近畿 日本 ツーリスト みんしゅう。 近畿日本ツーリストの就活対策|企業研究やインターン/説明会情報ならONE CAREER

近畿日本ツーリストの選考内容(選考フロー・面接質問事例)

近畿 日本 ツーリスト みんしゅう

大前研一氏が日本の旅行業界の問題点を解説 訪日外国人が増え続けている。 しかし、日本の旅行代理店は業績が低迷中の傾向がある。 経営コンサルタントの大前研一氏が、インバウンド需要を業績向上につなげられない日本の旅行業界の弱点について解説する。 * * * 今年1~5月の訪日外国人客数は1140万人を突破し、単純計算だと年間2700万人以上に達する勢いだ。 3000万人の大台も見えてきた一方で、国内の旅行代理店は軒並み業績が低迷している。 最大手のJTBは2017年3月期決算が減収減益で、純利益がこの5年で最低だった。 近畿日本ツーリストやクラブツーリズムなどの持ち株会社KNT-CTホールディングスは2017年3月期決算が最終赤字に転落し、HISも2016年10月期決算の純利益がほぼゼロで上場以来最低となった。 てるみくらぶ倒産のニュースも記憶に新しい。 訪日外国人客数が過去最高を更新し続けているのに、なぜ旅行代理店は苦戦しているのか? 長年、日本人の海外旅行(アウトバウンド)と国内旅行をメインにしてきたため、外国人の訪日旅行(インバウンド)を取り込めていないからだ。 インバウンド客をつかまえるためには、それぞれの国でマーケティングを行ない、それぞれの国の訪日旅行ニーズに対応した商品を作り、それぞれの国の言語で広告・宣伝、販売活動を展開しなければならない。 さらに、来日したお客さんを送迎・案内するランドオペレーション(ランオペ)を行なわなければならない。 だが、そうしたオリジネーションについては、今のところ大手はほとんど手つかずの状態である。

次の

訪日外国人3000万人時代になぜ大手旅行社は低調なのか|NEWSポストセブン

近畿 日本 ツーリスト みんしゅう

私が旅行する時には、旅行会社じゃなくてツアー内容と値段で選びます。 旅行会社と言うよりは、値段ですね。 各社高いツアーブランドも安いツアーブランドもありますし、同じような値段のツアーならどこの旅行会社でも大差はないです。 JTBは同じような内容でも、高めですね。 世界中に支店がありますし、人件費などもかかっているからでしょう。 ただトラブルがあった時の対応はやはりJTBが一番いいようです。 knt、日本旅行がその次くらいでしょうか。 HISは期待できないですね。 HISは店頭の対応も無知な人が多いので、ある程度旅慣れてから利用した方がいいと思います。 添乗員は阪急はかなりハズレ率が高いらしいです。 が、個人的には各社利用したことがありますが、LOOK JTBを利用した時の添乗員が一番酷かったので一概には言えないですね。 この質問はパックツアーについてですね。 基本は金をかければより快適で安心な旅が出来るということです。 おなじJTBでもLook JTBとか旅物語とか、微妙に値段が異なります。 阪急交通社でもトラピクスとかいう安いツアーも扱っています。 パックツアーは航空券、ホテル、現地でのツアーや食事に分けられます。 先ず航空券ですが、同じエコノミークラスでも、 航空会社指定に比べると未定のツアーは安くなります。 アメリカ旅行で台湾や韓国の航空会社を使う場合です。 ホテルは当然グレードによって値段が異なります。 きちんとしたツアーはそれなりのホテルに泊まれます。 現地のアクティビティは大抵現地の旅行会社に、 下請けになります。 下請け料金によって、 使用するバスなどの交通機関、食事に連れて行かれる レストランの格などが異なります。 ただし現地ツアーの内容そのものはあまり変わりません。 あと何かトラブルが起こったときの対応は、 当然高いツアーが優先的に対処してくれます。 JTBが一番しっかりしているということは聞きますが、 近ツリ、日本旅行、阪急などの序列は知りません。 HISのツアーは悪評判をよく聞くので、使ったことはありません。 個人旅行のときの航空券手配は親切にしてくれますが。 自分でツアーを選ぶ場合はやはり安いものに目がいきます。 まあ個人手配の旅行もしているので、 何かトラブルが起こった場合でも、何とかなると思うからです。 経験の少ない人、英語などに自信がない人は、 ある程度しっかりした会社のツアーの方が安心です。

次の

訪日外国人3000万人時代になぜ大手旅行社は低調なのか|NEWSポストセブン

近畿 日本 ツーリスト みんしゅう

HIS JTB• JTB• HIS. JTB. 日本旅行• アンケートの結果、競合となる企業に挙げられるのは「JTB」「HIS」「日本旅行」などのようです。 こちらも日本を代表する企業です。 このような企業を競合としている近畿日本ツーリストに入社するためには、どのような志望動機を書けばいいのでしょうか。 ここでは、その書き方のポイントを回答例とともにみていきましょう。 旅行に対する思いと企業が求める人物像を組み合わせて志望動機を作成する このような場合、他の旅行会社との違いを深く理解していること、そして自分の強みが日本旅行の求める人物像に近いことを組み込んで作成しましょう。 下の「志望動機の書き方の例」でも紹介しますが、自分がいかに旅行を好きかということやそれを活かしてどう会社に貢献するのかをしっかりと志望動機に記載するようにしましょう。 また、自分自身のスキルなどをアピールする書き方も有用です。 次からは、実際に近畿日本ツーリストの志望動機の「書き方の例」を見ていきましょう。 自己分析の浅さは、人事に見透かされる 就活で内定を勝ち取るためには、自己分析をして自己理解を深める必要があります。 自己分析を疎かにしていると浅い答えしか浮かばず、説得力のある回答ができません。 そこで活用したいのが、自己分析ツールのです。 My analyticsを使えば、 36の質問に答えるだけで、あなたの強み・特徴を見える化できます。 My analyticsでサクッと自己分析をして、選考を突破しましょう。 ですが、旅行するよりも「旅行を企画するのが好き」でもあるのです。 自分が旅行をするということよりも、どこへ行って何をして、こんな風に過ごしたい、もしくは過ごしてもらいたいという風に考えるのがとても好きなのです。 そのため、旅行の企画係になることはもちろんのこと、自分が参加しない旅行の企画を任されたりすることもしばしば。 ですが、自分が行ったことのある宿やプランを人にお勧めしたり、紹介できたりするのはとても楽しいので、つい引き受けてしまいます。 また、なぜ御社を選んだのかというと、旅行をするときに御社を利用した際、ある店員さんがとても気持ちよく対応してくださり、こんな社員さんがいるアットホームな雰囲気の会社で私も働きたいなと感じたからです。 私は海外旅行が好きで、学生時代には毎年行っていました。 海外では、文化も考え方も違うため、非常に刺激的な体験をすることができました。 そこで感じたことは、まさに「出会い」と「感動」であり、御社の経営理念そのものでした。 貴社働く際には、世界に旅行に行く人を増やし、感動を与えたいという気持ちを持って働きたいと思っております。 近畿日本ツーリストの志望動機でスキルアピールをする際のポイント 「自分自身のスキルをアピールすること」については、人によって持っているスキルが違うので、一概には言えません。 ただ、学生時代に学んだことを、近畿日本ツーリストの業務内容とつなげることができればベターです。 また、旅行会社に限っては学生時代に、旅行に関する資格を取得した等があれば、直結したアピールにつながるので、積極的にアピールしてみましょう。 スキルによって入社後どのような活躍ができて何がしたいのかを具体的に書く 日本旅行の場合、「特別資格はいらない」としてはいますが、「一部の事務処理や海外勤務では語学が重要」としています。 そのため、英語の能力は求められる、と考えてよいでしょう。 しかし、ただ単に、「英語ができる」ということを打ち出すだけではあまり強みとは言えません。 その英語能力によって何がしたいのか、何をなしえたか、どのようなところで活躍したか、そして日本旅行にとってどのようなメリットになるのかを、きちんと伝える必要があります。 近畿日本ツーリストの志望動機の書き方は回答例を参考にして地上職の面白みや自分の強みを交えて作成する 近畿日本ツーリストの志望動機の書き方の例を、いくつか紹介してきました。 いかがでしたか。 近畿日本ツーリストは、旅行会社という私たちに身近な会社です。 そのため、大切になってくるのは近畿日本ツーリストが他社とどう異なるのかという点になるでしょう。 また、自分自身のストーリーや経験を組み込んで、どうして近畿日本ツーリストにこだわるのかを伝えられるようにするのも良いでしょう。 また、他社ではなく、近畿日本ツーリストに入社したい意思をしっかりと答えられるようにするのも一つの手段ではないでしょうか。 書き方の例は、あくまでほんの一例です。 回答例を参考に、自分なりの書き方で志望動機をまとめるよう努めましょう。

次の