自動車 重量 税 検索。 自動車重量税計算ツール

自動車ユーザーの方

自動車 重量 税 検索

車両重量(重量に関係なく一律税額となる種別あり)と、新規登録からの経過年数に応じて税額が決まります。 以下は自動車重量税法の該当箇所です。 自動車重量税法(課税物件)第三条 検査自動車および届出軽自動車には、この法律により、自動車重量税を課する を支払う義務が発生するのは以下の場合です。 ・新車を購入し初度登録にて車検証(自動車車検証)の交付を受ける者 ・2年ごとの継続車検(自動車検査登録制度)にて車検証の交付を受ける者 *初度登録とは、運輸支局にはじめて登録申請し受理された年月 (軽自動車の場合:軽自動車検査協会) *初度登録の場合、初回車検が3年の車別あり *継続車検とは、初回車検以降2年ごとに受ける検査 つまり、 新車購入時にしろ継続車検時にしろ、自動車重量税を納税しなければ車検証の交付は受けられないということです。 自動車重量税はいつどこで払うのでしょうか。 自動車重量税の還付や13年経過の重課税制度についてご紹介します。 自動車重量税の計算方法「車両重量」と「車両総重量」がカギ! の算出には計算式は存在しません。 基本的に 「乗用車の車両重量」または「貨物車の車両総重量」(いずれも0. 5t単位)と「新規登録からの経過年数」によって税額が設定されます。 場合によってはスペヤタイヤ・車載工具を含まないこともあるようです。 荷物を積載して運搬することが目的である貨物自動車は、最大積載時の重量である「車両総重量」が税額を決定する基準となります。 車検証を参照しながら自動車重量税の基準となる項目について説明します。 車両重量と車両総重量について詳しくはこちら 普通乗用車 自動車車検証(普通乗用車) 出典 : この項では車検証の「自動車の種別」欄に「普通(もしくは小型)」、その右側の「用途」に「乗用」と記載されている車を「普通乗用車」として紹介します。 一般的に乗用車として使われる「」「」の車で、貨物車は除きます。 「車両重量」は、車検証の上から2段目にある「車両重量」欄に記載されています。 この重量が「の税額」を決定する基準となります。 たとえば「車両重量」欄に1,300kgと記載があれば、1,300kg=1. 3tが税額の基準です。 「初度登録年月」は、車検証の最上段 真ん中にある「初度登録年月」欄に記載されています。 「交付年月日」ではないため注意しましょう。 初度登録年月とは、その車が車両番号(ナンバープレート)の交付を受けた最初の年月のこと。 新車で購入時もしくは海外から輸入して日本で最初に登録した年月となりますので、「新規登録からの経過年数」がわかります。 また、車検証の最上段の左には「車両番号」が記載されており、これは車の前後にあるナンバープレートの番号と同じです。 軽自動車 自動車車検証(軽自動車) 軽自動車の場合は、乗用・貨物に関わらず、規定は同じです。 車検証の「自動車の種別」欄には「軽自動車」と記載されており、「用途」には「乗用」「貨物」と記載されています。 普通乗用車と同じく、「車両重量」「初度登録年月」の欄を確認してください。 貨物自動車 この項では車検証の「自動車の種別」欄に「普通(もしくは小型)」、その右側の「用途」に「貨物」と記載されている車を「貨物自動車」として紹介します。 「」「」の貨物車(軽自動車ではない貨物車)のことです。 貨物自動車の場合、重量の基準となるのは「車両重量」ではなく、「車両総重量」となるため、注意しましょう。 「車両総重量」は、車検証の上から2段目 最右にある「車両総重量」欄に記載されています。 「初度登録年月」は、普通乗用車や軽自動車と同じく該当する欄を確認してください。 車検証について 自動車重量税はエコカー減税制の対象に は制の対象となります。 エコカー減税は自動車重量税とのみ適用される制度で、「」は対象外です。 エコカー減税の基準となる税率(エコカーの本則税率)は、0. 5tにつき2,500円(年間)ですが、 新規登録・継続検査のタイミングによってエコカー減税額は異なってきます。 平成30年5月1日〜平成31年4月30日までに乗用車の新車新規登録または継続検査を行う場合を例に挙げてみます。 平成30年5月1日〜平成31年4月30日までに新規登録する新車 新規登録車の場合、確認するポイントは以下の通りです。 ・対象車:平成32年度の達成度 ・エコカー減税非対象車:排ガス規制要件+平成27年度燃費基準(+10%) エコカー減税には「免税」「75%減税」「50%減税」「25%減税」があり、それぞれ本則税率から軽減されます。 エコカー減税非対象車であっても、指定の燃費基準や排ガス規制要件を達成していればエコカーの本則税率が適用されます。 平成30年5月1日〜平成31年4月30日までに継続検査を行う車 継続検査車の場合、確認するポイントは以下の通りです。 ・平成32年度の達成度+新規登録時期 ・平成32年度燃費基準が未達成+新車からの経過年数 なお、平成32年度燃費基準を達成している車は、新規登録時期および当時免税対象だったかなどさらに細かな条件の確認が必要です。 新車からの経過年数については次の見出しで説明します。 エコカー減税・燃費基準についてはこちら 自動車取得税と自動車税についてはこちら.

次の

軽自動車の重量税

自動車 重量 税 検索

自動車重量税とは? 自動車重量税とは、自動車の新規登録時または車検の際に支払う税金のことです。 自動車の重量によって課税される金額が変わる税金で、自家用乗用車の場合は0. 5トンごとに課税される金額が変わります。 軽自動車の場合は、車両の重量にかかわらず一定の金額が課税されます。 環境性能に優れた自動車(エコカー)に対しては、減免される場合があります。 出典: 自動車重量税の還付金制度とは? 自動車重量税の還付金制度とは、自動車リサイクル法に基づき使用済自動車が適正に解体され、解体を事由とする永久抹消登録申請又は解体届出と同時に還付申請が行われた場合に、納付済みである自動車重量税の残月分が還付される制度のことです。 車検残存期間の確定日の翌日から車検証の有効期間の満了日までの自動車重量税が月割り計算されて還付されることになります。 出典: 還付金を受け取るための条件とは? 自動車重量税の還付金を受け取るためには、以下の条件を満たす必要があります。 <一時抹消登録または永久抹消登録をしている> 一時抹消登録または永久抹消登録とは、運輸支局で「車を一時的に使いません」「車を今後永久的に使いません(解体など)」という登録をする手続きのことです。 抹消登録をすると、ナンバープレートを返納して車検証もなくなるので、公道を走ることが出来なくなります。 出典: <車検の残存期間が1ヶ月以上ある> 自動車重量税の還付金は、納付済みの自動車重量税額から車検残存期間分を分割計算して還付されます。 そのため、車検の残存期間が1ヵ月以上ない場合は、還付金を受け取ることができませんので注意が必要です。 出典: 還付金はいつ返ってくる? 還付申請書が運輸支局等に提出されてから、所轄税務署より還付金が支払われるまでに約2か月半程度かかります。 もし3ヶ月以上経っても還付金の支払いがされない場合は、所轄の税務署へ問い合わせすることをおすすめします。 出典: 還付金額はどう決まる? 自動車重量税還付金は、納付済みの自動車重量税額から車検残存期間分を分割計算して還付されます。 以下の計算式にて還付金額が把握できます。 4つのケースごとに、還付金額の具体例をご紹介します。 【ケース1】一時抹消登録をしている場合• <条件>• 車検証の有効期間の初日:平成24年10月1日• 車検証の有効期間の満了日:平成26年9月30日• 納付された自動車重量税額:24,600円• 一時抹消登録日:平成26年3月3日• 【ケース2】一時抹消登録をしていない場合• <条件>• 車検証の有効期間の初日:平成24年10月1日• 車検証の有効期間の満了日:平成26年9月30日• 納付された自動車重量税額:24,600円• 【ケース3】車検証の返納をしている場合• <条件>• 車検証の有効期間の初日:平成24年10月1日• 車検証の有効期間の満了日:平成26年9月30日• 納付された自動車重量税額:6,600円• 車検証の返納日:平成26年3月3日• 【ケース4】車検証の返納をしていない場合• <条件>• 車検証の有効期間の初日:平成24年10月1日• 車検証の有効期間の満了日:平成26年9月30日• 納付された自動車重量税額:6,600円• 残存期間が4ヵ月と11日だとしても、4ヶ月分として計算されます。 そのため抹消した日付は関係ありません。 出典: 還付金の受け取り方法 自動車重量税の還付金の受け取りには、最寄りのゆうちょ銀行各店舗または郵便局に出向いて受け取る方法と預貯金口座への振込による方法があります。 ゆうちょ銀行の各店舗または郵便局に出向いて受け取る 指定したゆうちょ銀行の店舗または郵便局に出向いて受け取る方法です。 最終所有者以外の代理人が還付金を受け取る場合は、委任状が必要となります。 委任状に最終所有者本人の自署・押印が必要です。 出典: 預貯金口座への振り込み 指定した口座へ直接入金されることで、窓口に行く手間をかけず還付金を受け取る方法です。 ゆうちょ銀行を含む、全国の金融機関を利用することが可能です。 詳しくは利用しているインターネット専用銀行にお問い合わせください。 出典: まとめ 自動車を廃車にした際には、払い過ぎていた自動車重量税が還付されます。 廃車業者やディーラーが代理で手続きをで行なってくれるケースが多いです。 自動車重量税の還付金制度を理解し、廃車時には、廃車業者やディーラーに相談をするようにしましょう。

次の

自動車重量税の税額一覧表【乗用】

自動車 重量 税 検索

登録が基準日以後のほうが1割ほど得になりますが、排気量が大きい場合にはそれほど変わりません。 なお、登録から13年経過した場合にも基準日以前から1割ほど、基準日以後の場合には2割超の上昇と、自動車税が高くなる点も注目してください。 自動車税は排気量別と経年で課税額が異なる 自動車税の早見表を見てわかるように、排気量によって課税額が変わってきます。 排気量については、1リットル以下より500cc刻みで段階的に課税額が高くなり、最終的には6リットル超という区分です。 自動車税額の調べ方は、区分内の排気量と経年を参照して課税される金額が決まります。 例:3500ccの税金なら「3000超~3500以下」の区分、2400ccの税金なら「2000超~2500以下」の区分 自動車税を調べるときには、あなたの車について排気量を調べることが重要です。 また、ガソリン車とLPG車は初度登録から13年経過した場合には重課税となりますが、ディーゼルの場合には初度登録から11年経過で重課税となります。 初度登録とは 初度登録とは、普通車なら運輸支局に初めて登録申請をして受理された年で、軽自動車なら軽自動車協会に初めて届出申請をして受理された年です。 初度登録の確認は車検証によって確認することが可能です。 ただし、電気自動車やガソリンハイブリッド自動車などについては重課税の適用外です。 旧基準による自動車税の月割計算例 自動車税の月割り早見表です。 自動車の排気量に基づいて税額区分がされる自動車税ですが、月割計算をすることが出来ます。 こちらに掲載している情報は自家用・乗用車の月割り自動車税早見表になります。 表の見方ですが、登録月と排気量を参照したうえで対応した月割りの自動車税額となっています。 (例:1000cc以下の排気量を4月に登録した場合には年額29500円の11か月分に相当する27000円となる) 購入した月の次の月から3月までの年度による月割計算になり、3月に購入した場合には0円になることを確認してください。 自動車重量税は自動車の重量によって課税額が異なる 自動車重量税の課税額における特徴として、初度登録から13年経過及び18年経過で重課税になるという点で、13年に加えて18年についても重課が適用されます。 この初度登録から13年経過及び18年経過に対する考え方は国土交通省の文書で次のように記載がありますが、離島で登録している自動車以外においては難しく考える必要はありません。 車の重量によって道路などに掛かる負担を課税根拠にしている点で、期間経過の重課については道路負担の増加に直接的な因果関係が見られないことから、一つの疑問がある重課税項目といえます。 軽自動車税の早見表 軽自動車税に関しては次のようになります。 意外に知られていないことですが、良い車は市場に出回る前に業者間で買われてしまい、一般の人が良い車を安く買う事が出来ません。 「安い車を発見した!」ということで喜んでいられる状況ではなく、 質が悪いから安いという現実を知っておく必要があります。 逆に良い中古車は高い金を出して探すことになりますが、今はネットで業者間取引されている一般非公開車両を見ることが出来ます。 またネットだと有利な事が多く 「最長10年保証」「返品に対応」と普通に店舗で探すよりお得です。 もしあなたが中古車選びで失敗したくないならば、 ネットから業者と同じ立場で車探しをオススメします。 初度登録より13年・18年による重課税はなぜ行われる理由は、環境性能に優れた自動車を普及させるために、古くなった自動車の買い替え需要創出を行うためです。 その理由に、経年による重課の適用についてはエコカーなどが適用除外となっています。 また、一般財団法人:自動車検査登録情報協会では、平成30年3月末において自動車の平均使用年数を「13. 24年」となっている点も無関係ではないと言えます。 ただし、このような重課税の施策については環境負荷を考えるならば、古くなった自動車の廃棄と新たに取得する自動車による環境負荷を考えると、必ずしも自動車の買い替えが環境負荷に良い影響を及ばすわけではないという意見(通称:自動車税の旧車いじめ)もあることから、自動車産業への景気刺激措置の性格が大きいとの判断ができます。 自動車購入時の車輌税が複雑すぎます。 大雑把で良いので簡単に分かる方法はありませんか?.

次の