メンパ屋的コロナ対策のお話 : 井川メンパ千頭大井屋本店 静岡のお茶摘み弁当箱

感染リスクを避けるために接客以外なるべき人と接触を避けているのです。

2020冬の井川メンパ塗り直し修理完了と曲げわっぱ修理事業のこと : 井川メンパ千頭大井屋本店 静岡のお茶摘み弁当箱

詳しくはをご覧ください。 メンパは全国各地でさまざまにつくられてきましたが、 この井川メンパの特徴は、何といってもまったりとした漆の、 とろっとした質感が生きた味わい深い仕上がりです。

Next

2020冬の井川メンパ塗り直し修理完了と曲げわっぱ修理事業のこと : 井川メンパ千頭大井屋本店 静岡のお茶摘み弁当箱

昔から漆塗りってのは土蔵みてえな冬は暖かく夏は涼しいところがええんだわ!というようなことをどこぞの塗師が言ってたのを思い出しまして、うちのような築50年以上の日本建築などは柱こそしっかりしてても壁なんてペラペラの合板とトタンの構造ですから、いくら部屋を温めたりしてもストーブやエアコンが切れた瞬間にもうそれは悲惨な感じで硬化が止まってしまうのです。

Next

静岡市発祥の伝統工芸品「井川メンパ」 大学で蒔絵学んだ22歳女性が職人目指すワケ 静岡・川根本町

石関さん:「全国の工芸品が集まる展覧会がありまして、そこで出会ったのがこのお箸だったんですけど、岩手の平秀塗というもので、これを初めて見たときに『え、これも漆なの』って驚きから興味が湧いて、漆に」 大学で漆を塗る技術を学びながら就職について考えていたころ、師匠である前田さんを取り上げた記事を目にしたそうです。 道具としてだけではなく、人生のお供としても「井川メンパ」を迎えてみませんか。 「井川メンパ」は裁縫箱やアクセサリーケースにもおすすめ でも、折角、丈夫で長く使える「井川メンパ」を買うなら、お弁当箱以外にも、色々な用途で長く使いたいですよね。

Next

井川メンパ大井屋本店

ドラえもんの法力が効くかどうかわからんのですが、手作りマスクとてもフィット感がありこれは飛沫を抑えてる感が半端ないです。

大井屋「井川メンパ」古くから愛されてきた道具を日常生活に

一年ロックダウンしている間に世界で手話が共通言語になるようにみんなで勉強すればいい。 後継者不足は深刻です。

Next