妊娠初期 お腹 張る。 妊娠中の便秘の張りとお腹の張りの違いは?

生理前から生理中にお腹が張る原因は?妊娠の可能性も

妊娠初期 お腹 張る

まだお腹の大きさが目立ちにくい妊娠初期でも、妊婦さんはお腹の張りを感じることがあります。 ここでは、妊娠初期にお腹が張りやすくなる原因や、症状が気になるときの対処法をご紹介します。 ご自身の体調をいたわり、無理なくお過ごしください。 妊娠初期のお腹の張りは、母体や胎児への心配がないケースだけでなく、なかには病気の兆候として現れるケースもあります。 強い痛みや出血があるときや、不安な症状があるときは、お早めに医療機関で医師にご相談ください。 妊娠初期にお腹が張る状態の特徴 妊娠初期には「お腹が張る」といわれますが、具体的にどのような感じがするのでしょうか。 まずは、妊婦さんによくある感覚についてお伝えします。 お腹に圧迫感がある 妊娠初期には、腸内にガスがたまってお腹が圧迫され、張っているような状態になることがあります。 これは、子宮と内臓を動かす平滑筋(へいかつきん)の動きが抑制され、腸の動きが弱まるためです。 便秘のように腸内に便がたまった結果、お腹が張るような感じ方になります。 この場合、普段よりもおならが出やすくなる方もいらっしゃいます。 お腹がチクチクする 妊娠が始まり、子宮の筋肉が収縮すると、腹部がチクチクと痛むような感じを受けることがあります。 この感覚は、生理痛の痛みと似た耐えられる程度の痛みであり、妊娠初期に断続的に起こるといわれます。 妊娠週数がさらに増えて、胎児の成長にともないお腹がより大きくなると、多くの妊婦さんが張りや痛みを感じるようになります。 妊娠初期にお腹が張りやすくなる原因 妊娠初期にお腹が張りやすくなる原因として、考えられることをご紹介します。 妊婦さんの行動や身の回りの環境が影響する場合もあるため、原因を見落とさないようにしましょう。 子宮の収縮 妊娠初期は、子宮の筋肉が少しずつ伸び始める時期です。 子宮の血流が多くなり、胎児の成長にともない筋肉が大きくなっていきます。 このとき、お腹の張りや痛みが生じやすいといわれますが、出血や強い痛みがなければ大きな心配はないと考えられます。 移動、立ちっぱなし 妊婦さんが長時間にわたり歩行したり、立ちっぱなしの姿勢が続いたりすると、体に負担がかかります。 子宮を支える円靭帯(えんじんたい)が引っ張られることで、お腹に張りや痛みを感じる場合があるようです。 この症状は「円靭帯痛」と呼ばれます。 冷え 体が冷えて血管が収縮すると、子宮の筋肉が緊張して、お腹の張りが生じやすくなります。 内臓が冷えることで腸の動きが弱まると、さらには便秘になりやすくなるため注意が必要です。 妊婦さんは日常生活のなかで意識して体を温めましょう。 ストレス ホルモンバランスの変化は、お腹の張りに影響しやすいといえます。 たとえば、感情の起伏が激しいときにお腹の張りを感じる妊婦さんもいらっしゃいます。 ストレスの影響で緊張すると、子宮が収縮しやすくなるため、リラックスする工夫ができると理想的です。 病気 妊娠初期のお腹の張りは、多くの妊婦さんに起こる症状で、基本的には問題がないといわれます。 しかし、症状によっては子宮内で異常が生じている可能性を疑ってみましょう。 例として、受精卵が卵管や卵巣などに着床してしまう「子宮外妊娠」や、卵巣が腫れてねじれる「卵巣のう腫茎捻転(らんそうのうしゅけいねんてん)」などの病気が挙げられます。 下腹部に強い痛みが続いたり、多量の出血があったりする場合には、速やかに通院が必要です。 妊娠初期にお腹が張るときの対処法 妊娠してお腹の張りが気になり始めたら、以下の対処法をお試しください。 ここでは、妊婦さんと胎児の健康状態に問題がないときに取り組める、対処法をご紹介します。 十分に休養する 妊娠中は妊婦さんの体に大きな負担がかかっているため、日常生活でも無理は禁物です。 お腹に張りを感じたら、座った状態で安静にしてお休みしましょう。 多くの場合、少し時間を置くと張りが収まってきます。 外出時もご自身の体調に配慮してお過ごしください。 栄養バランスの取れた食事を取る 腸内にガスがたまり、お腹が圧迫されている場合には、栄養バランスの取れた食生活を意識してみましょう。 食事を改善して腸内環境が整えられると、お腹の張りの解消につながることがあります。 このとき、発酵食品や食物繊維の多い食べ物を取り入れるのがポイントです。 また、こまめな水分補給を怠らず、水分を十分に摂取してください。 サイズに余裕のある服を着る 体を締めつける服やきつめの服は、妊娠中に着るのには適していません。 特に、ウエストの締まった服を着ると、お腹の張りを感じやすくなる場合があります。 服の締めつけによりお腹周りが緊張状態になるためです。 妊娠初期はまだお腹の大きさが目立ちにくい時期ですが、ゆったりとした服を着て体に負担をかけないよう心がけましょう。 医師に相談する お腹の張りが数時間経っても収まらないときは、医療機関で診察を受けて医師にご相談ください。 また、お腹の張りが長時間にわたり続く場合に限らず、しだいに痛みが強くなっているときや、出血が止まらないとき、お腹が硬くなって痛みが治まらないときも注意が必要です。 妊娠が安定期に入るまでは、特に体調の異変を見逃さないようお気をつけください。 妊娠初期に確認しておきたいこと 今回は、妊娠初期によくあるお腹の張りの症状や、その原因、対処法についてお伝えしました。 妊娠が始まると、お腹に圧迫感があったり、お腹がチクチクしたりすることがあります。 これは、妊娠の影響で腸が便秘のような状態になることや、子宮が収縮することなどが主な原因です。 日常生活では、食生活を改善して腸内環境を整え、体に負担をかけないよう心がけましょう。 また、お腹の張りと併せて強い痛みや出血などの異変を見つけたら、病気が疑われるため速やかに医療機関を受診することも大切です。 妊娠初期は、まだ妊娠が始まったばかりで、妊婦さんの体調が安定していない時期です。 しかし、この時期にはやるべきことが多くあります。 妊娠が発覚したら各種手続きを行うほか、妊婦さんの健康状態を確認するために検査が必要です。 また、妊娠10週以降になれば、胎児の健康状態を確認する「NIPT(新型出生前診断)」を受検できるようになります。 出産へ備えるために、できるだけ早い段階での出生前診断を検討されている妊婦さんは、お気軽に平石クリニックへご相談ください。 妊娠初期に胎児の健康状態を調べて、妊婦さんやご家族の将来に必要な情報を提供するお手伝いをいたします。

次の

妊娠初期の胃部膨満感

妊娠初期 お腹 張る

生理前にお腹が張る原因は、PMS(月経前症候群)です。 PMSは、女性ホルモンの急激な増減によって起こります。 女性ホルモンのバランスは腸の運動機能である「ぜん動運動」にも大きく関わり、お腹が張る場合は女性ホルモンのバランスの変化によって、ぜん動運動が弱っていると考えられます。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? PMSによる症状には個人差があります。 お腹が張る以外に出やすい症状に、以下のようなものがあります。 体の不調 下腹部痛、胸の張りと痛み、肌荒れ、めまい、肩こり、倦怠感、食欲増進、便秘、下痢など 心の不調 イライラする、無気力、気分が落ち込む、集中力低下、緊張感など PMSの原因はいまだにはっきりしておらず、ホルモンバランスの影響などが関与していると考えられています。 また、ストレスや嗜好品(アルコール、たばこなど)によってPMSが悪化する可能性も指摘されているので、できるだけ控えましょう。 お腹の張りがひどい場合は婦人科の受診を PMSによるお腹の張りは、多くの場合生理が来るとともにおさまるため、基本的には病院で治療を受ける必要はありません。 しかしお腹の張りや痛みといった症状がひどく、日常生活に支障が出る場合は、婦人科を受診することをおすすめします。 生理中にお腹が張る主な原因は、体の中にある「プロスタグランジン」という物質です。 プロスタグランジンは、発熱や体のさまざまな痛みを生み出す物質です。 生理中にプロスタグランジンが分泌されるのは、子宮を収縮させて経血を体の外に出すのを助けるためです。 子宮が収縮されると腸の動きが活発になるため、お腹の張りが起こりやすくなります。 お腹が張る以外にどんな症状があるの? 生理中にプロスタグランジンが分泌されると、便秘や下痢、腰痛といった症状も現れることがあります。 生理中に腰痛が起こるのは、プロスタグランジンの働きで子宮まわりの血管が過剰に収縮することが原因と考えられています。 生理中にできる対策は? 血管が過剰に収縮している生理中は、血流が悪く体が冷えやすい傾向にあります。 お腹の張りをはじめとした症状を和らげるには、下腹部を冷やさないようカイロを貼ったり、ひざ掛けなどで温めたりといった対策を行いましょう。 睡眠不足やストレス、過労も血流を悪化させる原因です。 生理中はできるだけゆとりをもって過ごすように心がけましょう。 また、プロスタグランジンの生成をおさえる薬を使用することでも改善が期待できます。 有効成分「ロキソプロフェン」が、生理痛やお腹の張りの原因となる「プロスタグランジン」の生成をおさえます。 それでも日常生活に支障が出るほどのお腹の張りや不快な症状が出る場合は、婦人科を受診してください。 生理前や生理中でもないのにお腹が張る・生理が来ない場合は、妊娠の可能性も考えられます。 基礎体温で高温期をチェック 基礎体温を測っている場合は、高温期がどれくらい続いているかチェックしてみましょう。 高温期が2週間以上続いている場合は、妊娠をしている可能性が高くなります。 ただし妊娠の兆候には個人差があり、中には「高温期7日目からお腹が張るようになり、妊娠が分かった」というケースもあります。 お腹が張る以外にみられる兆候は? 妊娠した場合、お腹が張る以外にもさまざまな変化が起こります。 以下のような兆候がみられる場合は、妊娠初期症状である可能性が高いです。 ・少量の出血があった ・胸が張り、乳首が敏感になる ・胸や胃がむかむかする ・おりものが増える ・体がだるい、熱っぽい ・トイレが近い メーカーにもよりますが、多くの市販の妊娠検査薬は生理予定日の1週間後から使えます。 生理が来ず、妊娠の可能性がある場合は、妊娠検査薬を使用してみると良いでしょう。 ただし、妊娠しているかどうかの最終確認は必ず産婦人科で行ってください。 女性が感じるお腹の張りは、生理周期によって原因が異なります。 生理前のお腹の張りが気になる人であれは、生理周期を把握して、PMSが現れやすい時期は症状を悪化させない生活を心がけることが大切です。 一方で、お腹の張りが妊娠や病気のサインであるケースも考えられます。 判断が難しい場合は、1人で悩まず婦人科で原因を特定しましょう。

次の

【荻田医師監修】妊娠超初期の症状と気をつけること|アカチャンホンポ

妊娠初期 お腹 張る

「お腹が張る」ってどういうこと? そもそも、妊娠中のお腹の張りとはどういうものなのでしょうか? 実は、「お腹が張る」という言葉で表される症状は、妊娠期間によって少しずつ違いがあるのです。 例えば、妊娠初期に「お腹の張り」と言う場合、子宮が大きくなる過程で生じる、つっぱるような感じを表すことがほとんどです。 また、妊娠中期以降になってくると、赤ちゃんが動いたときや、妊婦さんが長時間歩いて疲れてしまったときなどに、一定時間お腹が硬くなった様に感じることが多くなり、これを「お腹が張る」と言います。 そして、出産が近づいた場面では、まさに陣痛を「お腹の張り」と表現することもあります。 このように、「お腹が張る」という言葉の意味がいくつもあるため、特に初産の場合は混乱する妊婦さんが多いのです。 実際に筆者もそのうちの一人で、妊娠期間によって症状が違うというところを理解していなかったため、マタニティ雑誌などを読んでいても、お腹が張るという意味がよくわかっていませんでした。 妊娠超初期にお腹は張る? 妊娠のいつの段階で使うかによって、「お腹の張り」の意味が変わってくることを紹介しました。 では、妊娠超初期の段階で、お腹が張るということはあるのでしょうか? 妊娠超初期とは、一般的に最後の月経から1か月間を指すため、厳密にいえばそのうちの半分くらいの期間は妊娠していない状態です。 妊娠3週くらいで受精卵が着床し、妊娠が成立することがほとんどなので、妊娠に関するホルモンバランスの変化なども起きてくるのはこのころからです。 よって、妊娠超初期の段階では、まだ実感が出るくらい子宮が大きくなることも考えにくいので、子宮の変化が直接の原因でお腹が張る、とは言い難いです。 一方で胸の張りに関しては、よりダイレクトにホルモンの変化の影響を受けやすいため、割と早い段階から変化を感じる人が多いようです。 もし、明らかに胸の張りが普段の生理前とは違う、と思ったら、妊娠を疑ってみてもいいかもしれません。 では、妊娠超初期にお腹が張っているように感じる場合は、何が原因なのでしょうか? 超初期にお腹が張る原因・対策は? 実は、妊娠超初期にあたる期間にお腹が張っている場合、子宮ではなく腸が原因となっていることが多いです。 なぜなら、前述のように妊娠超初期(3週以降)から、妊娠に関する女性ホルモンの分泌が盛んになり、妊娠していなかったときとは全体のホルモンバランスが全く変わってきます。 すると、交感神経・副交感神経などの自律神経が乱れがちになる場合があります。 自律神経に乱れが生じると、その影響で腸の働きが悪くなり、便秘を引き起こすことがあるのです。 直接的に子宮の変化が生じているわけではありませんが、間接的には妊娠が関係して、「お腹の張り」が起きるというわけです。 この場合のお腹の張りへは、一般的な便秘への対策が効果を発揮します。 水分をこまめにとり、便秘改善に効果が高いと言われる野菜や食物繊維を多く含む食材を料理に取り入れましょう。 筆者個人的には、おからがオススメですよ! また、軽い運動も便秘改善につながりますが、無理は禁物です。 病院には行くべき? 妊娠の可能性がある女性で、排卵日から計算して妊娠超初期にあたる時期にお腹の張りが見られる場合、本当に妊娠している場合もあります。 しかし、妊娠超初期と呼ばれる時期には、妊娠により分泌が始まるhCGホルモンの量もまだ少ないため、妊娠3週~4週の早い段階だと市販の検査薬などを使っても正しい結果が出ない場合の方が多いです。 妊娠しているかどうかが気になるだけの場合は、せめて次の月経開始予定日を過ぎるくらいまでは様子をみて、その頃に気になるようであれば、一度妊娠を調べてみましょう。 もし、お腹の張りが我慢できないような痛みである場合は、病院を受診してください。 超初期はまだ、妊娠と関係したお腹の痛みが出るのには少し早いですが、例えば子宮外妊娠となっていてそのまま放置してしまうと、最悪の場合卵管破裂などを起こし、大量出血してしまうケースもあります。 なので、いくら早い時期であっても、心配になるほどの違和感がある場合には、念の為医師に診てもらうようにしてくださいね。

次の