ノンフィクション本大賞とは

【大賞】 『 』恩田陸(新潮社)374点• いうなれば、ど新人じゃないですか。 5点 【必修5】本屋大賞の裏側に迫る! 最後に本屋大賞にまつわる数々のエピソードを紹介します。 純粋な謎解き推理小説とはいいがたい内容ではありますが、一つの物語を描き切ったその内容は、読む手を止めさせない大きな魅力に満ちています。

本屋大賞を批判する人が知らない5つのこと

5点 2018年ノンフィクション本大賞(第1回:2018年7月〜11月実施) 2018年ノンフィクション本大賞 結果発表 大賞作 『極夜行』 角幡唯介(著) 文藝春秋 他 ノミネート作品(五十音順) 『一発屋芸人列伝』 山田ルイ53世(著) 新潮社 『軌道 福知山線脱線事故 JR西日本を変えた闘い』 松本創(著) 東洋経済新報社 『告白 あるPKO隊員の死・23年目の真実』 旗手啓介(著) 講談社 『日航123便墜落の新事実 目撃証言から真相に迫る』 青山透子(著) 河出書房新社 『ノモレ』 国分拓(著) 新潮社 『Black Box ブラックボックス』 伊藤詩織(著) 文藝春秋 『モンテレッジォ小さな村の旅する本屋の物語』 内田洋子(著) 方丈社 『ユニクロ潜入一年』 横田増生(著) 文藝春秋 『43回の殺意 川崎中1男子生徒殺害事件の深層』 石井光太(著) 双葉社. 2020年ノンフィクション本大賞ノミネート作発表 (作品名五十音順) 第3回となる「Yahoo!ニュース|本屋大賞 2020年ノンフィクション本大賞」は一次投票を5月20日より6月30日まで行い、書店員78人の投票がありました。 第11回(2014年):和田竜『』• が、悲しい物語ではありません。

Next

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」を受賞

描くのは「命」。

「2016年本屋大賞」が決定しました! 大賞は宮下奈都さんの『羊と鋼の森』

文章自体は淡々としているのですが、読んで いくとどんどん惹き込まれていくんです。

「2020年本屋大賞」が決定しました! 【大賞】凪良ゆうさん『流浪の月』

本で初めて徹夜をしました。

Next

ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー』が「Yahoo!ニュース|本屋大賞 ノンフィクション本大賞」を受賞

・本屋大賞の仕掛け人・ 杉江由次• 【4位】『容疑者Xの献身』東野圭吾(文藝春秋)184. 私はもう大人ですが、学生の頃に読んだらま た違った角度で感じる部分もあっただろうな ぁ。

Next