レクサス nx300。 LEXUS ‐ NX

【レクサス新型NX】2021年フルモデルチェンジ!最新情報、NX300h/NX300、サイズ、価格、発売日は?

レクサス nx300

レクサスが、SUV「NX」のフルモデルチェンジ発売を予定しています。 新世代とすることにより魅力をアップするレクサス新型NXの価格、スペックなどを最新情報からご紹介します。 【最新情報】新世代!レクサス「新型NX」フルモデルチェンジへ! レクサスが、SUV「NX」のフルモデルチェンジを予定しています。 レクサスNXは、レクサスのSUVラインナップで「RX」よりコンパクトなモデルとして販売され人気となり、新しいエントリーモデル「UX」の発売にもつながりました。 2014年の登場後初のフルモデルチェンジとなるレクサス新型NXは、トヨタが開発した新世代パワートレインや新しい装備を採用することにより、魅力がアップされます。 新しいエクステリア、インテリアデザインを採用• ガソリン車に新開発する2. 4Lターボエンジン、8速ATを採用• ヘッドライトに、「ブレードスキャン式AHS」を採用• 「デジタルインナーミラー」、「デジタルアウターミラー」を装備• ブレードミラーに反射した光がレンズを介して高速移動しながら前方を照らし、ブレードミラーの回転に同期させてLEDの光を適切なタイミングで点灯・消灯することで、配光を細かく制御することが可能に。 これにより、従来のAHSよりハイビームの照射範囲を広げ、対向車や先行車を眩惑することなく早く歩行者や標識を認識することができるようになります。 また、ドアミラーに代えて、上級セダン「レクサスES」にて初採用されたミラーレスシステム「デジタルアウターミラー」を採用。 風切り音の発生を抑制するとともに、雨天時などでも良好な視界が確保されます。 モデルタイプには、よりスポーティなエアロやメッシュグリルを採用する「Fスポーツ」も設定され、新型NXの軽快な走りがアピールされます。 ホイールベース:2690mm• 上位モデルのRXと比較すると、全幅とホイールベースが短縮され、取り回しもしやすい設計となります。 新装備!レクサス新型NXの内装(インテリア)デザイン レクサス新型NXの内装には、最新の装備と上質な素材が採用され、プレミアムSUVの高い質感がつくられます。 メーターには、車両の走行状況や走行モード、ハイブリッドパワートレインの稼働状況などをわかりやすく表示する最新のデジタルメーターを採用。 装備には新しく、車両リアカメラの映像をミラー内に表示することで、荷物を満載した場合や夜間にも高い視認性を確保する「デジタルインナーミラー」を装備し使い勝手を向上。 室内空間は最新プラットフォームの採用により、後席ニールームやヘッドスペースが拡大され、快適性がアップします。 【NX300】 エンジン:直列4気筒2. 0kgm トランスミッション:8速AT• 【NX300h】【改良】 直列4気筒2. 3kgm システム最高出力:E-Four 222ps、FF 218ps• 駆動方式:FF or 4WD レクサス新型NXのパワートレインには、新開発される2. 4Lターボエンジンと2. 5Lハイブリッド仕様「NX300h」が設定されます。 4Lターボエンジンは低回転から最大トルクを発生し、トランスミッションに現行モデルの6速ATから多段化した新開発FF車用8速ATを搭載することで、より軽快な走りと高い燃費性能を両立。 後輪には、電気モーターで駆動するシステムを進化させた「新型E-Four」が組み合わせられ、高レスポンス、低燃費が実現されます。 また、新型NXでは足回りに「AVS(Adaptive Variable Suspension system)」を採用し、きめ細かく減衰力を制御することで操縦安定性と乗り心地が引き上げられます。 直列4気筒2. システム出力:306ps• EV航続距離:90km• 新型NX450プラスは、レクサスが欧州で商標申請を行ったことが確認されており、電動化をすすめるブランドの主力モデルとしてラインナップ。 パワートレインはトヨタ「RAV4」に設定されたPHEVモデルからくるものとされ、直列4気筒2. 5Lエンジンと2つのモーターによりシリーズトップとなる306psを出力。 高効率を追求することにより長いEV航続距離も確保され、日常では電力のみを使用した走行も可能となります。 ガソリン:14. Lハイブリッド:22. ガソリンモデルは新たに8速ATを採用することにより、走行性能をアップしながら燃費も改善されます。 2Lターボ NX300:13. 5Lハイブリッド NX300h:21. 同一車線内中央を走行できるよう操舵を支援する「レーントレーシングアシスト(LTA)」や、カメラで主要な道路標識を読み取り、メーターとヘッドアップディスプレイ内に表示する「ロードサインアシスト(RSA)」を搭載。 また、先行車の発進をメーターとヘッドアップディスプレイ内での表示とブザーで知らせる「先行車発進告知機能(TMN)」も利用することができるようになります。 ガソリン:465万円~• ハイブリッド:535万円~ レクサス新型NXの価格は、最新パワートレインの採用によりアップします。 アップ幅は20万円ほどが見込まれ、新たにエントリーSUVとしてラインナップされたUXとのバランスがとられます。 NX300 FF:4,507,000円、4WD:4,772,000円• 5Lハイブリッド)• NX300h FF:5,151,000円、4WD:5,416,000円• レクサスは拡大したSUVラインナップで主力となったNXを新世代とすることにより、他モデルとの相乗効果を高めていく予定です。 レクサスNXを「おさらい」 レクサスNX(エヌエックス)は、初代となる現行モデルが2014年に登場したミドルクラスSUVです。 車名の「NX」の由来は、「Nimble 素早い、爽快な 」「 X(Crossover)」となっています。 パワートレインには、レクサス初となる2Lターボエンジンを搭載する「NX200t(2017年改良時にNX300に変更)」と、ハイブリッドシステムを搭載する「NX300h」をラインナップ。 2Lターボエンジンは、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大した可変バルブタイミング・リフト機構「Dual VVT-iW」、直噴技術を組み合わせることで、高い燃焼効率を実現。 ハイブリッド仕様となる「NX300h」には、独立したリアモーターを持つ4WDシステム「E-Four」が採用されました。 スポーティバージョンとして「F SPORT」も設定され、アダプティブサスペンションやパフォーマンスダンパーを標準装備するとともに、足回りに専用のチューニングが施され、高い走行性能を楽しむことができるモデルになっています。 新型レクサスNXについては今後も最新情報が入り次第、随時更新していきますのでお楽しみに! carislife.

次の

NX(レクサス)の中古車

レクサス nx300

レクサスNXは2020年に入ってから前年比と比較すると販売台数が低下しています。 2020年1月~2月の売上は1071台となっており、月間平均が823台。 2019年度の月間平均は1102台となっているので、販売台数が少なくなっているのがわかります。 (2019年合計販売台数1万3231台) 2015年には1万8000台以上を売り上げて「レクサスNX」はレクサス最多販売車種となりました。 しかし、2015年以降の販売台数は下降気味となります。 マイナーチェンジが行われた2017年以降は一時的に販売台数も回復し、2018年の合計販売台数も1万5815台と検討します。 その後はまた下降の一途を辿っています。 今までのレクサスNXの歴史を振り返ってみると、2014年に初代のNXが発売され、その後フルモデルチェンジは一度も行われていません。 なのでレクサスNXの販売台数の低迷から鑑みても、2021年にフルモデルチェンジが行われれば、販売台数の挽回が見込めるため、その点でも2021年のフルモデルチェンジが期待されます。 レクサスNXの内装は、レクサスというブランドにふさわしい造りになっています。 レクサスは、『NX300』に「ブロンズエディション」を、『UX200』に「ブルーエディション」をそれぞれ特別仕様車として設定し、NX300は1月9日より、UX200は2月3日より発売する。 NX300ブロンズエディションは、「Iパッケージ」をベースに、ブロンズ塗装のアルミホイールを採用。 レクサス独自の塗装により、繊細かつ重厚な金属質感を表現している。 さらにインテリアにもブロンズカラーの専用オーナメントパネルやステッチをあしらうなど、内外装をブロンズカラーでコーディネートし、NXのスポーティさにエレガントな印象を与えた。 さらに、特別仕様車専用ブラック塗装のスピンドルグリル&フレーム、およびボディカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用し、すっきりとした外観としている。 NX300h(ハイブリッド) 価格 version L 2WD 5,823,000円 F SPORT 2WD 5,823,000円 I packege 2WD 5,334,000円 2WD 5,151,000円 version L AWD 6,088,000円 F SPORT AWD 6,088,000円 I packege AWD 5,599,000円 AWD 5、416,000円 NX300(ガソリン) 価格 version L 2WD 5,179,000円 F SPORT 2WD 5,179,000円 I packege 2WD 4,690,000円 2WD 4,507,000円 version L AWD 5,444,000円 F SPORT AWD 5,444,000円 I packege AWD 4,955,000円 AWD 4,772,000円 2020年3月現在公式サイト調べ.

次の

NX(レクサス)の中古車

レクサス nx300

レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」。 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 安全装備では、進化したプリクラッシュセーフティなどを含む「Lexus Safety System+」を標準設定。 また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト[ACA]を全車に標準設定し、優れた旋回性能と高い車両安定性を実現。 今回、「NX300 Iパッケージ」ベースの特別仕様車「NX300 特別仕様車 ブロンズエディション」を設定。 ブロンズ塗装のアルミホイールを採用し、LEXUS独自の塗装により、繊細かつ重厚な金属質感を表現した。 さらにインテリアにもブロンズカラーの専用オーナメントパネルやステッチをあしらうなど、内外装をブロンズカラーでコーディネートし、NXのスポーティさにエレガントな印象を与えた。 さらに、特別仕様車専用ブラック塗装のスピンドルグリル&フレーム、およびボディカラー同色のフェンダーアーチモールなどを採用。 また、パーキングサポートブレーキ(静止物)[PKSB]、ブラインドスポットモニター[BSM]、リヤクロストラフィックアラート[RCTA]を標準設定し、安全性にも配慮した。 レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」。 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 安全装備では、進化したプリクラッシュセーフティなどを含む「Lexus Safety System+」を標準設定。 また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト[ACA]を全車に標準設定し、優れた旋回性能と高い車両安定性を実現。 今回、消費税変更に伴い、価格変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 安全装備では、低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準設定。 今回、進化したプリクラッシュセーフティなどを含む「Lexus Safety System+」の機能を進化させ、事故の防止や交通事故死傷者のさらなる低減と、ドライバーの負担軽減を目指す。 また、コーナリング中、アクセルを踏み込んだ際に発生しやすいアンダーステアを抑制するアクティブコーナリングアシスト[ACA]を全車に標準設定し、優れた旋回性能と高い車両安定性を実現。 ボディカラーには、赤土のような重厚感と日差しで際立つ発色により、深みと鮮やかさを両立させた「ブレージングカーネリアンコントラストレイヤリング」を新たにオプション設定。 また、内装色には、「バージョンL」に採用したブラック&アクセントサンフレアブラウンのほか、Fスポーツ専用にブラック&アクセントマスタードイエローを新たに設定。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 安全装備では、低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準設定。 今回、ITS(高度道路交通システム)専用周波数(760MHz)による路車間・車車間通信を活用した安全運転支援システム「ITS Connect」をオプション設定した。 さらに、セキュリティ機能も強化している。 さらに、国内における累計販売台数50万台達成したことを記念して「Iパッケージ」をベースに「NX300h 特別仕様車 ブラックシークエンス」、「NX300 特別仕様車 ブラックシークエンス」を設定。 エクステリアは、スピンドルグリル&フレームとドアミラーをブラックに塗装。 さらに、フェンダーアーチモールをボディカラー同色とすることで、NXらしい艶やかさを強調した。 また、黒のアクセントとなるブロンズ・カラード切削光輝アルミホイールをオプション設定。 安全運転を支援するパーキングサポートブレーキ(静止物)を標準設定した。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 今回、マイナーチェンジを行った。 ターボ搭載の「NX300」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX300」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX300 Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、専用アルミホイールを装備した「NX300 Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、ハンズフリーパワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX300 バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 エクステリアでは、フロントはバンパーを鋭く、低重心な造形とするとともに、スピンドルグリルにレイヤー状のデザインを採用し、LEXUS SUVとしての個性を表現。 リヤは、新デザインのコンビネーションランプを採用するなど、よりワイドで立体的な造形とし、タイヤの踏ん張りを強調。 さらに、流れるように点灯するLEDシーケンシャルターンシグナルランプを採用し、先進性を表現した。 「Fスポーツ」は、グリルメッシュとグリルサイドのガーニッシュを新しいFメッシュパターンで統一したほか、新デザインのアルミホイールとともに精悍でアグレッシブなデザインとした。 また、235/55R18タイヤ&「Fスポーツ」専用アルミホイール(ダークプレミアムメタリック塗装)、225/60R18タイヤ&「Fスポーツ」専用アルミホイール(ブラック塗装+切削光輝)のどちらかが選択可能。 「バージョンL」には、パワーバックドアに、両手がふさがっている状態でもリヤバンパーの下に足を出し入れすることで開閉が可能なハンズフリーパワーバックドアを新たに採用。 インテリアは、オプション設定のカラーヘッドアップディスプレイ(HUD)と一体化したメーターフードや、シンプルかつ機能的なスイッチ配置としたセンタークラスターなど、質感の高さと先進性を追求。 ナビディスプレイは10. 3インチに拡大したほか、タッチパッドを大型化した新型リモートタッチを採用した。 また、低速域から高速域まで衝突回避または被害軽減を支援する予防安全パッケージ「Lexus Safety System+」を標準設定する。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX200t」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 それぞれにFFと4WDを設定。 今回、「NX200t Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」をベースとし特別仕様車「アーバンスタイル」を設定。 それぞれブラック塗装のスピンドルグリル、ドアミラー、アルミホイールを採用。 さらにフェンダーアーチモールをボディカラーと同色にすることでより引き締まった外観とし、NXのスポーティさに、より都会的でスタイリッシュな印象を付加した。 ボディカラーは「レッドマイカクリスタルシャイン」を含む全5色用意。 レクサス初のコンパクトクロスオーバーSUV「NX」。 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX200t」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 それぞれにFFと4WDを設定。 今回、「LEXUS Apps」や「マップオンデマンド」等で高速データ通信が可能となるLTE通信に対応。 インテリアカラーは、ラヴァオレンジクリスタルシャインを選択した場合、オレンジステッチを施した「Fスポーツ」専用ブラックとなり、ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプション設定)を選択した場合、ブルーステッチを施した「Fスポーツ」専用ブラックとなる。 ボディカラーは、新設定の「Fスポーツ」専用色「ラヴァオレンジクリスタルシャイン」と「ヒートブルーコントラストレイヤリング(オプション設定)」を含む全12色を用意。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX200t」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 それぞれにFFと4WDを設定。 さらに、ターボエンジンに合わせて6速オートマチックトランスミッションを新開発。 「NX300h」では、熱効率を追求した2. 5Lアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせ、クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費21. 0km/L)を実現。 全車速追従機能付レーダークルーズコントロールは、アイドリングストップとの連携機能をレクサス初採用。 レーダークルーズコントロール作動時に停車した場合、前車の発進を感知してエンジンが自動で再始動し、ドライバーによる発進操作をサポートするなど、利便性と環境性能を両立。 安全面においては、レクサス初導入の左右確認サポート付パノラミックビューモニターや夜間にコーナーの先を広く照らすLEDコーナリングランプなどが、ドライバーの安全運転をサポート。 今回、「NX200t」系の一部改良を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 13. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX200t」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX200t」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX200t Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、NAVI・AI-AVSやパフォーマンスダンパーを装備し、スポーツの走りを継承するスポーティバージョン「NX200t Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX200t バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 「NX200t」に搭載されるエンジンは、レクサス初の新開発2Lターボエンジンに、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを生み出している。 さらに、ターボエンジンに合わせて6速オートマチックトランスミッションを新開発。 「NX300h」では、熱効率を追求した2. 5Lアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせ、クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費21. 0km/L)を実現。 全車速追従機能付レーダークルーズコントロールは、アイドリングストップとの連携機能をレクサス初採用。 レーダークルーズコントロール作動時に停車した場合、前車の発進を感知してエンジンが自動で再始動し、ドライバーによる発進操作をサポートするなど、利便性と環境性能を両立。 安全面においては、レクサス初導入の左右確認サポート付パノラミックビューモニターや夜間にコーナーの先を広く照らすLEDコーナリングランプなどが、ドライバーの安全運転をサポート。 今回、カラー変更を行った。 グレード グレード名 型式 排気量 ドア数 シフト 駆動方式 定員 燃費 価格 DBA-AGZ10 1998cc 5 6AT FF 5名 12. 「Premium Urban Sports Gear」をコンセプトに、都会を機敏に駆け抜ける高い走行性能と、SUVらしい力強さを兼ね備える。 ターボ搭載の「NX200t」とハイブリッド搭載の「NX300h」を用意。 ラインアップは、「NX200t」、「NX300h」、三眼フルLEDヘッドランプやステアリングヒーターを装備した「NX200t Iパッケージ」、「NX300h Iパッケージ」、NAVI・AI-AVSやパフォーマンスダンパーを装備し、スポーツの走りを継承するスポーティバージョン「NX200t Fスポーツ」、「NX300h Fスポーツ」、18インチアルミホイール、本革シート、パワーバックドア(挟み込み防止機能・停止位置メモリー機能付)を装備する「NX200t バージョンL」、「NX300h バージョンL」を設定。 それぞれにFFと4WDを設定。 「NX200t」に搭載されるエンジンは、レクサス初の新開発2Lターボエンジンに、ツインスクロールターボチャージャーと可変角を拡大したDual VVT-iWを組み合わせるとともに、最適な燃焼効率を実現するD-4STを採用することで、低回転域から強大なトルクを発生させ、滑らかで爽快な加速フィーリングを生み出している。 さらに、ターボエンジンに合わせて6速オートマチックトランスミッションを新開発。 「NX300h」では、熱効率を追求した2. 5Lアトキンソンサイクルエンジンと高トルクモーターを内蔵したハイブリッドトランスミッションを組み合わせ、クラストップレベルの低燃費(JC08モード走行燃費21. 0km/L)を実現。 全車速追従機能付レーダークルーズコントロールは、アイドリングストップとの連携機能をレクサス初採用。 レーダークルーズコントロール作動時に停車した場合、前車の発進を感知してエンジンが自動で再始動し、ドライバーによる発進操作をサポートするなど、利便性と環境性能を両立。 安全面においては、レクサス初導入の左右確認サポート付パノラミックビューモニターや夜間にコーナーの先を広く照らすLEDコーナリングランプなどが、ドライバーの安全運転をサポート。 その他、タッチパッドを用いた新型リモートタッチ、レクサス初のワイヤレス充電「おくだけ充電」、および運転に必要な情報をウインドシールドガラスの視野内に投影するカラーヘッドアップディスプレイなどを備えた。

次の