三重県亀山市 天気。 三重県亀山市の天気|マピオン天気予報

三重県亀山市の雨雲レーダーと各地の天気予報

三重県亀山市 天気

愛知県では、竜巻などの激しい突風や急な強い雨、落雷に注意してください。 梅雨前線が東シナ海から東海道沖を通って日本の東へのびています。 東海地方は、雨や曇りとなっています。 17日の東海地方は、前線が次第に北上するため雨や曇りとなり、雷を伴う所があるでしょう。 夜遅くは激しく降る所がある見込みです。 18日の東海地方は、前線が本州南岸に停滞するため雨や曇りとなり、雷を伴って激しく降る所があるでしょう。 県内は、曇りとなっています。 17日は、湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、おおむね曇りで、中越、上越では、夜のはじめ頃まで雨の降る所があるでしょう。 18日は、上空の寒気や湿った空気の影響を受ける見込みです。 このため、曇りのち雨で、雷を伴う所があるでしょう。 <天気変化等の留意点> 18日の下越、中越、上越では、昼過ぎから落雷や突風に注意してください。

次の

【一番当たる】三重県伊賀市の最新天気(1時間・今日明日・週間)

三重県亀山市 天気

概要 [ ] にはのとして、で越えを控えたのとして栄えた。 明治以降は、(かんせいてつどう)の開通や、旧国鉄のへの分岐点として、も置かれた鉄道の街としても栄えたが、伊勢方面への優等列車は(旧国鉄)経由の短絡ルートを用いるようになったために、かつての隆盛は無い。 地場産業として、の生産が大きなシェアを持ち、(本社は大阪市に移転した)が存在する。 三重県のハイテク企業誘致策により建設されたでは、世界初のからテレビまでの一貫生産が行われ、大手家電量販店などでは「は 世界の亀山モデル」というキャッチコピーで売り出され人気を博した。 地理 [ ] 三重県の北中部に位置し、東は、西は、南は、北はとそれぞれ接している。 市内の北西部にはが、南西部にはが連なる。 市の面積の半分以上は山林であるが、産業別就業人口では、第一次産業よりも第二次産業就業者の割合が多い(約10倍)。 亀山市中心部周辺の空中写真。 中心市街地は北岸に位置する。 画像左にと。 1987年撮影の8枚を合成作成。 を基に作成。 5 47. 3 9. 1 48. 4 12. 7 54. 9 18. 6 65. 5 22. 8 73 25. 9 78. 6 29. 8 85. 6 31. 3 88. 3 27. 4 81. 3 21. 9 71. 4 16. 5 61. 7 11. 3 52. 3 19. 65 67. 1 31. 8 0. 1 32. 2 2. 8 37 7. 9 46. 2 12. 6 54. 7 17. 3 63. 1 21. 6 70. 9 22. 6 72. 7 18. 9 66 12. 4 54. 3 6. 6 43. 9 2. 0 35. 6 10. 39 50. 7 mm inch 52. 2 2. 055 71. 6 2. 819 128. 7 5. 067 153. 6 6. 047 217. 5 8. 563 265. 4 10. 449 226. 1 8. 902 181. 4 7. 142 258. 4 10. 173 145. 0 5. 709 82. 1 3. 232 49. 4 1. 945 1,831. 4 72. 0 mm 7. 7 8. 8 11. 6 9. 9 11. 4 12. 9 12. 6 10. 2 12. 2 10. 0 7. 1 7. 4 121. 8 出典: 歴史 [ ]• (29年) - ・・・・が合併して 亀山市が発足。 1954年(昭和29年) - 小田町・和泉町・西富田町・中富田町がに編入。 (昭和30年) - 鈴鹿郡の一部(大字布気・太岡寺・山下・木下および字末藤・上門田・下門田・南会下・北会下・西野・長田・山神谷・栂木・東丸・西丸・走り下を除く大字小野)・の一部(大字小川および字一色・吉尾・石場・山田を除く大字白木)を編入。 (昭和32年)4月1日 - 鈴鹿郡の一部(大字原字能褒野)を編入。 (昭和33年) - の一部(大字楠平尾の一部)を編入。 (14年) - が進出を発表。 (平成16年) - が稼動開始。 主に「」を生産。 (平成17年) - (旧)亀山市、鈴鹿郡と合併し、新・ 亀山市が発足。 2005年(平成17年) - 新市章が決定。 (平成18年)2月1日 - 市の花・市の木をそれぞれ「花しょうぶ」と「杉」に決定。 2006年(平成18年) - 亀山市・鈴鹿市内で新規・変更自動車登録をするナンバーが「三重」から「鈴鹿」へと移行する。 (平成19年) - が発生。 亀山市西丸町で 震度5強を観測。 (平成20年) - 人口(住民登録者数)が5万人を突破。 (平成21年)- の流行により、市内の公立学校で学級、学年閉鎖が発生する。 市長: 任期:(平成29年)から(令和3年) 旧・亀山市歴代市長• 服部平義(初代、1954年11月16日~1958年11月12日)• 服部一雄(2代、1958年11月13日~1962年5月6日)• 服部平義(3代、1962年6月15日~1970年6月14日)• 今井正郎(4代、1970年6月15日~1994年1月13日)• 田中亮太(5代、1994年2月13日~2005年1月10日) 現・亀山市歴代市長• 田中亮太(初代、2005年2月6日~2009年2月5日)• (2代、2009年2月6日~3期目)• 亀山市役所• 関支所• 加太出張所• 県の行政機関 [ ]• 国の行政機関 [ ]• 津区検察庁(本庁:亀山市・・(嬉野地域振興局及び三雲地域振興局の各所管区域)) 立法 [ ] 市政 [ ] 市議会 亀山市市議会の議席定数は、18議席である。 任期:(平成26年)から(平成30年)• 議長 西川憲行• 副議長 岡本公秀 会派名 議員数 勇政 5 緑風会 4 新和会 3 2 2 無会派 2 欠員 0 県政 [ ] 亀山市から選出される三重県議会議員の定数は1議席である。 現在は、が務める。 国政 [ ] 亀山市は、と四日市市の一部等で構成されるが選挙区となる。 現在は、が務める。 司法 [ ]• (本庁管轄:亀山市・津市・)• (本庁管轄:亀山市・津市・四日市市)• (本庁管轄:亀山市・津市・四日市市) 経済 [ ] 農業 [ ] この地方は気候や土質が茶の栽培に適していたことから古くから茶の生産が盛んである。 また市内には大規模農園の実験を目的として1983年に造成された88. 8haのもあり、市内の茶の生産量は三重県下3位である。 明治の中頃からは養蚕も盛んであり、地場産業の生糸の生産などとも結びついていたが、昭和30年代(1955年~1964年)以降合成繊維に押されて絹の需要が激減したことを受けて飼養農家も激減し、現在では市内に散在する桑園の総面積は2ha程度である。 工業 [ ] 亀山市の誕生当初はや()に代表されるがあったにすぎなかった。 しかし1963年に低開発地域工業開発促進法の地域指定を受けて以降、高速道路の開通などの好条件にも恵まれ、三重県下有数の内陸工業都市となった。 1975年以降長らく、隣接するにの鈴鹿工場があるために自動車関連産業が、また、の銅線工場に代表される非鉄金属産業が市内の製造品出荷額のそれぞれ4分の1以上を占めてきた。 2002年にの液晶工場()が立地して以降は、液晶関連産業の集積も進んでいる。 工業団地• 商業 [ ] 旧沿いに商店街(東町商店街)が形成されている。 また、隣接して ショッピングセンター が立地している。 しかし大規模な郊外型のショッピングセンターは存在せず、隣接する等への客の流出が目立っている。 土産物としては、瑞宝軒の銘菓 伊勢国「亀乃尾」、また「亀山茶」や亀山地ビールとして「乾杯のうた」がある。 旧関宿には銘菓「関の戸」を販売するがある。 日本郵政グループ [ ] (2015年9月現在)• (東御幸町) - 集配局。 (川崎町) - 元集配局。 昼生(ひるお)郵便局(中庄町)• 野登(ののぼり)郵便局(両尾町=ふたおちょう)• 亀山駅前郵便局(御幸町)• 亀山井田川郵便局(井田川町)• 白川郵便局(白木町)• 亀山本町郵便局(本町)• 加太(かぶと)郵便局(加太板屋)• (関町中町) - 元集配局。 「 519-01xx」=合併前からの亀山市域(北東部を除く)。 亀山郵便局の集配担当。 「 519-11xx」=旧鈴鹿郡関町域。 亀山郵便局の集配担当。 「 519-02xx」=亀山市北東部(おおむね新名神高速道路の周辺地域)(および(西庄内町・東庄内町))。 亀山郵便局の集配担当。 交通 [ ] 鉄道 [ ] 1890年の関西鉄道開通以来、名阪間のや紀伊半島に至るなどのが次々と開業・延伸し、現在に至っている。 しかし、の代替路線の役割を担ったはの開業に伴い、また、紀伊半島東岸への玄関口の役割を担った亀山~津間はの開通に伴いローカル輸送中心にシフトしたため、かつてのような隆盛は無い。 2006年3月のダイヤ改正で急行「」が廃止されて以降は、市内の路線を通る優等列車は無くなり、全て普通列車か快速列車となった。 東京・大阪間を結ぶ、超電導リニアによるのルートになるのではとの考えから、官・民組織である「」を中心として積極的な駅誘致活動を行っている。 また、平成8年からリニア中央新幹線亀山駅整備として毎年一定額の積み立てを行っている。 市の中心となる駅: (JR東海)• CJ :() - -• V 関西本線: - - - () - () 路線バス [ ] 高速バス [ ]• :名古屋() - 関バスセンター - 上野市駅・三交伊賀車庫(三重交通)• : 津駅前・ 関バスセンター - - 八条口(三重交通、)• 最も運行本数の多い路線でも、1時間あたり1本程度の運行である。 かつてはがから(現在の)まで、が亀山駅からまで運行するなど、近隣市町と結ぶ比較的長距離の路線も多かったが、現在では、市内の路線のほか、隣接するやなどとの間に近距離の路線が残るのみである。 道路 [ ] 1952年の指定以来、1965年の全通、1970年の部分開通、1975年の部分開通など、主要な幹線道路が徐々に整備されてきた。 また1988年には名阪国道が・を介してと、1993年には東名阪自動車道がにてとそれぞれ接続され、亀山市は大都市間を結ぶ大動脈の中に位置づけられた。 さらに2008年2月23日にはも開通し、のとのとが直結した。 これにより本市とおよびを結ぶのルートもできた。 これらの交通の便を活かし、工業団地の開発などを積極的に行っている。 新名神高速道路 (池田高架橋付近より名古屋方面を望む) 高速自動車国道 [ ]• 伊勢関IC• 亀山JCT 一般国道 [ ]• (自動車専用道路)• 亀山IC• 伊勢関IC• 広域農道 [ ]• フラワーロード 主要地方道 [ ]• 姉妹都市・提携都市 [ ] 国内 [ ] 夢育むまちづくりのための都市間市民交流 白鳥伝説ゆかりの三市による交流事業。 () - 11月 合意書締結• () - 11月 合意書締結 その他• が中心に呼びかけ、日本国内のが多く住む街のやなどが集まり、外国人住民が多数居住する都市の行政と地域の国際交流のために設立された組織。 地域 [ ] 学校 [ ] 高等学校• 中学校• 亀山市立関中学校 小学校• 亀山市立神辺小学校• 亀山市立昼生小学校• 亀山市立加太小学校• 亀山市立関小学校• 三重高等商業専修学校 文化施設 [ ]• 亀山市文化会館 病院 [ ]• 亀山市立医療センター• 亀山回生病院• 田中病院 観光 [ ] 関宿。 江戸方向を向いて撮影 史跡 [ ]• 跡:天守台に多門櫓(県史跡)が残る。 :として選定。 :の陵墓に治定されるのある神社。 忍山(おしやま)神社:皇大神宮(内宮)の遷幸地と言われている。 日本武尊の后とされる弟橘媛の生誕の地でもある。 石上寺• 羽黒山・正法寺山荘跡• 野村一里塚• 和田一里塚 景勝地 [ ]• 太岡寺畷:の左岸の沿いに約2kmに渡って整備されたの。 :のであるの源流。 市内有数の景勝地で、キャンプ場などもある。 坂本の棚田:1999年(平成11年)7月に日本のに選ばれた棚田。 :関ロッジがある。 山腹には戦時中に設置されていたの地下工場跡が残る。 :三重県下最大級のがある。 :シャープ亀山工場の北西に位置する標高549mの独立峰。 山腹にはゆかりのがある。 展望に優れ、を一望できる。 食 [ ]• - 発祥とされる料理。 その他 [ ]• :廃校になったの校舎を利用したキャンプ場。 亀山サンシャインパーク:・に隣接する総合公園。 :線と・に隣接する。 亀山温泉白鳥の湯:低料金で泉質も良好な市営の温泉施設。 :亀山の地の歴史を紹介する博物館。 とがある。 関まちなみ資料館• 関宿旅籠玉屋歴史資料館• 市内に位置する亀山井田川郵便局は、を取り扱う取扱局番号が、ゾロ目の「22222」となっている(詳細は、及びを参照)。 :三重県下最大級の広さ(89ヘクタール)を持つ亀山茶の生産拠点。 出身有名人 [ ]• (楠木正重) - 刀工、武将、当主• - 俳優• - 社長、経営委員長• - 言語学者• - 映画監督• - 映画監督• - プロ野球選手• - 登山家• - 彫刻家( 名誉市民)• - お笑い芸人、構成作家、元・• - お笑い芸人、元・、• - お笑い芸人• - ミュージシャン 脚注 [ ] [] に関連するメディアがあります。

次の

三重県亀山市の天気|マピオン天気予報

三重県亀山市 天気

( 2020 年07月17 日)• ( 2020 年07月17 日)• ( 2020 年07月17 日)• ( 2020 年07月16 日)• ( 2020 年07月13 日)• ( 2020 年07月13 日)• ( 2020 年07月13 日)• ( 2020 年07月10 日)• ( 2020 年07月09 日)• ( 2020 年07月06 日)• ( 2019 年06月13 日)• ( 2019 年04月17 日)• ( 2020 年07月17 日)• ( 2020 年07月10 日)• ( 2020 年07月01 日)• ( 2020 年07月01 日)• ( 2020 年07月01 日)• ( 2020 年06月08 日)• ( 2020 年06月01 日).

次の