ホーム 画面 に 追加 iphone。 iPhoneでChromeで開いたURLをホーム画面に追加する方法

【iphone】ウィジェットの設置や追加したい便利なアプリ7選

ホーム 画面 に 追加 iphone

ドキドキの新機能。 まとめ、いってみよう~。 WWDC 2020で、Appleは 新しいiOSバージョンであるiOS 14の新機能をちらりと見せてくれました。 その機能のまとめを米ギズモードの翻訳でご覧ください。 iOSの以前のバージョン13までは、なんと世界中で 10億台の端末にインストールされてきたんですって。 AppleのiOSはどんどん洗練されて 熟成がきいたおいしいOSへとさらに進化を遂げているようです。 だからと言って、これ以上洗練できないということはありませんよ。 新しいiOSバージョン、iOS 14の新機能をまとめてみました。 リリースはこの秋。 iOS 14の主なフォーカスは、 前のバージョンの機能強化、パフォーマンスと信頼性の向上です。 小さなアプデはiOSのホーム画面でアプリを検索する方法や、ウィジェットの新顔、メッセージの機能向上、睡眠トラッキングの改善が含まれています。 大きなアプデは、Appleデバイス全般で同期して使える、まったく 新しいFitnessアプリの登場と、新しい拡張現実アプリの追加、Podcastアプリの大幅アップデートなどなど。 それでは新しくなるiOS 14の新機能をざっくりとまとめますね。 ホーム画面の使用感を刷新 スピーディな使用感をさらに高めるため、Appleでは iOSのホーム画面をがらりと変更します。 iOS 14では、アプリを移動させてグループ化する方法が少し様変わりしそうです。 Appleの新しい App Libaryでは、 自動的にすべてのアプリを一括りのグループや一覧に分割できるように。 他の人に使っていることを見せたくない秘密にしたいアプリがある場合は、ホーム画面ではそれらのアプリを非表示にしておくこともできます。 これは、Androidのアプリドロワーにちょっと似ていますね。 通話がかかってきたときや、FaceTimeのセッションの外観も変わりそうです。 通話がかかってきたときのビューが新しく、さらにコンパクトになり、これでマルチタスクもやりやすくなりそうな予感がします。 iOSに追加されるウィジェットたち Apple Watchの便利さは体験済みですか。 iOS 14ではそのウィジェットたちの 種類もさらに幅広くなりそう。 ウィジェットをホーム画面に追加したり、サイズをカスタマイズしたりできるようになります。 これで よく使うアプリの横に、例えば天気のアプリなんかを表示させておくことだってできるようになるのです。 また、新しく登場するウィジェットギャラリーでは、簡単に好きなウィジェットを見つけることができますし、これも新しい Smart Stackという機能では、 ウィジェットをまとめてカードのように重ねてスタックしておけます。 また、iOS 14では「ピクチャ・イン・ピクチャ」もサポート。 例えば、ビデオを見ながら他のアプリを操作するときには、ビデオのサイズを小さくしておけます。 必要な場合には、ビデオをバックグラウンドとして表示しながら、作業して、作業が済んだらビデオをまた前面に戻したり、中央に表示させることもできます。 メッセージアプリも模様替え Screenshot: Gizmodo US Apple ミー文字にも マスクアイテムなどのポストコロナの新オプションが加わるだけでなく、メッセージの最も大きな進化は インライン返信でしょう。 特定のテキストメッセージに直接返信する形で返信することが可能になります。 グループチャットにどんな人がいるのか、どの人と最近会話をしたのかも、ぐっとわかりやすくなるようです。 また、 最近頻繁にチェックするチャットグループを固定しておけるようになります。 iOS 14では、家族や仲のいい友達などとのチャットを上部に固定して、いつでもチャットの準備をしておけるのです。 Siriも刷新され、翻訳アプリも機能改善 Screenshot: Gizmodo US Apple iOS 14にビルドインされるアシスタント機能もさらに進化。 Appleは 今回Siriも大幅アップデート。 Siriを呼び出すと生まれ変わったカラフルな大きなアイコンが現れます。 そして、Siriはこれから音声メッセージを送信してくれるようになります。 また翻訳ももっと上手にできるようになるんですって。 Appleが送るアシスタント機能のプライバシーが気になる人のために、翻訳機能はオフラインで使用できる仕様になるようです。 CarKeyでドライブシーンもスマートにスタート Screenshot: Gizmodo US Apple 自動車産業にもアプリ流行の波は押し寄せており、車もどんどんスマホを活用する流れができています。 iOS 14には新たに「CarKey」が登場します。 スマホのボタンをタップするだけで車を開錠できる機能が搭載されます。 CarKeyに対応する世界初の車は、この7月に発売となる 2021年モデルの「BMW 5」シリーズ。 iPhoneをペアリングするだけで同期完了。 iPhoneか Apple Watchを操作するだけで施錠・開錠が可能。 車にビルトインされたNFCレシーバーでも同様の操作ができます。 認証はiPhoneのFace IDまたはTouch IDを採用。 CarKeyの他に、おなじみCarPlayも外観を刷新し、スマートな壁紙が追加され、 駐車アプリや電気自動車のEV充電アプリなど、新しいアプリのチョイスも広がる予定です。 Mapsアプリはサイクリストと電気自動車オーナーをターゲット Screenshot: Gizmodo US Apple アメリカ合衆国以外の国のマップ詳細やカバー地域もさらに幅を広げるだけでなく、Mapsアプリには、新しく サイクリングルートと電気自動車の給電ポイントが追加されます。 POIの種類も広がり、特定エリアのショッピングスポットや人気レストランなどもわかりやすくなります。 また、ユーザーがガイドをカスタマイズできるようなり、既存のリストだけでなくお気に入りのスポットを自分で追加できるようにもなります。 Appleが新しいスポットを追加するときには、その情報も自動的にカスタマイズされたガイドで更新されます。 アプリをチラ見して一部機能だけ使用できるApp Clips Screenshot: Gizmodo US Apple 駐車場で支払いしようとして、アプリが探せなかったなんて経験はありませんか。 Appleが新しくローンチする App Clipsは、App Storeからアプリをフルインストールしなくても、アプリをチラ見して機能の一部だけを使用できるものです。 App ClipsはApp Libraryからもアクセスできますが、QRコードやNFCタグからも呼び出すことができます。 これもAndroidのインスタントアプリに似た機能です。 Tags :•

次の

iPhoneホーム画面をおしゃれにする方法!シンプル整理術も紹介!

ホーム 画面 に 追加 iphone

無理に指を伸ばすとiPhone Xを落としそうになる 解決策に心当たりがあった。 なくなった「ホームボタン」を画面に表示することだ。 実はこれ、裏技でも何でもない。 身体的な都合で通常のユーザーインタフェースでは画面をタッチすることが困難な場合のため、Appleが提供している支援機能の1つに「AssistiveTouch」という、ホームボタンを好きな位置に表示できる機能がある。 これを使ってみようというわけだ。 設定は簡単。 設定画面を閉じると画面上に半透明の円が出てくる。 好きな場所に移動できるので、片手で持ったときに親指が届く範囲に配置する。 「AssistiveTouch」の設定 カスタマイズも可能だ。 iPhone Xではスクリーンショットも「右のサイドボタンと左のボリュームアップボタンの同時押し」に変わり、時々分からなくなってしまうからだ。 実際に使ってみる。 iPhone Xを持ち上げるとすぐにFace IDが働き、錠前アイコンが開く。 この画面にも仮想ホームボタンがあるので、タップすればホーム画面や直前に使っていたアプリの画面が出てくる。 もう、無理に指を伸ばす必要はない。 関連記事• iPhone Xでは、操作の大幅な変更に加えて「Pokemon GO Plus」の接続不具合もあり、移行をためらっている人も多いのではないだろうか。 実際にどうなのか、iPhone 6から機種変更してみた。 iPhoneのGarageBandは自分で着信音を作って書き出すことができるの、知ってました?• Appleが、「iPhoneの修理サービス料金」ページに「iPhone X」を追加した。 「iPhone X」で搭載される顔認証機能「Face ID」は、指紋認証の「Touch ID」と比べて安全なのか? 生体認証の基礎知識を学んでいきましょう。 最上位モデルの「iPhone X」は、伝統の物理的なホームボタンが廃止された。 ホームに戻るにはどうすればいい? 関連リンク•

次の

【iPhone】Webページをアイコンをホーム画面に作成する方法|iPhone村

ホーム 画面 に 追加 iphone

スマートフォンのホーム画面をカスタマイズしよう! 今やスマートフォンは、ビジネスの場面でも必需品となった。 スマートフォンにおいてホーム画面は、いわば「スマートフォンの顔」に当たる部分であり、その使い勝手は重要だ。 しかし購入時からホーム画面の構成を全く変更しないままで使っている人も多いのではないだろうか? スマートフォンはアプリを次々に入れて機能を追加していけるのが特徴だが、それだけにデスクトップを整理しないままでいると、ゴチャゴチャした構成になりやすい。 ほとんど使わないアプリが目立つ場所にあったり、目的のアプリがどこにあるか分かりづらかったり、検索がしづらかったり……。 スマートフォンのホーム画面をきちんと整理すれば、目的のアプリをすぐ起動することができる。 また機種によってはホーム画面に検索ボックスを配置して手軽に検索を行ったり、ビジネスに必要な情報を表示しておいたり……といった工夫を行って、より使いやすくすることが可能だ。 今回はAndroidとiPhoneに分けて、ホーム画面を使いやすくカスタマイズする方法を紹介していく。 Androidのホーム画面のカスタマイズ Androidスマートフォンを比べてみると、機種によってホーム画面のデザインが全く違うのに気づくだろう。 iPhoneはどの製品でもホーム画面のデザインは基本的に一緒だ。 なぜAndroidのホーム画面がまちまちかと言えば、Androidはカスタマイズの自由度が高いため、メーカーごとに独自のユーザーインターフェイスを採用しているからだ。 Androidの場合は、ホーム画面のレイアウトや機能が「ホームアプリ」(ランチャーとも言う)として提供されており、ホームアプリを入れ替えることで大幅な模様替えが簡単に行える。 そのほかにもウィジェットなど、さまざまな方法でカスタマイズが行える。 購入してきたままの状態のスマートフォンの場合、たいていの場合は初心者向けになっており、効率重視のビジネスユーザーにとっては要らない機能なども多い。 ぜひいろいろとカスタマイズして自分の使いやすいホーム画面を作ってほしい。 ホームアプリを変更する Androidのホーム画面をカスタマイズする際に、最も効果が大きいのがホームアプリの変更だ。 ホームアプリとは、ホーム画面のデザインをカスタマイズするためのアプリで、変更することで見た目をガラッと変えることができる。 Google Playで「ホームアプリ」を検索すればさまざまなものが入手できるので試してみるといいだろう。 ビジネス用途ならば、あまり派手なものよりシンプルなものの方が使いやすいので、「スマートランチャー」などがお薦めだ。 またデスクトップパソコンと同じデザインで使いたい人には、Windows風の画面にしてくれる「Launcher 8 Free」もいいだろう。 Googleアプリをよく使う人には「Google Nowランチャー」もある。 そのほか「ADW. Launcher」「GoランチャーEX」も人気だ。 以下に示すのは、筆者が利用している「ASUS ZenFone 3」でランチャーを「Google Nowランチャー」にしてみた場合の手順だ。 なおAndroidのOSのバージョンは6. 0を使用している。 するとフォルダーが作成されて、複数のアイコンを一つのフォルダーにまとめて整理することが可能だ。 iPhoneのホーム画面のカスタマイズ iPhoneの場合は、Androidと違って機種間の違いはなく、デザインは統一されており大きなカスタマイズはできない。 それでもアイコンの整理などを行うことで、だいぶ使いやすくなる。 iPhoneでは以下のようなカスタマイズが可能だ。 ウィジェットを活用する Androidの項目で説明した、ホーム画面上で使える小型アプリ「ウィジェット」は、iPhoneでもiOS8以降で利用できるようになった。 最新のiOS10では、ホーム画面で右にスワイプすることで「今日の表示」画面が表示され、そこでウィジェットを利用できる。 「App Store」で「ウィジェット」を検索すれば多数のウィジェットを入手できるので試してみるといいだろう。

次の