大島紬 着物 買取。 【着物買取】大島紬の相場価格はいくら?買取事例を多数紹介!

【大島紬】買取価格はいくら?査定相場より高く売るコツ&業者選び方

大島紬 着物 買取

大島紬とは? 大島紬(おおしまつむぎ)は鹿児島県の奄美大島の特産物で、フランスのコブラン織りとイランのペルシャ絨毯と並ぶ世界三大織物としてその名は世界中に知られています。 大島紬は着物の女王と称される高級絹織物であり、約1,300年の歴史があります。 特に本場大島紬は伝統的な製法で手間暇かけて作られており、高いものだと数十万円以上します。 大島紬は絹糸を泥で染める「泥染め」と呼ばれる独自の染色方法で作られており、独特の黒光りする美しい光沢が大島紬の魅力です。 自然の草花をモチーフとした絵柄も大島紬の特徴であり、奄美に自生するソテツをデザインした龍郷柄や亀甲柄、草花模様、モダンアートなど、絵柄は数多くあります。 大島紬は反物も価値が高く、の買取を行っていない着物買取店でも大島紬の反物は買い取ってくれるケースが多いです。 大島紬は種類が豊富にあるため、適正な査定をするには着物に深く精通していることが要求されます。 大島紬の買取相場 大島紬は種類が豊富であるため、買取価格は物によって大きく違ってきます。 一般的な大島紬の買取相場は5,000円以上です。 大島紬は奄美大島以外でも生産されており、それらと区別するために、奄美大島で生産されている大島紬は「本場大島紬」と呼ばれています。 本場大島紬の買取価格は30,000~100,000円以上であり、数十万円以上の値段が付くケースもあります。 東京都武蔵村山市の周辺で生産されている大島紬は「村山大島紬」と呼ばれており、村山大島紬も国から伝統的工芸品の指定を受けています。 村山大島紬も価値が高く、本場大島紬には及びませんが、物によっては高値での買取が期待できます。 大島紬の買取実績 大島紬の買取実績の一例は下記の通りとなっています。 着物 価格 大島紬の着物8点 300,000円 大島紬などの反物15点・着物10点 120,000円 大島紬を高値で売るポイント リサイクルショップや質屋ではなく、専門知識のある買取店で売る リサイクルショップや質屋には大島紬に詳しい着物の専門家が在籍していません。 そのため、数十万円以上する価値の高い本場大島紬を持ち込んでも、不当に安い買取価格を提示される恐れがあります。 本場大島紬の価値を正確に判断するには着物に精通していることが不可欠であり、着物に精通している専門家が在籍している着物買取専門店で買い取ってもらうようにします。 証紙を用意しておく 証紙や落款は大島紬の価値を証明する非常に大事なものです。 証紙や落款の有無で買取価格は大きく違ってくるため、査定を受ける際には必ず用意しておきます。 本場大島紬は特に高値がつきやすい 大島紬の中でも奄美大島で生産される本場大島紬は最も価値が高いため、高値で売れる可能性が高いです。 特に「都喜ヱ門」のブランドは価値が高く、状態が良ければかなりの高値が付く可能性があります。 近年になって、安価な韓国製の大島紬が出回っていますが、本場大島紬と村山大島紬を除く大島紬は高値で売れる見込みは極めて低いです。 希少性の高い技法を使用して作られたものは値段がつきやすい 高価な本場大島紬は約1,300年前から伝わる伝統的な技法で、一品ずつ手織りで丁寧に作られています。 60工程以上ある伝統的な技法で手間暇かけて作られる本場大島紬は高値が付きやすく、買取価格は100,000円以上になるケースが多いです。 一方、機械織りで大量生産される大島紬は値段が付きにくく、手織りの大島紬と比べると買取価格は安値になります。 サイズが大きいものの方が値段がつきやすい 大きいサイズの大島紬は需要が高いため、サイズが小さい大島紬よりも高値が付きやすいです。 極端にサイズが小さい大島紬は需要が低いため、買取価格は低くなる傾向があります。 また、大島紬以外の紬や着物の買取相場や高く売る方法についても詳しく知りたい方は、「」や「」を参考にしてください。 着物の種類別の買取相場 着物の種類によって、買取相場は大きく異なっていますので、以下の表にまとめました。 ただし、着物の価値は、汚れの有無や柄の人気、素材、産地、丈の長さなど、様々な... 大島紬の買取におすすめの専門店 バイセル 着物買取専門店は数多くありますが、大島紬の買取ならバイセルを強くおすすめします。 バイセルは着物買取実績が豊富で、著名作家や人間国宝の着物だと100万円以上の買取実績があります。 証紙付きの本場大島紬の買取実績は~30万円であり、物によっては30万円を超えるケースもあります。 バイセルは査定料などは全て無料です。 大島紬を売りたい方は、まずはバイセルの無料査定を受けられることをおすすめします。 査定額に満足できなかった場合もキャンセル料は無料ですので安心です。

次の

【着物買取】大島紬の価格相場は高い?損をしない売り方を解説!

大島紬 着物 買取

大島袖の着物は持っているけど、もう着なくなったため、買取に出したいと思っている方もいるのではないかと思います。 しかし、どうせ売るなら少しでも高く買取して貰いたいですよね。 そのため今回、大島袖の着物を高く売る方法について調べましたので、大島袖の着物を持っている人は参考にして下さい。 ・大島袖とは 大島紬は、鹿児島県の奄美大島の特産品ですが、近年では、鹿児島産の大島紬が一般的となりつつあります。 手で紡いだ絹糸を泥染めしたものを手織りした平織りの絹布で、世界三大織物の一つともいわれています。 そして大島紬で用いられている蚊絣の大きさは、5マルキ、7マルキ、9マルキ、12マルキなどに分かれています。 このマルキは、絣の細かさを表し、数字が大きい程、高価な大島紬とされており、着物愛好家からは常に高い評価を受けています。 そのため、人気がとても高いものとなっています。 ・大島紬の種類 大島紬には、泥大島、藍大島、色大島、白大島と幾つかの種類が存在します。 特に奄美大島で生産された本場大島紬は、愛好家に好まれており、買取業者も常に高値での取引をしている程です。 また最も一般的となる大島紬は泥大島ですが、愛好家からの需要が高い事もあり、常に買取に力を入れているようです。 ・高価買取される理由 大島紬は、一枚を製作するために、熟練の職人が丁寧にゆっくりと織りあげていきます。 大量生産が難しく希少性が高いのはこのためです。 また大島紬は、日本最古の染色技法の泥染めは、染め物の歴史を語る上では欠かす事の出来ない国指定の伝統工芸品です。 ここから生産された着物は、虫や汚れがつきにくく、雨や湿気に強いという特性が生まれますので、他の着物にはない味わいを楽しむ事が出来ます。 ・証紙を用意する 着物を新品で購入した際には必ず証紙がつくものです。 この証紙は、その着物の品質を保証する証明書と同じ意味を持っていますが、大島紬もこれで証明する事ができます。 そのためこの証紙があるかないかで、買取価格も大幅に変動する事もあるのです。 もちろん大島紬の証紙がなくても、着物専門店であれば、着物の細かい特徴や状態から、大島紬である事をしっかり見極めてくれるはずです。 ただ大島紬を買取に出すのであれば、証紙が残っていた方が良いので、必ず残っているかチェックする事をおすすめします。 ・大島紬の状態 大島紬は、当然となりますが、汚れやシワが少ない方が良い傾向になり、買取価格が高くなります。 着物は、基本的に着用するたびに汚れが蓄積される物ですので、普段からしっかりお手入れをし、保存もしっかりとしたいところです。 しかし長期間、大島紬を自宅に眠らせておくことは止めた方が良いです。 これは日本の家庭特有の湿気によりカビや虫食いが生じる危険があるためです。 特に臭いは大島紬を査定する上で、マイナス要因になりますので、充分な注意が必要です。 また虫食いや破れなどが生じた大島紬がある場合でも、修理を行わずにそのままの状態で買取店で査定をした方が良いです。 これは和服のリユース専門店に言わせると、反対にコンディションの悪い大島紬として扱われてしまうとの事。 そのため、かけつぎ、かけつぎなどの修理は、決して行わないようにした方が賢明です。 ・着物専門店を利用する 大島紬の価値を正しく判断できる買取店は、着物買取専門店、古美術品買取専門店、骨董品買取専門店だけです。 一般的にどの地域にも存在するリサイクルショップでも買取は可能ですが、大島紬の価値をしっかりと判断出来ないため、安い査定となってしまう事は必至です。 そのため、高価買取を望むのであれば、絶対におすすめできません。 ・出張買取を利用 着物専門店に依頼する際も、出張買取を利用する事をおすすめします。 出張買取は、1点からの依頼でも無料で引き受けてくれて、しかも自宅まで買取に来てくれるので、手間が掛かる事がありません。 また持込買取や宅配買取では、大島紬を綺麗に畳む必要がありますが、結構、これが手間となります。 更に変な折り目を付けてしまう危険もありますので、出来るだけ自然の形で査定に出した方が良いです。 ・買取市場では 大島紬は、着物愛用者や富裕層に購入される傾向が強い着物です。 そして近頃では、着物の女王として世界的に知られているほど有名な着物となっています。 また、新品の大島紬に手がでない人たちは、揃って中古ルートからこの絹織物の良さに触れるケースも増えています。 そのため着物買取専門店では、常に高額査定としているようです。 ・買取時期 大島紬は、種類によって柄や雰囲気が変わりますので、時期によっても需要が変化します。 例えば、白大島は、白い生地が涼やかに映えますので、春から夏に掛けて需要が伸びます。 このように出来るだけ、買い手の目に付きやすい時期を見計らって買取にだす事も重要となります。 少しでも大島紬を高価買取を望むのであれば、なるべく早目に買取に出した方が賢明です。 これは保管状況や湿気によって、価値がどんどんと低下するからです。 そのため、もしも着なくなった大島紬があるなら、迷わずに買取依頼を出す事をおすすめします。

次の

大島紬(おおしまつむぎ)の着物を買取で売るときに気を付けるべき注意点とは

大島紬 着物 買取

大島紬をもし売ろうという人がいれば、朗報です。 紬の中でも特に人気の高い大島紬は、 高額での買取が期待できるのです。 しかし、自分の手元にある着物が大島紬なのか何なのかよく分からない・・という方や、大島紬なのだろうけど、それほど高い買取額がつくのかが分からない・・という方もいらっしゃることでしょう。 大島紬の特徴を知り、買取市場の相場がどの程度なのか、予め理解をしてから買取に持ち込むとよいでしょう。 大島紬はどこで売るべき いきなりですが、大島紬は町の呉服屋などで売ってはいけません。 これだけの高級着物を、地元の着物屋や古着屋、リサイクルショップなどで売るのは、かなりの損です。 専門知識を持つ査定員が、出張買取で着物を見て、きちんとした査定額を出してくる着物買取り専門業者に依頼しましょう。 スピード買取などは、 全国展開しているのでかなりおすすめです。 大島紬の特徴 一口に大島紬と言っても色々な種類があります。 作り方の違いから、大島紬の種類まで詳しく見ていきましょう。 機械織りと手織りの違い そもそも大島紬とは、通称「着物の女王」とも呼ばれている紬です。 奄美大島(鹿児島県)を発祥とする高級絹織物であり、1000年以上の歴史を誇る伝統的な工芸品でもあります。 もちろん繊細の本場は奄美大島です。 着物の世界では、大島紬を着ている、持っているというと、かなりのステータスになりますので、それがゆえに買取市場においても価値が高いのでしょう。 しかし、一方で、最近は大島紬と称して販売されているものの中でも、手織りと機械織りという、織り方がことなるものがあります。 鹿児島で製作された紬であれば大島紬です、と称しているに過ぎない作品も多く出回っていますので、この手織りと機械織りの違いを見分ける目を養うことは重要です。 (もちろん、手織りの方が価値が高いことは言うまでもありません。 ) 大島紬に有名作家はいない? 大島紬には有名作家はいないと言われます。 いわゆるとして超高額で売買されるものはないっていう意味です。 どういうことかというと、大島紬は生産の各工程が分業化されて、有名作家のようなスタープレーヤーが取り仕切るような世界ではないということです。 着物の色と模様の設計案が非常に精密に練られていて、絣糸の染色の準備にもそれぞれ専門の伝統工芸士がいます。 当然そのあとの高低である絣締めや泥染め、糸の織り込みなどすべて専門家がやっています。 こうした職人技の集合体が大島紬であり、有名作家が一人でデザインしていくようなものではないのですね。 そのため、大島紬自体は高額な良いものですが、作家もののような超高額で取引されるものはないと言われています。 証紙のなかの「伝統」マークで違いがわかる 見分け方は「証紙」で分かります。 「証紙」とは、その布地の産地証明や、手織りや機械織りかを見分けるための品質証明書のようなもので、必ず反物につけられているのです。 手織りと機械織りを区別するのはその中の「伝統」マークがあるか・無いかです。 手織りの場合、経済産業省が認可した「伝統」マークが付けられています。 要は国が認めた手織りの伝統工芸品である、ということを証明するマークです。 しかし、機械織りの大島紬にはこのマークがつけられていません。 なお、 機械織りの大島紬には、この「伝統」マークの代わりに丸型の金色のシールが貼られています。 具体的な画像は、webサイトなどで調べればすぐに分かりますし、おそらくマーク自体を見れば、「伝統」マークかそうでないかは一見して初心者にも分かることと思います。 最近では機械織りの技術もだいぶ進歩をしており、手織りとほぼ遜色ない品質の機械織り大島紬もあるようですが、それでも着物マニアの中では手織りの方が着くずれがせず、しなやかで肌触りもよいという意見は依然としてあるようです。 高額査定のポイント「証紙」は染め方によって異なる 証紙付きならより高額買取が可能ですが、大島絣は染め方によって証紙が異なります。 染め方別の証紙を見ていきましょう。 泥藍染めの証紙 藍(植物)でいったん染めた後に泥染めしたもの 「古代染色・純泥染め」の証紙が高額査定のポイント 色泥染めの証紙 地糸を泥染めして、模様部分に泥染めと化学染料染の複合技 こちらも「古代染色・純泥染め」の証紙が高額査定のポイント 白泥染の証紙 白薩摩につかわれる粒子の細かい土を揉み込み、地糸を泥染め。 縞模様は化学染料染め。 白泥大島と呼ばれる。 「機屋のオリジナル白泥染め証紙」が高額査定のポイント 草木染めの証紙 藍以外の植物で染めた大島絣。 「古代染色・純植物染め」証紙が高額査定のポイント 正藍染めの証紙 藍のみで染め上げたもの。 一部だけ藍を使っている、などはだめで、正藍染めとは呼ばれません。 同じく「古代染色・純植物染め」証紙が高額査定のポイント 泥染大島紬とは 泥染とは、奄美大島でだけ行われているという伝統的な染色技術であり、泥染大島紬とは、その技法を用いて染色された大島紬、ということになります。 泥染大島紬の色は黒に近い非常にこっくりとした深みのある色合いが美しい染色技法で、多大な手間ひまをかけた技法で染色が行われます。 テーチ木(車輪梅の木)の染色をまず行い、その後泥田につけこみ、布全体に泥をなじませていきます。 テーチ木での染色を数十回、その後の泥染を1回という工程を1セットとして、これを数セット(総計80~100回)繰り返すことで、泥の中の鉄分とテーチ木の中のタンニンが化学反応を起こし、こっくりとした深みのある黒を生み出すのです。 渋い色合いなので、男性用の着物にもよく用いられており、粋な上品さを演出できる、 大変人気のある大島紬のひとつです。 正藍大島紬とは 正藍大島紬とは、布地を藍で染色したものです。 特に「正藍」としているものは高級品で、純粋な植物藍だけで染色をした大島紬のことをいい、それも証紙によって見分けることができます。 正藍大島紬には「古代染色純植物染め」の証紙がつけられており、他の化学染料で染色された大島紬とは区別されています。 黒や紺に近い、暗い藍色は、ご婦人方や男性陣にも大変人気があり、植物だけで染色されていることもあり、着心地は軽く風通しがよいとのことで夏向きの着物としても重宝されています。 泥藍大島紬とは 泥藍大島紬とは、これまでご紹介した泥染と藍染をミックスした大島紬のことで、より具体的には、絣糸が藍染め地糸が泥染のものを指します。 ここで、絣糸と地糸について少し触れておきましょう。 絣糸とは「かすりいと」と読み、部分的に染め分けた糸を指します。 糸の一部が白く染め分けられている絣糸などが一般的です。 一方、地糸とは「ぢいと」と読み、織物全体の色を構成する無地の糸のことを指します。 泥藍大島紬は、この絣糸と地糸を異なる染色技術で仕上げている高度な技法で製作された大島紬なのです。 糸にまで異なる技法を用いているとは、大島紬は本当に奥が深いものです。 色大島紬とは 色大島紬とは、合成染料を使って染色をした大島紬であり、伝統的な大島紬よりカラフルな点が特徴です。 買取価格という意味では、藍染や泥染の大島紬に比べると少々見劣りがしますが、普段着感覚でカジュアルに着ることができる大島紬ということで、着物愛好家にとってはやはり人気が高いため、十分な査定金額が期待できるでしょう。 白大島とは 地糸を染めずに白のままなので白大島と呼ばれます。 化学染料で糸を染めて模様を刻みます。 白地なので華やかな特徴があります。 草木染大島紬とは 草木染大島紬とは、その名の通り、草木のつゆで染色した大島紬のことです。 使う染料はテーチ木や藍以外の草木等の天然染料となります。 マングローブなどもよく用いられます。 合成染料とは異なる、天然の草木のみで抽出された自然の風合いが見事で、美しい四季と自然を愛でてきた日本人の感性にピッタリと合う紬です。 大島紬の買取り相場は? 状態が良く、素材も上質な大島紬は、やはり買取相場金額も、 通常の着物よりも高めに設定されています。 塩沢紬、琉球絣、久米島紬などと並んで、人気の地域色の強い着物だからです。 また、もともとの質が良いものなので、多少汚れなどがあっても買い取ってもらえるとの口コミも多いです。 もちろん色柄や保存状態によって値段は違いますが、相場としては、3万円前後というところでしょう。 多くの買取業者が積極的に大島紬を買取対象品としてプッシュしており、着物市場の中では需要が高い品目といえるでしょう。 より高い買取金額を提示してもらうには、証紙は欠かせません。 手織りで、かつ、上記でご紹介したような高度な染色技術が用いられている着物、サイズとして大きく、現代人向けの大島紬の着物の場合、10万円程度の買取価格がつく可能性も大きいでしょう。 大島紬の反物の買取り相場は? 反物の買取相場は、着物よりもさらに高めに設定されています。 すでにあつらえてしまって、特定のサイズの人しか着られなくなってしまった着物より、まっさらで誰も触っていない反物の方が、着物の世界では高い買取金額がつけられる傾向があるのです。 買取金額は、最低でも5万円程度と言われており、ごく普通の絹の反物が数百円・・ということもある買取市場の中、この価格は飛び抜けて高いといえるでしょう。 大島反物の中古着物市場での人気はすごいのです。 大島紬を売りたいと思ったら、その価値がわかって適切に評価してくれる専門業者に依頼してください。 価値のわからない業者や安く買い取ってだまそうとする業者に売ってはもったいないので。 下記のバイセルは大島紬を積極的に買取しているのでお勧めです。

次の