中国 国際 航空 マイル。 中国国際航空のマイレージが貯まるおすすめカードを徹底調査&解説

マイルの事後登録

中国 国際 航空 マイル

サービス名 Phoenix Miles 特徴と貯め方&使い方 マイルではなく、キロメートルをポイントとして加算。 入会資格 12歳以上なら誰でも入会できる。 指定の用紙またはホームページから、必要事項を記入して申し込む。 会員資格に期限はない。 3年間ポイント加算がないと獲得ポイントは無効になる。 詳細はこちら。 マイル加算方法 2 提携航空会社、提携ホテルでのマイル加算も可能(下記参照)。 日本-中国間を運航するエアチャイナ便の特典航空券、また、ユナイテッド航空やルフトハンザなど、提携航空会社の特典航空券を獲得できる。 上級会員制度 メンバーシップ名 条件 シルバーカード 【条件】1年間に4万kmまたは30回以上の搭乗が条件。 【特典】 ビジネスクラス・カウンターでのチェックイン。 ゴールドカード 【条件】1年間に8万kmまたは50回以上の搭乗が条件。 プラチナカード 【条件】1年間に16万kmまたは90回以上の搭乗が条件。 3年間ポイント加算がないと獲得ポイントは無効になる。 TEL0476-34-3941 FAX0476-34-8402 大阪支店 〒541-0059 大阪府大阪市中央区博労町2-2-13大阪堺筋ビル1F TEL06-6263-5333 FAX06-6263-5338 関西国際空港事務所 〒549-0011 大阪府泉南郡田尻町泉州空港中1番地 関西国際空港航空会社南ビル3F TEL0724-56-5128 FAX0724-56-5130 福岡支店 〒812-0039 福岡県福岡市博多区冷泉町5-35福岡祇園第一生命ビル1F TEL092-282-5611 FAX092-282-5616 福岡空港事務所 TEL092-477-7881.

次の

中国国際航空のクチコミ・評判【フォートラベル】

中国 国際 航空 マイル

この記事の目次• 中国国際航空とは 中国国際航空とは中華人民共和国の航空会社で、「エアチャイナ」と呼ばれることもあります。 航空運賃の安さに定評があり、日本では羽田、成田、関西、福岡、仙台などに就航しています。 北京や上海を経由して世界各地へ飛ぶことができます。 北京経由でヨーロッパへ行くときに航空券が安く手に入ることが多いのでとても人気です。 エコノミークラスはもちろん、ビジネスクラスも格安で利用できるので、家族連れやビジネスマンにも人気の高い航空会社です。 席ごとに独立したテレビモニターで、映画などを楽しみながらフライトすることができます。 マイレージに関する基礎知識 マイレージとは各航空会社が展開しているポイントプログラムのことで、マイルを貯める方法は、 飛行機に乗って貯めるというやり方だけではありません。 クレジットカードを使用した際に貰えるポイントを、マイルに変えるという方法もあります。 また、航空会社はアライアンスというグループに加入していることが多く、 同じグループ同士ならマイルを共有することができます。 世界3大アライアンスとは 航空業界には世界3大アライアンスと呼ばれるグループがあります。 主なものは次の3つです。 ・スターアライアンス ・スカイチーム ・ワンワールド 中国国際空港をはじめANAが参加しているのが「スターアライアンス」です。 他にもユナイテッド航空やエアカナダ、ルフトハンザ航空やシンガポール航空などといった 世界的な航空会社も多数加盟しており、世界最大規模を誇っています。 「スカイチーム」は2番目に大きなアライアンスで、デルタ航空やチャイナエアライン、ガルーダインドネシア航空、エールフランスやアリタリア航空などが参加をしています。 「ワンワールド」はJALが参加をしているアライアンスで、他の主な航空会社はアメリカン航空やキャセイパシフィック航空、ブリティッシュエアウェイズやカンタス航空などです。 また、世界にはどのアライアンスにも属さない航空会社もあります。 中国国際航空のマイレージプログラムとマイルの貯め方 中国国際航空は、「」というマイレージプログラムを展開しています。 このプログラムは申込が必要で、入会しなければマイルを貯められません。 入会は公式HP上で行え、入会金は無料です。 中国国際航空の「Phoenix Miles」とは 「Phoenix Miles」は中国国際航空の飛行機に搭乗した場合の 飛行距離がポイントとして加算される仕組みになっています。 スターアライアンスに属する他の航空会社や、提携する航空会社の飛行機に搭乗した際はマイルが貯まるマイレージプログラムです。 また、「Phoenix Miles」には次の3つのグレードがあります。 ・シルバー 1年間に4万kmまたは30回以上の搭乗が条件 ・ゴールド 1年間に8万kmまたは50回以上の搭乗が条件 ・プラチナ 1年間に16万kmまたは90回以上の搭乗が条件 一定の基準をクリアするごとにグレードアップしランクごとに特典が違ってきます。 グレードが上がるほどサービスも良くなるので、「Phoenix Miles」でマイルが貯まる航空会社を優先して利用するのは賢い方法です。 また、「Phoenix Miles」のグレードはスターアライアンスとも連動しており、プラチナ会員とゴールド会員はスターアライアンス・ゴールド会員、シルバー会員はスターアライアンス・シルバー会員と同等とみなされます。 取得したマイルには有効期限があり取得年から3年間加算がないと無効になります。 中国国際航空以外で「Phoenix Miles」のマイルが貯まる航空会社とは 「Phoenix Miles」はスターアライアンスに加盟している航空会社だけではなく、個別に提携しているキャセイパシフィック航空やヴァージン・アトランティック航空、中国国際航空のグループ会社であるチベット航空や山東航空、大連航空やマカオ航空といった航空会社を利用する際もマイルを貯めることができます。 なお、提携する航空会社は変動する場合もあるので、予約時に確認するとよいでしょう。 「Phoenix Miles」のマイルのお得な貯め方 「Phoenix Miles」のマイルは、飛行機に乗らなくても貯めることができます。 クレジットカードの中には、貯まったポイントをマイルと交換することが可能なものもあり、「Phoenix Miles」のマイルと交換できるクレジットカードを利用すれば、毎日の生活の中でもマイルを貯められるのです。 オリコカードと提携している「」がおすすめです。 クレジットカードを上手に活用してマイルを貯めるのは賢明な方法です。 「Phoenix Miles」のマイルが貯まるだけではなく、クレジットカードのポイントも貯まるからです。 クレジットカードのポイントをマイルと交換すれば、1度のフライトでより多くのマイルが貯まるということになります。 中国国際航空のマイルはANAマイルやJALマイルに加算できる? 中国国際航空は、スターアライアンスに所属しています。 同じアライアンスに属していればマイルを加算することができるので、 同じスターアライアンスに所属しているANAのに加算することは可能です。 JALはワンワールドに属しており、中国国際航空とはアライアンスが違います。 そのため、 JAL のJALマイルに加算することはできません。 中国国際航空を利用してANAマイルに加算するのもよいですし、ANAを利用して「Phoenix Miles」のマイルに加算するのもよいでしょう。 より便利な方に加算して、貯まったマイルを活用するようにしましょう。

次の

中国国際航空の徹底ガイド & マイレージ情報

中国 国際 航空 マイル

中国国際航空(エアチャイナ)は、を拠点とする中国のナショナル・フラッグキャリアだ。 新型機による安全性と高品質サービスで利用者の人気を集め路線網を拡大してきた。 北京首都国際空港をハブとして、アジア、ヨーロッパ、北米などの主要都市へ就航している一方、 成田、羽田、中部、関西、札幌、仙台、広島、福岡、沖縄にも就航しているので、地方在住者にとっても利用しやすいエアラインだ。 スターアライアンスに加盟しているほか、 キャセイパシフィック航空、ヴァージンアトランティック航空とも提携しており、貯めたフライトマイルを他のエアラインで利用しやすい点は魅力的だ。 中国国際航空に搭乗して、Phoenix Milesにマイルを貯める 中国国際航空(エアチャイナ)のマイレージプログラム「 Phoenix Miles」に入会することで、同社のフライトマイル貯めることができる。 入会金無料でから入会可能だ。 中国国際航空の予約クラスは、 ファーストクラス、 ビジネスクラス、 スーパーエコノミークラス、 エコノミークラス、その他に別れていて、それぞれのフライトで加算されるマイルが違う。 詳細は、(英語)を確認しておこう。 Phoenix Milesには、会員にグレードが設けられている。 「 シルバー」「 ゴールド」「 プラチナ」の3種類がそうだ。 中国国際航空、およびスターアライアンス加盟航空会社、その他航空会社の運航便に搭乗し、フライトマイルや、搭乗回数が一定の基準に達するとグレードが上がる。 詳細は公式ページのElite (英語)に記載がある。 会員カードのグレードによって、ボーナスマイレージ、予約、チェックイン、空港VIPラウンジ、優先搭乗、超過手荷物無料サービスなどの特典が利用できる。 スターアライアンス加盟航空会社以外に提携しているエアラインは、 キャセイパシフィック航空、香港ドラゴン航空、チベット航空、ヴァージンアトランティック航空、山東航空、ユニー航空、大連航空、マカオ航空が名を連ねる。 Phoenix Miles会員として、 スターアライアンス加盟航空会社を利用する場合、プラチナ会員、ゴールド会員はスターアライアンス・ゴールド会員と見なされ、シルバー会員はスターアライアンス・シルバー会員と見なされる。 予約や空港にて優待を楽しめる。 Phoenix Milesの会員特典と、スターアライアンスの特典の詳細は、を確認してほしい。 中国国際航空に搭乗して、提携航空会社のマイレージにマイルを貯める 中国国際航空(エアチャイナ)のフライトマイルはスターアライアンス加盟航空会社のマイレージプログラムで貯めることが可能だ。 スターアライアンスには、 ANA(全日空)をはじめ、ユナイテッド航空、シンガポール航空、アシアナ航空、ルフトハンザドイツ航空、タイ国際航空、南アフリカ航空など世界各地のメジャーなフラグシップが加盟している。 よく利用する航空会社があれば、そちらのプログラムにフライトマイルを貯めるのが良いだろう。 日本人にとって馴染み深いANAマイレージクラブに貯められるのは嬉しい。 積算率は予約クラスによって異なるので、詳細はで確認しておこう。 提携航空会社のフライトマイルをPhoenix Milesに貯める 提携航空会社に搭乗して、マイルをPhoenix Milesに貯める これまで中国国際航空(エアチャイナ)の魅力や効率的なマイレージの貯め方・使い方を見てきたが、総合的に判断すると、 ANAカードでANAマイルを貯めたり利用することを最もおすすめしたい。 その理由は、 1 )提携しているANAカードなら中国国際航空のフライトマイルが加算される、2 )日本国内でのショッピングでもお得にマイルが貯めることができる、3 )電子マネーの利用でマイルの取りこぼしがない、の3つだ。 日常生活のショッピングでとりこぼしなくマイルを貯めることができるのは魅力的だ。 ANAカードには多くの種類が存在し、それらについてはでまとめて紹介しているので参考にしてほしい。 比較するのがめんどうという方のために、この記事ではANAカードの中でも特におすすめなについて紹介しておこう。 はSuicaとANAカードが合体したもので、 Suicaへのチャージ1,000円毎に10ANAマイルが貯まる。 貯めたマイルはもちろん中国国際航空の特典航空券と交換できる。 また、「マイ・ペイすリボの登録と年1回以上の利用」で、 翌年度の年会費が751円(税別)になる特典もある。 他のANAカードよりもマイルを貯めやすく、維持費も安いのがこのカードをおすすめする理由だ。 世界195カ国、1,300以上の都市に就航。 北中米、ヨーロッパ、アフリカ路線が充実。

次の