届出が不要な一般化学物質のリストについて

以下の物質を含有する製剤などのうち、含量が重量の1パーセント(表中7に掲げる物は0. ・漏えいした場合に容易に避難できるように出入り口を2カ所以上設けなければならない。 物質 区分 特別管理 条件・特例規定 1 特定 2 特定 3 化合物 管理 ・に限る 3の2 化合物 管理 特別管理 特化則38条の7 3の3 特別有機溶剤等 特別管理 塗装業務に限る 4 特定 特別管理 5 特定 特別管理 特化則38条の10(滅菌作業)、特化則38条の14(燻蒸作業) 6 特定 特別管理 7 特定 8 オーラミン等 特別管理 8の2 特定 9 管理 10 及びその化合物 管理 11 及びその塩 管理 特別管理 11の2 特別有機溶剤等 特別管理 有機溶剤業務に限る 12 特定 特別管理 13 管理 13の2 及びその無機化合物 管理 特別管理 として利用する場合を除く。

Next

特定化学物質の管理

14 (赤字)2021. 第1類、管理第2類、オーラミン等 作業場の床を不浸透性の材料で造らなければなりません。 また、 半角スペースでキーワードを区切ると、AND検索(絞り込み検索)もできます。 本ページの情報を使用した結果についての責任は一切負いかねますのでご了承下さい。

Next

届出が不要な一般化学物質のリストについて

製造以外の取り扱い(容器や反応槽への出し入れなど)についても、発散源を密閉するか、所定の要件を満たすまたはプッシュプル型換気装置を設ける必要がある(特化則3条)。 表右上の検索欄に文字列を入力して、物質名などを検索することができます。 第一種特定化学物質 平成 30年 4月 1日時点 NO.。

Next

安衛法 リスクアセスメント対象化学物質一覧(表示・通知交付義務物質)

以下の物質を含有する製剤などのうち、含量が重量の1パーセント(表中6に掲げる物は5パーセント)を超えるものは同様に取り扱う。 以下の物質を含有する製剤などのうち、含量が重量の1パーセント(表中14,16,18,27,28に掲げる物は5パーセント)を超えるものは同様に取り扱う。

Next

安衛法 リスクアセスメント対象化学物質一覧(表示・通知交付義務物質)

目的 「事業者は化学物質による労働者のがん、皮膚炎、神経障害その他の健康障害を予防するため、使用する物質の毒性の確認、代替物の使用、作業方法の確立、関係施設の改善、作業環境の整備、健康管理の徹底、その他必要な措置を講じ、もって、労働者の危険の防止の趣旨に反しない限りで、化学物質のばく露される労働者の人数ならびに労働者がばく露される期間および程度を最小限度にするよう努めなければならない。

Next

届出が不要な一般化学物質のリストについて

これに掲載されております官報整理番号に該当する化学物質については、平成23年4月1日に施行された化審法の製造(輸入)量等の届出が不要な一般化学物質でありますので、該当する一般化学物質の製造(輸入)等を行っている事業者様におかれましてはご確認をお願いいたします。

Next

特定化学物質リスト

詳しくはを参照。 特定第2類、オーラミン等 密閉式の構造にする必要があります。