岸 ビ 高校。 ビー・バップ・ハイスクール

岸みゆ(#ババババンビ)のカップや高校、彼氏は?身長、年齢等のwikiプロフ!

岸 ビ 高校

プロフィール 本名:岸 洋佑 きし ようすけ 生年月日:1993年7月2日 年齢:26歳 2020年5月時点 出身地:神奈川県横浜市 身長:182cm 特技:歌、ギター、野球、バスケ 岸洋佑さんは神奈川県横浜市出身の26歳。 身長が182cmと高身長でさわやかイケメンです。 特技に野球、バスケットボールとあるので、手を使った球技が得意なんでしょうね。 高身長なので、バスケットボールでは活躍していそうです。 岸洋佑さんはシンガーソングライターとして活動しながら俳優としても活動しています。 2017年に「宇宙戦隊キュウレンジャー」でサソリオレンジを演じていたので、男の子を育てている親は知っている方が多いのではないでしょうか。 2018年以降はシンガーソングライターの活動がメインとなっています。 こちらは岸洋佑さんが歌う姿、とても素敵な歌声です。 」のオーディションを受け最終審査まで進出しました。 それから岸洋佑さんのシンガーソングライターとしての活動が始まります。 2010年にはLDH主催のオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加しファイナリストまで残りますが、落選。 落選はしたものの、ファイナリストに残ったことをきっかけにLDHに所属します。 2014年までLDH所属で音楽活動を続けていましたが、サラリーマンとして就職するためLDHを辞めています。 サラリーマンになった理由は芸能界以外のことも知っておきたかったからだそうです。 芸能界という華のある仕事と現実の仕事どちらが向いているのか考えたかったのでしょうね。 大学卒業を控え自身がやりたいことが芸能界での仕事であると決め、2016年12月要堂に所属します。 2017年2月からは「宇宙戦隊キュウレンジャー」でサソリオレンジとしてレギュラー出演。 2017年3月に早稲田大学を卒業しています。 「宇宙戦隊キュウレンジャー」終了後はシンガーソングライターをメインの活動とし、 2018年12月にミニアルバムの「走りたいわけじゃない」でメジャーデビューしました。 岸洋佑さんは大学に通いながらシンガーソングライター、俳優、サラリーマンと様々な経験をしています。 経験した出来事がこれからの活動に生かせると思うので、今後の活躍が楽しみですね。 大学や高校はどこに通っていたのでしょうか。 岸洋佑の出身高校 岸洋佑さんが通っていた高校は 「 目黒日本大学高等学校」 2009年に入学し、2012年に卒業しています。 目黒日本大学高等学校は偏差値「51~61」で東京都内で129位となっています。 岸洋佑さんのコースは公表されていませんが、俳優やシンガーソングライターであるため、「 普通科スポーツ・芸能コース」を選んでいたのでしょう。 「普通科スポーツ・芸能コース」の偏差値は51と平均です。 しかもさわやかイケメンなのでモテること間違いなし! きっとかわいい彼女がいるんでしょうね。 なので、インターネットやSNS Twitter、Instagram で彼女に関する調べてました。 が、情報は見つかりませんでした。 女生徒のツーショット写真がいくつかありましたが、仕事で共演した女性で彼女ではありませんでした。 現在はフリーの可能性が高そうです。 今はシンガーソングライターや俳優の仕事を優先させているのかもしれないですね。

次の

岸孝之

岸 ビ 高校

経歴 [ ] プロ入り前 [ ] の()の初代監督 である父親の影響で、3年 となった1993年(5年)から安久野球部(現:ゴールデンアクロス)で野球を始めた。 1997年(平成9年)に に入学。 2000年(平成12年)に()に進学。 自宅に最寄りだったことと、野球部がを強制していないことが同校選択の理由であると後のインタビューで答えている。 5月には野球部退部も考えたが踏みとどまった。 同年夏の身長は170、体重が51(登録メンバー表より)で、が17. 65(適正体重:63. 58kg)とやせ型であり、体格に恵まれているわけではなかった。 高校2年生からエースになり、県内でも知れるようになっていくが、(仙台市)には「高校ナンバー1の左腕投手」として知られた(高校3年時に1位で入団)がおり、全国的注目度は高くなかった。 高校3年生となった2002年(平成14年)夏の宮城県大会では1回戦でと対戦したが、同校の主力として出場する息子を観に(仙台市)の菅井徳雄監督が来ていた。 岸は、5回の参考記録ながら、(1 がなければ)の好投を見せた。 また、岸は打たれても詰まることが多いため外野は前進守備であり、菅井監督の息子はに打ち取られた。 このため菅井監督の目にとまり、すぐさま名取北高の監督にへの入学を直談判に行った。 7月16日の2回戦では(第3シード)と対戦したが、接近 により試合途中から降雨があり、守備陣が乱れて自責点ゼロながら2-4で敗退した。 岸は出場を経験することはなかったが、東北学院大を含む10数校の大学から誘いがあった。 学費免除などの特待はなかったものの、学業と野球を両立できるとして東北学院大への進学を決めた。 しかし、高校在学中に東北学院大の一次キャンプに参加してレベルの練習を体験すると、高校の監督に会いにいって野球を続けるか悩んでいると打ち明けた。 2003年(平成15年)に東北学院大学経済学部経済学科に進学。 大学時代はエースとして活躍し、における圧倒的強豪の戦に完封を含む3連投の活躍(敢闘賞を受賞)で同大学の35連覇を阻止し、東北学院大学の18年ぶりのリーグ制覇に貢献した。 、の両大会においてエース級の活躍を見せ、ではアメリカを無失点に抑えるなど大学ナンバーワン右腕と称された。 大学通算成績は、23勝11敗。 ドラフト前にはと地元のが、さらにドラフト直前にはの獲得を断念したがでの獲得を目指すが、最終的に当初から目を掛けてくれていること、尊敬するがいることを理由に西武を選択。 希望入団枠での指名を経て、契約金1億円、年俸1,500万円(金額は推定)という条件で西武と契約した。 背番号は 11。 西武時代 [ ] は開幕直後から一軍に定着。 2度目の先発投手となった4月6日の対戦でプロ初勝利を挙げる。 チームが低迷する中コンスタントに勝ち星を挙げ、チームの新人では以来となる2桁勝利(11勝)を記録。 チーム2位の3. 40、奪三振数はチームトップの142を記録した。 チームの10連敗を止めるなど3度の連敗ストッパーとして活躍した。 ただ156. 1イニングで与55と、同じく新人である()に次ぐリーグワースト2位の四球を与えた。 シーズン終了時に田中と11勝7敗で並び、争いが注目された。 は岸の方が上だったが、投球回数ならびに数で上回った田中が新人王に選出された。 しかし、好成績を残したことが評価され、パ・リーグ特別表彰として「優秀新人賞」を受賞した。 は初登板の3月26日に対戦を完封勝利で飾り、8月11日、1950年からの球団通算4000勝目となる勝利を8回無失点で飾った。 8月の月間成績は3勝0敗防御率1. 32で、自身初となる(8月)を受賞。 その後も好調を保ち、前年を1勝上回る12勝、負け数も4と減らし、課題の四球も48と減って、リーグ優勝に貢献した。 と対戦したでは11月5日の第4戦に先発し、登板前には「緊張して吐きそう」とマスコミに漏らしつつも、カーブを主体に三振の山を築く。 結果的には147球を投げ、1981年の(巨人)以来2人目となる27年ぶりの毎回奪三振、2005年の()以来12人目となる3年ぶりの日本シリーズ初登板初完封(初登板で初完封と毎回奪三振をともに達成したのは史上初)という快記録を達成した。 そして2勝3敗と王手をかけられた11月8日の第6戦では、4回裏一死1一・三塁から先発のを東北学院大時代以来となる中2日でリリーフ登板。 また、この2試合の登板で12イニング連続奪三振の日本シリーズ新記録も樹立した(第4戦1〜9回、第6戦4〜6回)。 逆王手をかけた西武は11月9日の第7戦、3-2で勝利し日本一を達成。 岸はこの活躍でを獲得した。 上記の通り、巨人戦を得意とし、交流戦では8イニングを投げ防御率は1. はシーズン開幕前の3月に開催されたのの第一次メンバー候補35人に選ばれたが、最終メンバー28人の候補から漏れた。 シーズンでは5月25日の対戦で黒星を喫するまで開幕6連勝、自身の連勝も2年越しで12連勝を記録した。 4月の月間成績は4試合4勝0敗を記録した。 7月20日の対オリックス戦で10勝目を挙げ、チームでは以来となる入団から3年連続での2桁勝利となった。 この試合で対オリックス戦8連勝を記録し、2年連続でオリックスから最も多くの勝ち星を挙げた。 前半戦を10勝1敗とリーグ最高勝率で折り返し、初めてに選出された。 8月22日の対ロッテ戦で自己最多に並ぶ12勝目を挙げたが、それ以降は好投しても打線の援護が無く5試合連続で勝ちに見放された。 9月26日の対楽天戦で、4点リードの5回表に、、、に楽天球団史上初となる3者連続本塁打を浴びた。 シーズン最終戦10月1日の対ロッテ戦で、ペナントレースでは初の救援登板で7回途中から9回まで無失点で投げ切り、9回裏にチームがサヨナラ勝ちして初の救援勝利を手にし、自己最多を更新する13勝目を挙げた。 2010年3月30日、でのソフトバンク戦 は開幕3戦目で登板し敗れたものの、その次の登板から5月24日の対広島戦で黒星を喫するまで7連勝を記録した。 しかし、6月29日の対日本ハム戦で黒星を喫したと同時に本人曰く「開幕からずっと違和感があった」肩の炎症の悪化から登録を抹消、そこから約3ヶ月の生活を経て、9月20日の対戦で中継ぎとして復帰するも敗戦を喫した。 その後の9月25日の対楽天戦ではプロ入り初セーブを挙げ、チームの最終戦の9月29日に3ヶ月ぶりの先発登板、10勝目を挙げた。 プロ入りから4年連続での2桁勝利は球団では以来42年ぶり。 6月22日の対楽天戦で勝利し、地元の初勝利をあげた。 は故障により出遅れ8勝止まり。 プロ入り以来続いていた2桁勝利も4年で途切れた。 は開幕から好調で、スタートダッシュに失敗したチームの中で、安定して勝ち星を積み重ね、が抑えに回って以降は、と共にローテーションを支えた。 結果として、2年ぶりの2桁勝利を記録したものの、2年連続で負け越した。 は初の開幕投手を務め、最終的に2年連続2桁勝利を達成。 Aクラス入りに貢献。 12月10日の契約更改で過去7年間で2桁勝利が6度という安定感が高く評価され、3年総額で最高12億円となる大型契約を結んだ。 西武時代(2014年6月21日 横浜スタジアムにて) も2年連続2度目の開幕投手を務めた。 5月2日の対ロッテ戦()で1四球8奪三振の内容で史上78人目、89度目の(準完全試合)を達成。 5月はパ・リーグ月間MVP投手部門を受賞した(5試合に登板し4勝0敗、防御率2・35)。 ノーヒットノーランを達成した月に月間MVP受賞はパ・リーグでは1990年4月の日本ハム・以来24年ぶり。 自身は2008年8月以来6年ぶりとなったが、これはパ・リーグ投手部門で最長ブランクとなった。 7月18日、西武ドームで行われたオールスターゲーム第1戦ではオールスター初の先発を務めた。 6月に右肩違和感、8月には右肘の張りによって一軍登録を抹消されたものの、それぞれ短期間で一軍に復帰し、最終的に自己最多タイの13勝 4敗 、勝率. 765で自身初のタイトルとなるを獲得した。 オフの10月9日にの日本代表に選出された が、10月24日に右脇腹の違和感により辞退した。 は怪我に悩まされ、開幕投手を外された。 ホームでは5勝負けなしだったのに対してビジターでは1勝もできなかった。 9月10日にはの候補選手に選出された が、10月9日に発表された最終メンバーからは外れた。 この年のシーズン中にを取得。 は8月16日の対ソフトバンク戦でNPB史上134人目の公式戦通算100勝 、9月14日の対ロッテ戦で175人目の通算1500投球回数を達成した。 シーズン終了後の11月2日に海外FA権の行使を表明 、西武からの残留交渉の他、地元球団の楽天が獲得に乗り出した。 楽天時代 [ ] 2016年11月18日にと契約合意した。 契約期間は4年で、契約期間の年俸総額は推定16億円。 西武時代と同じ背番号 11を着用することも決まった ため、2011年の楽天入団以来背番号11を着用していたは、背番号を17に変更した。 5月7日の西武戦に先発して勝利し、パリーグ全6球団から白星を挙げた。 しかし、7月21日の日本ハム戦での8勝目を最後に12試合勝ち星に恵まれず最終的に自身7連敗となり8勝10敗の成績でシーズンを終えた。 はチームが総崩れの中開幕から好投を続け、5月には5試合に登板して3勝0敗、防御率1. 35という好成績を挙げて2014年5月以来となる月間MVPを受賞。 オールスター前までで8勝1敗、防御率1. 85という好成績で選手間投票によってオールスターゲームに出場した。 後半は1試合7失点や膝の炎症により先発でプロ最短となる1回3失点で降板するなどやや息切れしたものの防御率トップの座は譲らず、チームのCS出場の可能性が無くなったことと防御率が他の選手を大きく引き離していたことで9月23日の登板を最後に残り試合を欠場した。 結局自身の防御率を他の選手が上回る事は無く、自身初となるのタイトルに輝き、移籍後初の2桁勝利、チームトップとなる11勝を挙げた。 オフの11月に開催されたのに選出された。 は同チームのエース則本が右肘手術を受け前半戦出場が絶望的なため、岸が開幕投手 ロッテ戦 を務めるも、5回途中に左太もも裏の違和感を訴え緊急降板。 以降一軍での登板がしばらくなく、5月25日のオリックス戦に2ヶ月ぶりに登板すると勝ち負けは付かなかったが、7回1失点の好投を見せた。 次のソフトバンク戦でシーズン初勝利を挙げ、次の試合でも勝利し2連勝スタートしたが、その後は好投しても勝ち星をあげられず、さらには7月に扁桃炎で離脱したため自己ワーストの3勝に終わった。 オフの11月に開催されたのに選出された。 2017年シーズンより「則本から習った」というも投げる。 大学時代はスライダーを得意としていたが、プロに入ってスピードを求めた結果、自信のない球種となったという。 一般的にはカーブを称賛されることが多いが、にはストレートに着目された。 曰く、「スピードガンだけだと130後半そこそこなのに、みんながファウルだったり空振りだったりしている。 多分、手から離れた時と実際に自分のところにきた時とでイメージが変わっているんだと思う」「真っ直ぐでカウントを奪えるピッチャーってのはなかなかいない」。 0秒の俊足を備え、試合前練習では遊撃の守備にも就くなどとしての能力にも優れる。 12球団中、古巣西武を含め11球団から勝利しているが、広島戦のみ勝利がない。 広島戦は通算11試合0勝8敗。 人物 [ ] 自他共に認める、真面目で誠実な性格の持ち主であり、西武時代は投手、野手を問わず、多くの選手から慕われていたという。 実際、西武時代のチームメイトであるは、「あんなに優しい人はいない。 本気で他人の立場になってくれる」と述べている。 その一方で、かなりの口下手でもあり、「思ったことを言葉にすることがとても苦手」であるという。 詳細情報 [ ] 年度別投手成績 [ ] 24 24 2 2 1 11 7 0 0. 611 650 156. 1 131 16 55 1 8 142 2 0 62 59 3. 40 1. 19 26 26 4 2 0 12 4 0 0. 750 695 168. 1 151 12 48 0 5 138 4 0 65 64 3. 42 1. 18 26 25 2 1 0 13 5 0 0. 722 755 179. 2 168 25 53 2 5 138 3 1 73 65 3. 26 1. 23 19 16 3 2 3 10 6 1 0. 625 460 113. 2 100 9 26 1 5 110 3 0 41 41 3. 25 1. 11 21 21 3 0 1 8 9 0 0. 471 564 135. 0 131 12 39 1 3 106 1 0 65 57 3. 80 1. 26 26 26 4 1 1 11 12 0 0. 478 729 187. 2 141 9 40 0 4 150 3 0 52 51 2. 45 0. 96 26 26 3 2 1 11 5 0 0. 688 716 178. 1 155 17 31 1 6 138 6 0 63 61 3. 08 1. 04 23 22 5 4 1 13 4 0 0. 765 630 161. 1 126 16 36 0 2 126 0 0 48 45 2. 51 1. 00 16 16 5 0 0 5 6 0 0. 455 434 110. 1 75 6 25 0 5 91 0 0 40 37 3. 02 0. 91 19 19 2 1 0 9 7 0 0. 563 541 130. 1 123 8 36 0 1 104 0 0 42 36 2. 49 1. 22 26 26 1 0 0 8 10 0 0. 444 703 176. 1 141 19 38 2 3 189 4 0 56 54 2. 76 1. 02 23 23 4 1 1 11 4 0 0. 733 625 159. 0 127 21 29 3 8 159 3 0 52 48 2. 72 0. 98 15 15 0 0 0 3 5 0 0. 375 381 93. 2 80 12 25 1 1 86 1 0 37 37 3. 56 1. 12 通算:13年 290 285 38 16 9 125 84 1 0. 598 7883 1950. 0 1649 182 481 12 56 1677 30 1 696 655 3. 02 1. 2019年度シーズン終了時• 各年度の 太字はリーグ最高 年度別投手(先発)成績所属リーグ内順位 [ ] 年 度 リ | グ 完 投 完 封 勝 利 勝 率 投 球 回 奪 三 振 防 御 率 2007 23 8位 2位 6位 7位 6位 2008 24 6位 2位 5位 4位 9位 6位 9位 2009 25 6位 4位 3位 3位 5位 8位 8位 2010 26 7位 3位 2011 27 7位 2012 28 4位 3位 5位 3位 4位 8位 2013 29 4位 2位 3位 2位 3位 4位 5位 2014 30 2位 2位 3位 1位 7位 5位 2位 2015 31 1位 2016 32 4位 2位 2017 33 7位 4位 3位 5位 2018 34 2位 3位 4位 4位 7位 3位 1位• -は10位未満 WBSCプレミア12での投手成績 [ ] 3 1 0 0 0 29 7. 0 8 1 0 0 0 8 0 0 6 6 7. 71 年度別守備成績 [ ] 年 度 球 団 2007 西武 24 6 30 0 1 1. 000 2008 26 6 20 2 0. 929 2009 26 7 37 1 1. 978 2010 19 5 17 0 0 1. 000 2011 21 10 28 1 3. 974 2012 26 7 41 0 3 1. 000 2013 26 15 34 1 1. 980 2014 23 13 25 0 3 1. 000 2015 16 5 19 1 1. 960 2016 19 13 21 1 1. 971 2017 楽天 26 9 24 0 2 1. 000 2018 23 6 20 0 1 1. 000 2019 15 1 19 0 3 1. 000 通算 290 103 335 7 20. 984• 2019年度シーズン終了時• 太字年は受賞 タイトル [ ]• :1回(2018年)• :1回(2014年) 表彰 [ ]• :1回 (2018年)• MVP:1回 ()• パシフィック・リーグ優秀新人賞 (2007年)• :3回 (投手部門:2008年8月、2014年5月、2018年5月)• :1回 (最多奪三振賞:2010年5月)• 敢闘選手賞:2回 (2012年第3戦、2014年第1戦)• :1回 (2014年度第3回) 記録 [ ] 投手記録• 初登板・初先発登板:2007年3月30日、対1回戦()、7回無失点• 初奪三振:同上、3回裏にから空振り三振• 初完投勝利・初完封勝利:2007年6月13日、対3回戦()• 初セーブ:2010年9月25日、対23回戦()、7回裏に3番手として救援登板・完了、3回1失点 野手記録• 初安打:2009年6月21日、対4回戦()、3回表にから中前安打 節目の記録• 出場:4回(2009年、2012年、2014年、2018年) 日本シリーズに関する記録• 日本シリーズ初登板初完封:2008年11月5日、対巨人戦• 日本シリーズ12イニング連続奪三振:2008年11月5日1~9イニングから、11月9日4~6イニングまで 計12イニング (初登板で初完封と毎回奪三振をともに達成したのは史上初) 背番号 [ ]• 11 (2007年 - ) 代表歴 [ ]• 2006年世界大学野球選手権大会日本代表• 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• 日刊スポーツ. 2019年12月12日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2016年11月18日. 2018年6月24日閲覧。 (サンケイスポーツ 2014年5月3日)• (『』2008年11月9日)• スポーツニッポン2014年5月2日配信• 侍ジャパン公式サイト 2014年10月9日 2015年3月26日閲覧• 侍ジャパン公式サイト 2014年10月24日 2015年3月26日閲覧• スポニチ、2014年10月25日• [ ] 野球日本代表 侍ジャパンオフィシャルサイト 2015年9月10日 2015年9月20日閲覧• Full-Count 2015年10月9日. 2016年11月13日閲覧。 埼玉西武ライオンズ 2016年11月2日. 2016年11月13日閲覧。 埼玉西武ライオンズ 2016年9月14日. 2016年11月13日閲覧。 日本経済新聞 2016年11月2日. 2016年12月6日閲覧。 東北楽天ゴールデンイーグルス オフィシャルサイト 2016年11月18日配信。 デイリーニュースオンライン• スポーツ報知. 2014年7月19日. 2014年7月19日閲覧。 日刊スポーツ. 2017年5月29日. 2019年5月21日閲覧。 Sponichi Annex. 2017年12月17日. 2019年5月21日閲覧。 2008年、テレビ番組「」(、同年12月21日付放送分)でのインタビューより。 スポニチ、2012年6月12日• デイリー、2019年6月17日• 関連項目 [ ]• 外部リンク [ ]• - NPB. jp 日本野球機構• 選手の各国通算成績 、.

次の

岸和田高校(大阪府)の情報(偏差値・口コミなど)

岸 ビ 高校

プロフィール 本名:岸 洋佑 きし ようすけ 生年月日:1993年7月2日 年齢:26歳 2020年5月時点 出身地:神奈川県横浜市 身長:182cm 特技:歌、ギター、野球、バスケ 岸洋佑さんは神奈川県横浜市出身の26歳。 身長が182cmと高身長でさわやかイケメンです。 特技に野球、バスケットボールとあるので、手を使った球技が得意なんでしょうね。 高身長なので、バスケットボールでは活躍していそうです。 岸洋佑さんはシンガーソングライターとして活動しながら俳優としても活動しています。 2017年に「宇宙戦隊キュウレンジャー」でサソリオレンジを演じていたので、男の子を育てている親は知っている方が多いのではないでしょうか。 2018年以降はシンガーソングライターの活動がメインとなっています。 こちらは岸洋佑さんが歌う姿、とても素敵な歌声です。 」のオーディションを受け最終審査まで進出しました。 それから岸洋佑さんのシンガーソングライターとしての活動が始まります。 2010年にはLDH主催のオーディション「VOCAL BATTLE AUDITION 2」に参加しファイナリストまで残りますが、落選。 落選はしたものの、ファイナリストに残ったことをきっかけにLDHに所属します。 2014年までLDH所属で音楽活動を続けていましたが、サラリーマンとして就職するためLDHを辞めています。 サラリーマンになった理由は芸能界以外のことも知っておきたかったからだそうです。 芸能界という華のある仕事と現実の仕事どちらが向いているのか考えたかったのでしょうね。 大学卒業を控え自身がやりたいことが芸能界での仕事であると決め、2016年12月要堂に所属します。 2017年2月からは「宇宙戦隊キュウレンジャー」でサソリオレンジとしてレギュラー出演。 2017年3月に早稲田大学を卒業しています。 「宇宙戦隊キュウレンジャー」終了後はシンガーソングライターをメインの活動とし、 2018年12月にミニアルバムの「走りたいわけじゃない」でメジャーデビューしました。 岸洋佑さんは大学に通いながらシンガーソングライター、俳優、サラリーマンと様々な経験をしています。 経験した出来事がこれからの活動に生かせると思うので、今後の活躍が楽しみですね。 大学や高校はどこに通っていたのでしょうか。 岸洋佑の出身高校 岸洋佑さんが通っていた高校は 「 目黒日本大学高等学校」 2009年に入学し、2012年に卒業しています。 目黒日本大学高等学校は偏差値「51~61」で東京都内で129位となっています。 岸洋佑さんのコースは公表されていませんが、俳優やシンガーソングライターであるため、「 普通科スポーツ・芸能コース」を選んでいたのでしょう。 「普通科スポーツ・芸能コース」の偏差値は51と平均です。 しかもさわやかイケメンなのでモテること間違いなし! きっとかわいい彼女がいるんでしょうね。 なので、インターネットやSNS Twitter、Instagram で彼女に関する調べてました。 が、情報は見つかりませんでした。 女生徒のツーショット写真がいくつかありましたが、仕事で共演した女性で彼女ではありませんでした。 現在はフリーの可能性が高そうです。 今はシンガーソングライターや俳優の仕事を優先させているのかもしれないですね。

次の