ウイイレ 2020 最強 スカッド。 【ウイイレアプリ2020】最強監督ランキングTOP10【最新版】|ゲームエイト

【ウイイレアプリ2020】最強スカッドをガチ選出!相手の戦意を刈り取るチーム!

ウイイレ 2020 最強 スカッド

今回は ウイイレ2020の中で最強のCFを決めていきたいと思います。 そこで最強のCFを決めるにあたって「何を持って最強と言えるのか」という基準を作らなければいけません。 そこで僕が考えるCBに必要な能力値は• ボールコントロール• 決定力• 空中戦• スピード• 対人戦 の5つです。 なぜこの5つかというと、まずCFを点を取ることを第一に求められるので 決定力はマストですよね。 そしてCFにはポストプレーの役割も求められるので、 ボールコントロールや フィジカルの要素も必要です。 そして見方からのクロスボールを得点に結びつける ヘディングの能力値、そしてスルーパスなどに反応し一気にDFを置き去りにする スピード、この2つも非常に重要。 ワントップに置くよりも、STといった1. 5列目のポジションでプレーさせ、プレースタイルの「2列明からの飛び出し」を上手く活かして使っていきたいです。 ダブルタッチ• シャペウ• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• スルーパス• ピンポイントクロス• すでに8試合に出場し5得点を決めるなど早速新天地で活躍しています(2019年10月26日現在)。 フィジカルコンタクトは驚異の99。 ヘッダー• コントロールカーブ• 無回転シュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピードが99、瞬発力が97とウイイレトップクラスの足の速さを持つ選手です。 一方でウイイレ2019と比べ空中戦やフィジカルの能力値が下がってしまったのが残念なところ・・・。 まあオーバメヤンの強さは異常すぎたので、ウイイレ2020では調整が入ったかんじでしょう。 シザーズ• コントロールループ• 無回転シュート• ドロップシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• 瞬く間にブンデスリーガトップクラスのCFに成長し、今シーズンからはレアルマドリードに移籍しプレーしています。 裏抜け、ヘディング、ワンタッチシュートなどなど、様々なパターンで得点できる万能型で最強金玉CFです。 軸裏ターン• ヘッダー• コントロールループ• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• チェイシング• 決定力は95とCFの中でもトップクラスで、さらに181cmながらヘディングが94、ジャンプが97と非常に空中戦に強いです。 ヘッダー• コントロールカーブ• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• PKキッカー• マリーシア• キャプテンシー• レベマ時にはスピードが97、瞬発力が99と爆発的なスピードが持ち味です。 またフィジカルや空中戦にも強く、決定力も十分あるので非常に優秀なCFですね。 スタミナも高く、ウイイレ2020ではオーバメヤンに代わるゴリゴリのスピードスターとして人気銘柄になるでしょう。 エッジターン• ワンタッチシュート• チェイシング• 175cmと小柄ではありますが、ジャンプ力が高いのでヘディングでも得点を決めることができます。 総合値も95まで上がり、ウイイレトップクラスのCFです。 エッジターン• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• PKキッカー• 5 CFランキング3位はアルゼンチン代表で現在マンチェスターシティに所属する セルヒオ・アグエロ! プレミアリーグで4シーズン連続で20得点を記録し、プレミアリーグ通算122得点を記録しているプレミアリーグ最高のCFです。 レベマ時には決定力が97まで上がり、シュートを打てば高確率で枠内に打つことができます。 ウイイレ2020で雷玉に昇格し、総合値も97まで上がります。 シザーズ• ルーレット• コントロールカーブ• 無回転シュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• アウトスピンキック• 闘争心• また決定力も96とトップクラスで、スピードもそこそこあるので隙のない万能型CFです。 今シーズンも開幕から絶好調なので、ますます能力値が上がってもおかしくありません。 シャペウ• 軸裏ターン• 足裏コントロール• ヘッダー• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ヒールトリック• ワンタッチシュート• PKキッカー• レベマ時にはスピード・瞬発力が共に99とMAXの値に。 そしてドリブルの能力値も非常に高いので、ドリブルで一人でもっていて決め切る力をもっています。 ウイイレ2020でも引き続きチート選手になるでしょう。 シザーズ• ダブルタッチ• エッジターン• 軸足あて• ミドルシュート• ライジングシュート• アクロバティックシュート• ワンタッチシュート• ラボーナ• ウイイレ2020ではレヴァンドフスキやアグエロといった雷玉CFも多くいますが、やはり最強CFはキリアン・ムバッペですね。 これでまだ21歳というのが恐ろしすぎます・・・。 センターフォワードの出来によってゴールの数も大きく変わってくるので、今回紹介したCFを使って得点を量産していきましょう! 最後まで読んでいただきありがとうございました! 他にもウイイレアプリ攻略についての記事を書いてるのでよかったら見ていってください! 【ウイイレをやってる人に読んでほしい記事】• 【ポジション別おすすめ選手】•

次の

【ウイイレアプリ2020】世界ランク100位以内の最強監督・スカッド紹介

ウイイレ 2020 最強 スカッド

ご覧いただきありがとうございます。 つきご()ともうします。 育てれば強い!オススメの白玉選手を紹介します。 誰だこいつ!?って相手をびっくりさせましょうw• 白玉最強アンカー!191センチでロドリより速い!おすすめ白玉選手DMF編 ~ケフラン・テュラム~【ウイイレ2020】【ウイイレアプリ】 白玉DMF ケフラン・テュラム ニース所属の18歳の選手です。 ケフラン・テュラムのレベルマックス能力値と使用感 レベルマックスにすれば、 総合値は87です。 ジャンプ91。 グラウンダーパス85、ヘディング88、スピード87、瞬発力87、スタミナ87、ディフェンスセンス89、ボール奪取86 のプレースタイルはアンカー。 保有スキルは 「足裏コントロール」「ヘッダー」「インターセプト」。 191センチの長身の守備的な中盤の選手。 身長が高い上に、 ジャンプの能力値が高く、「ヘッダー」もち、空中戦に圧倒的な強さを誇ります。 そのうえ、 足の速さもある。 もちろん 守備能力も高く、「インターセプト」もち、パス系の能力も高い。 本当にアンカーとして、 無駄のない能力値でバランスのとれている選手。 無料スカウトで獲得しやすいのも高評価! 最大レベル上限が69と育成が地獄。 ケフラン・テュラムのオススメスカウト 確定スカウト ケフラン・テュラムの情報 がかつてクラブに所属したDF の息子・MFケフレン・テュラム 16 の獲得を検討していることがわかった。 4日に『トゥット・スポルト』が伝えている。 フランス代表でも歴代出場記録を保持しているセンターバックのテュラムは、最盛期に右サイドバックもこなしてフランスの98年W杯優勝、EURO2000優勝に大きく貢献。 2001-02シーズンから05-06シーズンまではユベントスに所属し、GK 、 氏 監督 らとともに世界最強の守備を構築した。 そのテュラムの息子であるケフレンは、現在 の下部組織に所属中。 中盤を主戦場とし、父親よりも 氏のプレースタイルに似ているという。 またケフレンの兄であるマルクスは現在フランス・リーグ1の に所属。 今季リーグ戦8試合に出場して2ゴールを決めている。 ここ数年で90~00年代に活躍したレジェンドの息子たちが活躍を見せている。 監督 は長男MFエンツォ・ジダンが に、次男GKルカ・ジダンがレアルに所属している。 ディエゴ・シメオネ監督 の息子FWジオバンニ・シメオネは今夏 に移籍し、ここまでリーグ戦2得点を記録。 オランダ代表として活躍したストライカー、パトリック・クライファート氏の息子は父親が育った でトップチームデビュー。 昨季は2得点を決め、今季はここまで公式戦6試合に出場している。 ケフラン・テュラムの凄さがわかる動画 その他のおすすめ白玉選手を紹介.

次の

(ウイイレアプリ2020)日本スカッドをつくろう。日本人監督も併せて紹介!│sports

ウイイレ 2020 最強 スカッド

最強スカッドを紹介! 選手名 ポジション 最大総合値 ファン バステン CF 99 クリスティアーノ ロナウド LWG 99 ルーカス モウラ RWG 95 ネドベド LMF 93 ラッツァーリ RMF 93 エンゴロ カンテ CMF 94 ウィルマール・バリオス DMF 92 ベッケンバウアー CB 95 デリフト CB 99 ラファエル・ヴァラン CB 96 ドンナルンマ GK 95 最強スカッドおすすめ監督 監督:ヨアヒム・レーヴ 最強スカッドのおすすめ監督に ヨアヒム・レーヴ氏を選出させていただきました。 レーヴは 3-2-2-3のフォーメーションを戦術としており、近年最強と呼ばれる 4312システムに相性が良いシステムの一つとなります。 使用者が多い4321システムは アンカーのサイドや両サイドの攻防が弱点とされています。 そのためウイングとサイドMFを両方に配置しているレーヴ氏の戦術では相手の守備の要であるアンカーを無視して戦えるといっても過言ではありません。 レーヴの弱点であり3CB特有のもろさが心配されますが、アイコニックの実装、FPの極端なまでのパワーアップなどで足が速くディフェンスセンスの高い選手が排出されている状況を鑑みると問題はないかなと思いますね。 プレッシングからのカウンターならばこれ以上に適切な戦術はありません。 CMF、DMFはボール奪取能力。 SMF、WINGはスピード。 CFにはエアバトルの強いストライカーを配置することをお勧めします。 FW最強スカッドは1トップに展開力のある選手を起用! レーヴ監督の3トップは WG2枚にCF1枚の配置になります。 そのため実質1トップになるCFは多くのことを要求されます。 身長が高く、ヘディング、展開力がある選手になりそうです。 WGは足の速さとクロスの精度、ドリブル能力が必要かなといったところ。 展開次第ですが、WGがドフリーになるケースも十分に考えられるのである程度の 決定力も必要ですね。 できる限りワイドに戦いたいので、単独突破や味方の攻め上がりを待てるだけの個人能力がサイドに求められます。 中央のCFよりもWGにかかる負担が大きくなります。 CFよりもWGに良い選手を集めたいところですね。 得点能力、ドリブル、スピード、パスと全てにおいて間違いなしの選手で、 LWGでは最強選手になります。 選出しない理由がありません。 ファンバステンなどのCFになんらかの影響があった際にすぐさまCFにスライドできるのも大きい点。 交代枠を1つ分削減できます。 基本的な攻めの展開は サイドアタックかカウンターになりますので、彼がフリーでボールを持つ可能性が高くなります。 クリロナがフリーとなると、相手からすると恐怖でしかありません。 中央でどっしり構えてくれるのもうれしいですね。 一番のおすすめはファンバステンであることは間違いないですが、残念ながら アイコニック選手と入手難度が高めです。 現役で比較的入手する機会が多い中では彼が一番だと思います。 スピードはありませんが、裏取りはWGに任せてしまってもよいと思います。 MF最強スカッドはハイプレスでボールを奪取してパスを繋げる! ポジション配置的には SMF2枚と中盤の底が2枚になります。 守備時には ハイプレスでボールを奪取する必要があるので、中盤の底の選手には ボール奪取能力と即座にカウンターに移れるだけの展開力が求められます。 SMFも多様な役割を担う形になります。 スピードはもとより、 相手のサイドアタックを止めるWB的な役割も求められるため守備能力も必要です。 SMFからのスルーパスの展開も考えられるためパス能力もある程度は必要ですね。 そのため スタミナがカンストするネドベドは非常に相性が良いものになります。 アグレッシブ値も高いのでハイプレスにもはまりやすく、ショートカウンターにつなげられるだけのパス精度もあるのがうれしいところ。 即座にカウンターに移れますね。 オーバーラップ時には性格なクロスをボックス内に届けることもできるので、イメージに当てはまる選手になります。 DF能力がほぼカンスト値にあり、3バックを形成するシステムである以上なにがなんでもほしい選手です。 相手の中央突破をほぼ無力にしてしまうほどの優秀なDMF。 いうまでもなく インターセプト、マンマークと守備スキルでほしいものをすべてもっています。 展開力という意味でも ワンタッチパスにスルーパスとここでも優秀。 高速WGをそろえていれば、一気にサイドからカウンターを仕掛けることもできますね。 プレースタイルも アンカーであり、相手の攻撃を中盤の底でシャットアウトします。 スピード、瞬発力も大台の90に近く、前述したカンテと組み合わせがでいきればこれ以上頼もしいDMFはいません。 このポジションの役割は展開力も求められますが、後方が3CBである以上、それよりも守備能力が重要になります。 そのため MFというよりもDF的な能力が要求されます。 その意味では最も合致している選手になりますね。 グラウンダー、フライどちらも大台の90に近く。 スピードも同様です。 スキルの チェイシング持ちなので、ハイプレス戦術への適応能力が高そうですね。 ボール奪取自体はそこまで高くはないです。 ですが、90に近いハイスピードプレスは相手にとっては脅威的です。 焦らせるだけでも効果は絶大。 冷静さを欠いた相手を一気に崩すことをおすすめします。 この選手の場合は グラウンダー、フライともにパスが90越え。 展開力も兼ね備えたDMFになりえます。 カンテが負傷、CB、DMFに全く展開力がないなどであれば大きく活躍してくれるはずです。 スタミナも豊富なため、プレッシングをかけ続けても試合終盤までベストコンディションで戦ってくれますね。 コンディション安定度も6。 大きく崩すことはなさそうです。 DF最強スカッドは3CBのポジショニングで中央の守りを固める! DFの配置はわかりやすいほどにシンプル。 3CBとよく見る形となっています。 中央からの攻撃に対しては強いものの、サイドアタックにはやはり脆さが出ますね。 両サイドに陣取るCBには 足の速さ。 中央に陣取るCBには 空中戦などの対人能力が求められますね。 スピード、守備能力、空中戦とすべてにおいてハイクオリティです。 パス精度もあるので、CBからの組み立ても苦にならないですね。 前述の通りスピードがあるので、 中央、サイドどちらでも適正がありそうです。 オーバーラップからのゴールにも期待ができる稀有なディフェンスでもあります。 戦術上ほぼ分業制になりそうなので、彼のような選手がいてくれれば相当な助けになりますね。 サイドCBとして使用したいですね。 高速系WGが相手でも簡単にやられることは少ないと思われます。 被カウンター時にもそのスピードでカバーリングに間に合ってくれそうなイメージも沸いてきます。 フィジカルも高いので競り負けることはほとんどないでしょう。 展開的にはフライパスの方が高いので 一気に前線のWGにロングパスを飛ばすのもありかもしれません。 バレージも前述した3選手に比べて見劣りしない選手ですね。 スピードもそこそこあり、ディフェンスセンスとボール奪取はカンストする選手です。 1対1の場面で負けることは少ないはずですね。 CBとしては稀有な ワンタッチパスなどの優秀なパススキルをもっているので、後方の司令塔としてゲームメイクにも参加できますね。 GK最強スカッドはシンプルにGK能力の高い選手を起用! GKに求めるものはなによりも シンプルなGK能力になります。 優秀なGKを集められるかが必要になります。 GK能力が低ければ、どれほどディフェンス操作を頑張っても相手のミドルで失点などと理不尽な目にあいやすくなります。 3CBである以上、他のシステムよりも被シュート数は多くなります。 そのたびに失点していては試合になりません。 せっかくそろえた優秀な選手たちを結集してもGKがいなければ、台無しになりかねません。 どんなシステムで挑むにしても最初はGKにこだわった方がよいです。 前述したACミランアイコニックとの相性も良く、純粋なGKスキルを求めるという意味では彼以上の選手は存在しません。 身長195と高身長のため、 セービングエリアも広く、際どい場面でも思わないようなスーパーセーブでチームを救うこともしばしば。 相手からすると嫌な選手の筆頭格になりえますね。 低弾道パントキックがあるのも活躍の場を広げます。 まとめ:最強スカッドは選手相性も重要! 管理人が厳選した 最強のスカッドについてご紹介、解説致しました。 スカッドを組む際はまずは 監督を選出し、 その監督の戦術に合わせた選手を起用することが望ましいでしょう。 どのようなフォーメーションでどのような立ち回りを選手に要求するのか、突き詰めれば 何百・何千とあるスカッドの組み方ですが、実際に試合でその戦術がハマった際の喜びは忘れられません。 この記事を参考に、是非 あなただけのオリジナルのスカッドを見つけましょう。

次の