ロト 6 出 目 100。 ロト6過去20回の出目表

こうやって買えば高額当選!?ロト6などの数字選択式宝くじで高額当選の確率を上げる方法

ロト 6 出 目 100

人生一発逆転 当たったら何を買おうか。 どういうお金の使い方をしようか。 誰もが一度は想像した事があるんじゃないでしょうか。 そこで数字選択式くじの【当選確率を少しでも上げる方法】をシェアしたいと思います。 ロト6で3等当選したときの話 ちょっと本題に入る前に余談です。 私はロト6で最高3等当選したことがあります。 5口1000円分を毎週買っていた程度の支出なので、大量購入するとかのオチではありません。 ネットで調べた情報を元に購入していました。 調べた情報を元に、購入方法を変えたことで、高額当選するまでにも、4等や5等の当選が増えました。 それまでろくに末等の5等でさえ全然当選していなかったのですが、購入方法を変えたことで当選の確率が上がったように感じています。 ちなみに私が行った購入方法は、ややこしい方法でも無く、怪しい情報商材とかの情報でもありません。 全てネットで調べ、信憑性がありそうなものを組み合わせて行ったものです。 ちなみにロト6における3等は【本数字と5つ一致】です、つまりあと1つの数字が合っていれば1等に当選していました・・・1つ数字が違うだけで【9950万】程の当選金額の違いがあります。。。 たった1つの数字が合致してるかしていないかの違いで、人生が大きく変わっていた。 当選した当時は嬉しかったのですが、今考えてもやりきれない気持ちが沸いてきます。 一度に大量購入して、継続買いをしない 一度に大量購入しても当選しやすくはならない。 継続して同じ数字を購入する方が、確率は高くなるし、外れたとしても心理的ショックが少なく済む。 6等の連番で買う 2つまでの数字の連番(1. 2や12. 13、25. 26など)は、抽選回数において、およそ2回に1回の割合で来るが、3連番や4連番などは殆ど来ない。 5、6連番に至っては一度も来ていない。 過去に1等当選している番号と同一の番号を買う ナンバーズなどでは組み合わせの総数が少ないので、確率的には問題無いでしょうが、ロト7やロト6等の場合では結構影響を受けます。 詳しい理由は下記参照。 約3490回抽選されたら1回1等が被る確率になります。 大数の法則で言えば、確率は収束され、全ての当選番号が出る確率は【およそ609万分の一】になるのだが、結局は膨大な回数をこなさないと確率は収束しないし、確率が収束する頃には現時点で生きている人間は居ない。 ロト6での当選確率を上げる購入方法 では実際に私が行った方法をご紹介します。 約609万分の1なのに、抽選結果に偏りがある事実。 過去の当選番号を累計すると選ばれた回数の多い番号というものが出てきます。 ロト6の抽選方法では、電動攪拌式遠心力型抽せん機という機械を使用し、その中で回転する1から43個までのボールから抽出する方法で抽選しているのですが、ボールのミクロ単位でのサイズの違い、コスレ・傷の有無、油脂の付着など、些細な要因があると、【約609万分の一】という確率は崩れます。 バタフライエフェクト的な。 全ての環境が同一だと想定した場合が【約609万分の一】この確率なので、様々な要因がある現実では当選番号に選ばれる数字に偏りが出てくるのは当然の事です。 相性数字はある数字と一緒に出やすい数字の事です。 ロト6もよく一緒に出る数字群がありますので、あと一個予想する時などに参考にしてみるといいと思います。 軸数字と相性買いがピンポイントでマッチしていれば、5等に大分近づけます。 そして次に2連番も購入します。 3口を連番混みで2口連番なしの購入。 3連番以上は出現回数が少なすぎるので入れません。 連番含めて3つの数字は確定していますが、残りの数字は完全運任せです。 もっと解析出来ていたら毎回1等当選者が大量に発生しているはずです。 但し、実際に購入方法を変えてからの4等や5等での当選回数も増えているので、参考にしてみてください。 またこの方法の他にも、3等保障ツールを使うという選択肢もあります。 選択した数字のすべての組み合わせから少なくとも3等が当るように組合せを減らした、いわゆる3等保証の購入法を簡単にやってくれるツールです。 8~19の数字を選択し、その中に当選数字が全て入っている場合、最低でも3等が当たる組み合わせを表示してくれます。 それでも購入口数は増えてしまうので、余裕がある人向けですね。 (当選数字が全て入っている場合のみ3等保障なので注意) 選んだ数字を継続して買う これは上の方で既出の【1等当選番号が被る確率】と同じ理論です。 過去に一等当選している組み合わせは買わない 自分が最終的に選び出した数字の組み合わせを確認します。 といっても自分で人力で調べていたら何日かかるか分からないので、下記サイトを利用させてもらいます。 番組では「スター錦野旦の妻 力丸ヒロ子さんのナンバーズ攻略」と題し、過去10年で6,000万円以上も当せんしたという力丸さんに密着取材をした。 若干オカルトっぽい買い方だが、実際の当選金額を考えれば参考程度にするのもいいかもしれない。 お金に余裕があれば お金に余裕があれば3等保障ツールで19個数字選択して狙うのもいいかも(一回の投資金額が22万~程になるけど)、今ではロト6は週に2回の抽選になってしまいましたので、今回の購入方法ではひと月に8000円ほど掛かります。 やはり数字選択式くじの方が当たりやすい気がします。 他の記事も見てみる•

次の

ロト7・6・ミニロト 次回の出やすい数字

ロト 6 出 目 100

【事例その1】朝刊の広告が目に入る 「宝くじ高額当せん者登場広告」がのっていた朝刊をたまたまた見た方は、その日がちょうどロト6の抽選日となっていたそう。 「何かのタイミングがあってるのかも?」と思ったそうで、試しにロト6を買ってみると、見事2等の約2,000万円に当選したそうです。 【事例その2】前兆的な当たり連発していた 年が開けて普通の宝くじとロト6で連続して2万5,000円程度の当選を掴んでいた方は、「今年はなんだかツイている年かも」と思ったそうです。 高額当選の予感を信じてロト6を購入し続け、同じ年が終わりそうな10月になった頃に2等の約1,200万円の高額当選をゲット! 「ツイている年かも」を信じぬいて買い続けた結果かもしれませんね。 また、ロト6に2等当選した別の方も、高額当選する4〜5回ぐらい前から、やたらと4等や5等等の小当たりが頻出していたそうです。 【事例その3】トイレとの関連性 子供と買い物に出かけていた方は、子供が「トイレに行きたい!」と言った時に、たまたま待っているタイミングで目の前に宝くじ売り場が目についたのだそう。 気になったその方は、そのままロト6を購入し2等の約1,300万円の当選をしました。 「トイレをキレイに」は、風水的にも金運アップの基本的な方法ですが、トイレの神さまが子供を呼び出して、親の目につくスポットに足止めしてた… というのは考えすぎでしょうか。 (目から星が飛び出そうなぐらい激痛) その後、なんとロト6の2等当選で、しかも高額なパターンの約2,500万円の当選をゲット! 子供の頃は別として、大人になると、こんな風にいきなりモノに当たってしまうケースも2〜3年に1回程度になると思いますが、そんな「大激突した」という日を見逃さない事で、「痛い思い」だけで終わらずに「嬉しい思い」に変えれるチャンスなのかもしれませんね。 【事例その5】同じ夢を繰り返し見る 予知夢とも言うべき実例も存在していました。 宝くじとロト6を日常的に買って楽しんでいた方は、ある時期を境にして「当選金を兄弟と分け合う」という夢を何度も繰り返し見たそうです。 そして、そんな夢を見ているタイミングで本当にロト6で1等の約1億4000万円が当選! 夢のとおりに、当選金を兄弟で本当に分け合ったのだそうです。 物入りな時期に、せめてのもの神頼みでロト6を購入し、験担ぎで2人の子供の生年月日の組み合わせて6個の数字を選んで買ってみると… 何と、驚きの1等に当選し約9,000万円もの当選金をゲットしたのだとか。 「連続して子供が結婚する」というなかなかない事例ですが、急に物入りな事が連続した時には、1枚でもロト6を買っておくべきタイミングなのかもしれません。 【事例その7】自分の考えが変わったタイミング 長年、宝くじのファンだった方は、高額当選した時に「いい車を買って」「好きな家に住んで」と夢を描いていたそう。 ただ、年を重ねるにつれて、そういった自分の欲望から「もし高額当選したら、楽しくみんな暮らすための資金にしたい!」と心変わりをしていったのだとか。 そんな、自分の考えが変わったタイミングに合わせるように、たまたま買ったロト6の2等 約1,800万円に高額当選! 「自分の気持ちの変化」が予兆となっていたのかもしれません。

次の

ロト6当選数字一覧(全回)

ロト 6 出 目 100

「これ、マジ、やっべぇ〜」。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣が、自ら購入したロト6の当せん番号を照会しながら叫ぶ。 その場に指南役として立ち会った『ロト・ナンバーズ「超」的中法』(主婦の友インフォス)の石川修編集長はその場の様子をこう語る。 「二階堂さんが購入した数字は23、24、32、37、42、43。 当せん数字は23、24、32、37、41、42。 41と43が違っただけ。 頭から4つが一致していたので、二階堂さんはじめ、スタッフ全員がまさに息をのんだのが伝わってきました」(石川編集長・以下同) 4月6日深夜のテレビ朝日系『10万円でできるかな1時間スペシャル』番組内でのこと。 Kis-My-Ft2の二階堂高嗣がロト6で100万円を超える高額当せん。 みずほ銀行で賞金を受け取るまでが放送された。 テレビで出演者が100万円以上を当てたのは、なんと23年ぶりとのことで、大きな話題になっている。 ロト6というのは、43個の数字から6個を選び、全部が的中すると最大6億円が当たる宝くじ。 ただ43個から6個すべて当てる確率は約600万分の1という狭き門だ。 今回、二階堂は前出のように当せん数字を5つ当てる(3等)ことに2口成功。 1口が約47万円だったことから、これだけで94万円。 ほかに9,500円や1,000円の小当たりも多数あり、総額は101万3,100円という大当たりになった。 「番組スタッフも『これまで番組で、毎回10万円を投じてマイナスだった分がすべて回収できた』と大喜びでした。 ただ正直、いつもこんなにうまくはいきません。 3等2本は当たりすぎです(笑)」 そう、石川編集長は謙遜するが、この大当たりが収録されたのは1月。 あまりの大当たりに、放送が4月の番組改編時の拡大版スペシャルまで持ち越されていたことからも、スタッフの興奮ぶりが伝わってくる。 そんな二階堂の大当たりを招いた数字の選び方を、石川編集長から指南してもらった。 「今回、二階堂さんに伝授した攻略ポイントは5つ。 すべて『ロトナン』編集部でこれまで蓄積してきたもの。 編集部ではこの全当せん数字をデータ化してあります。 番組収録日は1月15日(月)でしたので、1月の月曜にどの数字が何回出ているか、15日にはどの数字が何回出ているかなどを調べました」 なかでも、石川編集長が重視したのが大安や仏滅といった六曜。 「この日は先負でしたから、過去の先負の日にどの数字が強いのかをチェック。 この月の曜日別、日別、六曜別のデータを総合したところ、いちばん強いのは37でした」 【2】連続した数字を1つ選べ 「これまでのロト6の当せん番号の傾向として、06、07など、連続する数字が入ることが多い。 6つの数字のうち、連続する数字を1組以上入れることを勧めました」 【3】下1桁が同じ数字を1つ選べ 「じつはこれまで1240回中980回以上、6個の数字の中に下1桁が同じものが入っています。 確率にしたら79%以上の驚異の確率。 06、16のように下1桁が同じ数字を1組入れることも大事」 【4】その日出やすい数字の傾向も読む 「(1)のデータで、次点の強さの数字を5つ並べて、当せん数字6つ全体の傾向もチェック。 1月15日の場合は22より上に数字が偏っていたので、6つの数字をなるべく22より上にするようにすすめました」 【5】ロト6で過去に1等当せん経験のある「かっちゃん」のラッキー数字を入れる 「『ロトナン』誌面にも登場したことがある、ロト6の1等当せん者『かっちゃん』。 彼にも番組収録に立ち会ってもらい、アドバイスをもらいました。 彼いわく『自分が当たるときには24を入れていることが多い。 ラッキー数字だから入れましょう』。 そこで24も入れたんです」 ここで一度整理しよう。 番組収録の1月15日抽せんの場合。 (1)37を入れる (2)連続した数字を入れる (3)下1桁が同じ数字を1組入れる (4)6つの数字をすべて22より上の数字にする (5)かっちゃんの推す24をいれる そしてこの日の当せん数字を改めて紹介すると、23、24、32、37、41、42。 「ズバリ(1)〜(5)までの条件がすべて当てはまったんです。 これが今回の100万円超えの奇跡を呼んだ理由です」.

次の