ワイン 開ける やつ。 女性でも簡単にできる!固い「ビンの蓋」を簡単に開ける方法とは?

飲み残しワインの保存に!便利なワイングッズや保存容器あれこれ

ワイン 開ける やつ

定番中の定番。 世界中のワイン愛好家から信頼を得ているバキュバンです。 ボトルにストッパーで栓をして、バキュバン本体のT字の部分を上下させて空気を抜きます。 私も使っていますが、手動でキュポキュポ空気を抜いて栓をしておくだけで、 1週間以上は軽く持ちます。 ワインによっては2週間〜3週間大丈夫なものもありました。 完全に真空になるわけではありませんが、機能としては十分です。 空気の抜け具合は、途中で音が変わりますのでわかりやすいと思います。 一度空けたワインを飲みきるまでは次のワインを開けないという方は、ストッパー1個付きでいいと思います。 私は時々翌日は別のワインが飲みたくなったりしますので、 のものを買いました。 白のプラスチックデザインがちょっと……、という方には、こちら。 仕組みはバキュバンと同じ、吸引式の真空保存ですが、こちらのデンソー・ワインセーバーは電動です。 ワインに栓をして、上に本体を乗せると自動で空気吸引がはじまります。 本体は光りますので、吸引中と完了が目でみてわかるようになっています。 価格がそれなりにするので、私はバキュバンとアンチオックスで運用していますが、こちらのデンソー・ワインサーバーを人にプレゼントしたら喜んでいただけました。 年配の方で、「年を取ると少しのことがしんどいので助かる」とのこと。 アンチオックスもいいのですが、やはり物理的に空気を抜いてしまうのは強いです。 ファンビーノ プライベート プリザーブ private preserve• こちらは窒素ガス充填タイプです。 ガスは当然無味無臭で、ワインの味にも影響はありません。 窒素は酸素より比重が重いので、ワインボトル内に充填させると、ワインが酸素に触れるのを防ぐことができます。 充填はワインの注ぎ口からスプレーするだけです。 後はコルクをそのままかぶせておけばOKという手軽さ。 スクリューキャップの場合はそのまま閉めるだけ。 ボトルは立てて保存します。 お手軽ですがガスは当然減っていきますので、消耗品としてコスト計算する必要があります。 モノによりますが、だいたい1回あたり20円前後というところでしょうか。 一般的に、空気を抜くタイプよりも酸化を防ぐ手段として信頼性は高いので、高級ワインに使うといいかもしれません。 プラティパス Platypus プラティ・プリザーブ• パック詰め方式のワイン保存容器です。 ワインにとっては最近メジャーになりつつあるこの方法。 何年か前からお醤油がこの方式で販売されていますよね。 鮮度の一滴とか生しょうゆとか。 醤油も酸化する食品ですので、 いつでも新鮮なまま使えるパック詰め方式はヒットしています。 何度か開けても、その都度空気が入らないように保存できます。 この商品は、 フルボトルワインが丸々1本入りますので、飲み残しの保存という用途以外に、お花見やキャンプなど、外でワインを飲む時にあらかじめ移し替えて持っていったりするのに便利です。 (2リットル用もあります) 登山家の方は、テント泊のときや頂上で飲むためのワインを持っていく入れ物として利用されているようです。 ボトルのままだと重いですから。 ワイン以外の液体にも使えますので、家に1つ2つあると便利です。 保存可能期間について 保存ができる期間については、ワインによるとしか言えないのですが、私が20年近くワインを飲んで来た中で感じるのは、バキュバンしておけば 1週間はどのワインでもいけます。 1ヶ月以上ワインセラーに放置してしまったワインが結構おいしく飲めたこともありますので、1週間以上は絶対ダメというわけではありません。 元々ワインは味の変化も楽しむ飲み物ですので、1週間おいたものが逆においしくなっていることもあります。 私は自分の基準として、そのまま保存なら2〜3日中には飲みきる、 バキュバンかアンチオックスするなら10日以内に飲みきる。 とだいたい決めています。 これでデイリーワインでも、酸化による劣化を感じることはほとんどありません。 それから、すべてのワインに共通しますが、飲み残しワインは ワインセラーか冷蔵庫で保存します。 温度変化や光はダメです。 保管はワインセラーが最適ですが、冷蔵庫でも問題ありません。 赤ワインだと冷蔵庫保存に抵抗がある方もいらっしゃると思いますが、グラスに注いで飲む際にすこし待って適温にしてから飲めば、味わいは変わらないので大丈夫です。 臭い移りが気になる場合は、ワインセラーを買いましょう。 こちらの記事でおすすめワインセラーを紹介しています。 1万円からあります。

次の

ワインオープナー(栓抜き)を使わないでワインを開ける7つの方法

ワイン 開ける やつ

ワインボトルの開け方 ワインボトルの開け方といっても、ワインボトルの栓には基本的に2つの種類があります。 スクリューキャップ• コルク 当然ながらこの2つの開け方は異なります。 ここではこの二つのワインボトルの基本的な開け方と、スパークリングワインの開け方について解説していきます。 スクリューキャップのワインの開け方 近年世界的にもこのスクリューキャップのワインボトルが非常に増えてきています。 ソムリエナイフやコルクスクリューを必要としないので、簡単に開けられることが最大の特徴です。 また、最近ではワインに匂いが移りにくいワイン専用のスクリューキャップも登場しています。 スクリューキャップの種類 スクリューキャップには、 ショートタイプとロングタイプのスクリューキャップがあります。 ショートタイプのスクリューキャップに関しては単にひねるだけで簡単に開けることができます。 しかしロングタイプのスクリューキャップは、開け方によって上手くワインボトルを開けることができないこともあるので注意が必要です。 ロングタイプスクリューキャップの開け方• 一方の手でワインボトル上部の切り込み線よりも下の部分を握る• もう一方の手でワインボトルの底部分を握りこむように下の部分を持つ• カチッと音がなるまで ボトルの下の部分を握った手を回す• ミシン目が切れるので後は通常通りにキャップを外して開封 キャップを回すのではなくボトルを回すのがポイントです。 また、ミシン目の上部と下部を持って開けようとすると開けにくいですし、 つなぎ目で怪我をすることもあるので注意しましょう。 コルクのワインの開け方 コルクを抜くのは難しいイメージがあるかもしれませんが、実際はそこまで難しいものでもありません。 スマートに開けることができるかどうかは別として、 開けること自体は慣れれば簡単です。 キャップシールを剥がす ワインボトル上部のキャップシールを剥がします。 直接手で剥がすこともできますが、ソムリエナイフなどを使って キャップシール外周に切れ目を入れるときれいに剥がすことができます。 キャップシールを剥がした後はナプキンなどでコルク栓の汚れを拭き取ります。 コルクスクリューをコルク栓に差し込む コルクスクリューの先端をコルクに刺し込みます。 この時に注意しなくてはいけないのは、コルクに対してコルクスクリューが 垂直になるようにすることです。 斜めに入ってしまうとコルクが折れたり、はみ出たスクリューで怪我をすることがあるので注意してください。 また、差し込む深さは深すぎるとコルクを貫通することがあります。 コルクの木片がワインに入ってしまったり、浅すぎればコルク栓が途中で折れたりするので適度な深さで差し込むようにしましょう。 差し込むまえにスクリューの長さをみて 差し込む目安を確認しておくとよいでしょう。 コルク栓を抜く コルクスクリューがしっかりと刺さったらはコルクを回して抜きます。 うまく抜けない時はコルクを回すのではなく、 ワインボトル側を回すようにすると抜きやすいです。 コルクを抜いたらワインボトルの口をナプキンなどで拭きましょう。 スパークリングワイン、シャンパンの開け方 セレモニーや盛大なパーティーなどで勢いよくコルクを飛ばすように開けるやり方がありますが、 落ち着いた席などでは音を出さないようにするのがマナーです。 音を立てずにスマートにスパークリングワインやシャンパンを開ける方法についてもしっかり確認しておきましょう。 ボトルをしっかり冷やす スパークリングワインやシャンパンをスマートに開ける場合、 冷やすという作業は非常に重要です。 冷やすことによって、開封時に急激に泡が出てしまうのを防ぐことができます。 さらにボトルを一旦斜めにもってワインボトル内の液面を大きくとると急な泡立ちを抑えることができますので、ワインボトルは斜めに持ったまま作業をするとよいでしょう。 キャップシールを剥がす ボトルの上部を覆っているキャップシールを剥がします。 少し大きめに剥がすことで、ワインボトルを斜めにした時に 液体面がどの程度斜めになっているかを目視しながら作業ができます。 針金部分を緩める キャップシールを剥がすとコルクを抑えている針金があります。 親指で常にコルクの上部を抑えておくようにします。 ナプキンをかぶせてから親指で抑えるようにすると、周りを汚さずに済みます。 このまま針金を緩めていきましょう。 すべて外してもかまいませんが、正式には針金は弛ませてボトルから外さずにコルクを抜きます。 コルクを抜く コルクを親指で抑えたまま、 ボトル側をゆっくりと回しながら抜いていきます。 一気にコルクを抜くと、中の炭酸ガスが勢いよく飛び出してしまうので、徐々に回しながら行います。 コルクが段々と上がってくるので コルクを斜めにしガスを抜きながらゆっくりと回していき、ガスが十分に抜けたらコルク栓を静かに引き抜きましょう。 ワインボトルを開ける時に使う道具(ワインオープナー)の種類 ワインのボトルを開ける時に使う道具は一つではありません。 使ったことがあるもの、ないもの、オーソドックスなものからプロが使うものまで様々あるので、いくつか紹介していきます。 ソムリエナイフ いわゆる ワインソムリエが使っているのがこのソムリエナイフでしょう。 一般の方は使ったことがなかったり敬遠する方もいらっしゃるかもしれませんが、使い慣れるともっともやりやすく、見た目もスマートです。 ウイング型オープナー(レバー式コルクスクリュー) スクリュー部分をコルクに刺すことで両側のレバーが開いていき、それを同時に引き下げることでコルクを引き抜くタイプのワインオープナーです。 比較的簡単で 非力な方でもワインボトルを開けやすいと言えるでしょう。 シングルアクション型ワインオープナー 一つの動作でワインボトルを開けることができる優れものです。 コルクスクリュー部分をコルクに差し込み回していくだけで徐々にコルクが上がってくるのでどんな方でも非常に簡単にワインボトルを開けることができます。 電動式ワインオープナー 人の力を使わずにワインボトルを開けることができる非常に画期的なワインオープナーです。 ワインボトルにセットしてスイッチを押すだけでコルクを抜いてくれます。 これこそどんな方でも失敗なくワインボトルを開けることができる優れモノと言えるでしょう。 スポンサーリンク コルク抜きが無い時のワインボトルの開け方 ワインを飲もうと思ったらコルクを抜くための道具が何もない経験をしたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時でも困らない、 道具を使わずにワインボトルを開けることができる裏技を紹介します。 靴を使ってワインボトルを開ける 実はワインボトルというのは 靴があればいとも簡単に開けることができます。 やり方はいたって簡単。 まずは靴を脱いでワインボトルを踵の部分に合わせます。 (ワインボトルに靴をはかせるような形にします。 ) そのまま靴のかかと部分を壁や木などに向かってぶつけます。 何度か打ちつけているうちに横向きになっているワインボトルのコルクが徐々に抜けてきます。 ある程度まで抜けたら手でコルクを引き抜けば簡単にコルクを抜くことができます。 どんな状況でも靴がないということはあまりないでしょうから、緊急事態の時には必ず使えます。

次の

【徹底比較】ワインオープナーのおすすめ人気ランキング24選

ワイン 開ける やつ

ワインボトルの開け方 ワインボトルの開け方といっても、ワインボトルの栓には基本的に2つの種類があります。 スクリューキャップ• コルク 当然ながらこの2つの開け方は異なります。 ここではこの二つのワインボトルの基本的な開け方と、スパークリングワインの開け方について解説していきます。 スクリューキャップのワインの開け方 近年世界的にもこのスクリューキャップのワインボトルが非常に増えてきています。 ソムリエナイフやコルクスクリューを必要としないので、簡単に開けられることが最大の特徴です。 また、最近ではワインに匂いが移りにくいワイン専用のスクリューキャップも登場しています。 スクリューキャップの種類 スクリューキャップには、 ショートタイプとロングタイプのスクリューキャップがあります。 ショートタイプのスクリューキャップに関しては単にひねるだけで簡単に開けることができます。 しかしロングタイプのスクリューキャップは、開け方によって上手くワインボトルを開けることができないこともあるので注意が必要です。 ロングタイプスクリューキャップの開け方• 一方の手でワインボトル上部の切り込み線よりも下の部分を握る• もう一方の手でワインボトルの底部分を握りこむように下の部分を持つ• カチッと音がなるまで ボトルの下の部分を握った手を回す• ミシン目が切れるので後は通常通りにキャップを外して開封 キャップを回すのではなくボトルを回すのがポイントです。 また、ミシン目の上部と下部を持って開けようとすると開けにくいですし、 つなぎ目で怪我をすることもあるので注意しましょう。 コルクのワインの開け方 コルクを抜くのは難しいイメージがあるかもしれませんが、実際はそこまで難しいものでもありません。 スマートに開けることができるかどうかは別として、 開けること自体は慣れれば簡単です。 キャップシールを剥がす ワインボトル上部のキャップシールを剥がします。 直接手で剥がすこともできますが、ソムリエナイフなどを使って キャップシール外周に切れ目を入れるときれいに剥がすことができます。 キャップシールを剥がした後はナプキンなどでコルク栓の汚れを拭き取ります。 コルクスクリューをコルク栓に差し込む コルクスクリューの先端をコルクに刺し込みます。 この時に注意しなくてはいけないのは、コルクに対してコルクスクリューが 垂直になるようにすることです。 斜めに入ってしまうとコルクが折れたり、はみ出たスクリューで怪我をすることがあるので注意してください。 また、差し込む深さは深すぎるとコルクを貫通することがあります。 コルクの木片がワインに入ってしまったり、浅すぎればコルク栓が途中で折れたりするので適度な深さで差し込むようにしましょう。 差し込むまえにスクリューの長さをみて 差し込む目安を確認しておくとよいでしょう。 コルク栓を抜く コルクスクリューがしっかりと刺さったらはコルクを回して抜きます。 うまく抜けない時はコルクを回すのではなく、 ワインボトル側を回すようにすると抜きやすいです。 コルクを抜いたらワインボトルの口をナプキンなどで拭きましょう。 スパークリングワイン、シャンパンの開け方 セレモニーや盛大なパーティーなどで勢いよくコルクを飛ばすように開けるやり方がありますが、 落ち着いた席などでは音を出さないようにするのがマナーです。 音を立てずにスマートにスパークリングワインやシャンパンを開ける方法についてもしっかり確認しておきましょう。 ボトルをしっかり冷やす スパークリングワインやシャンパンをスマートに開ける場合、 冷やすという作業は非常に重要です。 冷やすことによって、開封時に急激に泡が出てしまうのを防ぐことができます。 さらにボトルを一旦斜めにもってワインボトル内の液面を大きくとると急な泡立ちを抑えることができますので、ワインボトルは斜めに持ったまま作業をするとよいでしょう。 キャップシールを剥がす ボトルの上部を覆っているキャップシールを剥がします。 少し大きめに剥がすことで、ワインボトルを斜めにした時に 液体面がどの程度斜めになっているかを目視しながら作業ができます。 針金部分を緩める キャップシールを剥がすとコルクを抑えている針金があります。 親指で常にコルクの上部を抑えておくようにします。 ナプキンをかぶせてから親指で抑えるようにすると、周りを汚さずに済みます。 このまま針金を緩めていきましょう。 すべて外してもかまいませんが、正式には針金は弛ませてボトルから外さずにコルクを抜きます。 コルクを抜く コルクを親指で抑えたまま、 ボトル側をゆっくりと回しながら抜いていきます。 一気にコルクを抜くと、中の炭酸ガスが勢いよく飛び出してしまうので、徐々に回しながら行います。 コルクが段々と上がってくるので コルクを斜めにしガスを抜きながらゆっくりと回していき、ガスが十分に抜けたらコルク栓を静かに引き抜きましょう。 ワインボトルを開ける時に使う道具(ワインオープナー)の種類 ワインのボトルを開ける時に使う道具は一つではありません。 使ったことがあるもの、ないもの、オーソドックスなものからプロが使うものまで様々あるので、いくつか紹介していきます。 ソムリエナイフ いわゆる ワインソムリエが使っているのがこのソムリエナイフでしょう。 一般の方は使ったことがなかったり敬遠する方もいらっしゃるかもしれませんが、使い慣れるともっともやりやすく、見た目もスマートです。 ウイング型オープナー(レバー式コルクスクリュー) スクリュー部分をコルクに刺すことで両側のレバーが開いていき、それを同時に引き下げることでコルクを引き抜くタイプのワインオープナーです。 比較的簡単で 非力な方でもワインボトルを開けやすいと言えるでしょう。 シングルアクション型ワインオープナー 一つの動作でワインボトルを開けることができる優れものです。 コルクスクリュー部分をコルクに差し込み回していくだけで徐々にコルクが上がってくるのでどんな方でも非常に簡単にワインボトルを開けることができます。 電動式ワインオープナー 人の力を使わずにワインボトルを開けることができる非常に画期的なワインオープナーです。 ワインボトルにセットしてスイッチを押すだけでコルクを抜いてくれます。 これこそどんな方でも失敗なくワインボトルを開けることができる優れモノと言えるでしょう。 スポンサーリンク コルク抜きが無い時のワインボトルの開け方 ワインを飲もうと思ったらコルクを抜くための道具が何もない経験をしたことがある方がいらっしゃるのではないでしょうか。 そんな時でも困らない、 道具を使わずにワインボトルを開けることができる裏技を紹介します。 靴を使ってワインボトルを開ける 実はワインボトルというのは 靴があればいとも簡単に開けることができます。 やり方はいたって簡単。 まずは靴を脱いでワインボトルを踵の部分に合わせます。 (ワインボトルに靴をはかせるような形にします。 ) そのまま靴のかかと部分を壁や木などに向かってぶつけます。 何度か打ちつけているうちに横向きになっているワインボトルのコルクが徐々に抜けてきます。 ある程度まで抜けたら手でコルクを引き抜けば簡単にコルクを抜くことができます。 どんな状況でも靴がないということはあまりないでしょうから、緊急事態の時には必ず使えます。

次の