鶏肉 せせり レシピ。 鶏肉のレシピ

胸やももとは違う!意外な希少部位「鶏肩肉」のヘルシー節約レシピ9選

鶏肉 せせり レシピ

鶏の照り焼きのレシピ/作り方 フライパンを中火で熱し、フライパンが熱くなれば 塩をせず、油をひかず、そのまま鶏肉を皮目から焼き始めます。 大きすぎると鶏肉にたれがしっかり絡まず、焦げ付きやすくなります。 火加減は中火のまま、 3〜4分かけてじっくりと皮目を焼き、こんがりと焼けたら裏返します。 焼くときのポイントは、皮目に凹凸があるので 焼く途中にヘラなどで、時おり強く押さえながら焼き、皮目全体にきれいな焼き色がつけること。 さらに、焼く途中に脂が出てくるので、 キッチンペーパーで脂を吸い取りながら焼くとカリッとなり、後から加えるタレものりやすくなってくれます。 裏返したら身側を焼きます。 鶏肉の厚みにもよりますが、裏返してから2〜3分ほど焼いて 鶏肉に完全に火が通る手前(8割ほどの火通り)にする気持ちで焼くとよいです(タレを加えて煮詰める工程でも火が通るので)。 火加減は中火のまま、調味料を煮詰めていきます。 はじめのころは調味料がフライパンの中で沸騰して、細かい泡が出てくるような状態です。 徐々にとろみがついてきて、泡が大きくなってきます。 このあたりから、スプーンを使って タレを皮に何度もかけて、ということを繰り返します。 しっかり煮詰まってきて、明らかにタレが少なくなってきたら火を弱めます。 タレをかける手を早めて、 皮の上にタレがとどまるくらいになるまで、しっかり味をのせ、たれが少なくなれば火を止めて鶏肉を取り出します。。 フライパンから取り出しても、写真のように皮目にタレがしっかりのっている状態がベストです。 取り出して食べやすい大きさに切っていただきます。 鶏肉の身が厚いときや、冷蔵庫から出したての冷たいものを焼く時などは、時間通りにやっても火通りが十分でない可能性も。 その場合は、裏返してから火を弱めたタイミングで 蓋をして蒸し焼きにし、芯まで火を通しやすくするとよいです。 ブリの照り焼きなどはブリに脂が多いため下漬けが必要ですが、鶏はしっかり後工程で煮詰めれば下漬けなしでも、十分に美味しく仕上がると思います。

次の

鶏肉の漬け込みレシピ17選!漬け込みの冷蔵・冷凍保存方法も

鶏肉 せせり レシピ

こんにちは、生かし屋 です。 鶏の部位で一番好きなのは?と聞かれれば「 せせり」と答えます。 せせりは鶏の首の筋肉で、1羽から少量しか取れない希少な部位です。 もも肉より脂肪が多いにもかかわらず、弾力のある食感が美味しいんですよね~。 祖母が鶏をおろす仕事をしていたので、小さい頃からよく食べたものです。 今回はそんな 鶏の「せせり」の美味しい焼き方と3種類の食べ方・レシピをご紹介しようと思います。 せせりの美味しい焼き方 オーブンでカリッカリに焼いたのも香ばしくって美味しいのですが、個人的には柔らかく弾力がより味わえるほうが好きです。 なので焼くときは、 短時間でかたくならないように焼きます。 下味としてせせりには塩を少々ふっておきます。 フライパンを火にかけてせせりを並べ、お酒を少しふって蓋をし、片面1分ほどで返して火が入りすぎないように焼きます。 生はNGなので確認したい場合は太い部分を切ってみてください。 せせりはそれほど厚くないので火加減は弱火~中火でかまいませんが、弱火が失敗しづらいと思います。 側面が白くなってきたら裏返します。 せせりの美味しい食べ方 ネギ塩ソース ・醤油 3 ・みりん 3 ・砂糖 1 ・万能ねぎ 少量なら醤油みりん大さじ1ずつ、砂糖小さじ1ですね。 調味料を合わせて火にかけ、煮詰まってとろみがでてきたら焼いたせせりに絡めます。 煮詰まってから入れないと、せっかく柔らかく焼いたせせりがかたくなるのでご注意を。 生のせせりを入れてソースと絡めながら加熱してもいいですよ~。 ご飯がすすむ味です。 さいごに 鶏の「せせり」の美味しい焼き方と3種類の食べ方・レシピのご紹介でした。 他にも酸味の効いたソースやピリ辛なソースなど、色々模索できそうです。 小さい頃よく食べていたのはなんと市販の「焼肉のタレ」。 これも美味しいんですよね~ 笑。 あまり食べたことがない方へ。 せせりは希少な部位ですが、スーパーによっては見かけると思いますので、ぜひ買って食べてみてください! ikashiya.

次の

せせりの人気レシピを紹介!簡単に下ごしらえするコツも解説

鶏肉 せせり レシピ

鶏もも肉…1枚(250gほど)• 長ネギ…1本• ししとう…5本• ごはん…2膳分• 卵…2個• 七味…お好みで• サラダ油…適量• Aしょうゆ…大さじ1• Aみりん…大さじ1• A酒…大さじ1/2• A砂糖…小さじ1 レシピ• 鶏もも肉は食べやすい大きさに切り、塩こしょうで下味をつけておきます。 長ねぎは3cmほどに切って、シシトウはヘタを切り落とします。 Aを混ぜ合わせておき、フライパンにサラダ油を引いて長ねぎとししとうを焼き色がつくまで炒めて取り出しておきます。 同じフライパンに油を引き鶏肉を皮目から焼いて、こんがり色がついたら裏返し蓋をして2〜3分中に火を通していきましょう。 余分な油をペーパータオルで拭き取り、Aを入れてとろみがついたら野菜を入れ戻して完成です。 器にご飯、焼き鳥、野菜の順に盛り付け、余ったタレと卵黄を乗せて濃厚でクリーミーな丼が完成します。 山椒や七味をかけても美味しいですよ! 鶏肉と厚揚げのコク旨チリマヨ炒め 材料• 鶏もも肉…2枚• 国産レモン…1個• バター…10g• 塩…少々(または醤油でもOK)• こしょう…少々• サラダ油…適量• お好みの添え野菜…適量 レシピ• 鶏もも肉に塩こしょうで下味をつけて、冷たいままのフライパンに油を引いて鶏肉を入れ弱火で30秒ほど表面を焼きます。 皮目に裏返しをして、中火より少し弱めにして10分ほどじっくり焼いていきましょう。 フライを返して数回ギューっと押して肉汁を身にかけていきます。 10分皮目を焼いたらまた裏返して、30秒ほど経ったら取り出します。 レモン半分を4枚ほどスライスして、残りの半分はレモン汁にしておきます。 同じフライパンを軽く拭き取って、弱火でバターを入れて溶かします。 レモンスライスとレモン汁を入れて塩こしょうを振ります。 さらに鶏肉をのせてレモンバターソースをかけて完成です。 レモンバターソースは、塩の代わりに醤油を入れても美味しくいただけますよ。 鶏肉と長ねぎのうま塩焼き 材料• 鶏もも肉…500g(唐揚げ用)• じゃがいも…3個(メークインがおすすめ)• 人参…1本• しいたけ…2個• ヤングコーン・スナックエンドウ…お好みでインゲンや絹さやでもOK• 塩…小さじ1/2(鶏の0. 5%)• 酒…大さじ1• 油…大さじ2• 水…2カップ• (ヤンニョンジャン)• 長ねぎのみじん切り…大さじ2• 生姜すりおろし…ひとかけ• 醤油…大さじ4• 砂糖…大さじ2• コチュジャン…大さじ2• ごま油…大さじ1• いりごま…小さじ1• にんにくチューブ…小さじ1 レシピ• 鶏もも肉は塩こしょうで下味をつけておきます。 じゃがいもと人参は皮をむいて乱切り、しいたけは1/4、スナップエンドウは筋を取って600Wでレンジで2分加熱します。 ヤンニョンジャンは全て混ぜ合わせておきましょう。 鶏肉に酒をふって鍋に油を引き、鶏肉に焼き色をつけていきます。 じゃがいもと人参、ヤングコーンを加えてさっと炒めた後に、水を入れて強火で煮詰めていきます。 沸騰したらヤンニョンジャンを半分加えて10分煮詰めます。 煮詰まったらしいたけと残りのヤンニョンジャンを加えてさらに5分間煮ましょう。 火を止める前にスナップエンドウを加えて完成です。 ヤンニョンジャンは少しピリ辛なので、辛いのが苦手な人はコチュジャンを控えめにしてくださいね。 うま鶏だしの塩ロールキャベツ 材料• 春キャベツ…1個• 鶏ひき肉…300g• 玉ねぎ…1/2個• 人参…1/2本• 卵…1個• パン粉…大さじ2• 鶏手羽先. …5本• 水…1500cc• A 酒…大さじ2• A 醤油…小さじ2• A みりん…大さじ1• 塩…小さじ1と1/2 レシピ• 手羽先に塩こしょうで下味をつけて、玉ねぎと人参はみじん切り、キャベツは芯を取り除いて大きめの鍋に1分ほど塩茹でします。 粗熱が取れ次第一枚ずつ剥がしていきます。 ボウルに鶏ひき肉、玉ねぎ人参を入れてよく混ぜ合わせて、卵とパン粉を加えてさらによく混ぜます。 キャベツを一枚ずつ広げて中央に50gほどの量をとり俵形にして置きます。 しっかりとタネを包みます。 心配であれば爪楊枝を止めましょう。 大きめの鍋に水を入れて沸騰させ手羽先をとAを入れ、弱火で8分ほど煮込み、ロールキャベツの巻き終わりを下にして入れて落とし蓋をし、15〜20分ほど弱火で煮込み完成です。 いつものロールキャベツを春キャベツに変えるだけで、とても甘みがあって美味しくなりますよ。 手羽先と大根の煮物 材料• 鶏もも肉…250g• 大根…300g(6cm• 片栗粉…大さじ1/2• A 砂糖・醤油…大さじ1• A 水…1カップ• バター…小さじ1 レシピ• 大根は皮をむいて薄くいちょう切りにし、鶏もも肉は食べやすい大きさに切って塩こしょうで下味をつけ片栗粉をまぶします。 フライパンにサラダ油を引いて鶏肉をこんがり焼き裏返し、空いているところに大根を敷き詰めます。 Aを回し入れて中火で5分ほど炒めにして、仕上げにバターを入れたら完成です。 少し甘めのレシピなので砂糖を調整してみても良いですね。 上からブラックペッパーをかけてもアクセントになるのでおすすめです。 鶏むね肉とズッキーニのおろし煮 材料• 鶏もも肉…1パック(300g)• 生姜…ひとかけ(10gほど)• A 醤油…大さじ2• A 酒…大さじ1• A 青ネギの青い部分…1本分• A 青じそ…5枚• 片栗粉…大さじ3 レシピ• 生姜はすりおろして絞り汁を作ります。 ポリ袋に入れて食べやすい大きさに切った鶏肉と生姜の絞り汁、Aを入れてよく揉み込み冷蔵庫で寝かせます。 ポリ袋からネギと青じそを取り除いて、片栗粉を入れて揉み込みます。 鍋に油を入れて160度の油で3〜4分揚げていき、4分放置し、さらに180度の温度で1〜2分揚げれば完成です。 唐揚げはきつね色になったら余熱で火が通ります。 二度揚げでサクッと美味しくいただきましょう。 チキン南蛮!ぬかタルソース 材料• 鶏むね肉…1枚• めんつゆ…大さじ1• 酒…大さじ1• 塩…小さじ1/2• 天かす…80gほど(1袋)• 小麦粉…大さじ6• A 青のり…小さじ2• A ごま油…小さじ1• A 水…60ml• A 塩…ひとつまみ• 揚げ油…適量 レシピ• 鶏むね肉は食べやすい大きさに切り、天かすはポリ袋に入れ叩いて細かくします。 鶏肉をポリ袋に入れてめんつゆと酒、塩を入れて漬け込んで15分以上置きます。 ボウルにAを混ぜて、漬け込んでおいた鶏肉の水気を切って天かすを絡めます。 フライパンに1cmくらい油を入れて、鶏むね肉を一つずつ丁寧に揚げていきましょう。 こんがりきつね色になったら引き上げて、余熱で火を通していけば完成です。 少ない油で揚げるには、温度を下げないためにも1つずつ揚げていくのがポイントです。 塩レモンから揚げ 材料• 鶏むね肉…1枚• リーフレタス…1/4束• きゅうり…1本• パクチー…2〜3本• ラディッシュ…1つ• 水…100ml• A 塩…小さじ1/4• A ごま油…小さじ1/4• A 八角…1かけ(あれば)• A 酒…大さじ1 レシピ• 鶏むね肉は半日から一晩Aのタレに漬け込んでおきます。 野菜は縦半分にして斜めに切っておきましょう。 鍋に水を入れ沸騰させて、鶏むね肉を入れ蓋をして中火にかけ7〜8分蒸し茹でにしておきます。 時間が経ったら火を止めて冷まします。 しっかりと冷ました鶏肉を食べやすい大きさに切り、お皿に野菜と鶏肉を乗せて完成です。 鶏肉の煮汁を煮詰めてソースにしても美味しいですよ。 鶏肉は前日にタレを漬け込めば良いので、とても簡単なレシピです。 ささみそチーズのレンジ蒸し 材料• 鶏むね肉…1枚• 塩麹…30g• 酒…大さじ2• 添え野菜…お好みで• A 粒マスタード…小さじ2• A 牛乳…小さじ2• A ケチャップ…小さじ1• A 砂糖…小さじ1• A 醤油…小さじ1/4• A こしょう…適量• A パセリ…おこのみ レシピ• ポリ袋に鶏むね肉と塩麹を入れて、よく揉み込んで半日寝かせます。 鶏肉の水分をよく拭き取って、フライパンにオリーブオイルを引き中火で鶏皮を下にして焼いていきます。 皮目に焼き色がついたら裏返して弱火にし、酒を入れて8〜10分ほど蒸し焼きにしていきます。 鶏肉を食べやすい大きさに切り、Aを混ぜ合わせたソースをかけて完成です。 鶏皮をパリパリにしておくことで、中はしっとりと柔らかく仕上がります。 どこの部位にもアレンジしやすく簡単に作れて、レパートリーも増やしやすいので試してみてくださいね。 鶏肉となすの味噌炒め.

次の