鈴木直道知事 経歴。 鈴木直道・北海道知事は苦労人だった!生い立ち経歴&プロフィールまとめ

北海道知事【イケメンリーダー】鈴木直道の経歴が泣ける!実は超苦労人だった。

鈴木直道知事 経歴

もくじ• この大学の法学部第二部は 2010年に閉鎖されています。 鈴木さんは 18歳の時に東京都庁に入庁していますが、その翌年に法政大学に入学して、昼間は働きながら夜に大学で学んでいます。 幼少期から大学進学を志していましたが、後述するように高校時代に両親が離婚したことで経済的に苦しくなったことから、働きながら学べる大学の夜間部に進学しています。 「大学を知らないで一生を終えるより、やれるだけやってみよう」と思い、大学受験に臨んでいます。 大学では主に地方自治などについて学んでいます。 また大学時代は体育会のボクシング部にも所属しています。 当初は入部したのは体育の単位をとるためでしたが、どうせやるなら東京都の代表で国体か日本選手権に出ようと切り替えています。 法政大学のボクシング部は名門として知られており、鈴木さんが在学中も全日本の代表になるような選手たちが在籍していました。 鈴木さんも大学時代には東京都の代表選考大会で準優勝の記録を残しています。 またボクシング部では主将を務めており、当時からリーダーシップを発揮しています。 ただし都庁の窓口業務に就いていた際に顔にあざを作ってしまい、上司に「帰れ」と言われたエピソードをインタビューで語っています。 大学生の頃は 17時過ぎまで仕事をして、 18時半から講義を受けて、 21時半から 23時まで練習というハードな日々を送っています。 後に夕張市長に就任した後に、「市長って大変ですね」と言われていますが、大学時代に比べたら肉体的に楽だったと答えています。 大学卒業後は 26歳の時に財政難の夕張市に派遣されて、 30歳の時に初当選して全国最年少の若さで市長に就任しています。 また市長在籍中は自身の給与を 70%カットしており、年収の手取りは約 246万円で「全国一給料の安い首長」と言われています。 スポンサードリンク 学歴~出身高校 出身高校:埼玉県 三郷高校 偏差値 38(かなり容易) 鈴木直道さんの出身校は、県立の共学校の三郷(みさと)高校です。 この高校は 1975年開校の県立校で、俳優の村田雄浩さんやタレントの遠藤久美子さんも卒業生です。 鈴木さんは高校 2年生の時に両親が離婚して姉とともに母親に引き取られたことから、以降は食べるのにも困るほど経済的に苦しい生活を送っています。 当時は姉は短大に通学していましたが、学校は辞めて就職しています。 鈴木さん自身も高校時代は学費を稼ぐためにアルバイトに明け暮れていたとインタビューで語っています。 スーパーの仕出しにカメラ店、引越センターや酒の卸売りセンターなどのありとあらゆるアルバイトをしたそうです。 高校の夏休みには家屋の基礎工事でコンクリートを流し込む仕事をやっており、朝の 4時から夕方の 18時、 19時頃までひとりでやらされたこともありました。 そのため高校生でありながら、「普通の高校生活に憧れた」と語っています。 加えて、鈴木さんは高校時代はアルバイト中心の生活を送っていますが、高校では生徒会長を務めているほどです。 そのため当初はいったんは大学進学を断念していますが、前記の通り 1年間の社会人生活を経て、働きながら学ぶことができる大学の夜間部に進学しています。 なお高校を卒業して東京都庁に入庁した際には、高校時代のアルバイト経験から、「ものすごい大人びている」と言われたと話しています。 また高校時代のアルバイトが肉体労働が中心だったことから、都庁での仕事のはじめての印象は、「椅子に座っててお金がもらえるの?」だったとのこと。 加えて自身の高校時代を振り返って、次のように話しています。 「世の中は自分で切り開いて渡らなけばならないものだと痛感した」 スポンサードリンク 学歴~出身小学校・中学校 出身小学校: 不明 出身中学校: 不明 鈴木直道さんの出身小学校・中学校は、いずれも地元の埼玉県三郷市内の公立校のようですが、校名などは不明です。 子供の頃はどちらかというと、人前に出るタイプではなかったと語っています。 鈴木さんは小学校 1年生の時から高校卒業までを三郷市で過ごしていますが、子供の頃や小学校・中学校時代の情報はありません。 ちなみに結婚した嫁は元埼玉県議の長峯正之氏の娘です。 以上が鈴木直道さんの学歴や学生時代のエピソードのまとめです。 安定した東京都職員の地位を捨てて夕張市長選に臨み当選。 市長となった後も東京都との連携や鉄道の廃線の逆提案などで話題を呼び「イケメン市長」との呼び声もありました。 そして 2019年の北海道知事選挙に無所属での出馬を表明して注目を集めています。 今後の動向が気になる人物です。 スポンサードリンク.

次の

鈴木直道

鈴木直道知事 経歴

鈴木直道 北海道知事 のプロフィール!出身地や大学は? 鈴木直道知事は1981年3月14日生まれの38歳。 埼玉県春日部市で生まれ三郷市で育ちました。 高校は埼玉県立三郷高等学校を卒業されました。 高校時代にご両親が離婚したため、大学進学をあきらめ東京都職員採用試験に合格し、都庁職員になりました。 しかしその後、都職員として働きながら法政大学第二部法学部法律学科に入学して地方自治を専攻されました。 もうこの頃には市長や知事といった将来を考えていたのですね。 大学ではボクシング部主将をつとめ、国体でフェザー級準優勝もしています。 働きながら大学に通うだけでも大変なのに、部活動もやって、しかも結果を残している。 普通の人ではなかなかできないことをやり遂げています。 努力をして自分で道を切り開き目標を達成できる、そんな人だから最年少知事になれたんですね。 その後、2008年に夕張市に派遣され政治家としての道を切り開いていくことになります。 もう、完璧な男性!というイメージしか浮かんできません。 結婚しているの?家族や嫁について調査! こんなにすてきな鈴木知事の心を射止めた女性はどんな人なんでしょうか? すごーく気になる!! ということで奥さまや、ご家族について調べてみました。 鈴木知事は2011年4月夕張市長に当選した直後の5月に結婚されました。 結婚の記念にお二人で桜の木を植樹したそうです。 奥さまとは東京にいるときからお付き合いをされていて、結婚も考え新居も用意していました。 そんな時に夕張市長に立候補することになり、奥さまはとても悩んだに違いありません。 将来が分らない鈴木知事についていくことを決心するまでには葛藤もあったと思います。 それ以来、奥さまは鈴木知事を支えてきたのでしょう。 今回の北海道知事当選になくてはならない人であったはず。 二人で人生を歩んでいるのが羨ましいですね。 また、ご家族で気になるのはお母様ですが、情報は見つけられませんでした。 大学に進学させられなかったときは、ご自分を責めたりしたのでは? 今も子供のことを心配しているとは思いますが、とても幸せに思っているでしょうね。 鈴木直道 北海道知事 の経歴 1999年東京都庁に入庁された鈴木知事は、2008年1月当時の猪瀬知事の発案で、夕張市市民課市民保険グループに派遣されました。 その後2010年に夕張市行政参与となりました。 同年11月に東京都を退職し、翌年4月の統一地方選挙で夕張市長選に立候補し初当選しました。 この時も当時の全国最年少市長として話題になりました。 夕張市は2007年に財政破綻し、財政再建団体となっています。 市長選に挑戦するだけでも決心が必要なのに、そんな市の市長に立候補するまでには、私には考えられないような勇気と決断が必要だったはずです。 ますます男前ですね! 2015年にも夕張市長選で再選を果たし、今回2019年4月の北海道知事選挙で全国最年少の知事として当選されました。 夕張市という大変な自治体の市長として、実績をあげてきたからこそ、今回の当選につながったのですね。 年収はどれくらい? 夕張市長の給与は、知事・市長の給与としては全国で一番安いと分かりました。 ご本人のツイッターでは、2017年の市長給与は251万円。 その他に講演やテレビ出演・執筆などで470万円と話されています。 給与だけで見れば、東京都職員でいた方が高いですよね。 本当に尊敬してしまいます。 北海道知事の給与は1600万円ほどですが、鈴木知事はマニフェストで知事給与30%削減を掲げられています。 調べるほどに、すごい人だなあ・・・と思います。 鈴木直道 北海道知事 の実績と評判! 知事としてはこれから大いに期待されていますが、夕張市長の時の実績はどうっだったのでしょうか? 市長就任後「まちづくり企画室」を設置し、企業誘致や遊休施設の活用、施設のネーミングライツなど民間を活用した取り組みを行いました。 また、カタール国からの支援などを受け東北の被災者の受け入れなども行いました。 また、コンパクトシティを目指したり、夕張メロンを海外にアピールするなど、多方面からの施策で、2006年に有った350億円以上の負債が2018年には140億円減らすことに成功しています。 このように結果も残し、ご自分の給与や退職金などのカットもしていた方なので、評価する意見もあり、国からも高く評価されています。 しかし、JRの廃線とそれによってバスの運賃が値上がりしたことなど、市民にも財政再建のしわ寄せが行っていることもあり、批判的な意見も多くあります。 全ての人が納得できる形の市制など、どの市でもできないと思うので、批判もあって当たり前ですね。 まとめ 今回は鈴木直道、新北海道知事について調べました。 社会人になってから自力で大学に入学し4年で卒業したり、財政再建中という大変な夕張市長を引き受けるなど、困難に立ち向かう強い方でした。 そして立ち向かうだけでなく、自分の給与カットなど自身も痛みを伴う行動もして結果を残してきました。 イケメンで若いことに目が行きがちですが、それ以上に中身がイケメンでした! こんな人が国を動かす人になってほしいですね。

次の

北海道知事のイケメンな顔画像や経歴丸わかり!マスク姿以外もかっこいい

鈴木直道知事 経歴

高校:埼玉県立三郷高等学校卒業(偏差値41) 大学:法政大学第二部法学部法律学科 1999年に埼玉県立三郷高等学校を卒業されました。 高校卒業後は 経済的な事情から大学進学を断念。 しかし翌年2000年4月に法政大学第二部法学部法律学科に入学。 昼間は仕事をし、夜間大学に通い地方自治を専攻し、2004年3月にきっちり4年で卒業されました。 法政大学では体育会の ボクシング部主将を務め、「 2002年度国民体育大会ボクシング競技東京都代表選考」 フェザー級準優勝の成績を残されました。 日中は仕事をし、夜間学校に通いつつもボクシング部の主将を務め、準優勝されるまで練習。 心身共に相当タフだと務まらないと思います。 ちゃんと仕事をしながらも大学で勉強し大学生活をエンジョイするという強い意志がないとできないですよね! 若いのに見事だと思います! そしてボクシング部の主将を務め、ここで リーダーシップスキルを身に付けられ今に至っているのかもしれませんね。 鈴木直道知事の経歴 1999年4月:東京都庁に入庁 2008年1月:北海道夕張市の市民課市民保険グループに派遣 2010年4月:東京都知事本局総務部から内閣府地域主権戦略室へ出向 同年、夕張市行政参与に就任 2010年11月:東京都庁を退職 2011年4月:当時全国最年少の30歳1カ月で夕張市長に初当選 2015年4月:夕張市長に再選 2015年11月:日本メンズファッション協会「ベストドレッサー賞」を受賞 2019年4月:北海道知事選挙で初当選 鈴木直道氏は高校卒業後は経済的理由から大学進学を断念。 猛勉強して東京都職員採用試験に合格し、18歳の1999年4月に東京都庁に入庁しました。 東京都職員時代は、東京都衛生局(のちの東京都福祉保健局)に入局。 その後東京都の福祉や医療、衛生関連の部署に勤めた後、2008年1月に北海道夕張市の市民課市民保険グループに派遣されました。 夕張市は当時、かなりの財政難で富裕な東京都として他地域を支援するとともに、財政破綻の影響を都職員に実感してもらうため送り込まれた二人のうちの一人だったそうです。 当初派遣は1年間の予定でしたが、本人の希望もあって800日ほどに延長し、成果を挙げられました。 2010年11月30日に 東京都職員を退職し、 2011年4月に 夕張市長に初当選。 当時、最年少記録である30歳1か月で夕張市の市長になりました。 夕張市長として、財政難だった夕張市の立て直しに尽力し、大きな成果を出されました。 市長就任時は鈴木直道氏ご自身の 月給を70%カットした上に 退職金と交際費は100%カット。 2017年の年収は市長としての給与が約251万円と、夕張市長時代はマスメディアから「 日本一給料の安い地方自治体首長」と紹介されていました。 鈴木直道氏の市長時代の逸話を一つ。 夕張市の名産でもある夕張メロンを世界に通じるブランドにするべく、カタールへ渡航。 その際の渡航は 0泊3日の強行日程。 メロンは夕張市農協からの無償提供されるも 渡航費用など30万円は実費。 そしてこの旅行で50玉ものメロンを手荷物で運び、アティーヤ外相に贈呈したり現地王族にもふるまい、好評を得ました。 結果翌年から夕張メロンのアジア初輸出が決まったそうです。 ものすごい実行力ですよね?! 2015年に4月に夕張市長に 再当選し、2019年4月には 北海道知事選挙で無所属で出馬し初当選。 2020年1月1日現在でも、都道府県知事47名の中では最年少の38歳。 次点は大阪府知事の吉村洋文で44歳です。 若くて有能な上にイケメンと、北海道民の誇りですね!?w 鈴木直道知事は母子家庭出身で超苦労した! 北海道の鈴木直道知事は北海道出身ではなく、埼玉生まれの埼玉育ち。 兄弟はお姉さんがいらっしゃいます。 幼少期の鈴木直道知事とお姉さまの画像がこちらです。 面影があり、この頃から顔が出来上がっていたのですね。 実は鈴木直道氏、埼玉県立三郷高等学校在学中に 両親の離婚により、 母子家庭になりました。 鈴木直道氏のお姉さんは通っていた大学を中退し働きに出ることに。 高校生だった鈴木直道知事も引っ越し業者やスーパーの品出しなど アルバイトをし、 家計を支えていたそうです。 そして高校卒業と同時に18歳の1999年4月に 東京都庁に入庁。 公務員を選んだ理由というのが、 学歴差別がない仕事だったため公務員を目指されたそうです。 そこからは自力で猛勉強し、 偏差値41から見事公務員試験に合格し、入庁。 一時は大学進学を諦めた鈴木直道知事でしたが、当時都庁に勤務しながら大学進学を目指し、2000年4月に法政大学第二部法学部法律学科に見事入学します。 その後4年間は昼間は都庁で働き、夜は大学。 部活もボクシング部に所属したため深夜は部活という生活を送られていました。 働きながら勉強にスポーツもこなし、部活にも精を出し準優勝という見事な成績を修められた鈴木知事。 並大抵の努力がなければできません。 高校時代からご家庭の事情で大変になりましたが、その後の苦労が今実を結び、市民の声に耳を傾けることができる素敵な政治家になっているのではないでしょうか。 まとめ 『鈴木直道知事の学歴や経歴は?高卒都庁職員から最年少知事まで!』と題し、鈴木直道知事の学歴や経歴についてご紹介しました。 高校時代にご両親が離婚されたことからご家庭の経済状況が悪くなり、沢山の苦労をされたようですが、それが今は糧になり市民・道民に近い政治家として活かされているようです。 これからも鈴木直道知事のご活躍を応援したいと思います。 最後までお読みいただき、ありがとうございました。

次の