。 冷凍海老を茹で、ホタテを食べやすく切る。 鶏手羽をガーゼでくるむ(鶏が出ない様に端を結ぶ)• 鍋に分量の水を沸かし米と鶏を入れる再び湧いたらアクを取り弱火で煮る。 1時間程煮たらサラダ油を入れ、再び1時間程煮る。 鶏肉をガーゼごと取り出す(肉は捨てない)• 米の形が崩れトロミが付いたら塩を入れ火を止める。 丼にお粥を盛茹でた海老と生ホタテを乗せ、好きなトッピングを乗せたら出来上がり。

次の