公務員試験 予備校 社会人。 東京都内の公務員試験予備校おすすめ人気ランキング10選【面接対策もバッチリ!合格率が高いのはどこ?】

大学生におすすめの公務員試験予備校比較ランキング・ベスト3

公務員試験 予備校 社会人

結論この記事を見てわかること ・公務員試験の勉強を「独学」「予備校」どちらにすれば良いかそれぞれ解説 ・公務員試験に備えて勉強法を学べる 公務員試験を受けようと決めたあとすぐに悩むことが 「独学で勉強」か「予備校に通って勉強」 どちらが合格確率が高いかですよね。 やとよん自身は 「独学」「3カ月の勉強」で市役所の試験に合格しました。 ですから、 「独学」で必ず合格できる!! と言いたいとろこですが、人によって向き不向きがあります。 高校受験を思い出してほしいのですが、中学校時代から 「塾」に通っていた人たちがいましたよね。 では、その人たちがみんな偏差値の高い高校に入学しましたか? 恐らく違うかと思います。 「独学」でも難関高校に合格した人もいれば、そうでない人もいる。 結局はその人にどちらが向いているかということです。 いまから 「独学」「予備校」それぞれのメリット等を解説していくので、これが読み終わる頃には悩みが解消されているはずです! 公務員試験「独学」 独学は合格しない? やとよんはTwitterもやっているのですが、最近DMをいただけることが増え、質問の中で 「独学で公務員試験を合格したんですか?」「独学だと勉強が大変じゃないですか?」 といった質問をいただいています。 結論から言うと 「独学」でも十分に合格は可能です。 やとよんは教養試験のみなので、専門試験を受けてないですが、友人の県庁職員や政令市職員も独学で合格している人が半分程度います。 特に教養試験のみの市役所に働きながら勉強して合格した同期は全員 「独学」で合格しています。 「独学だと合格できないかな?」 という気持ちはなくしてしまいましょう。 どちらが正しいのではなく、 「独学」と「予備校」それぞれの特徴を理解して、自分にはどちらが向いているか冷静に見極めることが大切です。 あまり知られていませんが、「独学」の学習にも「予備校」にはないメリットがたくさんあります。 やとよんの体験談も含めて紹介していきます。 独学のメリット 独学で勉強するメリットはこちらです。 メリット 1・自分の好きな参考書を選ぶことが出来る 2・予備校に通う時間等無駄な時間をかけなくていいい 3・自分の成長速度にあったペースで勉強できる メリット1・自分の好きな参考書を選ぶことが出来る 高校受験や大学受験でいろいろな参考書を使ってきたと思います。 そのときに 「こっちの参考書のほうが使いやすいな」「先生おすすめの参考書は使いにくい・・」 と感じたことはありませんか? 高校受験や大学受験を思い出してもらうと、 参考書によって学習スピードが大きく変わったり、本番での点数も違ってきます。 公務員試験を勉強していくうえで参考書選びは非常に重要です。 いまはネットでも多くの参考書が比較でき、買うことが出来る時代です。 独学で勉強すればそれぞれの科目にあった参考書を自分で選んで組み合わせることが出来ます。 逆に予備校では指定のテキストを使用することが必須。 参考書を自分で自由に選ぶことは難しいです。 注意予備校でも参考書を自分で購入して勉強することはもちろん可能です。 ただ、授業は指定のテキストを用いて進みますし、2重に購入しないといけないので金銭的にも非効率的です。 メリット2予備校に通う時間等無駄な時間をかけなくていいい 予備校に通うメリットとして 勉強友達ができる!って考えていませんか? 確かに同じ志をもった仲間がいることは心強いですが、その一方で予備校でのおしゃべりや、勉強会と称したご飯・飲み会・その他様々な付き合いが発生します。 また、自宅から予備校に 通う時間が発生します。 このような時間がどんどん積み重なっていき、勉強以外の時間が増えていきます。 特に時間がない社会人ではこの時間を無駄と位置づける必要があるかと思います。 独学なら自宅で黙々と勉強することに集中することができますよね。 時間の節約ができるのも独学のメリットのです。 メリット3・自分の成長速度にあったペースで勉強できる あなたも勉強するペースを乱されると嫌になった経験ありませんか? 独学で勉強すると自分のペースで 「今日は朝8時から夜9時まで勉強だ!」 「日本史は得意だから苦手な数的処理に時間をかけよう」 といった配分をすることが出来ます。 一方、予備校に通うと自分のペースで必ず学習できるとは限りません。 ほかの生徒たちと一緒に時間割が決まっていて学んでいきます。 予備校には、授業を録音したDVDで行う講義や自宅でできる通信型の学習もありますが、独学ほど自分のペースで勉強することはできません。 独学でも勉強に向いている人 ここまで独学のメリットを紹介してきましたが、独学に向いている人は これまで勉強をコツコツこなすことが出来た(勉強が得意な)人 具体的には• 夏休みの宿題を計画的にこなせた人• 定期テストを一夜漬けでなく1-2週間計画的に勉強した• 勉強が得意な人 勉強が得意な人は、独学のメリット 「自分で好きな参考書を選ぶことができる「自分のペースで勉強できる」「無駄な時間をはぶける」を生かすことができます。 これまで勉強を頑張ってきていない人は自分に合う勉強スタイルや参考書選びも苦手。 1人で自分を律して勉強することも苦手な場合が多いです。 独学に向くのは勉強が得意で自分のペースを知っている人が向いているということになります。 やとよんおすすめ独学勉強法 やとよんは以前にも書きましたが、 独学3カ月の勉強で公務員試験に合格しました。 偏差値50程度の大学ですので、勉強が得意なほうではないですが、スポーツを学生時代バリバリやっていたので 「目標に向かって道筋を立てて、自分のコントロールして突き進む」 能力だけはあったかと思います。 やとよんの勉強法は下の記事に書いてあるのでぜひ見てください! 公務員試験「予備校」 公務員試験予備校に通えばみんな合格? あなたは予備校に通う際にどのようなメリットがあれば通いますか? 「合格実績NO1」「就職率100%」「この予備校に入れば楽に合格できる」 このような謳い文句が並べられていれば予備校もいいなと思いますよね。 やとよんも公務員試験を受けようと決めた際にはいろんな予備校の情報を検索しましたし、実際に見学にも行きました。 ただ、 予備校に行けばすべての人が必ず試験に合格することはできません。 予備校でも独学でも最終的には試験勉強をあなたがどれだけ必死に頑張るかが合否を分けることになります。 「予備校に入ったから安心だ!」 と油断している人は、合格することは難しいでしょう。 やとよんは結局独学にて公務員試験を勉強しましたが、面接対策についてはほとんど何も対策せずに試験に臨みました。 幸いにも面接は得意という自負があったのでよかったですが、面接が苦手な人は予備校の模擬面接を活用すると良いです。 公務員予備校のメリット 予備校に通うメリットはこちらです。 公務員試験専門の講師と教材から効率的に学ぶことが出来る• 他の合格者と比較して自分に足りないものを把握できる• 小論文や面接の対策ができる メリット1・公務員試験専門の講師と教材から効率的に学ぶことが出来る 予備校には公務員試験のエキスパート先生がたくさんいます。 その講師から各科目の攻略法について学ぶことができるのが最大のメリットです。 やとよんは独学で勉強しましたが、参考書を読んでいてわからない箇所が出てきた場合に検索して解決していました。 ただ、 予備校では専門家である講師がすぐに教えてくれるため検索する手間が省けるメリットがあります。 また、講師は多くの合格者を輩出しているので 自分の現状や足りない箇所についてアドバイスをくれたり、孤独な勉強をすることが少なくなります。 大学時代に公務員講座を少しだけ受講していましたが、同じ公務員試験を受ける仲間がいることは非常に心強いし、一緒に頑張れます。 そんな仲間が欲しい場合も予備校はおすすめです。 メリット2・合格実績のあるカリキュラムにそって学習ができる 独学で勉強していると、学習科目の時間配分や科目ごとの力の入れ方を間違えてしまうことがよくあります。 例えば 「地理を勉強したのに出題がなかった」「英語に時間をかけすぎて数的処理の勉強が終わらなかった」といったことです。 予備校では、合格に向けて最短距離で勉強するカリキュラムがあります。 そのため、自分で学習ペースを考えなくてもペース配分を間違えることはないでしょう。 もちろん全て予備校にお任せではなく、自分で学習の工夫をすることにより合格確率がぐっと高くなります。 メリット3・小論文や面接指導が受けられる 独学で勉強していて一番困るのは、小論文や面接の対策です。 やとよんは面接が得意という自負?があったので対策は最小限で面接に臨みましたが(本当に良かったのかは別にして・・)、苦手意識がある人は対策が必ず必要です。 やとよんの市役所でもそうですが、 近年の公務員試験は面接を非常に重視しています。 その面接を対策せずに合格は難しくなっています。 筆記科目の勉強なら市販の参考書を使用すれば乗り切ることができますが、小論文や面接は本を読んだだけでは合格点は取れません。 予備校では模擬面接や小論文の添削を行ってくれるので、その部分だけ予備校に通うこともおすすめです。 予備校に向いている人 予備校に向いている人は• 小論文や面接が苦手な人• 学生時代から勉強が苦手な人• 難関公務員試験(国家総合職等)を受ける人 独学に向いている人が 「勉強得意な人」だったので、予備校に向いているのが 「勉強が苦手な人」です。 予備校は実績に基づいてカリキュラムが組まれるため、合格までの戦略等が描けない人でも指示されたとおりに勉強していけば合格に近づくことが出来ます。 特に 難関の公務員試験に挑戦する人は予備校の必要性が高くなります。 東大出身の一度目にしたものは忘れないレベルの天才は別ですが、筆記試験の難易度が格段に上がり、出題傾向も特殊になっているので市販の参考書だけでは難しくなります。 面接や小論文が苦手な人も、予備校がおすすめ。 やとよんのように社会人経験があり、民間就活の際に面接を多くこなした人は、多少の対策でも十分に対応可能レベルかもしれません。 予備校の選び方 これまで予備校のメリットをお伝えしてきましたが、予備校を選ぶ際にどのポイントを重視すれば良いか書いていきます• 講師や授業は自分に合うか?• 校舎までの通学時間は?• 費用的に支払える内容か?• 費用にどこまでのサポートが入っているか? ポイント1・講師や授業は自分に合うか? 多くの公務員予備校で 「無料体験授業」が実施されているので、試しに受講してみてください。 やとよんも予備校には通いませんでしたが、複数の「無料体験授業」に行きました。 同じ科目でも学校や先生によって授業内容はかなり違っていたので、自分に合う学校を見つけましょう! ポイント2・校舎までの通学時間は? 2番目のポイントは校舎までの 通学時間です。 いくら授業や講師が自分に合いそうな学校でも通学に1時間かかると行く気力が無くなってしまいますよね?自宅からなるべく近い予備校を選ぶことをおススメします。 近くに校舎がない場合は、独学やオンライン通信学習をおススメします! ポイント3・費用的に支払える内容か? 3番目は費用の問題です。 公務員試験を受ける人の中で退職してから学校に通うかたもいるかと思います。 貯金や親からの支援があれば良いですが、 金銭的に困窮している場合に無理をして予備校に入ると試験を合格しなくてはいけないというプレッシャーで押しつぶされてしまう場合があります。 やとよんの友達も就職後すぐに会社を辞めて公務員予備校に借金を背負って入りました。 ただ、金銭的不安から来るプレッシャーに押しつぶされて、途中で学校を辞めてしまう結果になりました。 そのため、費用を無理なく支払えるかは必ず確認してください! ポイント4・費用にどこまでのサポートが入っているか? 最後にせっかく支払う費用の中に どんなサポートがあるのか確認してください。 これは学校によって内容にかなり差が出てくるところです。 面談が無限にサポートしてくれる学校や模試費用も負担してくれる学校等いろいろなサービスがあるので、ぜひ比較してみてください。 ここまで公務員試験が独学か予備校のどちらが良いか比較してきました。 やとよんは最終的には独学で受験しましたが、専門試験を受けるかたは予備校に通って科目ごとにきちんと対策することで合格率が格段に向上すると思います。 この記事のまとめです。 〇独学・予備校どちらも良さがある。 最後は自分で勉強する力が大切 〇独学に向いているのは「勉強が得意な人」 〇予備校に向いている人は「勉強が苦手な人」「小論文や面接が苦手な人」「難関の試験(国家総合職等)を受ける人」 〇公務員試験は様々な情報があるため、自分で情報収集して取捨選択することが必要 次年度の公務員試験を受験しようと考えている人はそろそろ動き始めないと対策を十分に行うことができません。

次の

公務員予備校おすすめ6選

公務員試験 予備校 社会人

公務員試験の対策として、通信教育、予備校通学、独学の3つのパターンがあります。 おそらく、公務員試験の受験を決意した段階で、誰もが悩むことだと思います。 通信、通学、独学のメリット・デメリットを紹介しますので、参考にしていただければ、と思います。 WEB・DVD通信教育・講座 自宅でWEB・DVDによる講義を視聴することができるので、通学など無駄な時間を削減することができます。 また、公務員予備校のノウハウが詰まったテキストによって要点を絞った・効率的な試験対策をすることができますので、個人的におすすめの手段です。 通信講座は忙しい会社員・アルバイトとして働く、社会人・学生に評判が良い公務員試験対策です。 また、欠点は一人で勉強するのが苦手だと続かないということです。 ある程度は「公務員試験合格!」の意識の強さが必要になってきます。 *集団・個別面接指導、論文・作文添削、適性試験・検査、公務員模試などのサポートをしてくれる通信予備校も多いです。 メリット• 要点を絞った効率的な試験対策ができる• 通学に比べて費用が安い• 忙しい会社員・学生でも空いた時間に学習できる デメリット• 予備校に行く回数が少ないので友達を作りにくい• サボろうと思えばいくらでも妥協できる• 今すぐ直接質問・指導を受けるのは難しい 通学教室・予備校 通学教室では同じ公務員試験合格を目指す仲間と勉強することになりますので、友達を作りやすいメリットがあります。 また、仲良くなれば、公務員試験情報の交換もできますし、モチベーションは上がるでしょう。 さらに、公務員試験のノウハウを持った、専門講師が授業してくれますので、集中して勉強しやすい環境を作ることができますので、中身の濃い学習をすることができます。 しかし、デメリットで言うと、通信教育に比べて費用が高いため、そちらに流れている受講生も多いようです。 また、自宅から距離が遠い方や忙しい会社員の方にとっては通学は過酷なモノになってしまう場合があります。 費用は多少掛かっても、公務員試験に専念したい!という方におすすめです。 メリット• 公務員専門講師の授業を生で聴ける• 一緒に公務員を目指す友達を作りやすい• 妥協しにくい環境を作ることができる デメリット• 通信に比べて費用が高い• 通学に掛かる時間が無駄• 自分のペースで勉強を進めることができない 独学・市販テキスト 独学には公務員予備校のように、カリキュラムは存在しません。 そのため、自分の学びたい教科を好きな時間帯に勉強することができます。 自分の勉強方法に自信を持っていて、成績も合格圏内であれば、あえて公務員通信・通学講座を利用するメリットはないでしょう。 しかし、1つだけアドバイスをさせていただくと、公務員面接に限っては予備校の力を借りるべきだと思います。 理由は公務員試験の集団・個別面接・集団討論などは民間企業とは求められることも、対策方法も異なるのです。 そのため、学校の先生や周りの方で適格なアドバスができる人はほとんどいないはずです。 面接のみの講座を開いている公務員スクールもありますので、利用の検討をおすすめします。 メリット• 自分のペースで勉強ができる• 費用を最小限に抑えることができる デメリット• 筆記・面接対策の効率が悪い• 間違った対策を指摘してくれる人が居ない 公務員予備校Q&Aコーナー.

次の

島根県の公務員予備校一覧(松江市)

公務員試験 予備校 社会人

クレアールの3つのポイント! ・格安のWeb通信! ・個別担任制でサポート万全 ・受講期限の延長ができる クレアールは東京都千代田区に校舎のある、 Web通信講座に特化した予備校です。 Web通信校ですので知名度はそれほど高くないかもしれませんが、公務員試験では長年の実績ある学校です。 社会人経験者コースには特に力を入れており、通常コースのほかに、 特別区コースと 札幌市型コースもあります。 社会人経験者採用試験に加え、 年齢上限の高い教養のみタイプの市役所試験の併願にも対応。 充実の一般教養講義から小論文、経験者論文、個別指導付の経験者面接対策講座と、リーズナブルなのに手厚い内容となっています。 単科講座も充実しており、たとえば 添削2回つきの経験者論文や、 面接シート添削2回つきの経験者面接も低価格で受講できます。 忙しい社会人の方には大変おすすめの学校です。 スタディングの3つのポイント! ・スマホで受験対策できる! ・大卒教養型受験に特化! ・格安のオンライン通信講座! スタディングはスマホやタブレット・パソコンを使ったオンライン通信講座。 コースに含まれる科目は、数的処理 数的推理・判断推理・空間把握・資料解釈 、文章理解 現代文・英文 、経験者論文、経験者面接。 これら全ての動画とテキスト、問題集はオンライン上にセットされているので、いつでもどこでも勉強できます。 アプリを使うと隙間時間にオフラインでの学習も可能なので、仕事と両立しながら公務員を目指せます。 メールアドレスやSNSアカウントでお試し登録できるので、まずは 無料体験がおすすめです。 東京アカデミーの3つのポイント! ・ALL生講義 ・面接対策に強い ・高い合格実績 東アカの授業は全て生講義。 講師による直接指導だからこそ、わからない部分もすぐに解決。 サポート力の高さで人気の学校です。 東京アカデミーの講座は全国統一ではなく、各地区に合わせたコース内容となっており、社会人経験者コースの内容も地域によって異なります。 たとえば関東エリアでは、 教養と人物対策を合わせたコースと、 人物対策のみのコースがあります。 人物対策のみのコースでは、論文対策と面接対策に絞った内容となります。 論文対策では、職務経歴書に加え、経験者論文と課題式論文、どちらにも対応。 面接対策では、個別面接のみならず、集団討論も対応。 比較的リーズナブルな価格で、必要な対策をもれなく実施します。 <新設>社会人経験者の通信講座 通信講座でも定評のある東京アカデミーでは、社会人経験者に特化した通信講座ができました。 教材テキストを中心とした学習になりますので、費用を抑えて無駄のない学習が可能です。 詳しくは資料請求にてパンフレットをご覧ください。 コース参考料金 ・クイックマスター経験者採用 ・経験者採用専願コース 2020年合格目標 115,000円〜 2021年合格目標 200,000円〜 更新:2020. 2017年度版では「大学卒業後にチャレンジ」「民間企業から転職」された合格者81名の方の声が掲載されていますので、ボリュームがあります。 なかでも面接試験エピソードは必見です。 既卒・社会人ならではの対策を知りたい方は、手にとってみてはいかがでしょうか。 こちらの体験記は資料請求すると手に入ります。 TACの3つのポイント! ・大卒レベルに強い! ・通信講座も人気高い! ・合格実績が高い! 大卒区分の試験において、TACほど多くの合格者を出している学校はないと思われます。 間違いなく実力校です。 TACの民間経験者採用試験向け専用コースでは、教養試験で出題される一般知能分野を徹底攻略し、さらに社会科学・人文科学・自然科学分野においては頻出分野を重点的に学習し、効率良く知識を習得できます。 合格の要となる、職務経験論文や職務経験面接対策も実施。 論文添削の回数無制限・模擬面接回数無制限ですので、納得いくまで取り組むことができます。 通学でのライブ講義のほか、Web+音声DL通信講座も選ぶことができるので、近くに教室がない方も検討の余地ありです。 社会人 民間 経験者採用試験とは 国家公務員や都道府県・政令指定都市では、民間企業での社会人経験者を採用する試験を毎年実施しています。 受験資格は 職務経験者4年以上とする試験が多いですが、特に指定がない場合もあります。 試験内容は 教養・論文・面接が中心、 専門試験がなく、教養試験のみのことが多いです。 試験自体の難易度は、一般試験と同じorやや易しめ。 倍率は職務経験の指定がない一般行政区分では高め傾向、指定がある場合はそれほど高くないことが多いです 民間から公務員へ転職を考えている方は、経験者採用試験のほか、年齢上問題なければ一般行政職試験を併願することも可能です。 一般行政職との併願受験を考えている方は、を参考にしてください。 具体的に合格実績まで知りたい!という方は、以下の記事も参考にしてくださいね。 参考:.

次の