ミズ レシピ。 【田舎料理】山菜ミズのレシピ【おばあちゃんの味】

ウワバミソウ

ミズ レシピ

まだ「みず」が食べられるなんていいですね。 採りたてや、まだ小さいうちは、筋を剥かず食べることもできます。 葉っぱも柔らかそうならOKです。 でも剥いたほうが無難でしょう。 根っこのほうを折り上のほうに引くと、そのまま剥けます。 お勧めです。 クセがないので、シャキシャキした食感を楽しんでください。 それでも多いときは、ゆがいて塩に漬けておき、食べる時塩抜きして、漬物がいいです。 A ベストアンサー 家庭菜園にて肥料として使っています。 キャベツの場合 ウネ幅80cmで2列に間隔を30cmあけて植える場合、ウネの中心に深さ30cmくらいの溝を掘ります。 過リン酸石灰は入れたほうがおいしくなります。 あとは土をかぶせて苗を植えて、水をかけたらそのままほったらかしに近い状態で(夏の暑いとき以外は水遣りもしません)収穫を待ちます。 仕事が忙しいので、なるべく手間をかけないようにと・・・、こうしています。 ほかにも同様のやり方で育つものとして、 トマト(ウネ幅1mはほしい)、ピーマン、イチゴ、ナス、きゅうり、白菜、大根などがあります。 土と混ぜて育てるものとして、ほうれん草、小松菜などがあります。 もちろん米ぬかだけではなく、鶏糞、過リン酸石灰も入れます。 A ベストアンサー トマトは、他の野菜類に比べて、かなり肥料食いです。 元肥を入れていたとしても、成長に伴って、追肥が必要になってきます。 トマトに限らず、葉が黄色くなるのは、肥料不足のサインです。 ベランダということなので、たぶん、プランターかと思いますが、地植えにくらべて、特に肥料不足になりやすいです。 今からなら、即効性の化成肥料を与えれば、復活する可能性があります。 また、カルシウム分が不足すると、 尻腐れ病といって、実(青いあいだでも)のおしりの部分が、茶色くなってきます。 ちょっとお値段高めですが、カルシウム入りの化成肥料も出ていますよ~。 枝の下の葉から、順番に黄色く枯れていくのは、葉の寿命で「お役目ごめん」なので、心配はありません。 カビがでやすいので、取り除くといいですね。 A ベストアンサー ホワイトリカーは甲類の焼酎で、アルコール分は35%です。 一般的には広口瓶入りの大容量で売られていますが、一升入り紙パックもあります。 ただ「ホワイトリカー」でなければいけないということはなく、甲類の焼酎で35%でしたらOKです。 が、なるべくプレーンな(?)ものがいいでしょう。 代表的な銘柄は「宝焼酎」で、昔ながらの丸底瓶の、あれです。 「純」「トライアングル」などでもいいのですが、割高になりますし、風味が微妙に違います。 なお焼酎にはその甲類の他、乙類というのがありまして、「蕎麦焼酎」「麦焼酎」「芋焼酎」などがそれです。 銘柄名「いいちこ」「雲海」などなどたくさんありますが、この乙類はそれぞれ素材の味や香りがついてますので、果実酒にはまったく向きません。 最近は乙類がブームで、コンビニやスーパーの類いのお店だと、棚に並んでいるのは乙類の方が多いと思います。 ラベルに「甲類」「乙類」の別は必ず記載されていますので、お店で品物をとってみてください。 Q こんにちは。 早速、抜こうとしたのですが、抜いている途中に棘が消えてしまいました。 どうやら棘が取れたのではなく、皮膚の内部に沈み込んでしまったようです (普段は痛みはそれほどでもないのですが、物を触ったりしたときに、いまだに痛みが生じます) ピンセットや針で抜こうにも、棘がまったく目視できず、一見何も刺さってないように見えます 傷口も既に塞がってしまっているため、場所も特定しづらく、自分で抜くことは難しいです ハチミツを塗る療法があるようですが、これも効きませんでした 50円玉で挟み込む方法も、同じく無理でした 複数の病院の皮膚科に診てもらったところ 「何も刺さっていないように見える。 棘が入っていない、という断言はできないが 自然に出て来るのを待つしかない」という診察結果でした (レントゲンをお願いしようと思いましたが、木の棘は写真に映らないため、使えないそうです) しかし、数週間ずっと痛み続けており、自然に出て来る気配が無いため、大変困っています ここからは細かい話になりますが… 一度だけなのですが、1週間前に 明らかに棘のように見える黒い線が、皮膚の表面に浮かび上がったことがありました しかし、「皮膚をふやかしてから取ろう」とお風呂に入ったところ、棘が消えてしまいました この時以来、痛みが増してきているので、 棘がどこかに移動した 皮膚の内部に沈んだ のだと思います しかし、医師にそのことを相談してみたところ 「棘が浮上することはあっても、内部に沈んでいくことはあり得ない」と言われ、 更に混乱してしまいました。 早速、抜こうとしたのですが、抜いている途中に棘が消えてしまいました。 どうやら棘が取れたのではなく、皮膚の内部に沈み込んでしまったようです (普段は痛みはそれほどでもないのですが、物を触ったりしたときに、いまだに痛みが生じます) ピンセットや針で抜こうにも、棘がまったく目視できず、一見何も刺さって... A ベストアンサー こんばんわ、男性です。 私は以前機械加工の仕事に従事していました。 機械加工では 毎日様々な金属を加工するのですが、加工すると当然キリコ と呼ばれる切り屑が大量に出ます。 当然手のひらにも大小のキリコが刺さります。 とても細かい 物も刺さりますので、毛抜きやピンセットでも取れません。 そうなると、無理矢理押し込んでしまいます。 人間には防衛機能がありますので、その部分が化膿して膿と 一緒に体外へ出ていきます。 痛みがあるのは、傷の内部に菌が入り込み炎症を起こして いるのではないでしょうか? 医師に抗生物質を処方してもらい、様子を見た方がいいと 思います。 痛みが続く場合は再度医師に相談したほうがいいと思います。 A ベストアンサー 御布施の包み方は、それで構わないと思います。 基本的には毛筆で書くのが 正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆 ではなく筆ペンでも構いません。 慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。 絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。 どうして も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。 慶事の場合は熨斗はつけません。 水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で慶事方法の折り方をし、 水引をかけません。 市販の既に印刷された封筒や、通常の白い封筒でも別に 構いません。 我家では御盆の読経の御礼に御布施を出しますが、白い封筒に 御布施と書いて御渡ししています。 法事では正式な方法で御渡ししますが、 それ以外の際は封筒に御金を入れて御布施と書いて渡しています。 御布施の他に御渡しする物は、御車で御越し頂いた時は「御車代」、卒塔婆 供養をされた時は「卒塔婆代」と書きます。 御寺により会食を参列者と一緒にする場合と、辞退する場合があります。 会食を一緒にされた時は、御布施、御車代と引き出物を御渡しします。 もし一緒の会食を辞退された時は、御布施、御車代、引き出物の他に、御前 料も御渡しします。 ただ既に会食をされるものだと思い、用意がされていた 時は、御寺さんが食される予定だった料理は、持ち帰りが出来るように別の 容器に入れて御渡しします。 御布施等をお渡しする時には、それなりの作法と言うか決まりがあります。 御布施等は直接手渡してはいけません。 法事で使用される袱紗(ふくさ)盆の上に袱紗を敷き、その上に御布施等を 包んだ封筒(必ず御寺さんが文字が読める向き)を置き、御寺さんの前に出 します。 御寺さんが頂戴されてから盆を下げます。 要は絶対に手渡ししては駄目だと言う事です。 「本日は有難うございました。 これは御礼ですので、どうか御納め下さい」 と言って盆を前に出します。 手を引っ込めて御寺さんが納められたら盆を下 げます。 御布施等を御渡しするのは、必ず喪主が行います。 御寺さんが御帰りなられる時は、必ず御車まで同行し、最後まで御見送りを します。 御寺さんが持ち帰られる御膳や引き出物は、御寺さんが持参せず、喪主の方 が御車まで御持ちし、御車に乗られた時点で手渡します。 御車が自宅から見えなくなるまで御見送りは続けます。 御布施の包み方は、それで構わないと思います。 基本的には毛筆で書くのが 正しいと言われていますが、どうしても毛筆は苦手だと言われるなら、毛筆 ではなく筆ペンでも構いません。 慶事の場合は薄墨で書くのだと思われてい る方が多いのですが、実際には薄墨ではなく濃い墨で書きます。 絶対に駄目なのは鉛筆、ボールペン、マジックペン、ゴム印です。 どうして も書けないと言われるなら、表書きが印刷された物でも構いません。 慶事の場合は熨斗はつけません。 水引ですが、半紙の中包みに御金を納め、奉書紙で... A ベストアンサー めどはやまと言葉ではないでしょうか。 もしそうなら漢字は当て字であり、どちらが正しいというものでもなく、世間で一般的にどう使い分けされているかということに過ぎないと思います。 広辞苑ではめど(目処)もくと(目途)と分けて記載されているだけで説明がなく 不親切です。 朝日新聞社の漢字用語辞典では、めど(目処、目途)とあり、私のPCでも、めどで両方が転換できます。 解決のめどがつくとか、目標達成のめどが立ったなどと使われるので、 ものごとがその完成、実現にちかずいたということを意味し、目標とは若干ニュアンスが異なると思います。 目標は高くとは言いますが、目途(目処)は高くとはいいませんね(この部分は蛇足です).

次の

山菜ミズの食べ方と下処理の方法は簡単だから安心して!漬物・水物・炒め物レシピ

ミズ レシピ

東北地方では「ミズ」と呼ばれ、山菜として流通しているウワバミソウ。 アクもクセもなく どんな料理にも合うことから「山菜の王様」とも言われています。 シーズンが5月〜10月頃と長いため、非常に重宝する山菜です。 今回はこのウワバミソウの採集方法とレシピをご紹介します。 ウワバミソウの見つけ方・見分け方 ウワバミソウの別名・方言の「ミズ」は、水辺や湿地帯に自生しているから、また茎に水分をたくさん含んでみずみずしいから、というのが名前の由来のようです。 その名の通り、ウワバミソウは山の中の渓流沿いや、山肌・岩肌から常に水がしみ出ているような場所、沢の近くの湿地などに群生しています。 日が当たる場所より、日当たりの悪い深い谷などを好むようです。 そうしたウワバミソウが自生していそうな場所を見つけたら、周辺を探してみてください。 かなりの確率で見つけることができます。 ウワバミソウは群生していることが多いので、 一本見つけたらその周辺に山ほどある可能性があります。 採取方法 ウワバミソウは比較的簡単に見つけることができ、群生しているところを見つければ、1か所で食べきれないほど採取できる場合もありますが、必ず その日に食べる分だけを採取するようにしてください。 採取の際は、 根元から1~2㎝を残して、ナイフで切り取るように収穫します。 間違っても引っ張って抜かないように! 水辺や湿地など柔らかい土地に自生しているため、引っ張ると根っこまで簡単に抜けてしまいます。 翌年のためにも、必ず根は残しておいてください。 ウワバミソウの下処理方法 ウワバミソウはアクもクセもないのでアク抜きは必要ありません。 ただ下処理は必要です。 1.葉っぱをすべて取ります。 2.茎の表面の薄皮をむきます。 茎をポキッポキッと折りながらむいていくと、やりやすいです。 下処理は以上です。 調理方法によっては熱湯をくぐらせたり、サッと塩ゆでしたりしてから使います。 サッとゆがいたウワバミソウ 炒め物や煮物、汁の実などには、さっとゆがいたものが使いやすいです。 ウワバミソウのレシピ 一般的には煮物にしたり、豚肉などと一緒に炒めたりすることが多いですが、おひたしや和え物、たたき、漬け物、みそ汁の具など、どんな調理方法でもおいしく頂けます。 そんな中で今回は、アウトドアにぴったりの手早く簡単にできる一品をご紹介します。 用意するもの ウワバミソウ その日に食べる分だけ 塩 適量 コショウ 少々 しょうが お好みの量 1.下処理をしたウワバミソウを適当な大きさに切り、塩をふっておきます。 2.鍋に湯を沸かし、沸騰したらウワバミソウを入れ軽くかき回します。 3.きれいな緑色に変わったらザルに上げ、すぐに冷水で粗熱を取ります。 冷水でしっかり冷やすと、鮮やかな緑色になります。 4.3を器に取り、塩・コショウで味をととのえ、細く切ったしょうがをちらして出来上がり。 たったこれだけの簡単料理ですが、 ウワバミソウのさわやかな風味とシャキシャキ感を楽しめる最高の一品です。 また、 取り除いた葉はてんぷらにするとおいしいですよ。 近くに自生しているヨモギやユキノシタの葉、オオバコ、ミゾソバなど、いろいろな野草と一緒にてんぷらにしてもいいですね。

次の

【山菜】みず(ウワバミソウ)|時期・下処理の方法・おすすめの食べ方

ミズ レシピ

「山菜ミズ」と聞き、ピンと来ますか? 子供の頃から食べ慣れているので、 てっきり全国区の食材なのかと思いきや、 主に食べられているのは東北地方なんですね。 お裾分けしていただきました! 他の山菜よりも下処理が簡単で、 シャキシャキ食感が、 たまらなく美味しいのです。 山菜ミズの下処理の方法 基本的にミズの下処理の方法は簡単。 爪の間が土で黒くなるのが嫌なら、 薄手のゴム手袋などを使用して下さい。 私は素手でやってしまいますが・・・ まず葉を手で取り除きます。 上から下へ引っ張るとすぐ取れますよ。 茎の部分に2箇所ほど節があるので、 節の部分を1箇所手で折ります。 折ると薄い皮が出てくるので、 その皮を下に引っ張り、 皮を剥きましょう。 こんな感じの薄い皮が出てきますよ。 何度か茎を折っていると、 薄い皮が出てこなくなるので、 あとは下の硬い根の部分を折り、 取り除けば完了。 ボウルを用意して、 皮を剥き終わったら入れるようにすると、 片付けが楽です。 薄皮と葉と硬い根を取り除いたら、 あとは茹でるだけ。 山菜ミズの茹で方 たっぷりのお湯に塩を入れ、 ミズが鮮やかな緑色に変わるまで、 約2分間ほど茹でます。 塩の量は、ほうれん草などを茹でる時よりも、 少し多めにするのが目安ですね。 茹で上がったらザルに上げます。 しばらく冷たい水に浸しておきましょう。 あとは水切りし、鰹節をかけて、 お浸しにして食べても良いですし、 漬物や水物、炒め物、みそ汁の具など 好きなように食べて下さい。 シャキシャキ食感が美味しく、 全く味にクセが無いので、 本当に食べやすいのが魅力なんです。 ということで、我が家でよく食べている 食べ方を紹介しますね。 山菜ミズの水物レシピ 【青森の郷土料理】 家庭によって作り方が違うのですが、 私の実家のレシピはこちら。 【材料】 山菜ミズ 好きなだけ 塩 小さじ2 水 300cc 味の素 少々 だし昆布 5㎝程度 ホヤ 1個か2個 【作り方】 1.器に山菜ミズ、塩、水、味の素、 だし昆布を入れ半日ほど冷蔵庫に置きます。 2.ホヤを薄切りにし、 食べる直前に1へ加えたら完成。 ホヤが無かったので、 昆布と山菜ミズだけで作りましたが、 こんな感じの料理です。 急いで食べたい時には、 昆布だしを普通に取り、粗熱を取ってから、 山菜ミズとホヤを加えても良いですよ。 スパイシーな山菜ミズの炒め物レシピ 一般的な山菜ミズの炒め物レシピは、 山菜ミズと油揚げを炒めて、 みりん、醤油、酒で味付けしますが、 今回はスパイシーに仕上げてみました。 夫の考案レシピで、 一昨日初めて作ってみましたが、 シンプルで美味しかったので、 良かったらお試し下さい。 【材料】 山菜ミズ 好きなだけ 塩 少々 粗挽き黒胡椒 少々 ごま油 適量 【作り方】 フライパンにごま油を熱し、 ミズの水分を飛ばすように炒めたら、 塩胡椒を振って完成。 シンプルイズベストです。 簡単だけど箸が止まらなくなるほど、 黒胡椒のピリ辛なスパイシーさと、 ミズのシャキシャキ食感がたまりません。 山菜ミズの浅漬けレシピ 山菜ミズは漬物にしても、 シャキシャキ感が残り美味しいです。 私は塩昆布を使って、 簡単に浅漬けにしていますよ。 【材料】 山菜ミズ 適量 かぶとかぶの葉 1株分 きゅうり 1本 塩昆布 好きなだけ 【作り方】 1.かぶは皮を剥き薄切りにし、 葉の部分は細かく刻みます。 2.きゅうりは麺棒で叩いて細かくするか、 包丁で斜めに切りましょう。 3.ビニール袋の中に山菜ミズと 1と2と塩昆布を入れたら、 2分間ほど手でよく揉み込みます。 4.半日ほど冷蔵庫に置いたら完成。 簡単に塩揉みだけでも美味しいですし、 浅漬けの素を使うとかなり簡単ですね。 青森観光で味わうこともあるかも 青森に観光で訪れて、 旅館やホテルに泊まった時に、 小鉢でミズの水物か漬物を 味わえる場合も多いです。 写真は残念ながら無いのですが、 6年前に友達と一緒に、 浅虫温泉の旅館に泊まった時、 ミズの水物が提供されましたね。 京都、栃木、東京出身の友達が、 「これ何?初めて見た」 と言っていたのを聞いて、 私は初めて山菜ミズが 全国区でないと知ったのです。 ネットでも販売されているようですが、 せっかくなら青森へ観光で訪れた時に、 味わってみてはいかがでしょうか。 最後に 青森のローカルグルメのご紹介でした。 実は青森のローカルグルメのネタは、 ネタ募集企画で田中社長さんに、 ご提案いただいた企画です。 田中社長さんのブログはこちら。 思わず作りたくなるヘルシーなレシピを 毎日ご紹介して下さるのですが、 作りたいレシピが盛りだくさんで、 どれから作ろうか迷ってしまいます。 毎日のお弁当作りにお悩みの方、 ダイエットしたいけど、 どんなメニューを食べたら良いの? と悩み過ぎて困っている方、 田中社長さんのブログ、必読ですよ! 青森の郷土料理の一つに、 「茄子の紫蘇巻き」があります。 簡単にできてお弁当にもお勧め! よろしければ合わせてご覧下さい。 yuki1995jp.

次の