パッソ エンジン かからない。 パッソでよくある故障、持病と修理費用

車のエンジンがかからない原因と対処法まとめ

パッソ エンジン かからない

とりあえず、取扱説明書を確認 いざ使おうとすると、始動不良になる困ったチェンソー、ホームセンターにも良く持ち込まれています。 機械なので、部品が寿命だったり、調整がおかしくなったり、メンテの不行き届きなどで動かない場合があります。 点検修理に出す前に、少しだけ勉強してみましょう、自分のわかる範囲で良いのです。 ダメだったら修理に持ち込めばいい。 初心に返り、説明書を読んで見る 日本のチェンソーメーカーでは「故障の時は」「故障診断表」など説明書後半部分に記載されています。 外国のメーカーでは、メンテナンス方法として載っています。 インターネットで各社配布資料見ることもできます。 それをみて確認する事でも簡単なトラブルは回避でき、始動可能になることも有ります。 日本でのカタログダウンロードサイト 取扱説明書、部品表、サービスニュースなど商品に関連する各種サービス文書です。 やっと翻訳しないで済む。 エンジン始動方法確認 年中使っていない人は、エンジンのかけ方の再確認をしましょう。 燃料の確認。 前回、使用後に燃料を空にしたことを忘れて、タンクが空のままでエンジンをかけようとしている場合があります• チェーンブレーキを掛ける• エンジンスイッチがONの確認• プライマリポンプを数回押して、燃料をキャブまで到達させます• チョークを始動位置する• 安定した地面にチェンソーを置き、右 足でライトハンドル(右手で持つ方)押さえ、左手はライトハンドルを抑えた状態で、右手でスターターロープを引いてください。 パンっと初爆の音がしたら必ずチョークレバーを戻してください• チョークを戻すと、ハーフアクセルに成ってるので、アクセルは触らないように• 今一度、スターターロープを引いてエンジン始動です 初爆のあとチョークを必ず戻す アクセルは触ってハーフアクセルを解除しないように、もし触って解除してしまったら、再度チョークレバーを引いてから戻せばハーフアクセルは保持されます。 その状態で、数回、スターターロープを引いてエンジンを掛けます。 この、始動方法は一般的なものです、お遣いの製品によっては違うことも有ります。 詳しくは、製品取扱説明書のご確認をお願いします。 エンジン始動条件 さて、こまった始動不良のチェンソー、まずは、新鮮な燃料と綺麗なエアクリーナーを確認しましょう。 下の条件が有ればほぼエンジンは掛かるはずです。 ガソリンがシリンダに有る• 圧縮がある• 火花が出ている• マフラーが通っている 上記条件の確認方法として• プラグを外し、スターターロープを引き、プラグ穴からのガソリン臭の確認• プラグを外し、プラグ穴を指で押さえ、スターターロープを引き指の間から混合気がプシューと漏れる• プラグを固定しスターターロープを引き火花が出る• マフラー出口を指で押さえ、スターターロープを引く指の間から排気が漏れる 確認方法の注意事項• スターターロープを数回引いてから匂いをかぐこと、決してスターターロープを引きながら鼻を付けたりしない• 10bar程の圧力が掛かるので、指は跳ね返される• プラグアースが外れると、点火コイルの損傷に繋がるので注意• 詰まる原因としては、オイルもしくは虫などの場合が多いので手袋等使用の事 駄目な可能性 疑われる箇所• 燃料ラインが疑われる。 タンク内の燃料フィルター、燃料ホース、キャブのダイアフラム、古い燃料での固着、詰まり。 シリンダー、ピストンの状態チェック。 マフラー外して、排気口から覗き、傷の有無を確認してみる。 火花が出なければ、いったいモジュールなので、交換になる• 焼いたりして除去できなければ、交換 焼付きピストン i! ヒィィィ 治る可能性• 対処法は、プラグを外し、プラグ穴を下にして、スターターロープを10~20回引き、クランク内シリンダ内にたまった燃料を抜きます。 プラグも乾かします(炙る場合は気を付けて)そして、燃料が出切ったら、スパークプラグを取り付け、 チョークレバーを引かずにスターターロープを引いてください。 シリンダー&ピストンは程度によっては、改善の可能性も有りますが、今回は割愛します。 火花が出ないのは、コイル以外で、プラグコードの曲がって プラグが刺さる部分の接触が悪くなってる可能性も有ります。 木ネジをコードに刺すような形状なので、抜いてから刺しなおすことで改善するかもしれません。 そして プラグの清掃やギャップの調整も確認です。 ジャンク品など再生する場合、殆どこれに当てはまります。 実際それほど難しくなく、始動条件に挙げたようにシンプルです。 ガソリンが圧縮されて爆発し回る、ただそれだけです。 キャブは型番を調べ、指定の開度を超えているようであればそれはおかしいです。 Lの開度で掛からない時有りますが、直爆(シリンダに燃料)では関係ありません。 エンジンスイッチは基本キルスイッチになって居て、断線してもエンジン止まらなくなるだけですので疑うところではありません。 2stの場合、アイドリングの調整が決まらない個体はどこかおかしいことが多いです。 どうしても始動せずもしくは、始動しても安定して使えない場合、費用対効果考えて修理してください。 これも試してみてください。 暖かくなってくると、チェンソーには暑すぎる.

次の

パッソでよくある故障、持病と修理費用

パッソ エンジン かからない

「車のエンジンがかからなくなってしまった」 「エンジンはなんとか動いたけど、かかりが悪い気がする」 こんな経験はないでしょうか? 車のエンジンがかからなくなってしまったり、かかりにくいという状態になってしまったりする原因はさまざまです。 今回はエンジンのかかり具合に関するトラブルのよくある原因と、その対処法についてご紹介します。 車のエンジンがかからない・かかりが悪くなる主な原因 ガス欠 最もよくある原因は、何といっても「ガス欠」です。 ガス欠とは、ガソリン車が燃料切れになってしまい、走行できなくなってしまうことをいいます。 電気自動車の場合は、ガソリンではなく電気が車を動かすエネルギー源になります。 こちらも充電されている電気が尽きるとガス欠と同様、車を動かせなくなってしまいます。 また、ガソリンの量が十分でも品質が低下しているために走行できなくなってしまうこともあります。 ガソリンは経年劣化するため、長い間乗らなかった車にある日突然乗ろうとするとエンジンがかからなくなってしまうことがあるのです。 バッテリー関連のトラブル ガス欠以外によくある原因としては、バッテリー関連のトラブルが考えられます。 ここでいうバッテリーとは、電気自動車で使われる「走行用の電気が蓄えられたもの」のことではなく、ガソリン車などにも積まれている「セルモーター(エンジン始動用のモーター)や電装品を動かすためのもの」のことを指します。 ・バッテリーが上がっている 車のエンジンを始動するために必要なのが電気です。 電気は他にもカーステレオ、パワーウィンドウ、ライトなどの電装品を動かすためにも使われています。 これらの電気は普段バッテリーに蓄えられており、エンジンの停止中など必要なタイミングでセルモーターや電装品に供給されています。 もし、必要とされる電気の量が、バッテリーに蓄えられた電気の量を上回ってしまったとしたらどうなるでしょうか? そのような状態のことを「バッテリーが上がった(上がっている)」といいます。 バッテリーが上がってしまうとエンジンがかからなくなったり、かかりにくくなったりするので要注意です。 ・バッテリーターミナル腐食による接触不良 バッテリーは普段、バッテリー液と呼ばれる専用の液体で満たされています。 しかし、経年劣化や液の入れ過ぎによってときどきこのバッテリー液が外部に流出する「液漏れ」が生じる場合があります。 液漏れが起きると、「ターミナル」といわれるバッテリー上部の突起が腐食し、それが原因となって接触不良が起きてしまうことがあります。 バッテリーが接触不良になると電気が流れない、あるいは流れにくい状態になってしまうので、エンジンのかかり具合が悪くなってしまいます。 ・バッテリーの液量不足 バッテリー液は、液漏れだけでなく「量の不足」にも注意が必要です。 バッテリー液は充電に伴い一部が気化して量が減ってしまいます。 定められた液量よりも不足してしまうとバッテリーが性能を保てなくなり、エンジンがかかりにくくなってしまうでしょう。 ・バッテリーが寿命を迎えている バッテリーの寿命は一般的に2〜3年といわれています。 寿命を迎えるころに交換すれば問題はありませんが、古いバッテリーを使い続けていると、ある日突然エンジンがかからなくなってしまうことがあります。 ・気温が低い 寒冷地や冬に気温が低い場合、バッテリーの放電が正常に行えなくなってしまうことがあります。 このように、気温が原因でバッテリーが役割を果たせず、エンジンがかからなくなることもあるのです。 バッテリー以外の部品トラブル 車にはバッテリー以外にもさまざまな部品があります。 ガス欠やバッテリートラブルの可能性が低い場合は、その他の部品が故障している可能性も考慮してください。 ・セルモーターの故障 セルモーターとは、エンジンを始動する際に使われるモーターです。 そのためセルモーター自体が故障しているとエンジンを動かすことはできません。 ・オルタネーターの故障 オルタネーターとは、車の中でも「発電機」の役割を果たす部品です。 バッテリーに蓄えられる電気もオルタネーターから生み出されます。 オルタネーターが故障すると、走行に必要な電気を作り出せなくなってしまうため、エンジンがかからなくなってしまいます。 ・エンジンの故障 車のエンジン自体が故障してしまうと、当然ながらエンジンはかかりません。 エンジンが故障する理由として多いものは「エンジンのオイル切れ」、冷却装置の水切れによる「オーバーヒート(エンジンの焼き付き)」などがあります。 他にも、エンジンに燃料を供給する部品の劣化や、スパークプラグ(点火装置)の劣化などが原因にあるパターンもありえるでしょう。 ・電気系統のトラブル 何らかの原因で車内の電気系統に過剰な電流が流れると、部品を守るためにヒューズと呼ばれる装置が働きます。 ヒューズは断線することで部品の身代わりとなり、過剰な電流から車を守るのです。 このヒューズの断線が起こると電装品が動かなくなったり、エンジンがかからなくなったりする場合があります。 その他の原因 意外に「ヒューマンエラー」もエンジンがかからない・かかりにくくなる主要な原因のひとつです。 どれも注意していれば簡単に防げることなので覚えておきましょう。 ・ギアがパーキング以外に入っている 車は基本的にギアをパーキング(AT車)に入れていないとエンジンはかかりません。 ・ハンドルロック機能が起動している 盗難防止のため、エンジンがかかっていない状態でハンドルを動かそうとするとハンドルロック機能が起動しキーが回らない状態になります。 このハンドルロック機能は「ハンドルを左右どちらかに回しながら、エンジンキーを回す」ことで解除できます。 車のエンジンがかからない・かかりにくくなった場合の対処法 車のエンジンがうまくかからなくなったら、まずは原因を特定しその後原因に合わせた適切な対処法を行うのが肝心です。 次に紹介する手順に従ってチェックを進めれば、原因と適切な対処法をスムーズに見つけられます。 ・エンジンのかけ方を間違えていないか?• ・燃料(ガソリン)は足りているか?• ・ハンドルロックされていないか? エンジンがかからない原因がこれらの人為的なミスであれば、それぞれ正しい操作を行うことで対処できます。 エンジンキーを挿してACC(もしくはONの位置)まで回してください。 この状態で、「ライトが点灯」し、「パワーウィンドウが動く」場合、原因はバッテリー以外にある可能性が高いです。 もしライトやパワーウィンドウが動かなければバッテリートラブルを疑ってください。 モーター音がしない場合は「セルモーターの故障、もしくはバッテリー上がり」が原因だと考えられます。 モーター音はするがエンジンはかからないという場合は、気温が低い場所にいるなら寒さが原因である可能性があります。 そうでないなら、バッテリー以外の部品が故障しているのかもしれません。 バッテリー上がりの対処法はジャンピングスタートやジャンプスターター・カー用バッテリーを使う方法などがあります。 これらの方法でエンジンを始動できないか試みてください。 見事エンジンを始動できたなら、速やかに最寄りの自動車整備工場に向かってください。

次の

エンジンがかからないチェンソーは、これで解決

パッソ エンジン かからない

投稿日:2020-01-30 更新日:2020-02-03 この記事を読むのに必要な時間は 約 9 分です。 「パッソのエンジンがかからなくて困っている」という場合は、まずはエンジンがかからない原因を把握しましょう。 これは、エンジンがかからないのはパッソのバッテリー上がりをはじめとして、いくつかの原因が考えられるためです。 このコラムでは、おもにパッソ(2018年10月~)の「エンジンがかからない原因」や「バッテリー上がりの原因」などについてご紹介していきます。 また、エンジンがかからない場合の対処法やパッソのジャンプスタートの方法についても解説しています。 パッソのエンジンがかからなくてお困りの方は参考にしてみてください。 エンジンがかからない原因を特定しましょう まずは、エンジンかからない原因がパッソのバッテリー上がりにあるかどうかを確認しましょう パッソのエンジンがかからない場合に考えられる原因はなに?前兆と対処方法について パッソのエンジンがかからない場合、次の原因が考えられます。 バッテリーカバーをマイナスドライバーなどで外し、新しい電池に入れ替えましょう。 ・ ガス欠を引き起こしている メーター上の燃料残量警告灯が点灯している場合は、ガソリンを使いきっている可能性があります。 ガス欠を引き起こした場合は、ロードサービスに依頼して給油してもらいましょう。 また、近くにガソリンスタンドがある場合は車をそこまで押していくまたは携行缶を借りて給油するのもひとつの手です。 携行缶のレンタルをおこなっているかどうかは、ガソリンスタンドごとに異なるため事前に確認を取ることをおすすめします。 ・ エンジンがかかる条件を満たしていない パッソは条件を満たしていない状態でエンジンスイッチを押しても、アクセサリーモードになるだけでエンジンがかかりません。 シフトポジションがPの位置に入っているかつ、ブレーキペダルがしっかり奥まで踏み込まれているかどうか確認しましょう。 ・ オーバーヒートを引き起こしている 高水温警告灯が点灯または点滅している・焦げたニオイまたは甘いニオイがする・ボンネットから水蒸気または煙が上がっているなどの症状が出ている場合は、オーバーヒートを引き起こしている可能性があります。 エンジンが冷めるまで放置し、その後冷却水漏れが発生していないか確認してみてください。 冷却水が漏れている場合は、ディーラーに相談しましょう。 ・ ステアリングロック(ハンドルロック) ロックは基本的にはエンジンを入れれば自動で解除されますが、解除されないケースがあります。 ステアリングロックがかかっている場合は、エンジンスイッチのランプが点滅します。 シフトレバーをPに入れた状態で、ハンドルを左右に回しながらエンジンスイッチを再度押してロックを解除しましょう。 バッテリー上がりの原因や対処法については次以降の章で解説するので参考にしてみてください。 該当する原因がない場合は 上述の原因に該当するものがない場合、どこかしらの部位が故障している可能性があります。 メーター上の警告灯やパッソの取扱説明書などを確認しつつ、原因を探ってみてください。 どうしても原因がわからない場合は、ディーラーに相談しましょう。 パッソのバッテリーが上がる要因を把握して予防しましょう ここでは、パッソのバッテリー上がりが発生する要因について解説していきます。 バッテリー上がりの要因や予防法を知りたい方は、参考にしてみてください。 車のバッテリーが充電される仕組み バッテリー上がりの原因を知る上で「車のバッテリーが充電される仕組み」は重要な要素のひとつです。 車には、オルタネーターという部品があります。 この部品の役割はエンジンの稼働中、つまり車の走行中に電力を生み出してバッテリーを充電することです。 逆にいうと、車は走行しないとバッテリーを充電できないということになります。 バッテリー上がりの要因 パッソのバッテリー上がりの要因には次のものがあります。 停車中にライトが点いたままだと、充電ができないまま電力が消費され続けて、最終的にはバッテリーが上がってしまいます。 ・バッテリー上がりが頻発する場合は、ディーラーに相談する。 ・メーカーのホームページで不良品・リコール関係の告知がないか確認する。 ブースターケーブルでジャンプスタートをおこないましょう パッソがバッテリー上がりを引き起こしている場合は、ジャンプスタートをしてエンジン始動に必要な電力を確保しましょう。 ジャンプスタートの手順 パッソのジャンプスタートに必要なものと手順は、次のとおりです。 【下準備】 1. パッソと救援車が向かい合わせになるように駐車する。 向かい合わせで駐車ができない場合は、並列に駐車してください。 救援車のボンネットを開ける。 ブースターケーブルを用意する。 【手順】 1. 黒のケーブルを救援車の-端子に接続する。 黒のケーブルを、パッソのバッテリーから離れた未塗装の部分(ナットなど)につなぐ。 救援車のエンジンをかけて、そのまま5分ほど待機する。 パッソのシフトポジションをPに入れた状態で、ブレーキペダルを踏み込みながらエンジンスイッチを押す。 エンジンがかかったら、接続したときと逆の手順でケーブルを外す。 手順7でジャンプスタートが無事に完了した場合は、次の章を参考にしてみてください。 【手順7で失敗した場合】 パッソのジャンプスタートは、1回ではうまくいかないことがあります。 手順7でエンジンがかからなかった場合は、ケーブルが正しく接続されているかを確認した上で手順5からやりなおしてみてください。 何回もジャンプスタートをしていると救援車またはパッソのバッテリーが故障する危険性があります。 そのため、2~3回ジャンプスタートに失敗したらロードサービスに相談しましょう。 ジャンプスタートが完了したらやること ジャンプスタート終了直後は、バッテリーの残量がかなり少ない状態です。 この状態でエンジンを切ると、再度バッテリー上がりを引き起こしかねません。 そのため、ジャンプスタートが完了したら30分前後は車を走らせてバッテリーの充電をおこないましょう。 また、パッソはバッテリー上がりをおこすと電子機器の記録が初期化されるケースがあります。 そのため、ジャンプスタート後は必ずディーラーに点検してもらってください。 救援車が周りにいない場合の対処法 ジャンプスタートは、救援車がいないと実行することができません。 そのため、救援車を確保できなくてジャンプスタートを実行できないというケースがあるかもしれません。 そこで、ここでは救援車が周りにいない場合のジャンプスタートの対処法について解説します。 【ジャンプスターターを使用する】 ジャンプスターターとは、車のバッテリーに専用のケーブルを接続して直接充電することができる機械です。 ホームセンターやカー用品店などに売っていることが多いです。 【ロードサービスを利用する】 大きく分けると「JAFのロードサービス」と「自動車保険に付帯しているロードサービス」の二種類があります。 ・ JAFのロードサービス 会員の場合は無料、非会員の場合は約13,000円(2020年1月時点)でジャンプスタートをおこなってもらえます。 バッテリー交換が必要な場合は料金が異なるため、注意してください。 ・ 自動車保険に付帯しているロードサービス 「ロードサービスが付帯しているかどうか」「ロードサービス料金が有料か無料か」は加入している保険や契約内容によって異なるため、保険会社に確認を取ってみてください。 パッソは押しがけに対応していない 救援車がいなくてもできるバッテリー上がりの対処法のひとつに「押しがけ」という方法があります。 押しがけとは、人力で車を押してタイヤを回転させることによってエンジン始動に必要な電力を確保する方法です。 しかし、パッソは押しがけによるエンジンの始動ができない車種なのでやらないようにしてください。 まとめ パッソのエンジンがかからない場合、様々な原因が考えられます。 そのため、まずは「パッソがバッテリー上がりを引き起こしているのか」それとも「なにかしらほかの問題がでているのか」を見極めましょう。 原因がわからない場合は、ディーラーに相談することをおすすめします。 「パッソがバッテリー上がりで動かない」という場合は、弊社にご相談ください。 安価で素早く対応できる業者をご紹介させていただきます。

次の