男爵 いも 発祥 の 地。 男爵発祥の地

「男爵いも」発祥の地で、ポテト&道南グルメ~THE DANSHAKU LOUNGE 日本国内/札幌特派員ブログ

男爵 いも 発祥 の 地

南米のアンデス高原がじゃがいもの故郷だと言われています。 アンデス高原にはいくつかの文明が存在していてやがてインカ文明へと発展しました。 この文明を 支えてきたのが「じゃがいも」と「とうもろこし」だと言われています。 3000m以上もあるアンデス山系の高地には、野生のじゃがいもが現在でも存在して います。 1492年のコロンブスの新大陸発見後、インカ帝国に終わりをもたらしたスペイン人がヨーロッパへとじゃがいもを持ち帰りました。 観賞用とされて いて、フランス宮殿で栽培されていました。 当初は花を見るためのものだったのですね。 オランダへの海外進出を機に、食べ物として世界中に広まっていきまし た。 18世紀に入り、じゃがいもは主要な作物として認められ、生産が盛んになっていきます。 じゃがいもを食用として広めたのはフリードリッヒ大王というド イツの人物です。 大王自らが民衆の前で食べて見せ、栽培と食用にすること強調しました。 オランダ船に乗る.

次の

男爵イモ発祥の地でジャガイモ食す。

男爵 いも 発祥 の 地

じゃがいもは、南米のアンデス山脈で生まれ、そこがじゃがいもの故郷であると言われています。 アンデスには歴史的にもいくつかの文明が存在しており、それがインカ文明へと発展しました。 そのインカ文明を支えたのがそもそも「じゃがいも」であり、「とうもろこし」であると言われているのです。 そして、 現在も標高3000m以上もあるアンデス山脈の高地には、野生のじゃがいもが植生していると言われています。 そしてその後、コロンブスが新大陸を発見した1492年、インカ帝国の終わりにスペイン人がヨーロッパへじゃがいもを持ち帰ったことからじゃがいもの歴史が始まりました。 そもそもじゃがいもは花をつけることから、観賞用として栽培されていました。 花を見るだけのものだったとはこれもまた不思議な感じがしますね。 オランダへ海外進出を機会に、じゃがいもは観賞用から食べ物として扱われ、それから世界中に広まったとされています。 18世紀になると、じゃがいもは主要作物として認められるだけではなく、爆発的にその生産が盛んとなり、年間収穫量もとてつもなく増えたと言われています。 また、アイルランドでもじゃがいもが定着すると、その後はアイルランドの人口は急激に増えました。 まだじゃがいもが定着していなかったとされる17世紀のアイルランドの人口は、19世紀半ばにはなんと800万人を超えるほどの人口増加に至りました。 じゃがいもはオランダ船に乗って日本へ 今からおよそ400年以上も前に、日本にじゃがいもが伝わってきました。 ジャカルタで活動していたオランダ人が、長崎の出島に持ち込み、そこから日本に普及したとされています。 それ以降、じゃがいもは主に寒冷地に広まりました。 しかし、 日本に入ってきたばかりの頃のじゃがいもの味はまだ淡泊な感じで、日本人の口には合わなかったそうで、あまり普及しなかったと言われています。 それからおよそ100年の時を経て、長崎に上陸したじゃがいもは、北海道へと渡り、現在の瀬棚待ちで1706年から栽培が始まったそうです。 明治時代になり、北海道の土地開拓が本格化し、じゃがいもの生産はどんどん向上していきました。 そして、 じゃがいもの中でも早期に導入されたのが「男爵いも」で函館の川田龍吉男爵という方が、イギリスから持ち帰ったじゃがいもを北海道へもたらし、じゃがいもの中でも「男爵いも」がスタートしたのです。 それから長きに渡り、様々な工夫と試行錯誤の末、多くの品種が導入され、北海道はじゃがいもの生産量日本一にまで昇りつめたのです。 昭和時代のじゃがいも 明治時代からじゃがいもが普及し、野菜の中でも主要な野菜であることを認識されると、同じ炭水化物であることから、米不足の時にとても活躍する野菜として抜擢されていました。 昭和時代は小学校などでも学校給食が始まりましたが、それ以前の子供達の昼食は、現代のような色とりどりなお弁当という訳ではありません。 その当時は、お弁当と題して、じゃがいもを包んでお弁当として持参していた子供がどれほど多かったことか・・・。 現代がいかに裕福で贅沢な時代であるかが分かります。 現代のじゃがいもはどんなじゃがいも? じゃがいもの収穫量は、北海道が日本全国1位となっています。 北海道がじゃがいもの生産地として最適であるのにはいくつか理由があります。 それは、 強い風や低い気温など、厳しい環境に非常に強く、冷害で米不足や麦不足が起こっても、じゃがいもだけはとても安定した収穫量を見越すことができるのです。 その為、備蓄作物としても長期保存が可能であることから、じゃがいもはとても重宝される野菜となりました。 このようなことから、北海道のような気温が低く、条件は最適であるとは言い難い土地でも、美味しいじゃがいもが栽培されるようになったのです。 こうして じゃがいも栽培の為に最適な土地や気候、気温などが良い関係を保つことにより、北海道でのじゃがいもの栽培は、将来的にもどんどん増えると予想されています。 男爵いもとメークインはどう違う? 北海道は、誰もがご存知の通り、日本でのじゃがいも生産量第1位です。 あれほどの広大なる北の大地でじゃがいもを栽培するのは申し分ないほどぴったりの土地であることが分かります。 また、 北海道のじゃがいもの生産については、全国の70%以上も占めていることから、ほとんどが北海道産として栽培されていることになります。 品種として代表的なものは、男爵いもとメークインです。 男爵いもは北海道でも函館市が発祥の地とされており、メークインは厚沢部町と言われています。 実際の収穫量としては、年間250万トンにも及びます。 北海道はその乾燥した空気と、1日の寒暖の差が激しいことが、じゃがいもの栽培に最適な条件になっているのです。 じゃがいもは色んなところで販売されている 北海道旅行をされたことのある方は、レンタカーを借りて北海道の大地をドライブしていると、国道沿いなどで野菜の販売所を見かけたことがある方も多いのではないでしょうか? そのような 販売所で販売されているじゃがいもこそ、土がついたままの新鮮そのもののじゃがいもが楽しめます。 新鮮なじゃがいもの味は、スーパーで購入するものとはまた一味違っています。 日本の本場、北海道のじゃがいもをぜひ堪能してもらいたいものです。 まとめ.

次の

じゃがいもの歴史を追う【じゃがいも工房】

男爵 いも 発祥 の 地

国道5号線沿い、道の駅「なないろ・ななえ」の隣にある19年4月25日にオープンした施設です。 男爵いもの生みの親である川田男爵の展示物と道南地方のお土産屋、そしてレストランとカフェが併設された施設です。 展示物も無料の割には見甲斐がありました。 そして、レストランも美味しくサイコーでした。 ランチで利用しましたが、お値段は日替わりランチでも1200円程度、カレーも1200円から、ステーキに至っては道南産のビーフステーキで2000円超え、道南産のポークステーキで1400円と言った感じのメニューで、若干高めの設定です。 私は、ポークステーキを注文。 サラダ・ドリンク1杯・ライスかパンがセットです。 味は美味しく、ボリュームはそれなりにありましたし満足出来るものでした。 ドリンクは、私はアイスティを注文しましたが、はちみつが入っている様なガラスの瓶に入っており面白かったですし、結構量があり嬉しかったです。 そして、ストローが今の時代ならではの紙のストローで環境にも配慮している様でした。 接客もオープン仕立ての割には悪くなかったです。 決済はクレジットカードも利用可能です。 お値段は若干高めですが、味も美味しいですし、道南地域の食材を使ってこだわっている様でおすすめ出来るお店でした。

次の