楽天カード ブラックリスト。 楽天ブラックカードの実力とは?楽天プレミアムカードとの違いを比較!

悪用厳禁?!ブラックでも好きなクレジットカードを作れる方法を完全公開

楽天カード ブラックリスト

楽天カードですら審査落ち 『審査基準が甘い』で有名なカードですが、筆者は2度審査落ちしています。 完全に クレジットカードの支払い遅れにによる『強制解約』がブラックリスト入りが原因だと考えられます。 年会費無料で、楽天ポイントがたくさんたまるのでどうしても発行したかったのです。 金融事故、自己破産等でブラックリスト入りしてしまうと5年~10年とされています。 楽天カードは2度審査落ちを経験しましたが、3度目の挑戦で発行することができました。 【強制解約】からカードに発行できるまでにかかった年月はおよそ9年です。 筆者のクレヒス 筆者のクレヒスを年表にまとめてみました。 年表 出来事 2009 ポイント目的で楽天カードを発行する。 当時18歳でクレジットカードがよくわからず放置。 1度も利用していない。 2010 『横浜バンクカード』を発行する。 同時期に『みずほマイレージクラブカード』も発行する。 2010 『横浜バンクカード』で2か月支払いできず、強制解約。 支払いは父親にしてもらう。 『みずほマイレージクラブカード』『楽天カード』は強制解約されなかった。 2014 初めに発行したクレジットカード『楽天カード』が有効期限を迎えるが、新しいカードを発行してもらえず 楽天カード1度目の審査落ち 2015 海外に行くため上限額10万だった『みずほマイレージクラブカード』の上限額引き上げをお願いするが、拒否られる。 2016 ソフトバンク光のインターネット料金が払えず、強制解約される。 2018 楽天カード2度目の申し込み、光の速さで審査落ち 2019 楽天カード3度目申し込み、奇跡的に審査に通る 横浜銀行のクレジットカードを1年もかからず、『強制解約』されるクズっぷりです。 横浜銀行さん本当にすいませんでした。 このほかに2016年に就職したときにつくらされた三井住友銀行のクレジットカードも見事に審査落ちしています。 とんだブラック新入社員と思われたことでしょう。 信用情報機関のブラックリスト条件 クレジットカードなどの信用情報を扱う期間は3つあります。 信用情報は一生付きまとってくるわけではありません、1年~10年でデータは消されます。 ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC 61日以上延滞 5年 1年 5年 3か月以上連続延滞 5年 5年 5年 強制解約 記載なし 5年 5年 債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年 自己破産 7年 5年 10年 代位弁済 記載なし 5年 5年 筆者がやらかしてしまった【強制解約】はCICでは掲載条件が記載されていません。 実際に信用回復までの時間を実体験をもとに推測します。 CICの強制解約の信用情報掲載期間は? CICでは【強制解約】の信用情報の掲載期間は発表されていません。 そこで筆者自身のクレヒスを用いて考察することとしました。 楽天カードは1回目の審査、カード更新の際の審査、2・3回目の申し込み審査の計4回審査をうけました。 その時の筆者のスペックを一覧にしました。 1枚目の更新・・・強制解約から4年目、まだ強制解約のブラックリストから消えていないでしょう。 一人暮らしで無職でもあったため完全にアウト。 2回目・・・強制解約から8年目、ブラックリスト入りの影響か?雇用形態が派遣だからか?審査落ち。 楽天カードは専業主婦OKだし、夫の収入は安定しているのでやはり強制解約が影響していると考えられる。 3回目・・・2回目の申し込みをしたときとほぼ同じスペックにも関わらず、審査通過することができた。 これらの結果より、 CICの【強制解約】から信用回復までにかかる期間は9年である可能性が高いです。 人によって個人差があるかもしれませんが、長い期間カードが発行できないことには間違いないでしょう。 ソフトバンク光の強制解約は信用情報に影響なし? 筆者はクレジットカード強制解約のほかに2016年にもソフトバンク光の強制解約を食らっています。 通常、携帯電話会社の携帯料金や本体代分割払いの滞納も信用情報を傷つけると言われています。 ソフトバンク光の強制解約も、携帯会社が関係しているため信用情報に影響がないか気にしていました。 しかしながら、ソフトバンク光強制解約から3年で楽天カードを発行できたことから、影響はないと考えています。 楽天カードは審査が甘いのを実感 信用回復後なんとか発行できた楽天カードですが、発行できたときのスペックは、派遣社員2年目でした。 審査が甘いクレジットカードであることは間違いないです。 信用情報に自信がない人はひとまず『楽天カード』を発行してみるといいです。 万が一、審査に落ちてしまった場合は6か月は期間を開けた方がいいようです。 howtotentsuma.

次の

ブラックリストに載っているのにクレジットカードを作る方法

楽天カード ブラックリスト

封筒の中には様々な特典の案内や 申し込みの方法などが書かれた 紙が同封されていました。 自分は、基本的に年会費がかからない クレジットカードが好きです。 というかクレジットカードにお金を払う のは合理性が無いと考えていました。 お金を払う決済代行システムに於いて 決済者のリスクはイシュアーが持つべきです。 なぜに年会費で維持をするのか・・・ おかしい、です。 マイルで事実上バックされるJALカードに 2,160円払うのも躊躇ってしまいます。 (JALマイレージのAmazonギフト券交換が 2015年の秋から復活したので 今はもう全然気になりません) そんな自分に、そんなハイクラスっぽい カードが必要な訳もなく、インビテーションごと 放置してました。 それからひと月ほど経過し、 ちょっとした転機が訪れます。 自分は仕事の都合で海外にちょこちょこ行きます。 渡航先はドイツが主体だったのに、 仕事の都合でスイスに変わったため、 欧州のハブでトランジットが必要になりました。 この頃はシャルルドゴールやヒースローといった 巨大な空港を使っていたので乗り継ぎ時間を 長めにして、便を予約していました。 そうなると、必然的にトランジット空港で 猛烈に暇になります 初めは空港内を歩き回って暇をつぶしたのですが、 荷物も多いですし、疲れます そこでJALと提携しているラウンジを探して 休憩をするようにしたのですが、 いかんせんシャルルドゴールは広すぎて、 提携ラウンジまでバスとか地下鉄で移動しないと ならないこともあり、 行くのが面倒なことも多いです 当然、搭乗口と近いとは限りません。 そんなとき、 プライオリティ・パスを持っている と便利だよ、という話を聞きつけ、 関連会社の人に同伴させてもらったところ、 確かに入れるラウンジの数も多いので 何かと便利でした。 また、JAL提携ラウンジが無い空港でも プライオリティパスでラウンジが使える空港が あることも体験し、プライオリティパスを 作ろうと調べたところ・・・ものすごく高いです。 さらにいつもは自力で掛けていた 海外旅行の傷害保険も自動付帯で 付きます(しかも死亡保障1億円) もちろん 国内旅行の傷害保険も自動付帯です。 死亡保障5,000万円 自分は航空券はJALカードで購入するので 自動付帯の 保険はとても助かります。 このように、当初はプライオリティパスに 目がくらんだものの、調べれば調べるほど、 楽天ブラックカードは自分に有益でした。 クレジットカードに興味が無いので 知らなかったのですが、調べているうちに、 楽天カードにはゴールドやプレミアムが あることを知り、 ゴールドがJALカードと同じ くらい安く、それでいいか、と考えたのですが、 海外傷害保険の自動付帯が無い、家族の保証が無い、 プライオリティパスの同伴が不可能、家族カードが 有料・・・と、自分にはちょっと不足があるので せっかくインビテーションも来たことだし、 ネットで申し込めるみたいなのでこっちでいいや、と 割り切りました。 しかし年会費 32,400円 33,000円は高いですね・・・ 一応、楽天のポイントバックやラウンジの利用などを 計算すると、損はしなそうなので我慢します。 もし、一人で行動するなら、 楽天プレミアムカードの方が全然手堅く賢いです。 国際的な活動をする場合、明らかに賢い選択です。 ここ数年、海外で会議をする日本人のほとんどは 「持ってるよ」という状態になってきました。 なお、楽天ブラックカードのサービスに関してですが、 自分には要らないサービスも多いです。 「コンシェルジュサービス」masterのコンシェルジュ が電話でホテルの手配やチケットの手配などなんでも 応対してくれるらしいですが、 元々そんなの無くても、世界中一人で行けているので きっと一生使わないサービスです。 空港への荷物を自宅まで取りに来てくれるサービスも 要らないです。 人に荷物を預けることは基本しませんし、 たぶんこれからもしません。 そのほか、会員制ゴルフ場でビジターは使えないけれど、 特別に使わせてあげるよ権とか、 ヘリクルーズ、ホテルスパ、歌舞伎・能など・・・・・ これまでの人生で考えたことも無い壮絶なメニューが 並びます ところで、こんな自分になんでインビテーションが 来たのか振り返ってみました。 (3年以上前の記憶なのでログを見ながら) インビテーションの条件は全く分かりませんが、 ご参考までに。 1 楽天の 普通カード VISA 使用歴10年です。 ダイヤモンドクラスになって 2年半が経過していました。 3 NHK、新聞の支払いをしています。 4 インビテーションが来る前の月々の使用金額は 10万円から30万円程度で 年間250万円ほどです。 5 楽天トラベルを年間30回から50回ほど使用します。 6 北米、欧州で年間30万円ほど使用します。 7 楽天 ETCカードを装備しています。 8 楽天のレビューを100件ほど書いていました。 9 楽天家族カードを日常の買い物でかなり 使っています。 10 楽天銀行とか証券とかは一切使っていません。 11 楽天カードの上限金額アップなどを申請した ことは無いです。 という感じです。 海外での利用が比較的多いから、プライオリティパスが あると便利と思ってインバイトしてくれたのでしょうか。 JCBですと、nanacoへのチャージができ、ポイントが 付きます。 そして nanacoだと自動車税が支払えます。 これはお得すぎます 自分もJCBにしたいのですが、欧州でたまにJCBが 使えない店があるので、ちょっと不安です。 そもそもJALカードにJCBがついていますし・・・ 日常使いのサービス面では 楽天ポイントがプラス2ポイント加算されますし、 未着保証もあるので安心です、 ・・・という風に普通に便利です。 ただ、楽天で購入して未着だったことは無いです。 何か特別な思いをした・・・ということは そんなに無いです。 ちょっと良いクラスのホテルを (突然のことで選択肢が無くて渋々)予約した時、 アップグレードした部屋を用意してくれたくらいです。 あとは、たまたま店員さんがブラックカードを 知っている人だと、色々聞かれたり会話になる ことがあります、くらいです。 このパターンは気のせいか、海外で出くわすことが 多いです。 カード文化があるからでしょうか。 ただ、これは良いことか分かりません。 このカードで戦略爆撃機や戦闘機を2機購入しました! というようなエピソードがあればよかったのですが、 振り返りながら整理して、自分でも大したことが 無いって気づきました。 これがリアルです ちょっと遠出するときはクレジットカードを 多用しますが、一枚は上級カードを持っていると 良いと思います。 特に海外ではこの上なく頼もしい存在です。 なお、自分もインビテーション前は楽天普通カード でしたが、とにかく楽天ポイントはお得です。 ネット通販でも楽天の商品価格帯は十分安値ですし、 維持費は全部無料ですし、作るだけで5,000円分の ポイントがもらえます。 (時期によっては8,000円分などに変動します) オールラウンドカードなので買い物だけではなく、 電子書籍や旅行(国内外のホテル、航空券手配・・)、 最近ではtotoなどの宝くじもできます。 一番自分が気に入っているのは、ポイントバックの サービスを毎年必ず追加してくるので、 カードを作ってからも、お得感が増していきます。 全方位で無敵なカードだと思います。 ポイント付与率は下がったりもしますが、 所有していてトータルで見ると、やはりお得なのは 間違いないです たまにはとびっきりのビールも良いです。 「クラフトビール入門書」がついてきます。 ブラウンは新型機になって使用回数が40万回 に増え、出力も6ジュールになったため、 圧倒的に毛根への抑制効果が高いです。 肌色を自動識別して照射するので安全ですし、 使いやすく照射間隔も短いです。 最安+在庫ありはリアルタイムで探した方が 賢いと思います。 ブラウン 5117 で検索すると随分出てきます。 (5117、5124、5137と型番が違いますが、 本体は全て同じです) HIRSCHは1975年にオーストリアにで創業 した最高級ランクの時計ベルトブランドで、 新しいことへ果敢に挑戦し続けており、 イタリアンカーフに天然ゴムの組み合わせは 真夏に汗をかいても実に快適です。 台湾などでもよく見かけますが、こちらは ビックカメラのオリジナルということで 品質に安心感があります。 BLUETOOTHなのでスマホと繋げて使えます。 日本人しか使わないので、親日国の台湾やタイでは 好待遇を受けます。

次の

ブラックリストになる条件とカード決済を実現する方法

楽天カード ブラックリスト

楽天カードですら審査落ち 『審査基準が甘い』で有名なカードですが、筆者は2度審査落ちしています。 完全に クレジットカードの支払い遅れにによる『強制解約』がブラックリスト入りが原因だと考えられます。 年会費無料で、楽天ポイントがたくさんたまるのでどうしても発行したかったのです。 金融事故、自己破産等でブラックリスト入りしてしまうと5年~10年とされています。 楽天カードは2度審査落ちを経験しましたが、3度目の挑戦で発行することができました。 【強制解約】からカードに発行できるまでにかかった年月はおよそ9年です。 筆者のクレヒス 筆者のクレヒスを年表にまとめてみました。 年表 出来事 2009 ポイント目的で楽天カードを発行する。 当時18歳でクレジットカードがよくわからず放置。 1度も利用していない。 2010 『横浜バンクカード』を発行する。 同時期に『みずほマイレージクラブカード』も発行する。 2010 『横浜バンクカード』で2か月支払いできず、強制解約。 支払いは父親にしてもらう。 『みずほマイレージクラブカード』『楽天カード』は強制解約されなかった。 2014 初めに発行したクレジットカード『楽天カード』が有効期限を迎えるが、新しいカードを発行してもらえず 楽天カード1度目の審査落ち 2015 海外に行くため上限額10万だった『みずほマイレージクラブカード』の上限額引き上げをお願いするが、拒否られる。 2016 ソフトバンク光のインターネット料金が払えず、強制解約される。 2018 楽天カード2度目の申し込み、光の速さで審査落ち 2019 楽天カード3度目申し込み、奇跡的に審査に通る 横浜銀行のクレジットカードを1年もかからず、『強制解約』されるクズっぷりです。 横浜銀行さん本当にすいませんでした。 このほかに2016年に就職したときにつくらされた三井住友銀行のクレジットカードも見事に審査落ちしています。 とんだブラック新入社員と思われたことでしょう。 信用情報機関のブラックリスト条件 クレジットカードなどの信用情報を扱う期間は3つあります。 信用情報は一生付きまとってくるわけではありません、1年~10年でデータは消されます。 ブラックリスト掲載条件 CIC JICC KSC 61日以上延滞 5年 1年 5年 3か月以上連続延滞 5年 5年 5年 強制解約 記載なし 5年 5年 債務整理(任意整理・特定調停・個人再生) 5年 5年 5年 自己破産 7年 5年 10年 代位弁済 記載なし 5年 5年 筆者がやらかしてしまった【強制解約】はCICでは掲載条件が記載されていません。 実際に信用回復までの時間を実体験をもとに推測します。 CICの強制解約の信用情報掲載期間は? CICでは【強制解約】の信用情報の掲載期間は発表されていません。 そこで筆者自身のクレヒスを用いて考察することとしました。 楽天カードは1回目の審査、カード更新の際の審査、2・3回目の申し込み審査の計4回審査をうけました。 その時の筆者のスペックを一覧にしました。 1枚目の更新・・・強制解約から4年目、まだ強制解約のブラックリストから消えていないでしょう。 一人暮らしで無職でもあったため完全にアウト。 2回目・・・強制解約から8年目、ブラックリスト入りの影響か?雇用形態が派遣だからか?審査落ち。 楽天カードは専業主婦OKだし、夫の収入は安定しているのでやはり強制解約が影響していると考えられる。 3回目・・・2回目の申し込みをしたときとほぼ同じスペックにも関わらず、審査通過することができた。 これらの結果より、 CICの【強制解約】から信用回復までにかかる期間は9年である可能性が高いです。 人によって個人差があるかもしれませんが、長い期間カードが発行できないことには間違いないでしょう。 ソフトバンク光の強制解約は信用情報に影響なし? 筆者はクレジットカード強制解約のほかに2016年にもソフトバンク光の強制解約を食らっています。 通常、携帯電話会社の携帯料金や本体代分割払いの滞納も信用情報を傷つけると言われています。 ソフトバンク光の強制解約も、携帯会社が関係しているため信用情報に影響がないか気にしていました。 しかしながら、ソフトバンク光強制解約から3年で楽天カードを発行できたことから、影響はないと考えています。 楽天カードは審査が甘いのを実感 信用回復後なんとか発行できた楽天カードですが、発行できたときのスペックは、派遣社員2年目でした。 審査が甘いクレジットカードであることは間違いないです。 信用情報に自信がない人はひとまず『楽天カード』を発行してみるといいです。 万が一、審査に落ちてしまった場合は6か月は期間を開けた方がいいようです。 howtotentsuma.

次の