出産 祝い 相場 友人。 出産祝い相場:関係性別の適切な金額・貰うと困るプレゼントと注意点

出産祝いの相場|30代、40代の友人に渡す場合はいくらが妥当!?

出産 祝い 相場 友人

ご親族やご友人の出産に際しては、 「出産祝い」を贈るのが一般的です。 初めて出産祝いを贈る人や、微妙な間柄の知人に出産祝いを贈る人は、その金額相場や品物に悩まされているのではないでしょうか。 今回は、出産祝いの関係性ごとの金額相場や2人目の出産祝いの相場、そして気をつけたいマナーなどについて解説していきます。 出産祝いを贈るご予定がある方は、ぜひ本記事に目を通してみてください。 出産祝いの相場は?立場別 家族・親族・友人・上司等 の目安金額 兄弟や姉妹 兄弟や姉妹に対して贈る出産祝いの相場は、一般的には 10000円〜30000円程度と言われていますが、年齢によって幅があります。 20代であれば、5000円程度の場合もありますし、30代になってくると2万円前後が相場になってきます。 しかし、身内ということもありますので、上記の金額をあまり気にしすぎることはないでしょう。 出産祝いを贈る際に注意しなければならない点として、よく「 出産祝いが高額だと、お返しにこまる」ということがあげられますが、兄弟・姉妹の間柄の場合には、気にせず奮発しても良いかもしれません。 親戚 親族の場合の出産祝いの金額相場は、兄弟・姉妹と同じく 10000円〜30000円程度です。 しかし、兄弟・姉妹とは異なり、どれだけ親しい間柄かは、ご家庭ごとに違ってくると思います。 例えば、出産祝いを贈る相手が従兄弟や伯母さんの場合であれば、1万円くらいでも問題ないでしょう。 また、何年も連絡を取っていないような間柄の場合には、出産祝いを送らなくても問題ないかもしれません。 もし、かつて親しかった時期がある場合には、気持ち程度の金額を包んでも良いでしょう。 友人 友人に贈る出産祝いは、 3000円〜10000円が一般的な相場だと言われています。 友人との親密度や、収入状況によって金額が変わってきます。 親しい友達なら3000円〜5000円程度、本当に仲の良い親友であれば10000円程度が最適かもしれません。 また、友人何名かで連名で出産祝いを贈る場合には、一人2000〜3000円程度が一般的な相場だと言えます。 しかし、この時に注意したいのが、「 4」や「 9」はよくない数字だとされている点です。 上司や同僚 普段可愛がってもらっていたり、近くで面倒を見てもらっている上司に対しての出産祝い金は、 5000円〜10000円程度が相場になります。 そして、同じ職場で働く同僚に対しての出産祝い金は、3000円〜5000円が相場になります。 どちらの場合も注意したいのは、やはり「 出産祝いが高額だと、お返しにこまる」という点です。 この場合、ある程度の年収相場もわかっていると思いますので、周りの出産祝い金額相場と同程度の金額を意識しましょう。 また、職場の関係の場合には、部署などのグループごとで少しずつお金を出し合って品物を贈ることもオススメです。 出産祝いで喜ばれるおすすめプレゼント 出産祝いで贈るプレゼントして、間違いなく喜ばれるのは「 日常的に使う物」でしょう。 赤ちゃんを出産してばかりであれば、オムツやスタイ、タオルなどはいくら多くあっても困るものではありません。 また、会社の上司や取引先など、ビジネス上の関係の場合には、 高級感や特別感のあるプレゼントが最適です。 例えば、よそいき用のブランドベビー服や、名前やイニシャル入りのタオル、おむつケーキなどがあります。 これらは高級感もあり、喜ばれることは間違いありませんが、関係性によっては気にしてしまう人もいますので、関係性を考慮してプレゼントを贈るようにしましょう。 ここでは、これらの中でも特にオススメしたいプレゼントをいくつかピックアップしてご紹介します。 やはり最も嬉しいのは現金でのお祝いなのかもしれません。 現金で出産祝いをもらうことで、内祝いの金額がわかりやすくなるという点もあるようです。 ただし、現金を渡す際には、関係性などを考慮し、安すぎず、高すぎずな金額をプレゼントすることを意識しましょう。 また、現金を渡したいけど少し気が引けるという方は、カタログギフトであれば複数商品の中から欲しいものを選ぶことができますので検討してみても良いでしょう。 毎日使うものですし、いくらあっても困ることはありませんので、安心してプレゼントすることができますね。 また、全般的に価格帯もそこまで高くありませんので、親しさにも関係なく選ぶことができます。 出産祝いでは、様々なメーカーのおむつをもらうことができるため、赤ちゃんの合う・合わないがわかるという意見もあり、気軽にプレゼントできることが伺えます。 生まれてしばらくの新生児用の服はすでに家庭で用意していることもあり、少し先に必要になる服であればすでに十分に買っている可能性も低いでしょう。 また、よそいき用の高めのブランド服なども、頻繁に買うことができるものではないため、非常に喜ばれます。 会社の上司や親しい親族など、ある程度の価格のものを贈っても問題のない場合には最適です。 そのタイミングで、赤ちゃん専用のお皿や食器が必要になります。 これらも出産後すぐには用意していないことが多いため、喜ばれるプレゼントです。 しかし、ベビーカーは金額が高いため、「金額面と親しさ」「すでに持っていないか」を確認した上でプレゼントするようにしましょう。 もしベビーカーを欲しそうであれば、複数人で金額を割って贈っても良いですね。 個人で贈ってしまうと、内祝いの金額で悩ませてしまうかもしれませんので、気をつけましょう。 複数枚のセットをプレゼントしてもいいですし、少し高級感や特別感を出したければ、名前入りのタオルもオススメです。 ただし、防犯上の理由などから、フルネームではなくイニシャルや下の名前だけを入れた方が良いかもしれません。 二人目の出産祝いは相場が変わる?二人目だからこそ喜ばれるギフトとは? 二人目の出産祝いも同額で送るのが適切 中には知らない方も結構いらしゃいますが、 2人目の出産の際にも1人目の出産の時と同様に出産祝いを贈るのがマナーです。 先ほど見たように、出産祝いの相場は 5000円〜10000万円程度ですから、同程度の金額で現金または品物をプレゼントしましょう。 二人目にぴったりの出産祝いは? 二人目の出産に際して気になるのは、「一人目出産の時にもらったプレゼントと被らないか」という点でしょう。 また、すでに一人目を出産し子育てを経験しているママは、ベビーグッズのどれが本当に便利で使いやすいのかを知っています。 そのため、「どれが本当に喜ばれるものなのか」と、出産祝いをあげる側のハードルも高くなってしまいます。 このような場合にベストなプレゼントが「 体験型ギフト」や「 上の子を気遣ったプレゼント」です。 「体験型ギフト」とは、「赤ちゃんと親が思い出を作れる体験」のプレゼントをさします。 例えば、スカイバスの乗車やベビーフォトなど、普通に生活していては中々体験しないようなコンテンツを体験できるものです。 また、おもちゃを受け取ることもでき、親子で一緒青部ことで貴重な時間を過ごすことができます。 プレゼントの質に注目し過ぎてしまいがちですが、「上の子に気遣ったプレゼント」は、2人目の出産祝いとして非常に喜ばれます。 2人目のお祝いの主役は生まれてきた2人目の赤ちゃんですが、お祝いをされている下の子をみて、上の子は羨ましく思っています。 そのため、下の子だけでなく、上の子にもお揃いのプレゼントをあげることで、上の子も喜んでくれますので、お母さんやお父さんもハッピーになります。 おもちゃなどであれば、1000円程度で買うことができますので、そこまで大きな負担にはならないでしょう。 出産祝いで気をつけるべきマナーや言葉遣い 出産祝いを送るタイミングは?逃したらどうすればいい? 出産祝いを贈るタイミングは、一般的には、 生後7日後からお宮参りをする生後1カ月とされています。 しかし、最近では、出産後1週間程度、赤ちゃんやお母さんが入院していることも多いため、出産後2〜3週間後に贈るのがベストだと言えそうです。 出産したお母さんやお父さんは、生後1ヶ月以内に出産内祝いを準備します。 そのため、もし遅れて出産祝いを渡してしまうと、出産した側も内祝いを買い足すなどの手間がかかります。 もし、どうしても適切なタイミングで出産祝いを贈り損ねてしまった場合には、お祝いの言葉とともに遅くなったおわびの言葉を添えて贈るようにしましょう。 また、出産後1年近く経過してしまった場合には、誕生日祝いとして、お祝いの言葉とプレゼントを贈るようにしましょう。 送ってはいけない品物は? 実は、出産祝いとして贈るには適切ではない品物がいくつかあります。 まず、 日本茶は弔辞に使用されることが多いため出産祝いで贈ることは避けましょう。 また、タオルは問題ありませんが、涙を拭う ハンカチは別れを連想させるため好ましくありません。 刃物も「縁を切る」という意味を持っているため、贈りものには向いていません。 ただし、プレゼントを選ぶ時間がなく、カタログをプレゼントして上記のものを選んでもらう分には構わないでしょう。 出産祝いで使ってはいけない言葉は? 出産祝いのメッセージなどでは、相手にとって不快になる、または縁起の悪い言葉を使わないように注意しましょう。 例えば以下のようなものがあります。 消える• 切れる• 流れる• 苦しい• 絶える• 終わる 無意識のうちに、使わない方が良い言葉を使ってしまっていることもありますので、贈る前に十分に見直すようにしましょう。 また「、」「。 」などの「句読点」は「切れる」「分ける」「区切る」「留める」などの意味合いから、お祝いのメッセージには不要との考え方もあり、もし使うとしても多用しない方が無難です。 以下にお祝いメッセージの例文を紹介しますので、参考にしてみてください。

次の

現金?プレゼント?友人に贈る出産祝いの予算相場や選び方

出産 祝い 相場 友人

【一般的な相場】 贈る相手 平均的金額 友人 3,000~10,000円 兄弟、姉妹 義理も含む 5,000~30,000円 いとこ、その他親戚 5,000~20,000円 会社の上司・先輩・同僚 3,000~10,000円 金額に差があるのは 贈る側 あなた自身 が独身か既婚か、学生か社会人か、年下か年上かによって変わってきます。 独身で20代の場合は相場の低めで、既婚で30代以上の場合は相場の高めの金額を参考にしてくださいね。 学生さんの場合は無理のない金額の予算で。 お祝いする気持ちが伝われば大丈夫ですよ。 兄弟、姉妹 義理も含む の場合 あげた金額 30,000円~35,000円 もらった金額 およそ5,000~30,000円 義理の妹に現金とプレゼントで約30,000円分贈りました。 贈る側が独身で20代なら5,000円、30代以上なら10,000円、既婚者で20代なら10,000円、30代以上なら30,000円が相場の目安になります。 いとこ、その他の親戚の場合 あげた金額 10,000円 もらった金額 およそ3,000~15,000円 いとこ 年上 に現金で渡しました。 日ごろから付き合いのある親戚だと多めに、遠方で疎遠になっているようでしたら気持ち程度で渡したというママスタッフが多いです。 会社の上司・先輩・後輩の場合 あげた金額 500~3,000円 もらった金額 およそ5,000~10,000円 あげる側の時は関係部署全体でお金を出し合ってお祝いしました。 個人ではなく部署や仲のいい同僚グループで贈ったり、頂いたりがほとんどでした。 個人で贈る場合は、後輩や同僚だと3,000~5,000円、お世話になっている先輩や上司だと5,000円~10,000円程がいいですね。 2人目、3人目の場合 1人目の時と同じ金額を贈ります。 双子の場合 上記の相場の1. 5倍~2倍になります。 出産祝いは 現金がいい?プレゼントがいい? 友人にはプレゼントで!親戚には現金で!・・・など決まりは全くありません! 実際に私は、仲のいい友人から現金でもらったり、親戚と一緒にお買い物に行ってその場で子ども服を買ってもらったりなど様々でした。 どちらであげたらいいのか迷うのならば 図書カードやギフトカードもおすすめですよ。 贈る場合の注意点とマナー 贈る時期 赤ちゃんを出産後、母子の体調を確認してから 生後7日~1ヶ月に贈るのがおすすめです。 ですが、産後のママや赤ちゃんの体調が悪かったり、自分が贈る時期に都合がつかなかったりなど時期に合わない場合は、贈る相手に連絡して早めたり遅めたりしても失礼ではないですよ。 現金で贈る場合 現金は 新札を包みましょう。 結婚式などでは偶数は避けられますが、出産祝いでは特に問題ありません。 ただ、 「4」と「9」は不吉な数字とされますので避けたほうがいいです。 また注意したいのが 現金の郵送方法です。 普通郵便で送るのは絶対にやめましょう! 違法ではありませんが悪用される恐れがあり、とても危険です。 受け取るママ側にも「マナーがなっていないな」と思われてしまいます・・・ 郵送する場合は「現金書留」で。 手渡しか、配送か どちらの場合も贈る相手のママに確認が必要です!! 産後のママと新生児の赤ちゃんはとてもデリケートなので、実際に手渡しする場合はあまり長居せず、気遣われないようにした方がいいですよ。 配送する場合も授乳中などで受け取れないこともあるので、日にちや時間帯は事前に確認が必須です。 ご祝儀袋の書き方、つつみ方マナー ご祝儀袋の選び方 基本のご祝儀袋は白色で、水引が紅白の 「蝶結び」になります。 「蝶結び」は、ほどけて何度も結び直せるので「何回繰り返されても喜ばしいお祝い事」として出産祝いに適切です。 水引が「結び切り」「あわじ結び」になっているものは結婚祝い用なのでご注意ください。 また、水引が印刷された簡易なご祝儀袋も、人生の節目である大切な出産祝いには向かないので避けた方がベストです。 なお、最近はご祝儀袋のデザインも豊富で、ピンクやブルーなどのカラフルなものから可愛いデザインのもの、ガーゼでできているものなど様々あります。 仲のいい友人や親しい人にはデザイン性のあるご祝儀袋で贈ってもいいですね。 表書きの書き方 表書きには「御祝」や「御出産御祝」と書きます。 下段には氏名もしくは姓のみを書きます。 中袋の書き方、お札の向き 中袋の表の中央には、金額を「金壱萬円」と旧字体で書くのが基本となっています。 最後に「也」はつけなくてもOKです。 裏側には住所と氏名を記入します。 お札は中袋の表に肖像画(顔)を向けて入れます。 外袋の包み方 中袋の表と外袋の表を合わせて包みます。 外袋の裏側は上の折り返しに下の折り返しを重ねて水引をかぶせます。 お祝いしたい気持ちが一番大切 と、ここまで金額の相場をご紹介してきましたが、 出産祝いはお祝いする気持ちがこもっていることが一番大切なんです!(笑) プレゼントでも現金でも、またはメッセージカードや電話でのお祝いの言葉だけだとしても、 「『生まれきた赤ちゃんや私のことを思ってくれている』という気持ちが伝わりとても嬉しかった」とママスタッフの多くが話していました。 まとめ いかがでしたか? 出産祝いの金額相場は幅広くて悩んでしまうかもしれませんが、贈り物をもらう方は どんな形でも心に残りますので、自分のできる心のこもったお祝いを贈ってくださいね。 無断転載を禁止します。

次の

出産祝いの金額相場が知りたい!知人・友達・上司・部下・親戚別にご紹介

出産 祝い 相場 友人

出産祝いの相場は、贈る人との関係性や状況などで大きく変わります。 そのため「明確な正解がない」のが難しいところです。 ですのでこのページでは、できるかぎり色んな状況に応じた出産祝いの金額相場やマナーなどをお伝えしていきます。 出産祝いを喜んで受け取ってもらうために、ぜひご活用ください。 一目でわかる!出産祝い金額相場一覧 上司への出産祝い相場は「5,000円〜10,000円」 職場の上司への出産祝いの相場は「5,000円〜10,000円」程度です。 しかし、贈る金額で一番多かったのは「5,000円〜7,000円」という調査結果もあります。 同僚同士で小額のお金を集めて、10,000円以上のプレゼントを用意しても良いでしょう。 同僚への出産祝い相場は「3,000円〜5,000円」 同僚への出産祝いは、同じ部署の同僚同士でお金を集めてプレゼントをお祝いとして贈るのが一般的です。 金額は「3,000円〜5,000円」が一般的。 多くて10,000円です。 個人的に仲の良い同僚の場合は、個別にプレゼントを贈ると良いでしょう。 兄弟・姉妹への出産祝い相場は「5,000円〜30,000円」 兄弟・姉妹への出産祝いは、贈る側の年代や社会的立場などで上下します。 そのため、金額相場としては「5,000円〜30,000円」と幅が広いです。 同じ20代でも学生なのか?社会人なのか?30代以上なのか?既婚者なのか?で金額的な相場が変わってきます。 詳しくは当サイト記事に記載していますので、参考にしてみてください。 友人への出産祝い相場は「5,000円〜10,000円」 金額の相場としては「5,000円〜10,000円」程度ですが、5,000円のプレゼントを贈る人が最も多いという調査結果があります。 「お返しはいらないから」と伝えて、3,000円程度のお祝いをあげるのも良いでしょう。 友人への出産祝いは、現金ではなくモノでのプレゼントが多いです。 友達同士でお金のやり取りをするのも、何かヨソヨソしい感じがするという方が多いということでしょう。 とはいえ、現金や商品券もすごく喜ばれることが非常に多いです。 現金や商品券でお祝いを贈るのももちろん有りですので、「5,000円〜10,000円」程度でお祝いを贈ると良いでしょう。 親戚への出産祝いの相場は「5,000円〜10,000円」 相場は「5,000円〜10,000円」とされていますが、親戚への出産祝いは10,000円程度が一番多いという調査結果が出ています。 付き合いのない親戚には出産祝いを無理して贈る必要はありません。 付き合いのある親戚だけに喜ばれる出産祝いを贈ってあげましょう。 双子の出産祝い相場は「1人分の1. 5倍」 「1人分の1. 5倍」が相場とはいえ、2人分のお祝いをしているという気持ちだけは忘れないようにしましょう。 現金や商品券の場合は、一袋にまとめて問題ありませんが、プレゼントの場合は当然2人分を用意しましょう。 孫の出産祝いの相場は本当にピンキリ。 孫の出産祝いかなり個人差があるため相場はあってないようなものですが、一般的には「50,000円〜100,000円」と言われています。 孫の出産祝いの場合、両家で話し合って出産祝いを決めることがポイントとなってきます。 隣人・ご近所さんへの出産祝い相場は「3,000円〜5,000円」 金額的には「3,000円〜5,000円」が隣人・ご近所さんへの出産祝い相場です。 ご近所さんだからといって、必ず出産祝いを渡さなければいけない訳ではありません。 そこまで親しくない隣人・ご近所さんの場合は、本当に気軽にプレゼントできて相手の負担にならないものを贈るようにすると良いでしょう。 二人目、三人目の出産祝いは「基本的に一人目と同じ」 地域の風習によっては第二子以降にお祝いを贈らない場合もありますが、基本的には初めての子と同様にお祝いします。 そのため、二人目移行の出産祝いの金額相場は「1人目の子を同じ」と考えるが基本です。 出産祝いで失敗しないための記事一覧 せっかくあげる出産祝いが失礼にあたらないよう、一通り読んで把握しておくことをおすすめします。

次の