アノニマス ファンファーレ。 FF7リメイク攻略|FF7R

ガラナ スキマスイッチ 歌詞情報

アノニマス ファンファーレ

師走の崩落は、カフスの裡面二つが喰って死んだ。 ねえ僕は如何だ、如何様か。 此れは電光朝露のゲイムだ。 欲張って頬張ったフラクタルは、腐った様だった。 宙に舞って銃を持って、もう目が廻って仕舞うわ! ブレイクダウン。 僕のせいと、疑っているのは誰? 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 最終回迄、僕は寸途、夢の中。 声を枯らして、愛を謳って、結末を待っている。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要無いわ! 今に、ステップイントウ! 踵鳴らす僕は二十三、時計と愛。 匿名の音楽は、肥育の外連一つを孕んで飛んだ。 方や僕は何だ、何様だ。 此れは半信半疑のルウルだ。 散らかった芥は迷路の如く、僕を勾引して行った。 點となって綫となって、嗚呼。 気が狂って終うわ! ブレイクダウン。 全部、全部、間違っているのは誰? 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 カアテンコウル迄、秘密は屹度、夜の中。 目を瞑って、偽名を貼って、行場を探している。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要ないわ! 名前を呼んで、僕を探して。 帷で独人法師になって。 エンドロウル迄、記憶は寸途僕の中。 忘れないで、思い出して。 徒花が咲いている夜に、鳴り響くファンフアレ! 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 最終回迄、僕は寸途、夢の中。 声を枯らして、愛を謳って、結末を待っている。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要無い! 終生は其の熏み付いた白月と酷似している。 三分と少しのエラーは、呼吸を開始した。

次の

sm35417028

アノニマス ファンファーレ

師走の崩落は、カフスの裡面二つが喰って死んだ。 ねえ僕は如何だ、如何様か。 此れは電光朝露のゲイムだ。 欲張って頬張ったフラクタルは、腐った様だった。 宙に舞って銃を持って、もう目が廻って仕舞うわ! ブレイクダウン。 僕のせいと、疑っているのは誰? 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 最終回迄、僕は寸途、夢の中。 声を枯らして、愛を謳って、結末を待っている。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要無いわ! 今に、ステップイントウ! 踵鳴らす僕は二十三、時計と愛。 匿名の音楽は、肥育の外連一つを孕んで飛んだ。 方や僕は何だ、何様だ。 此れは半信半疑のルウルだ。 散らかった芥は迷路の如く、僕を勾引して行った。 點となって綫となって、嗚呼。 気が狂って終うわ! ブレイクダウン。 全部、全部、間違っているのは誰? 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 カアテンコウル迄、秘密は屹度、夜の中。 目を瞑って、偽名を貼って、行場を探している。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要ないわ! 名前を呼んで、僕を探して。 帷で独人法師になって。 エンドロウル迄、記憶は寸途僕の中。 忘れないで、思い出して。 徒花が咲いている夜に、鳴り響くファンフアレ! 哀しくなって、言葉を売って、呼吸と二人法師になって。 最終回迄、僕は寸途、夢の中。 声を枯らして、愛を謳って、結末を待っている。 さらば!絶望的なハッピーエンド。 クラップハンズなど、必要無い! 終生は其の熏み付いた白月と酷似している。 三分と少しのエラーは、呼吸を開始した。

次の

ファンファーレの意味を教えてください

アノニマス ファンファーレ

感情 かんじょうなんてもんはどうしても 無駄 むだだって 悪魔 あくまは 言 いった 「 何 なにもかも 捨 すてちまえよ」 嗚呼 ああ、 快不快 かいふかいも、 喜怒哀楽 きどあいらくさえも! どうしようもない 事実 じじつ、ヒトは 終焉 しゅうえんから 逃 のがれられない 「 誰 だれも 抗 あらがえない 欲望 よくぼうに 従 したがえ」 思考 しこうを 休 やすめるな 脳 のうミソを 回 まわせ 「 誰 だれもお 前 まえのことなど 見 みちゃいないさ」 おかしくなってしまうことをどうして 恥 はじる? お 前 まえらに 完璧 かんぺきで 間違 まちがった 踊 おどり 方 かたを 教 おしえてやるから いっせーので 捨 すてちまえ、そんな 命 いのちならば 何十何百何千何万回学習 なんじゅうなんびゃくなんぜんなんまんかいがくしゅうしなさいな どうしたってさ、 空 からっぽの 頭蓋骨 ずがいこつだろ わかっているのかい? 感情 かんじょうなんていつ 何時 なんどきでも 邪魔 じゃまだって 悪魔 あくまは 言 いった 「 反論 はんろんの 余地 よちなどない」 嗚呼 ああ、 人生 じんせいに 意味 いみを 与 あたえておくれ! 420 よんにーまるでさえも 救 すくえない 終焉 しゅうえんがあると 知 しった 「 誰 だれも 疑 うたがわない 神様 かみさまを 疑 うたがえ」 思考 しこうを 休 やすめるな 脳 のうミソを 回 まわせ 「 誰 だれもお 前 まえのことなど 見 みちゃいないさ」 躊躇 ためらっている 数秒 すうびょうの 無益 むえきさを 知 しれ お 前 まえらに 完璧 かんぺきで 間違 まちがった 踊 おどり 方 かたを 教 おしえてやるから いっせーので 捨 すてちまえ、そんな 命 いのちならば 何十何百何千何万回学習 なんじゅうなんびゃくなんぜんなんまんかいがくしゅうしなさいな どうしたってさ、 頭 あたまん 中空 なかからっぽなこと わかっていないようだ 承認欲 しょうにんよくにレイプされ、 死 しんだ 花 はなをぶら 下 さげている 女 おんな 何 なんかを 愛 あいすことすら、ままならないまま 餌 えさを 待 まつだけ 踊 おどり 方 かたを 知 しらない、 芸術 げいじゅつの 価値 かちなどわからないやつらに 堕落 だらくしていれば 何 なにも 見 みえないまま 真善美 しんぜんびに 背 そむいた 踊 おどり 方 かたを 教 おしえてやるから いっせーので 狂 くるっちまえ、 惨 みじめな 姿 すがたで 何十何百何千何万何億人 なんじゅうなんびゃくなんぜんなんまんなんおくにんの 中 なかでさぁ、 そうして 埋 うもれていたっていいと どうして 言 いえるのだろう? ねぇ、 世界 せかいが 患 わずらっている 狂信 きょうしんは 健常者 けんじょうしゃでさえ 目 めが 眩 くらむような 光 ひかりを 放 はなっている 今夜 こんや、 悪魔 あくまがお 前 まえらにこう 云 いうぜ 「 神 かみとやらに 惑 まどわされるなよ」 感情 kanjou なんてもんはどうしても nantemonhadoushitemo 無駄 muda だって datte 悪魔 akuma は ha 言 i った tta 「 何 nani もかも mokamo 捨 su てちまえよ techimaeyo」 嗚呼 aa、 快不快 kaifukai も mo、 喜怒哀楽 kidoairaku さえも saemo! どうしようもない doushiyoumonai 事実 jijitsu、 ヒト hito は ha 終焉 syuuen から kara 逃 noga れられない rerarenai 「 誰 dare も mo 抗 araga えない enai 欲望 yokubou に ni 従 shitaga え e」 思考 shikou を wo 休 yasu めるな meruna 脳 nou ミソ miso を wo 回 mawa せ se 「 誰 dare もお moo 前 mae のことなど nokotonado 見 mi ちゃいないさ chainaisa」 おかしくなってしまうことをどうして okashikunatteshimaukotowodoushite 恥 ha じる jiru? お o 前 mae らに rani 完璧 kanpeki で de 間違 machiga った tta 踊 odo り ri 方 kata を wo 教 oshi えてやるから eteyarukara いっせ isseー ので node 捨 su てちまえ techimae、 そんな sonna 命 inochi ならば naraba 何十何百何千何万回学習 nanjuunanbyakunanzennanmankaigakusyuu しなさいな shinasaina どうしたってさ doushitattesa、 空 kara っぽの ppono 頭蓋骨 zugaikotsu だろ daro わかっているのかい wakatteirunokai? 感情 kanjou なんていつ nanteitsu 何時 nandoki でも demo 邪魔 jama だって datte 悪魔 akuma は ha 言 i った tta 「 反論 hanron の no 余地 yochi などない nadonai」 嗚呼 aa、 人生 jinsei に ni 意味 imi を wo 与 ata えておくれ eteokure! ねぇ nee、 世界 sekai が ga 患 wazura っている tteiru 狂信 kyoushin は ha 健常者 kenjousya でさえ desae 目 me が ga 眩 kura むような muyouna 光 hikari を wo 放 hana っている tteiru 今夜 konya、 悪魔 akuma がお gao 前 mae らにこう ranikou 云 i うぜ uze 「 神 kami とやらに toyarani 惑 mado わされるなよ wasarerunayo」.

次の