ポケモンgo メルメタル。 【ポケモンGO】メルメタル各バトルでのおすすめ技と活躍ポイント:ジム防衛とPvPがおすすめ!|ポケらく

【ポケモンGO】メルタンの入手方法!メルメタルへの進化やふしぎなはこについて

ポケモンgo メルメタル

特徴 3000年前から蘇ったポケモン。 かつて鉄を生み出すポケモンとして崇められていた。 が一定数以上同化することで進化する。 メルタンよりも硬化し、強固な体となっている。 可動部分は液体金属でできており、スナップを効かせたパンチ攻撃はポケモン随一とも言われる。 メルメタルの寿命が尽きると錆びてバラバラになるが、小さな破片から再びメルタンが生まれると言われている。 オーキド博士によれば、文献にその存在が記されていた。 において、「メルタンのアメ」を400個入手で ポケモンずかんの説明文 てつを うみだす ちからを もつと あがめられていた。 3000ねんの ときを へて なぜか よみがえった。 鉄を 産み出す 力を 持つと 崇められていた。 3000年の 時を 経て なぜか 蘇った。 種族値 の範囲 第三世代以降 レベル50 レベル100 135 おぼえるわざ も参照。 「進化」と書かれているわざは進化時におぼえるわざです。 第八世代 その他の世代: 遺伝元 わざ タイプ 分類 威力 命中 PP 太字のわざはタイプ一致です。 データ上は進化した時に覚えるわざとして設定されているが、ソード・シールドではメルタンはメルメタルに進化しない。 Ver. XX においてを進化させた上で、本編に送る(ピカブイ内では進化不可)。 XX においてを進化させた上で、ピカブイからを経由して本編に送る(剣盾内では進化不可)。 持っているアイテム 配布ポケモン 備考• 2018年10月24日にで「の進化形」として公式に発表された。 このポケモンのとしてが存在する。 では「カントー図鑑」のNo. 153のポケモンとされている。 カントー図鑑の番号と全国図鑑の番号が一致しないポケモンはメルタンとメルメタルの2種類のみである。 の地方別図鑑ではと共に「ふめい」のカテゴリに入れられている。 アニメにおけるメルメタル• でのが進化した形で初登場。 を参照。 は、2019年2月6日から3月5日の期間限定で解禁された色違いのメルタンを進化させることで入手可能。 進化にメルタンのアメが400個必要なため入手に手間がかかる。 「メルタンのアメ」を400個入手するには、基本的にメルタンを101体捕獲する必要がある。 ・を活用すれば最短58体で済む。 図鑑の地方別の分類では「未確認」に分類されている。 一般的な育成論。 の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 を参照のこと。 関連項目.

次の

【ポケモンGO】メルメタルのマスターリーグ最適技と対策ポケモン:高回転&攻撃範囲の広さが魅力!|ポケらく

ポケモンgo メルメタル

DPS 1秒間に与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 DPT 1ターンに与えることが可能なダメージ。 (タイプ一致1. 2倍を反映後の数値)種族値やレベルによる倍率は適応外。 EPtank 1度技を使用した際に溜まるゲージ増加量。 ゲージの増加効率。 ターン毎のゲージの増加効率。 発生 時間 技を使用してから相手にダメージを与えるまでの時間。 硬直 時間 技を使用してから避ける動作及び、次の技が使用可能になるまでの時間。 エネルギー ゲージ技を使うために必要なゲージ量。 フィールドリサーチでの入手方法 過去に登場をしていたタスクも含みます。 なし メルメタルの進化系統.

次の

【ポケモンGO】メルメタルのマスターリーグ最適技と対策ポケモン:高回転&攻撃範囲の広さが魅力!|ポケらく

ポケモンgo メルメタル

種族値 順位 攻撃 226 101 / 715 防御 190 113 / 715 HP 264 18 / 715 最大CP 3599 36 / 715 「メルメタル」の種族値を見ると、攻撃の「226」はアタッカー(攻撃)として物足りなさは少しあるものの全体的に高いです。 特に防御・HPを掛け算した 耐久指数は「50160」となり、ジム防衛として配置できない伝説ポケモンを除くと 5番目という高さです。 耐久力が高く攻撃でもそこそこ相手にダメージを与えることができる 万能型のポケモンと言えます。 タイプ耐性が多く優秀 「メルメタル」のタイプ相性(弱点と耐性) 攻撃を受けたときに大ダメージ「効果はばつぐんだ!」となる弱点タイプと、ダメージが減少する「効果はいまひとつだ…」となる耐性タイプ一覧です。 弱点 効果はばつぐんだ! x2. 56 アタッカーとしては技がビミョウ 「メルメタル」については、 覚えるわざがイマイチのため、ジム/レイドバトルのアタッカーとしての活躍は難しいです。 ポケモンGOではタイプの相性により攻撃力や与えるダメージが大幅に変わるので、タイプ一致となる 「はがね」タイプのノーマルアタックを覚えない点は攻撃面では残念です。 スペシャルアタック(わざ2)はタイプ一致として 「ラスターカノン」を覚えることができますが、ジム/レイドバトルでは1ゲージ技かつ威力が低めで使い勝手が良くありません。 また、他のスペシャルアタックの「10まんボルト」「いわなだれ」は2ゲージわざで使い勝手もよく優秀ですが、これらはタイプ一致で放つことができない点で火力不足です。 ジム防衛ポケモンとしては優秀 ジム防衛用のポケモンと考えた場合、 「メルメタル」は 非常に優秀です。 「メルメタル」に限らない話ですが、 ジムの防衛ポケモンとして大事なポイントは、以下になります。 ジムに置くと「きのみ」をもらいやすい もうひとつ、「メルメタル」をジムに置く利点は 「きのみ」をもらいやすいということです。 「メルタンのアメ」は簡単に入手できないので、他トレーナーは 「メルメタル」はガンガン「きのみ」を上げてアメをにゅうしようとする傾向にあるため、HPを維持されやすいです。 「かくとう」タイプが弱点となる点に注意 防衛ポケモンとして残念なのは、 良くジムで攻め側のポケモンとして利用される「カイリキー」「キノガッサ」など 「かくとう」タイプを弱点としていることです。 「ハピナス/ラッキー/カビゴン/ケッキング」あたりと並んで配置してしまうと、 相手に同じポケモンで連戦を許してしまい効率よくダメージを受けてしまいます。 可能であれば相手にポケモン交代をさせるよう、上記ポケモンとは連続の配置にならないようにしましょう。 トレーナーバトル 「メルメタル」のトレーナーバトル(PvP)における考察です。 トレーナーバトルとジムバトルではわざデータが異なるため、トレーナーバトルのわざデータを載せます。 トレーナーバトル:覚えるわざデータ ノーマルアタック わざ 威力 時間 Ene DPT EPT 全てのリーグで活躍できる 「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」のバトルは、同じCP同士のポケモンだと防御・HP種族値が高めのポケモンが総合性能が高くバトルを有利に進めることができます。 「メルメタル」は防御・HP種族値が高めなこともあり、 「スーパーリーグ」「ハイパーリーグ」でも十分活躍でき、トータルのCPも高いため、最大限強化することで「マスターリーグ」でも活躍できます。 また、ジム/レイドバトルでもお伝えしたようにタイプ耐性が多く弱点が少ないため、幅広いポケモンに対応できるのが魅力的です。 セカンドスペシャルアタックを解放しよう 相手に与えるダメージの効率を考えると、トレーナーバトルにおける「メルメタル」の最適わざは 「でんきショック/ラスターカノン」です。 「ラスターカノン」はジム/レイドバトルよりトレーナーバトル仕様のほうが性能が高く、かつタイプ一致で撃つことができます。 ただし、 「ラスターカノン」はゲージのたまりが少し遅いので、 セカンドスペシャルアタックの解放で「いわなだれ」を覚えておきたいところです。 相手に少しでも速くダメージを与えたいときや、「ラスターカノン」でいまひとつとなる「でんき」「ほのお」「みず」タイプのポケモンには、「いわなだれ」で攻撃していきましょう!.

次の