品詞の分類をマスターしよう

昔、ある男がいた。 これにぞ籠りけると見るに、胸つぶれて、いみじ。

Next

割り持ちたる鏡・唐物語 現代語訳・品詞分解・読み方

と詠めりければ、みな人、 と詠んだので、その場にいた人は皆、 乾飯の上に涙落として、ほとびにけり。

Next

伊勢物語の「あづま下り」という古文の現代語訳を教えて下さい!お願い...

打消の助動詞・終止形. 以下はあるサイトで探したものをコピーしました。

国語(系)のテスト対策

その沢にかきつばたが大層すばらしく(美しく)咲いていた。 思いをはせる、はるかに思う、いろいろと考える。

Next

国語(系)のテスト対策

あこき「早うおりたまへ」と言へば、少将おり走りたまふ。 死んだ人で埋葬などのできない人を、この門の上に置いたのだった。

Next

☆伊勢物語 第九段 原文と現代語訳: 『大学受験古文』

誰に対する敬意かというと、 「大納言殿」(中宮定子様の兄に当たる人であり、大納言という地位にあるから当然敬意を持ってそう呼びます。 2)その男、身をえうなきものに思ひなして、「京にはあらじ、東の方(かた)に住むべき国求めに。

Next

忘れ貝・土佐日記 現代語訳・品詞分解・読み方

A ベストアンサー こんにちは。

Next