子供が「耳が聞こえない」は、滲出性中耳炎かも?!

自然治癒の可能性 近年、鼓膜切開などの積極的な治療をせず自然治癒をすすめる病院が増えてきています。

Next

【医師監修】子供の滲出性中耳炎。原因と症状、治療について(マイナビウーマン子育て)「中耳炎」はよく聞く病名だと思いますが、…|dメニューニュース(NTTドコモ)

我が子は現在この段階で様子を見ていますが、この鼓膜切開を繰り返しても滲出性中耳炎の治りが悪い場合は次の治療ステップへ進むことになります。 聞き返す(難聴)• 小学生や入学前で滲出性中耳炎による難聴があるときは行ってもよい治療でしょう。 2歳未満では経過観察が基本です。

Next

滲出性中耳炎の治療(鼓膜切開術、鼓膜チューブ留置術)|横浜市都筑区 おおた耳鼻咽喉科

滲出性中耳炎の診断 滲出性中耳炎になると鼓膜に大きな変化がみられるため、 鼓膜の状態を観察したり、動きをみたりします。 今注目が集まっている医療や健康情報を病院検索ホスピタが厳選して分かりやすくお届け! 今回は『子供が「耳が聞こえない」は、 かも?! 「人の耳は、外側から大きく外耳・中耳・内耳という構造に分けることができます。 この記事の監修ドクター 梁 尚弘先生 りょうキッズクリニック(埼玉県所沢市)院長。

【医師監修】子どもの滲出性中耳炎|症状、原因、治療方法、薬について|cozre[コズレ]子育てマガジン

チューブの穴を通して中耳と外気の間で空気の出入りができるようにするのです。

滲出性中耳炎とは

そこで、子供が中耳炎になりやすい理由や原因、症状、治療法、予防法について、昭和大学医学部・耳鼻咽喉科学教室の主任教授、小林一女さんに伺いました。 耳管(鼻の奥の方と中耳をつなぐ管で中耳の圧力の調節や中耳の粘液の排出をしている)の働きが十分でないことや中耳の炎症が原因であろうと考えられています。

Next

子供の「中耳炎」4タイプを紹介 原因・症状・治療法・予防法も

しかし、鼻の病気や喉の炎症により、耳管の働きが悪くなると膿が残り、 を発症します。 原因菌に対する本人の免疫力低下が原因で、特に生後1年未満で急性中耳炎にかかった子は反復性中耳炎になりやすいといわれています。

Next

滲出性中耳炎とは

治療は、原因となる、副鼻腔炎(ちくのう)、アレルギー性鼻炎、アデノイド肥大、鼻ススリが無いかチェックします。 代わりに耳の違和感や耳の聞こえ方に異常が出てくるのが大きな特徴です。

Next

子供の滲出性中耳炎について

大きな声で喋る• 風邪をひきやすく、咳や痰が続いている• 平成10年順天堂大学卒業後、日本大学小児科研修医、沼津市立病院小児科、横須賀市立市民病院小児科、日本大学小児科助教、瀬戸病院小児科医長を経て現在に至る。