マネルケイプ ufc。 マネルケイプがUFC移籍で契約条件や対戦相手は?RIZIN戦線の動きは?

RIZINバンタム級王者マネル・ケイプがUFCと契約(イーファイト)

マネルケイプ ufc

youtube. 2019年大晦日には、堀口恭二が負傷欠場し返上したベルトをかけ、朝倉海と対戦し、大方の予想を覆し、朝倉海をTKOで葬り、第2代王者に輝きました。 年明け早々に朝倉未来を挑発し、ビッグファイトを狙っているようでしたが、UFCとの契約に踏み切りました。 MMAファイターとしてはUFCは最高峰のリングでオファーを貰えば挑戦しない理由はありません。 RIZINのベルトの返上は未だ行われていないが、RIZINライトヘビー級王者のプロハースカが返上してUFCと契約していることから、マネル・ケイプも返上するものとみられます。 マネルケイプのRIZINでの戦績は6勝3敗です。 山本アーセン• マッコール• 中村優作• 伊藤盛一郎• 水垣偉弥• 朝倉海• 堀口恭二• 佐々木憂流迦• 朝倉海 堀口恭二の代打出場から王者になり、UFCに行くとはビッグチャンスを掴んだことで、リベンジに燃える朝倉海もUFCに行くのではと噂になっています。 また、マネル・ケイプは朝倉未来との対戦を熱望しており、2人の間には確執がありましたが、移籍により夢の対戦カードは叶わず流れてしまいました。 マネルケイプがRIZIN離脱でバンタム級戦線はどうなる? 現王者のRIZIN離脱によりバンタム級戦線はどうなるのでしょうか?• 「朝倉海がマネルケイプにリベンジは出来るの?」• 「堀口恭二が復帰するときの王者は誰なの?」• 「マネル・ケイプvs金太郎は絶対面白い!」 など、様々なストーリーがあったバンタム級ですが、突如、王者マネル・ケイプのUFC契約が行われたことにより、RIZINバンタム級王座は一体どうなるのでしょうか? 次期挑戦者として決定していた扇久保博正が誰かと戦い新王座を決めるとなると、相手は一体誰がふさわしいのでしょうか? 堀口恭二は復帰までまだ時間がかかるそうなので、井上直樹、金太郎は観てみたいと言う声が目立ちますが、まだRIZINで1試合しかしていないので選ばれないと予想されています。 佐々木憂流迦、元谷、石渡は前の試合で負けています。 実践的に一番ふさわしいのは朝倉海ですが、朝倉海も前回の試合で負けています。 負けた試合の次戦でタイトルマッチに行くのは格闘技の世界ではなかなかありません。 朝倉海の場合は完全にノックアウトされているので、次試合でタイトルマッチに挑戦できる可能性は低いという声が上がっています。 そう考えると、最もふさわしいのはビクター・ヘンリーではないでしょうか。 扇久保とビクター・ヘンリーが新王座決定戦を行い次の大会でその勝者に朝倉海が挑戦して、朝倉海が勝ち、2020年の年末には王者、朝倉海に堀口恭二が挑戦するというシナリオがファンが最も望むストーリーではないでしょうか? ただ、年末のRIZINで元谷を完封した12戦全勝のパトリックミックスが、 「スコットコーカー(ベラトール代表)が再びRIZINで戦う事を許した」 と、自身のSNSで発表していることから、タイミングによっては、扇久保と新タイトルをかけて戦うのはパトリックミックスになる可能性も浮上しています。 youtube. 最後の1試合、バンタム級タイトルマッチをやってその結果、勝っても負けてもUFCへ行ったらいいじゃないかと提案しましたが、残念ながら、、、 本当は選手を契約で縛りたくないです。 それでもこれからはもう少し、チャンピオンシップを獲った選手たちの契約の中で一定の縛りを考えるいい機会だと胸に刻み、これからはこういう事が起きないようにしっかりやりたいと思います。 」 と、コメントしています。 現在、UFCフライ級は長い間絶対王者として君臨し続けていたデメトリウスジョンソンがONEへ移籍しました。 前王者、ヘンリー・セフードがバンタム級に専念する為王座を返上して空位になりました。 フライ級でもぼしい先週は1位のベナビデスとベナビデスを体重超過ながらKOしたフィゲイレードぐらいで、現在フライ級はとても層が薄くなっています。 以前UFCフライ級で活躍していた堀口恭二の戦績は7勝1敗で絶対王者デメトリウス・ジョンソンにしか負けておらず、堀口恭二を基準に考えるとRIZINバンタム級はレベルが高いことが分かります。 さらにマネル・ケイプはバンタム級ではなくフライ級で戦うので、UFC王者になれる可能性は極めて高いと予想されています。 フライ級の絶対王者デメトリウス・ジョンソンをONEへトレード移籍させた時、フライ級を廃止する意向だと言われていましたが、マネル・ケイプを獲得し、もう一度盛り上げようとしていると捉えることが出来ます。 俺の初陣はコーディ・ガーブラントとやろうじゃないか!」 というツイートに対して、コーディは 「新型コロナウィルスでキャンセルになった3月の試合に蹴りをつけたら、階級を下げ、フライ級を盛り上げるぜ!」 と、返答しています。 ガープラントは11戦無敗でUFCバンタム級タイトルマッチへ行き、ドミニク・クルーズから王座を奪取しました。 長期政権を気づくかと思われましたが、TJディラショーにKO負けして初黒星を共に王座陥落後、ダイレクトリマッチでもディラショーにKO負け、その後、ベトロ・ムニョスにもKO負けし、現在3連敗中です。 ドミニクを圧倒したときのガーブラントは手が付けられないと思ったが、打ち合いになると隙を見せて3連続ノックアウト負けなので、既に攻略方が判明しています。 なので、打たれ強いマネル・ケイプとの打ち合いで、ケイプが打ち勝つ姿が十分想像できます。 マネル・ケイプと相性のいいストライカーですし、元バンタム級王者で名前も売れていますし、ケイプにとっては美味しい相手ではないでしょうか?.

次の

マネルケイプのUFC初戦について

マネルケイプ ufc

「契約で縛りたくない」と語る榊原代表(RIZINのYouTubeより) 続けて「RIZINはフェデレーション(競技会)。 選手がここで活躍して、ビッグプロモーションからオファーが来た時に、全力で引き剥がすのは僕らのポリシーとは違う。 断腸の思いですが、チャンスがあれば行かせてあげたい」と、縛りたくないと語る。 もっとも、ケイプは昨年大みそかに朝倉海を倒して王座に就いたばかり。 当初、榊原氏はケイプに「最後でバンタム級タイトルマッチをやって、勝っても負けてもUFCに行けばいいじゃないか」ともう一戦だけ引き止めたそうだが、届かなかったと言う。 続けて「(ケイプが)RIZINチャンピオンになったことで、UFCのプロモーターの視界に入った。 一人のファイターとして胸が踊らないわけがない。 悔しい思いもありつつも、UFCで活躍した後、RIZINに戻ってくることを信じて送り出したい」と、選手ファーストの姿勢を貫いた。 今回のことで反省点もあった。 「本当に契約で縛りたくないけれど、チャンピオンになった選手には一定の縛りを設ける機会だなと。 これからこういうことがないようにしたい」とRIZIN王者に限っては新たな契約のあり方を見直したいとした。 ケイプが同大会で数試合後に朝倉とのタイトル戦で勝ち王者となったことで、勝った扇久保が今春、ケイプの王座に挑戦する予定となっていた。 榊原氏はケイプの王座は自主返納される予定と語った上で「勝った扇久保選手には申し訳ないけど、空位になった王座を賭けたタイトルマッチとして、どの選手をチョイスしていくかを考えていきたい。 バンタム級には、堀口(恭司)、朝倉海、扇久保に(ビクター・)ヘンリーとトップアスリートが揃っている。 目線を切り替えていければ」と改めて王座決定の面子を考えていきたいとした。

次の

【UFC】イリー・プロハースカ独占インタビュー「RIZINファイターがUFCでも活躍することで、日本に恩返ししたい」

マネルケイプ ufc

「契約で縛りたくない」と語る榊原代表(RIZINのYouTubeより) 続けて「RIZINはフェデレーション(競技会)。 選手がここで活躍して、ビッグプロモーションからオファーが来た時に、全力で引き剥がすのは僕らのポリシーとは違う。 断腸の思いですが、チャンスがあれば行かせてあげたい」と、縛りたくないと語る。 もっとも、ケイプは昨年大みそかに朝倉海を倒して王座に就いたばかり。 当初、榊原氏はケイプに「最後でバンタム級タイトルマッチをやって、勝っても負けてもUFCに行けばいいじゃないか」ともう一戦だけ引き止めたそうだが、届かなかったと言う。 続けて「(ケイプが)RIZINチャンピオンになったことで、UFCのプロモーターの視界に入った。 一人のファイターとして胸が踊らないわけがない。 悔しい思いもありつつも、UFCで活躍した後、RIZINに戻ってくることを信じて送り出したい」と、選手ファーストの姿勢を貫いた。 今回のことで反省点もあった。 「本当に契約で縛りたくないけれど、チャンピオンになった選手には一定の縛りを設ける機会だなと。 これからこういうことがないようにしたい」とRIZIN王者に限っては新たな契約のあり方を見直したいとした。 ケイプが同大会で数試合後に朝倉とのタイトル戦で勝ち王者となったことで、勝った扇久保が今春、ケイプの王座に挑戦する予定となっていた。 榊原氏はケイプの王座は自主返納される予定と語った上で「勝った扇久保選手には申し訳ないけど、空位になった王座を賭けたタイトルマッチとして、どの選手をチョイスしていくかを考えていきたい。 バンタム級には、堀口(恭司)、朝倉海、扇久保に(ビクター・)ヘンリーとトップアスリートが揃っている。 目線を切り替えていければ」と改めて王座決定の面子を考えていきたいとした。

次の