リストカット 木村花。 木村花さん(22)が遺したリストカット画像と「もう人間なんかやりたくない」という言葉

【画像あり閲覧注意】女子プロレスラー木村花さん衝撃的なリスカ画像をTwitterに投稿後、亡くなる。

リストカット 木村花

木村花さん自殺、母親が悲しみをツイート 木村さんは「テラスハウス」に出演以降、誹謗中傷が絶えなかった。 その誹謗中傷は、彼女の母親である元プロレスラーの響子さんの元にも届いていた。 響子さんは19日、「あなたの娘はモラルのかけらもない」といった趣旨のDMが送られてきたとTwitterで明かし《ひとのモラルのまえに きみのモラルをがんばろう》とツイートしていた。 亡くなった日、Instagramに《愛してる、楽しく長生きしてね。 ごめんね》と投稿した木村さん。 そして、ストーリーでは《さようなら》ともつづっている。 またTwitterでは《毎日100件近く率直な意見。 傷付いたのは否定できなかったから》《お母さん産んでくれてありがとう》《愛されたかった人生でした》と投稿していた。 木村さんの死の詳細は明かされていない。 しかし一連の情報から、ネット中傷を問題視する声が上がっている。 yahoo. 早く消えてなくなりたいなぁ くそきもい 早く消えてください」 「そうだよね顔も中身もブスでごめんね 消えれるもんなら早く消えたいよ」 「今日電話でおばあちゃんにあなたが一番可愛い、一番大好きだから。 って言われたの おばあちゃんが一番大好きな人、誰かに消えてほしいって思われるような人間でごめんね。 」 「生きててごめんなさい。 良い人じゃなくてごめんなさい。 嫌な気持ちにさせてごめんなさい。 消えてなくなったら許してくれますか?どうやったら消えられますか?消えたらみんなに愛してもらえますか。 私はみんなの事が好きです。 」 (木村花さんインスタストーリ投稿内容) SNSで自殺前の投稿に気づいた人からは心配し「警察に通報した」「無事か心配」「関係者の方早く助けに行って」などとツイートが続きました。 しかしこのような投稿をし花さんの安否を心配する中にも「どうせまた匂わせで死なない」「このままテラスハウスから消えてくれ」と誹謗中傷を続けた人もいました。 木村花の遺書の内容は? 自殺の原因と理由 フジテレビの番組「テラスハウス」に出演し、死去した女子プロレスラーの木村花さん(22)の東京都内の自宅から、遺書のようなメモが見つかったことが25日、捜査関係者への取材で分かった。 警視庁が経緯を調べている。 livedoor. 遺書が公開されるかは今後遺族の判断に委ねられると思われます。 木村花さんが自殺する間際にSNSでの誹謗中傷に傷ついたという投稿があったことにより、ネット上やマスコミ報道では 「花さんの自殺はSNSでの誹謗中傷が原因」と報道されています。 ですが花さんが遺書を残したことにより自殺の直接のきっかけになった本当の理由が今後判明するのではないでしょうか。 SNSの誹謗中傷が原因ならそのアカウント名なども書き残されているかもしれません。 ツイートを消したとしても花さんにより遺書に書き残されていたならば、身内からの依頼などなくとも警察は動き出すのではないでしょうか。 木村花、母親との距離と孤独感 木村花さんは最後に 遺書を書き残していたと判明しました、内容は自殺の原因か、残した人への想いなのか何が書いてあったのでしょうか。 木村花さんの 母親の木村響子さんは元女子プロレスラーで、花さんは母親と同じ道を歩んでいたことになります、花さんがプロレスを始めた当時は母子共に活動していましたが母親は現在既に引退しています。 母親が引退したことで母親を追いかけ入ったプロレス業界に一人残された花さん。 花さんは 「 2世目プロレスラー」という肩書と 「プロレス総合学院」1期生という周囲からのプレッシャーの中で一生懸命プロレスに取り組み活動していました。 木村花さんのインタビューでは自身のプロレスだけでなくプロレス業界、女子プロレスラーの未来についても考えている姿勢がいつも垣間見えていてことからも、 花さんにとって自分への誹謗中傷は自分だけの問題でなく、母親も所属し自分を育ててくれた プロレス業界へのイメージ悪化につながったこともダメージになったのではないでしょうか。 母親の木村響子さんはプロレスラーを引退後キッチンカーでお弁当販売をし日々忙しい様子がツイッターに投稿され、花さんは一人暮らしだったことからも、2人は離れて生活をしている様子が伺えます。 今回花さんが自殺しSNSに自身の気持ちを投稿しましたが、 3月20日にも「消えたい」と投稿していました。 その際、母親の響子さんは自身の誕生日で友人たちと沖縄旅行で伊計島や嘉手納を訪れていて、傍にはいられなかったようです。 やっぱり海がすき — 木村響子 kimurarock 母親は花さんを出産後に花さんの父親とはすぐ離婚していて、その後再婚した男性とも離婚、 花さんの家族と呼べる人は母親だけだったと思われます。 母親は花さんを産みシングルマザーでプロレスラー、子どもと過ごす時間よりも仕事をしお金を稼いで花さんを育てていかなければならず、生活に忙しいあまり花さんの気持ちを汲みとれていなかった部分もあったかもしれません。 子どものころ花さんは自分のために働く母にさみしい気持ちをぶつけることは出来なかったかもしれませんが、それでも母親を慕い母親と一緒に居たいと思う気持ちからプロレスに入ったのでしょうか。 アウトデラックス出演時の木村花さんと木村響子さん 過去にはアウトデラックスに出演し、喧嘩をすると母親に殴られ目にあざを作るほどの親子喧嘩をした話をし出演者が驚く中、母親は「この子はすぐ調子に乗る」と一喝していました。 しかしプロレスを始めてからは 「母親とはライバル」と花さんは過去のインタビューでも話していたように、大人になっても母親には弱音を吐ける関係にはなれなかったのかもしれません。 「お母さん産んでくれてありがとう」と最後に言葉を残した花さんですが、父親も居なく母親には弱さを出すことも出来ず一人孤独にプロレス業界で戦い誹謗中傷に耐えていたでしょうか。 「愛されたかった」と最後の言葉からも家族や他の誰からも愛を実感できていなかった人生であったのかもしれませんね。 木村花が永眠しました。 花は勝ち気そうで実はナイーブな女の子でした。 きっともっともっとプロレスがやりたかっただろう。 ジュリアとの対決はまだまだ見せたかった。 合掌! — ロッシー小川 rossystardom ナイーブな花さんがここまで傷つき自殺をしてしまう程苦しんでいたと知り、プロレス関係者やテラスハウスの関係者など誰もが驚きのコメントと花さんにお悔やみの言葉を綴っています。 母親すら娘が自殺をしてしまうまで気づかないほど、花さんは周囲に気持ちを話せる人や守ってくれる人が誰も居なかったのかもしれないと悔やまれます。 母親への想い、プロレスへの想い、恋愛や友情など愛されたい愛したい想いのなか孤独に耐え頑張って生きていたのにもかかわらず、 誹謗中傷により自殺に至ってしまったのでしょうか。 親子の形っていろいろありますが、多分大抵の子供は親に自分の落ち込んでいることや鬱状態を隠すと思います。 私もシングルマザーの一人っ子で育ち、今は私も結婚して子供が2人いますが、友達に泣きつくことはあっても母親に泣きつくことはなかったですね。 時にシングルマザーで一生懸命頑張ってる親にはまず心配かけようなんて思いません。 身近にうつの人がいたので少しは理解できます。 親身になって一時的に大丈夫になったように見えても、鬱は波があるので気分が落ち込むと発作的に自殺してしまいます。 コロナで人と直接会って話すこともできず、ましてや24時間友達がそばにいることが難しい状態ですから、何が起こっても仕方ない状況ではあったかと思います。 数件のアンチ程度ならこんなことにはならなかったはず。 SNSの早急の改善を望みます。

次の

【画像あり】木村花のリストカット写真がSNSに投稿されていた!|キャストコ

リストカット 木村花

毎日100件近く率直な意見。 傷付いたのは否定できなかったか ら。 死ね、気持ち悪い、消えろ、今まで ずっと私が1番私に思ってました。 お母さん産んでくれてありがとう。 愛されたかった人生でした。 側で支えてくれたみんなありがとう。 大好きです。 弱い私でごめんなさい。 3:16. Twitter for iPhone ネットやSNSで「死ね、気持ち悪い、消えろ 」などと言われていたと思われる様な文章です。 テレビに出演する人や芸能人には応援してくれるファンが大勢いますが、中には一部の人に嫌われてしまう事もあります。 人間ですのでその人がどんなに正しくても世の中の全員から好かれることは無いですが、だからと言って芸能人であっても自分の素性がバレないからといって相手に傷つくような言葉を吐くことは許されません。 弱い花さんが悪いのではなく、人を追い詰めるような言葉を本人向かって発する人間が卑怯ではないでしょうか。 顔の見えない相手から毎日のように誹謗中傷や「死ね」など命を脅かされる様な言葉を投げつけられたら自分はどうでしょうか、花さんが思い悩みこのような事態になることを予想できたはずです。 もっと早く気づきケアしてあげることは出来なかったのだろうかと悔やまれてなりません。 吉原健司 ミュージシャン 2019年4月 — 2019年7月 KENNY• 田辺莉咲子 フィットネストレーナー 2019年4月 — 2019年7月• 松㟢翔平 俳優 2019年4月 — 2019年8月• 渡邉香織 イラストレーター 2019年4月 — 2019年9月• 西野入流佳 アルバイト 2019年4月 — 2019年10月• 奥山春花 女優 2019年4月 — 2019年10月• デュラト・ジュゼッペ 漫画家 2019年7月 — 2019年10月 ペッペ• 田渡凌 プロバスケットボール選手 2019年8月 — 2019年11月• 水越愛華 桜美林大学4年生 2019年8月 — 2019年12月• トパス・ジョンキンバルー 会社員 2019年10月 — 2019年12月• 小林快 コメディアン志望 2019年10月 — 2020年1月• ラズドゥミナ・ヴィオレッタ モデル 2019年10月 — 2020年2月 ビビ 木村花と共演• 木村花、試合のを衣装を洗濯機にかけたまま外出• 小林快が衣装に気づかないまま自分の服入れて洗濯乾燥• 衣装は色も滲んで縮み着れなくなる• 衣装はオーダー品で10万以上する• 東京ドームなどで試合した時に着用した思い出の衣装• 快が悪いと花が泣き出しテラスハウス全員の前で話し合いに• 怒る花をビビが慰めるがおさまらずビビが泣いて別部屋に• 快は怒る花に肘をつきながら謝り弁償するという• 怒りの収まらない花は快のかぶっていた帽子を叩き落す• 快はその後すぐ卒業しテラスハウスをでる 放送では快くんは「コスチュームを弁償する」と言ったのですがその後すぐ卒業。 洗濯機事件の放送後、花さんの激怒動画が拡散され炎上し、SNSが大荒れとなりました。 「放送後、花のツイッターには『命の次に大事なら、なぜ洗濯機の中に入れっぱにするんですか?』『プロなのに手を出すなんて最低』『今まで見てきたテラスハウスの中で一番最悪な気分になりました』と、数百件もの批判コメントが殺到しています。 すると、花は自身のインスタグラムに、血だらけの包帯のようなものを背景にした『すみませんでしあ』(原文ママ)という文章を投稿。 一部からは、彼女の精神状態を心配する声もあがっています」(前出・テレビ誌記者) テラスハウスは毎日共同生活をしている中で、一部分を切り取り放送されていますビビさんが言うように「花さんは我慢強い性格」だったためストレスをため込んでいたのかもしれません。 きっかけは洗濯ものですがそれまでに仕事が順調でなかったり、快くんとの恋愛も成就せず身心だけでなく大事なコスチュームまでしかも寄りによって快くんにボロボロにされてしまい、感情が爆発してしまったということもあるかもしれませんね。 今までの過去の入居者でもテラスハウスの慣れない生活に疲れた時に、ちょっとしたことが火種になり大きな喧嘩になったこともありました。 (お肉事件など) 現在、 快くんからの弁償もなく花さんがLINEをしても 未読無視、 電話も出ないことが YouTubeの未公開映像で発覚しました。 快くんはフリーターですので10万を弁償するのに時間はかかってしまうのは仕方ないことだと思いますが。 花さんのLINEを既読しないままインスタのストーリーは更新され陰でテラスハウスの男子メンバーと飲みに行っていることにショックを受け泣いていました。 花さんは現在22歳で、恋愛もあまり経験がなくプロレスに集中し頑張ってきた女の子ですので人間不信になり傷ついたのかもしれません。 この回の放送後、視聴者は花さんも悪かったのではないかと快くんを庇う人など様々な意見がありましたがイチ意見を思って話すのはいいと思います。 しかし、花さんに対し「テラハから出ていけ」などこのことに対するの意見だけでなく明らかな誹謗中傷を直接花さんに投げかける人もいました。 テラスハウスのメンバーのビビや夢は花を慰めるために「快くんみたいな人は気にしないほうがいい」と励まされていましたが東京ドームや数々の試合に着た思い出のコスチュームなので花さんは忘れることが出来ないようでした。 この未公開映像でも良くない評価や厳しい意見を投げかける人がいたことにも悩んでいたかもしれませんね、今このような事態になって意見ではなく度を越した誹謗中傷を投げかけた人はどう感じているでしょうか。 人間関係のなかでの事件なので色々な解決方法や意見が分かれる中でふさぎ込み悩んでしまっていたのではないか心配です。 テラハ花自傷行為に朱崇花「かなり追い込まれてた」 木村花さんと同じプロレスラーで対戦の経験もある 朱崇花さんも心配し「彼女を救いたい」とツイートしています。 朱崇花さんは花さんについて「 精神は強くない、一緒に飲みに行く約束をしたのできっと大丈夫と信じている」と話しています。 人前に出ることが仕事である以上、プロレスにはヒール役もいますが、自分をさらけ出したテラスハウスで素の自分に対して投げかけられた言葉に病んでしまっていたのではないでしょうか。 花さんのファンからはこの言葉にありがとう、thank youとリプが続いています。 誹謗中傷が原因であることは本人のツイートからも分かるはずですが、現在も花さんのTwitterに誹謗中傷を続ける人が居ることが残念でありません。 テラハ木村花、過去にもアンチ炎上で病んでいた テラスハウスの木村花さんが過去にもアンチに悩み苦しみ、インスタグラムのストーリーに度々「消えたい」などの気持ちを吐露していました。 2020年3月20日の投稿。 「ね、わかる。 早く消えてなくなりたいなぁ くそきもい 早く消えてください」 「そうだよね顔も中身もブスでごめんね 消えれるもんなら早く消えたいよ」 「今日電話でおばあちゃんにあなたが一番可愛い、一番大好きだから。 って言われたの おばあちゃんが一番大好きな人、誰かに消えてほしいって思われるような人間でごめんね。 」 「私が消えない 消えられない)意味をあしたのリングで見つける。 」 「生きててごめんなさい。 良い人じゃなくてごめんなさい。 嫌な気持ちにさせてごめんなさい。 消えてなくなったら許してくれますか?どうやったら消えられますか?消えたらみんなに愛してもらえますか。 私はみんなの事が好きです。 」 アンチからの誹謗中傷に心を痛めていたことが良く分かります。 こんなに人の気持ちに傷つきそれでもみんなが好きと言い、相手を責めず自分を責めて自分が消えればいいと思ってしまうような心の持ち主の花さん。 平気で傷つく言葉を投げつける人とどちらが酷い人間か誰もが分かるのではないでしょうか。 花さんの安否が心配です、 テラスハウスは今後どう対処するのでしょうか。 木村花さん逝去、 所属事務所スターダムより発表 世間の心配も虚しく、木村花さんが逝去したことが所属事務所から発表されました。 女子プロレス「スターダム」に所属する木村花選手が23日に亡くなったことがわかった。 22歳だった。 同団体のホームページ(HP)で発表された。 HPでは「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」とのタイトルで亡くなったことを伝えている。 HPは「当社所属選手 木村花選手が本日5月23日逝去いたしました。 突然のことでファンの皆様、関係者の皆様には深いご心配と、哀しみとなり、大変申し訳ございません」とした上で、「詳細につきましては、いまだ把握出来ていない部分もあり、引き続き関係者間の調査に協力してまいります。 木村花選手のご冥福を深くお祈り申し上げます。 今後につきましてはご親族と相談の上、お知らせいたします。 また他の所属選手の心のケアにも努めてまいります」と説明している。 木村選手は現在NETFLIXで配信中の「テラスハウス」にも出演していた。 テラスハウスのアンチも原因のひとつになってしまったかもしれませんが、それだけが原因ではなくこれまでにも仕事面や私生活で辛いことや悲しいことを貯めこんでしまっていたのかもしれません。 花さんの辛さや悲しみを分け合い、一緒に笑え合える人はそばに居なかったのか悔やまれます。 木村花、死因は硫化水素?亀戸の事務所の近く 報道では木村花さんの死因の詳細は発表されていませんが、5チャンネルで花さんとみられるピンクの髪の女性が救急搬送されるところを目撃した人が居ました。 「もしかしてさっきうちの近所のマンションで硫化水素で救急車と消防車数台来てたのは。 朝の4時頃の話。 ピンクの髪の人が救急車で心臓マッサージされて搬送されてた 」 「 事務所の有るマンションのすぐ近所やん 」 5ちゃんねる 木村花さんが所属していた事務所のスターダスの場所は、 東京都江東区亀戸2-33-4 (とうきょうと こうとうく かめいど) ライオンズマンション亀戸第二603号です。 花さんの自宅はこの近くだったのでしょうか、花さんのツイートを見た人たちが一生懸命通報し花さんを助けようとしていました。 病院のすぐ隣のマンションという書き込みでしたが救出は手遅れだったのか、硫化水素自殺の場合近寄った人も被害に合う事があるためすぐ救出できなかったりします。 あくまでも、 ピンクの髪の女性が搬送されたようですが、現時点で 木村花さんの死因が硫化水素であるという確認は取れていません。 木村花さんの状況が入りましたら追記していきます・・・・(続く 私はテラスハウスしか見てません。 大概モデルさんやデビューする前とかの女性が多い中異色のエリアからきた花ちゃんでした 男子ウケするコ達の中でいつも個性的なキャラクターでしたね。 好きになるその瞬間から観ているこちらもすぐにわかるまるで中学生のようなとても純粋なところもある そしてそれが逆に嫌いになる瞬間もわかってしまう 良くも悪くもとても人としてピュア過ぎるほどピュアなんでしょうね。 もっともっと生きてピュアな花ちゃんを愛してくれる人に出逢って欲しかった イマドキこんなにピュアな女の子いないんじゃないかなと想います 愛してくれる人に出逢えて、もっと歳を重ねてくればきっと 自分に自信がついて素敵な女性になれたのかなって とても残念。 どこかで書いてる方がいましたが、そう花ちゃんの、はにかんだ顔可愛かったですね。 同じ年の娘をもつ私ですが、ホントに悲しいです.

次の

木村花(テラスハウス)の死因は自殺?リスカ画像や原因がエグい!

リストカット 木村花

恋愛リアリティショー番組『テラスハウス』(「TOKYO 2019-2020」Netflix)に出演中だった女子プロレスラーの木村花さんが亡くなった。 所属するプロレス団体のスターダムが「【訃報】木村花逝去に関するお知らせ」として、「当社所属選手木村花選手が本日5月23日逝去いたしました」発表した。 詳細についてはまだ把握しきれていないという。 木村花さんは5月23日の午前3時頃、Twitterにリストカットをしたと思われる血塗れの自撮り写真を、投稿していた。 衣装はデザイナーと相談してつくった一点物で10万円以上する。 はじめて東京ドームで試合した時に仕立てたもので思い入れも強い。 しかし花は聞かずに怒鳴りだし怖すぎて白人泣く。 フリーターが気まずくなって退去。 問題のシーンの音声 上記が台本なら、こういう演出に従うことで人目を浴びて利益や承認欲求に変えている出演者と番組自体かなりゲス。 台本ではないのなら、その態度は本人の資質ということであり、それをたくさんの人の前で行うのは多くの人から罵倒されることは事前に予想できた。 そのうえで自殺するなら、彼女の行為自体を批判していた人は問題ない。 真っ当な人だ。 だが、本人の存在そのものを否定して「死ね」とかいうのはただの誹謗中傷なので批判になっておらず、真っ当ではない。 整理すればこれだけの問題だ。 正当な論理と感情論は切り離さないとだめ。 感情論で自殺者側を叩いちゃいけなくなるなら、自殺したもんが勝ちってなってしまって、 自殺する人が増えるのでかえってよくない。 ・犯罪者「俺が自殺するかもしれないので批判するなよ」 ・電通「100日目に死ぬワニの作者自殺するかもしれないので批判するなよ」 ・吉本「岡村が自殺するかもしれないので批判するなよ」 これはただのモラハラ。 批判すること自体をやめさせる論理は間違っている。 批判はOK、誹謗中傷はダメ、って社会であたりまえの話。 批判をするなら正論ですればよい。 たとえば岡村の風俗発言を批判することで岡村が自殺してもその批判自体は何の問題もない。 罪悪感をいだく必要はない。 それは岡村が正当な批判に対してどう動いたかの問題なのだから。 むしろ罪悪感を怖れて批判をやめると社会は歪む。 上記のようなモラハラはそれを狙っている。 一方、岡村を叩くために岡村自体に「死ね」というのは批判ではなく、ただの誹謗中傷なのでダメ。 その分別を付けよう。 批判は、「それを書いて相手が傷ついても、自分は後悔しないような正論」でのみ批判をしましょう。 それが社会に必要な正義マン。 相手を否定し「死ね」とか言うだけなら社会に不必要な正義マンになってしまうからね。 批判すること自体をやめさせようとするのは絶対にダメ。 肯定しか許されない社会は歪みまくるから。 肯定も否定も、受容も拒絶も適切にあるのが健全であり、そのどれか一方だけではいけない。 どこまでが台本なのか? 全編見たわけではないが、個人的な感想としては、確かに、批判を受けても仕方がないような内容だった。 暴力を背景にした恫喝めいた言い方。 ただ、あれが原因で、批判され、死ぬくらい思い悩んでいたなら、本人もしくは第三者が、あれは台本だぞってSNSなりで発すればよかったのに。 それをしなかったということはガチだったということか? テラハ制作の裏側を知ってる人の話 テラハの初期~中期の頃、制作側の状況を見たことあります。 スタッフとしてではなく、外部から見たもので今現在はどうかわかりませんが。 制作側が、メンバーの叩かれやすそうな一面を見出し、それを助長させていくように話を展開させたました。 あ、この人のこんな所が炎上しそうだな、人に嫌われそうだなというのを、目ざとく見つけるんです。 何かきっかけの事件さえ起きれば、後は、演出でどうにでもストーリーが作れる。 リビングでチラッと誰かを見たとして、それが何にも考えてない素の表情であっても、編集で前後のシーンを組み替えて何かを含んでるようにみせる、しいては、睨んでいるようにみせるという演出をしてる。 かたや制作サイドに気に入られているメンバーは、演出上保護されていました。 当時は危うい物づくりをしているなぁと思いました。 完全なるドキュメンタリーではないので、出演メンバーの精神的なケアは必要不可欠だったと思います。 木村花さん水着グラビア 真実がどうであれ、惜しいひとを亡くした。 めちゃくちゃかわええやん。

次の