アメリカ人捕虜を殺してその肉を食べた…… “狂気の宴会”が行われた「父島事件」とは(文春オンライン)

満員といってよい室内では、いまや酒宴はたけなわであった。 事件は父親の提示した示談金で告訴は取り下げられている。

Next

小笠原で人肉食

答 そうだ? しかし講道館柔道の精神を普段から踏みにじっていた的場少佐なら先陣訓も出鱈目に曲解していたとしてもおかしくないと思います。

Next

パリ人肉事件

酒宴を開き人肉を食った場面は直接見ていないという。 本訓 其の3 1.・・・敵及住民を軽侮するを止めよ。

Next

アメリカ人捕虜を殺してその肉を食べた…… “狂気の宴会”が行われた「父島事件」とは|ニフティニュース

立花らは処刑されるまでの間、米兵たちの憎悪の対象となり激しく虐待され続けた。 軍人としては高齢だったが召集されていた。

アメリカ人捕虜を殺してその肉を食べた…… “狂気の宴会”が行われた「父島事件」とは

きのうのきょうなので、埋葬した場所もすぐ分かり、土もまだ軟らかく、難なく掘り出すことができた。 米兵による捕虜虐殺や、死体を使った「お土産」作り(大腿骨を加工したペーパーナイフや、頭蓋骨製の置物など)を記録した「日記」等と併せて、日米共通のテキストとして、中学高校の歴史の時間に教えればよろしかろう。 都合不都合うんぬんヌキにしても事実は事実じゃないといけないし、でっちあげも良くないよねぇ。

秦郁彦の「昭和史の謎を追う」の父島人肉事件の章では、食糧も十分あり、本土とも連絡が取れていた父島で、ここまで突出した猟奇事件がおきたのは、狂人的な高級軍人がたまたま集まってしまったからだと書いていた。

酒飲みで、よくメモを書き、主計(会計などを取り扱った軍人)のところへ酒買いに行かされた。

Next

本当にあった食人事件…父島事件

さらにいえば、陸士の卒業年次は栗林中将の26期に対して立花中将は25期。 九州大人体解剖実験はその詳細を見ると、精神的にやられます。 「母一人子一人で、母親は首を長くして帰るのを待っている」ということだった。

Next

秦郁彦の「昭和史の謎を追う」の父島人肉事件の章では、食糧も十分あり、本土とも連絡が取れていた父島で、ここまで突出した猟奇事件がおきたのは、狂人的な高級軍人がたまたま集まってしまったからだと書いていた。

秦郁彦『昭和史の謎を追う』下 p265• 「捕虜がいるぞ」という兵隊たちの騒ぎ声に外へ出た。 爆撃は激烈で、対空砲火による撃墜などでアメリカ人飛行士らが捕虜となるケースも続出した。 ・(編・著) 『世界戦争犯罪辞典』 文藝春秋、2002年• 殺害にも人肉食にも関与しておらず、何も知らなかったと主張した。