60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

またアメリカのヴェルヴェッツに対し、当時のイギリスにはシドバレット率いるピンクフロイドが「The Piper at the Gates of Dawn」という傑作を残してるのでおすすめ。

Next

60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

The Young Rascals• The Dixie Cups• 若者たちのヴェトナム出征を受け入れようと苦悩するアメリカが描かれている。 巻頭の沢田研二の 特別手記から始まって、「グループ・サウンズのすべて」です。

Next

初心者必聴!歴史に残したい洋楽名盤10選 60年代編|三代目齋藤飛鳥涼|note

ということで をつくりました。 ジミヘンはその抜群のセンスとどこから思いついたかわからない突飛なアイデアで、エレキギターから引き出せるサウンドを最大限にまで広げた。

Next

1960年代 洋楽名曲・ヒットソングランキング

(当時12歳、島根在住であったが) 「60年代はラジオから流れるビートルズ、クルセーダースをはじめフォーク、ロックの音楽があふれて・・・特に1967~69年、洋楽はジミヘンドリックス、ドアーズ、ピンクフロイドなど、和製ではザ・タイガース、ザ・テンプターズ、モップス・・・またラジオ番組も1967年10月に始まったオールナイトニッポン、同年3月に始まったパックインミュージック(TBS)、1969年に始まったセイヤングと深夜の音楽番組・・・」同い年で東京在住の自分も同じ経験、所感を持っています。 これはもっと評価されてしかるべきだ。

Next

特選洋楽『1960年〜1969年』

The Marcels• The 5th Dimension• ガール・グループを牽引するトップ・アーティストとしてのシャングリラズの人気は短命に終わったが、同グループにとって最後の全米トップテン・ヒットとなった1965年の「I Can Never Go Home Anymore(邦題:家へは帰れない)」も怪曲だった。

Next

60年代、70年代、80年代、90年代 洋楽の名曲

アメリカ、イギリスといった国とか関係なく、ロック、フォーク、ヒップホップ、といったジャンルとか関係なく、日本じゃないものは全て洋楽という一つのカテゴリーに入れることができます。 Bruce Channel• Johnny Rivers• GSの補足です。

Next

特選洋楽『1960年〜1969年』

1970年代になりますが欧風ポップスで私にとって謎なのは「さよならを教えて」フ ランソワアルディーは日本語で「悲しみが涙にかわるまで」?という曲がカバーさ れていた?、それとも似た曲だったのか?・・FMの深夜では盛んに聴いた気がす るのですが。 The Rollgng Stones 「Let It Bleed」 激動の時代と黄金期の幕開け 1960年代前半にその歴史をスタートさせてからいまだに第一線に君臨し、今年でレコードデビュー57年を迎えるローリングストーンズ。

Next