レポート 参考 文献 書き方。 参考文献と引用文献について。他の方の回答に、レポートを書くときに文章を...

引用の仕方・参考文献の書き方

レポート 参考 文献 書き方

レポートの引用文献について 学校の課題でレポートを作成する機会もあることでしょう。 レポートを作成するためにさまざまな文献を参考にしますが、引用文献は正しく記載する必要があります。 引用文献と同様に「参考文献」がありますが、引用文献と参考文献の違いとは何なのでしょうか。 まずは引用文献の意味と、参考文献との違いについて紹介します。 引用文献とは? 学校でレポートや論文を書く際には、引用文献や参考文献を明記することが求められます。 理由として、何も調べずに個人の意見や感想だけを書いてしまうと、空論を述べているのと同じことになるからです。 文献に記されている内容について調査し、得た情報や表現を利用して書くことで初めてレポートとしての評価につながります。 引用文献とは、名前の通り引用した文献のことをいい、一般的にレポートでは文章の最後に明記されます。 一般的に書物には著作権というものが存在するため、引用文献や参考文献を利用することは「著作権違反になるのでは?」と考える方もいるかもしれません。 しかし、著作権法では、著作権者に許可を得ずに公表された著作物を利用できる例外を設けています。 その一つが「引用」です。 引用文献と参考文献の違いは? 引用文献とは、前述した通り引用した文献のことをいい、文献の文言をそのまま利用することを「引用」、引用した文言が掲載されている文献を総称して「引用文献」といいます。 他人の見解や研究結果などを使用する場合や、研究内容の図表を掲載する場合は引用に該当するため、引用文献として明記する必要があります。 一方で、参考文献とは、レポートなどを作成する際に参考にした書籍や新聞記事のことで、参考にした文献を探すための情報となります。 引用文献は、記載されている文章をそのままの形で使った場合の、文章が掲載されている文献を指しますが、参考文献は自分の著作として文章を書く際に参考にした文献を指しています。 参照したけれど本文中では直接引用しなかった場合も、参考文献に含まれます。 レポート作成時の引用文献の書き方 レポートに引用する場合、引用文は原文を一言一句そのまま記入しなければなりません。 例えば旧字を新字に変更したり、句読点を変更したり、文字を削除したりすることはできません。 ここでは、レポートに引用文献を書く際の方法について具体的に紹介します。 参考文献はレポートの最後に記載することがほとんどですが、引用文献は脚注をつけて文章の終わりに記載するのがいいでしょう。 引用する際の脚注のつけ方 脚注とは、本文の最後につける注意書きのことをいいます。 本文からははずれるものの、本文を補足するための説明が必要な場合や、引用文献、参考にした資料を明らかにする場合などにつけます。 引用文の出典の記入方法に統一ルールはないようですが、脚注をつけるときは引用部分の末尾に番号を記します。 番号は縦書きの場合は右下に、横書きの場合は右上につけるようにし、見出しもしくは文章全体の最後の脚注欄に引用文献を記載します。 引用した文言は「」でくくり、引用であることを明らかにすることも大切なポイントです。 以下は、引用の例文です。 1 文末に脚注をつけ、引用文献を脚注欄に記載します。 引用する文章が短い場合と長い場合とでは書き方が異なるため、注意が必要です。 脚注欄には引用文献の著者の名前、出版年、掲載ページなどを()内に書きます。 長い引用文の場合 引用したい文章が長い場合は、引用符は使わずに本文との間を前後1行ほどあけ、文頭を下げて書くと分かりやすくなります。 以下、例文です。 『・・・・・・について、鈴木氏は、次のように述べている。 レポートに他人の意見を引用するときは、著作権に十分に配慮しながら、引用しなければならないだろう。 1 このように、・・・・・・』 引用文が複数ページに渡る際は、引用文献の情報にページ数「pp. 104-105」などを加えましょう。 しかし、ページ数にかかわらず、引用は必要な部分のみに絞り込んで長くならないようにする方がいいでしょう。 図書・雑誌・論文などから引用した場合 図書から引用した場合は、引用文献の項目に以下の情報を書くようにしましょう。 また、引用文献の最初に脚注番号を忘れずに記載しましょう。 1)著者名、書名、版表示、出版地、出版社、出版年、掲載ページ 複数の著者によって書かれた本から引用する場合は、引用部分を誰が書いたかを明確にする必要があるため、章節ごとの著者名を明らかにしましょう。 その場合、最初に章の著者名を明記し、章のタイトル・本の著者・編者名~のように書くといいでしょう。 また、雑誌や論文から引用した場合は、以下のような情報を書きましょう。 1)著者名、論文名:副題、誌名、巻数、号数あるいは通巻、出版年月日、該当ページ.

次の

レポートの書き方 参考文献

レポート 参考 文献 書き方

スポンサーリンク レポートとは まずはレポートがどのようなものなのかを知っておきましょう。 レポートとは一言で説明すると、あるテーマについて調べその実態をまとめたものです。 ただし、まとめると言っても自分の憶測で勝手に判断してしまう事はいけません。 きちんと信頼できる文献や資料を使って書く必要があります。 その為にはしっかりと書籍や文献を熟読する事が求められます。 またインターネットから情報を持ってくる場合は、 個人ブログやSNSからではなく、 厚生労働省や大手企業などの信憑性の高いサイトから引用するようにしましょう。 個人ブログやSNSでは間違った情報も多くあり、そうした情報を記載してしまうと、 レポート全体に大きく悪影響を与えてしまいます。 次にレポートの構成について見ていきましょう。 画像をクリックするとPDF形式で開きます。 最初はこのよう執筆していくといいでしょう。 慣れてくれば自分なりの書き方で進めるのもアリですが、あまりにも違う書き方だと 減点の対象になるので注意しましょう。 レポートの書き方 小中学生の頃は作文を書く際、そこまで意識していなかったと思いますが、レポートを書く際には 口調を統一しなければなりません。 ・著者名 ・年度 ・引用部分を「」で括る ・引用中の「」(会話等)は『』で括る ・引用したページ番号 これらの項目が引用の際に必須となります。 また、参考文献、もしくは引用文献として最後に明記することも忘れずに。 (2)ブロック引用 2つ目が多量の引用をする場合に使用する方法です。 3行以上引用する場合はこれに当たり、自分が言いたいとする事が、引用しなければ伝えられない時に使用します。 例えば理論や法律などがそれに含まれます。 そのような多量の文章を引用する際に使用するのがブロック引用です。 ブロック引用を行なう場合、元の文章を書き変える事は原則として禁止されていますが、 (中略)と記載して文章を省略する事は可能です。 またブロック引用を行なう際は、引用する部分の文章を3マスずつ開けます。 ページ番号はホッチキスなどの留め具が外れた際、順番が分からなくなる事を防止する為、 入れる必要があります。 勿論、指定されたフォーマットがあれば、それに沿ってレポートを作成しましょう。 また、大学指定の表紙を付ける事も忘れないようにして下さい。 文字数の分量は 大抵の場合、A4用紙2枚分程度が求められます。 これも教授によっては分量が多くなる事もありますが、 指定枚数の最後までしっかり埋めるようにしましょう。 たまに2枚目の10行くらいまで書いて、残りの30行くらいを空白のまま提出する人が居ますが、悪目立ちしますし減点される可能性が高いので注意しましょう。 まとめ レポートの書き方で失敗しない為には、まずは基本ルールを熟知する必要があります。 ルールを守る事で、点数が減点される可能性は低くなるでしょう。 そのルールを守った上で文章を筋立て、読み手に分かり易く簡潔に書くように心掛けましょう。 そして「1.はじめに」で明らかにする事と、結論がしっかり結び付けられているか、 間違った情報を記載していないかという点に注意していれば、8割程度の点数は期待する事ができます。 因みに高得点の秘訣としては 学生限定!めっちゃお得な学割サービス一覧 当たり前の事ですが、学割を使える時期って 学生の時だけですよね。 大学を卒業後、社会人になってからサービスを受けた場合、 「学生の時は無料で使えたのに・・・」 「どうして、あの時に申し込まなかったんだろう・・・」なんて後悔するケースも、しばしば見受けられます。 せっかくのチャンスを無駄にするのは、 非常に勿体ない行為ですよね。 卒業後に後悔するくらいなら、今からでも積極的に学割を活用していきましょう。 知らない学生はマジで損ですよ。 医療分割ローンにも対応しているので、脱毛するなら学生のうちがお得です! ・ ・(20歳~25歳まで) ・ 上記を利用できるのは学生のうちだけ。

次の

レポートの書き方 参考文献

レポート 参考 文献 書き方

色々な表記について引用にはいくつかの方式があります。 これは、所属している学会や学術分野、個人の好みなどに寄るところが大きいです。 基本的には「表記を統一」すればどれを用いてもらっても大丈夫です。 翻訳書・洋書の場合 翻訳書、洋書の場合も書くことは同じです。 気をつけたいのが、ファーストネームとファミリーネームの並びです。 よく間違うので注意しましょう。 また、英語の本は• 一番最初の文字• 冠詞、前置詞、接続詞を除く各語の初文字 を大文字で表します。 Decent Work in the Information Society 慣れればなんてことないのですが、最初のうちは気をつけるようにしてください。 オーソドックス Maynard, Micheline. At Toyota, a giant strives to show its agility: Automaker works to refine a formula for global success. The New York Times. 2008-02-22, natl. , pC1, C4 飛びページは別になっていることがあるので、その場合はカンマで区切るようにしましょう。 参考図書 辞典・辞書・白書・年鑑など の一部分 基本形は、以下の通りです。 例は示しますが、それ以外の場合には、前にも書いた通り「適当に」引用してください。 基本形.

次の