天国言葉。 「天国言葉と地獄言葉」斎藤一人さんから学ぶ毎日出来る簡単な習慣!

ガバジャラ、とほかみ、天国言葉、、どの効果?連続不思議体験した話

天国言葉

斎藤一人さんは天国言葉を口癖にして億万長者になられた日本一の納税者です。 たとえ気持ちが伴っていなくても、プラスの言葉を繰り返し口にすることで、気持ちや状況があとからついてくると仰っています。 斎藤一人さんはいつも、プラスの言葉を「天国言葉」、マイナスな言葉を「地獄言葉」と表現されています。 なんだかスピリチュアルな表現のしかたですよね。 口から発する言葉、つまり言霊の威力って、私たちが思っている以上のもので、天国言葉を口癖にしていると、相手にもそのプラスの言葉の波動が伝わって、いつの間にか気持ちもプラスになっていく・・素敵な現象だと思いませんか。 気が付いたら周りの人たちも天国言葉を使うようになっていくというから驚きです。 そこで今回は、そんな言霊の効果と斎藤一人さんが天国言葉で億万長者になった方法をわかりやすくお伝えしますね。 YouTubeで斎藤一人さんの音声を聴く前にちょこっとだけこの記事で事前勉強していきましょう。 そのほかにも、相手も自分も際限なく幸せになる言葉を天国言葉と呼び、それらを口癖にすることから始まるんだとか。 斎藤一人さんは、気付いた時に天国言葉を口にすることが大切と言います。 それは、誰かと会話をしているときだけではありません。 例えば、トイレに入っているときや家でのんびりくつろいでいる瞬間など・・いつでもいいんです。 言葉を発する必要のない瞬間でも、天国言葉を意識的に口にすることによって、引き寄せの法則が働き、また言いたくなるような幸せなことがたくさん起きるそうです。 信じられないような奇跡を起こしたければ、とにかく天国言葉を言いまくりましょう。 ちなみに、斎藤一人さんは気が付いた時に何度も独り言のようにつぶやいていたそうです。 重要なのは「現在形で言葉にすること」で、幸せになりたいではなく、今しあわせと言うことが大切なんですね。 スポンサーリンク 「地獄言葉」を使わない 天国言葉を使うと同時に、地獄言葉を使わないことも大事だと斎藤一人さんは言います。 地獄言葉とは、「恐れている」「ついていない」「不平・不満」「愚痴・泣き言」「悪口・文句」「心配ごと」「ゆるせない」などの負の感情がつまった言葉のこと。 言っている本人が際限なく不幸になる言葉だと斎藤一人さんは定義します。 でも実際には、言っている本人だけでなく、周囲の人たちも不幸になりそうな言葉ですよね。 愚痴や泣き言ばかりを聞いて、幸せになる人なんてなかなかいません。 いたとしたら、その人とっても変わっていると思います。 地獄言葉って、女性は特に軽く口にしてしまいがち。 女友達なんだから、愚痴くらい聞いてくれたっていいじゃない!と思うかもしれませんね。 確かに、時には発散も必要ですが、地獄言葉は決して人を幸せにしません。 ましてやそれを言っている本人が幸せになるはずないんです。 地獄言葉を使わないのが、実は一番の幸せへの一歩なのかもしれませんね。 「助けてください」と助けを求めるのではなく、「お助けいただきましてありがとうございます」とお願いしましょう。 助けてくださいとお願い事をしてしまうと、今ある困難だけが増長され、さらなる困難を引き寄せるのだと斎藤一人さんは言います。 詳細はこの本を読んで勉強しましょう。 なかでもP83〜P87の「ひとりさんが大好きな話」は感動で泣きそうになります。 スポンサーリンク そして、少し現状が回復し良い方向に進んだら神様に感謝するんです。 感謝とお願いの繰り返しで、現状はどんどん良くなっていきます。 「神頼み?」なんて思う女性もいるかもしれませんが、これは実際に斎藤一人さんが実践されてきた方法なので、ぜひ真似したいところ。 というわけで、1日に100回以上は次の言葉を口にだして言いましょう。 実際に何かが起きたとき、幸せなことを見つけられない人はこの感謝ができませんよね。 良いことへ感謝するためには、良いことに気付くためのアンテナを常に張っていることが重要です。 逆に、不幸なことにばかり目を向けてしまう人には逆のループが待っています。 言霊の力で幸せを手に入れた斎藤一人さんは、幸せを感じる感受性に富んだ方なんですね。 人間にとって、幸せの感受性はとっても重要なこと。 不幸のアンテナはゼロにしてしまってもいいくらいですが、幸せのアンテナは常にきちんと張って感度100%にしておくべきです。 きっとたくさんの幸せが目の前に落ちているはずですよ。 恐れや不安を手放す 斎藤一人さんは、恐れや不安を手放すことも重要だと教えてくれます。 確かに、危険や失敗を予測する能力は必要かもしれませんが、必要以上にそれにしばられる必要はありません。 恐れや不安の思いやそれを口にしたりしてしまうと、実際にそれを引き寄せてしまい現実のものにしてしまうんです。 絶対的な自信を持つことも時には重要で、それを裏付ける努力も大切ですね。 また、何度も同じ言葉を口にすることで、それが言霊の力によって確信に変わると斎藤一人さんは言います。 言葉の力って、侮れないですね。 この音声を聴くと天国言葉のスゴさがわかる 10分42秒 斎藤一人さんの天国言葉を口癖に!言霊の力で奇跡を起こす方法 いかがでしたか。 斎藤一人さんを知らないという人もいるかもしれませんが、最近はやっているマインドチェンジに興味があるなら、ぜひ知っておきたい人物です。 目指すものが斎藤一人さんのような億万長者でなくても、実践してみる価値はあります。 斎藤一人さんのように、言霊の力で奇跡を起こしたいという女性は天国言葉をたくさん口にしてみましょう。 まずはそこからです。 きっと、人生に素敵な奇跡がもたらされること間違いなしですから。 ・ まずはとにかく「天国言葉」を口癖にする ・ 「地獄言葉」を使わない ・ 神様には過去形でお願いごとをする ・ 良いことへのアンテナを最大限に! ・ 恐れや不安を手放す.

次の

不幸ばかり続く人に試してほしい「天国言葉1000回」のワーク|スピリチュアルの虎

天国言葉

まず、提唱者である斎藤一人さんについてご紹介します。 斎藤一人さんはこの天国言葉を実際に利用して億万長者、そして日本一の納税者になられているとっても偉大なお方です。 たくさんの本も執筆されているため、名前を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。 斎藤一人さんは健康食品や化粧品などを取り扱う「銀座まるかん」の創業者です。 そして、1993年以来全国高額納税者番付で連続トップ10入りを果たす、日本にとってもすごく重要な方なんです。 そんな人が「これをやって成功した」という天国言葉を真似せずにはいられませんね。 「成功したければ成功者の真似をしろ」という言葉があります。 天国言葉はリスクもお金もかからないので、誰でもはじめやすく真似しやすいのではないでしょうか。 例えば、「心配事がある人」が「どうしよう」「ああなったらどうしよう」などと口にするとします。 そうするとその心配事が引き寄せられ、本当に「ああなったらどうしよう」という現実が引き寄せられてしまいます。 それはどうしても避けたいですよね。 ですが、辛い時に実際は思っていなくても「ありがとう」「感謝してます」「幸せ」という言葉を口にすると、負のループからだんだん抜け出すことができるようになります。 思っていなくても口に出すことで、潜在意識に刷り込むことができ、少しずつ気持ちも現実も天国言葉寄りになってくるのです。 幸せになる一番の近道は「地獄言葉を使わない」こと。 ぜひあなたも地獄言葉を天国言葉に言い換え、幸せを引き寄せる体質になりましょう。 天国言葉を毎日に取り込む方法の1つ目として「ついてる・ありがとうを1日1,000回口に出す」というものがあります。 これは、提唱者である斎藤一人さんがオススメしている方法です。 「え!1,000回も言えないよ!」と思うかもしれませんね。 天国言葉は口にすればするほど高い効果を発揮します。 なので、できれば毎日たくさんの「ついてる・ありがとう」を口に出すことをおすすめします。 難しいと感じる人は1日10分自分の時間を確保し、天国言葉を唱える時間を設けてみてください。 1日10分なら起きたあとや寝る前など、時間が取りやすいですよね。 ぜひ天国言葉を口にする時間を設け、自分の潜在意識に天国言葉をすり込んでみてくださいね。 天国言葉を毎日に取り込む方法の3つ目に「神様には過去形でお願いする」ということが挙げられます。 これも斎藤一人さんがおすすめしている方法です。 ですが、「お助けいただきましてありがとうございます」と過去形でお願いすると、さらなる困難を引き寄せなくなります。 さらに、「これから頑張ります」と決意表明する場にすることで、自分も引き締まり仕事がうまくいくでしょう。 ぜひ神社やお寺などのパワースポットをうまく活用し、天国言葉とともに幸せを引き寄せましょう。

次の

斎藤一人さんの天国言葉を100日間唱えてみる

天国言葉

Sponsored Link 潜在意識を書きかえよう! 潜在意識は、 意識全体の90パーセントを占めているといわれています。 その 潜在意識がつぶやいている(思っている)ことが、現実化してゆくといわれています。 単純に言うと、潜在意識が辛い辛い苦しい苦しい・・・ってつぶやいていると、現実も辛い辛い苦しい苦しいになるのですね。 それなら、 つぶやく思いを良い方向なりたい方向に変えてしまえばいい・・・! ということで、 『天国言葉』があみだされたわけです。 言葉が8つ(八)で、末広がりなのも良いところだと、強調されています。 声に出さなくてもOK! けれど、 日常生活ではなかなか声に出して唱えたり、ずっと音声を聞いていたりできませんよね。 声に出さないで、心の中で唱えた場合では天国言葉の効果は変わるのでしょうか・・・? 結論を先に言うとすれば、天国言葉は 声に出さなくとも効果ありなんですね。 声に出さなくとも、自己暗示的な効果は変わらないのです。 たとえば、口癖もそうです。 口癖には意外な作用があって、 否定的なことや悲観的なことを繰り返し言う癖のある人は、なぜか成功しにくいのです。 なぜかというと、繰り返し 自分の口から出る言葉が耳から入ってきて、 自己暗示にかかってしまうからなのです。 自分で自分を成功しにくいと思い込んでしまうのですね。 なので、声に出した方が耳からも聞いているので効果は高いといえますが、 声に出さず心で唱えたとしても、自分の心が聞いているので、それは だんだんとしみ込んでいくのです。 斉藤一人さんの『天国言葉』 ・一日に100回! ・できたら1000回! ついつい愚痴や不満が思い浮かんでしまった時などに、ちょっとストップして代わりに唱えてみると、いつもと違う展開が開けてくるかもしれません!.

次の