ツイッター 乗っ取り。 ツイッター公式アカ乗っ取り「ビットコイン詐欺」 ビルゲイツ、Apple社、仮想通貨取引所などで被害拡大

twitterで乗っ取り被害!対処法や予防策を考える。

ツイッター 乗っ取り

ツイッター乗っ取り、詐欺の勧誘か イーロンマスクやビルゲイツ、仮想通貨業界からバイナンスやコインベース、Geminiといった大手仮想通貨(暗号資産)取引所の公式ツイッターアカウントが、ハッカーによる攻撃の被害に遭っていることが分かった。 これらのアカウントから仮想通貨詐欺に関連していると見られるツイートが投稿されている。 ツイートは、「CryptoForHealthと提携した。 5000BTCをコミュニティに返還する」などと投稿されており、CryptoForHealthのホームページに誘導するリンクが貼られている。 状況から ビットコイン(BTC)などを対象にした仮想通貨関連詐欺の勧誘に利用されているものとみられている。 出典: 本記事作成時点(16日6時時点)でも、被害状況は継続。 悪意あるツイートが削除され、また新しいツイートが投稿される鼬ごっこの状況が続いている。 CZは自身のアカウントが被害に遭う前に問題に気づき、仮想通貨がもらえるようなリンクはクリックせずに、バイナンスのアカウントにすぐに報告するよう警告。 しかし、その後自身のアカウントも被害に遭い、警告のツイートも削除された。 他には仮想通貨トロン(TRX)の創設者ジャスティン・サンやトロン財団、アップル社、リップル社など、被害が広がりつつある。 米アップル社のアカウントでは、送金してくれたBTCの2倍の額を送り返すといった内容が、送金先のアドレスと共に投稿された。 また米リップル社のアカウントでは別の内容が投稿された。 対象の仮想通貨はXRPで、「新型コロナ用のファンドに1000XRPを送金すれば、2000XRPを送り返す」というものだ。 仮想通貨メディアCoinDeskのアカウントも被害に遭ったが、現在は問題のツイートは削除されている。 CoinDeskは自らこのを報じており、同社を含め複数のツイッターアカウントは多要素認証の設定を行っていたと伝えている。 ハッキング等の攻撃手段など、詳細は現時点では分かっていない。 その後の経過 その後に判明した内容を更新する。 ツイッター社は問題を認識し、問題解決に向けて対応を開始した。 対象のアカウントをレビューしている間は、投稿やパスワードのリセットを行なえないようにしている。 We are aware of a security incident impacting accounts on Twitter. We are investigating and taking steps to fix it. We will update everyone shortly. — Twitter Support TwitterSupport 今回の問題は、どのツイートも「一定の仮想通貨を送金すれば、それ以上の量が受け取れる」と勧誘する内容だ。 乗っ取られた主なアカウントは以下。 バラク・オバマ(米国の前大統領)• ビル・ゲイツ(マイクロソフト創業者)• ウォーレン・バフェット(著名投資家)• フロイド・メイウェザー(ボクシング元世界チャンピオン)• ウィズ・カリファ(ラッパー)• マイケル・ブルームバーグ(前ニューヨーク市長)• Square社の送金アプリCash App(CEOはツイッター創業者Jack Dorsey)• イーロン・マスク(テスラCEO)• ジェフ・ベゾス(アマゾンCEO)• ウーバー(配車サービス)• アップル社• バイナンス、コインベース、Gemini、Kucoin、Bitfinex(仮想通貨取引所)• CZ(バイナンスCEO)• CoinDesk(仮想通貨メディア)• チャーリー・リー(ライトコイン創設者)• ジャスティン・サン(トロン創設者)とトロン財団 その後ツイッター社が特定のメッセージが投稿されないように対策を講じたが、犯人はウェブサイトのリンクではなく、送金先のアドレスを投稿するように切り替えた。 ツイートを削除しても、また新たなツイートが投稿されるなど、元のアカウント所有者がどのくらい自身のアカウントをコントロールできているかは不明確だ。 現在でも攻撃手段などの詳細は分かっていないが、攻撃が広範囲に渡っていることから、ツイッターのプラットフォームが乗っ取られているのではないかとの声も上がっている。 ビットコインのブロックチェーンをトラッキングして調査したBitquery. io Bloxy によると、該当トランザクションの数は474(8:30時点)。 被害額は12. 812 BTC(1200万円相当)となっている。 Total — 425 Bitcoin Transactions and counting Checkout all the transactions sent to hacker's address. 👇👇 — Bitquery. 通常取引を35. 08ドルまで売られた。

次の

Twitter乗っ取り解除の方法

ツイッター 乗っ取り

乗っ取り被害に合っていないか、まずはチェック! 乗っ取られているかどうかは、こういうところでチェックできます。 身に覚えのないログイン履歴がないか Twitterは過去のログインを直近50件程度記録しています。 不審なログインがないか確認してみましょう。 勝手にツイートやダイレクトメッセージを送信されていないか 自分のツイートをすべて表示して、身に覚えのないツイートやダイレクトメッセージを送っていないか確認しましょう。 自分のツイートは、Web版のTwitterや公式アプリの「プロフィール」から確認できます。 勝手にフォロー、フォロー解除、ブロックなどをされていないか 自分のフォロー数やフォロワー数をチェックしましょう。 極端に増えたり減ったりしている場合、勝手に操作されている可能性があります。 Twitterから身に覚えのない通知が来ていないか 「アカウントが乗っ取られている可能性がある」「アカウント情報が変更された」「パスワードが使用できなくなったのでリセットするように」などの通知がTwitterから来ることがあります。 このときはアカウントを乗っ取られている可能性が高いです。 Twitterのアカウントが乗っ取られたときの対処法 アカウントが乗っ取られたら、まずはパスワードを変更して不正なログインを防止しましょう。 アカウントにアクセスできる場合とできない場合で、対処方法が異なります。 アカウントにアクセスできる場合 アカウントにアクセスできるなら、まずはパスワードを変更して、乗っ取った犯人がログインできないようにしましょう。 パスワードを変更したら、連絡用のメールアドレスが変更されていないかも確認しておきましょう。 アカウントにアクセスできない場合 ログインできない場合は、パスワードが変更されていることが多いです。 まずは、パスワードのリセットを試してみましょう。 パスワードを変更する画面で「パスワードをお忘れですか?」をクリックすると、パスワードのリセットをリクエストできます。 フォームに入力したメールアドレスにメールが来るので、その指示にしたがってパスワードを再設定してください。 「パスワードをお忘れですか?」にたどり着けない場合は、下のページからTwitterのサポートに問い合わせます。 ログインを強化する 「ログイン認証(二段階認証)」を利用すると、不正なログインをある程度防止できます。 ログインするときにはパスワードと、携帯電話へのコード送信などの二つが必要になるからです。 パスワードをリセットしたら、ログイン認証をオンにしておきましょう。 アプリ連携を解除する 連携アプリは不正なログインに利用されることが多いので、最小限にとどめてください。 必要ない連携アプリは解除しましょう。 Twitterアカウントの乗っ取りを防ぐ方法 アカウントの乗っ取りを防ぐには、普段から次のような部分に注意しましょう。 アプリ連携は慎重に サードパーティのアプリと連携すると、そこから乗っ取られることがあります。 サードパーティのアプリとは、Twitterが出している公式アプリではなく、互換性のある非純正アプリのことです。 とくに心理テストや診断系のアプリなど気軽にクリックしやすいツイートから乗っ取られることも多いので、注意してください。 また、アプリのインストール時にはアプリに割り当てられている権限に注意し、不要なアプリや怪しいアプリとは連携しないことです。 フォローしている人の不審なツイートに注意 フォローしている人が、連続投稿や唐突な広告など不審なツイートをしていたら要注意です。 そのアカウントは乗っ取られているかもしれません。 そのツイートや、ツイート中のURLをクリックしないでください。 パスワードはしっかり管理 パスワードは推測されにくいものを作成し、誰にも教えないように管理しましょう。 他のSNSでも同じです。 Twitterアカウントの乗っ取りは、何度も起こっています。 あまり警戒せずに使っているユーザーや、乗っ取り被害に合ったことに気づかず、被害者から加害者になっている場合もあるからかもしれません。 しかし、一度被害に遭うと、自分だけでなくフォロワーにも影響するなど意外に大きな影響があります。 周りに迷惑をかけない為にも、今すぐ自分のアカウントをチェックすると共に、対策を知っておきましょう。

次の

ツイッターで「ONLY FOR YOU」乗っ取りDMメッセージが届いた際の対処法5つ!スマホ操作を解説!

ツイッター 乗っ取り

Twitterのアカウントが乗っ取られた場合、大きく分けて2種類の状況に陥ります。 一つは、勝手にパスワードが変更されてしまい、自分はツイッターにアクセスできない。 文字通りの乗っ取りです。 自分がログインできなくなれば、乗っ取られたとすぐ分かります。 状況によっては、ツイッター社の方でいち早く乗っ取りの可能性を察知して、メールで通知があり、パスワードの変更を託す場合もあります。 ログインできて普通に使えるのですが、自分の意思とは関係なく、自分のTwitterアカウントが勝手にいろいろなことをやっている様な状況に陥ることがあります。 普段通り使えるので、乗っ取られているのか良く分からない場合もあると思います。 現在発生している主な乗っ取りは、後者の様な、知らない間に勝手にツイート、RTやDMを送ったりするものが多いです。 この乗っ取りの手口は、アプリを利用している場合が多いです。 (本記事は、を参考に、大幅に加筆、画像を追加した物です。 ) Sponsored Links 乗っ取られた場合の現象 乗っ取られている場合に起こる現象は以下の様な事例が考えられます。 勝手にツイートやリツイートを投稿している。 身に覚えのないのないダイレクトメールを送っている。 何もしていないのに、勝手にフォロー、アンフォロー、ブロックする。 (した。 ツイッター社から、アカウントが乗っ取られた可能性があるとのメールを受け取った。 ツイッター社から、あなたがしていないのにも関わらずアカウントの情報に変更が行われたとの通知がきた。 パスワードが勝手に変更され、ログインできなくなる。 (リセットするようにメッセージが表示される) 上の一つでも該当する場合は、乗っ取られていると判断して間違いありません。 を速やかに行って下さい。 乗っ取りの手口・方法 乗っ取りの手口は様々なものがあります。 あの手この手の巧妙な手段を使ってアカウントを乗っ取ろうとする輩がいます。 パソコンのウイルス等と同様で、ある乗っ取りの手法を駆逐しても、後から次々と新たなウイルスが誕生してきます。 乗っ取りは大きく分けて、二つのケースが考えられます。 パソコン等の機器自体が乗っ取られてしまったり、ウイルスに感染してしまう場合。 乗っ取り用のアプリケーションと知らずにアプリを連携してしまい、乗っ取られる場合。 上に書いた様に、手口は色々ありますが、1はそのアカウントの操作権限の情報、つまり、ログイン(ユーザー)名とパスワードを入手するのが目的です。 または、アカウントの操作権限の使用承諾の入手です。 過去に大流行したツイッターの乗っ取りの手口は、『知り合いや誰かからDMが送られてきて、そのメッセージに添付されているURLをクリックする様に誘う。 』ものでした。 一見、普通のメッセージで言葉巧みに誘って、そのリンクをクリックさせて、罠がしかけてあるホームページに誘導します。 誘導先のホームページは連携アプリの承認画面ではなく、あたかも一見するとツイッター社や著名なページの様に思われるページで、ツイッターアカウントにログインする様になっていたり、ログイン画面そのものだったりします。 そこで、ログインしてしまうと、ユーザー名とパスワードを入手されてしまいます。 そうなると、完全に乗っ取る事もでき、やり放題の状態になります。 尚、ログイン情報を入手しても、わざと分からない様にこっそり勝手に使ったりすることもあります。 状況によっては、パスワードを変更して、スパムをまき散らしたりします。 このような乗っ取りはTwitter社に知られる可能性が高いので、あえて、2のアプローチ、連携アプリを利用した乗っ取りをとる場合もあります。 現在発生しているTwitterの乗っ取りの多くは連携アプリを利用したものです。 [] 連携アプリによる乗っ取り方法と誘導手口 Twitterには機能拡張や応用できる付加機能を追加するアプリが様々な会社などから提供されています。 アプリを利用することで、利便性が高まったり、使い道や楽しみの幅が広がります。 しかし、アプリには有害・悪質な物も存在します。 アプリの機能を利用して、勝手にスパムを投稿する様なアプリがあります。 それらの悪質なアプリとの連携を、ユーザーに意識させずに承認させることでTwitterアカウントを乗っ取り、勝手にリツイートやDMを送るような事例が多発しています。 アプリ連携を誘う手口には、様々なものがあります。 興味を持たせる様な流行のもの、時事関連等のツイートの中に巧みに連携アプリの承認へ誘導したりします。 以下は、誘いのメッセージ(ツイート)の例です。 テレビ放送34年の歴史に幕。 募金もしているので、一人でも多くの方に伝えるためにこちらから拡散よろしくお願いいたします。 また、アプリ承認でなく、先に述べたログイン・パスワードを入力する画面の場合もあります。 ここで承認してしまうと、そのアプリは勝手にあなたのアカウントを操作できる様になるリスクが発生します。 アプリ連携が認証されると、ユーザーの許可無く、アプリで勝手にツイートやRTをしたり、フォローしたりすることが可能になります。 [] 乗っ取りされた場合の対処手順 1. パスワードの変更 パスワードのユーザー名、パスワードを奪われた場合は危険度が高くなります。 そのため、安全面でも、まずはパスワードを変更するのが第一です。 パソコンやスマートフォンの場合、設定画面からパスワードの変更を行って下さい。 新しいパスワードは、安全度の高い複雑なパスワードにすることを強くお勧めします。 パスワードの変更のしかたが分からない場合、または、パスワードを勝手に変えられてしまっている場合は、パスワードをリセットして下さい。 注意点 連携アプリによる乗っ取りの場合、パスワードを変えても、乗っ取りアプリによる勝手なツイート、RTやDMの送信等の問題は収まりません。 連携アプリはパスワードを変えても、そのまま使える仕様になっているためです。 連携アプリの乗っ取りの場合、先にします。 問題解決後にパスワードを変更することをお勧めします。 登録メールアドレスの確認 アカウントに関連付けられているメールアドレスがあなたのものであること、そしてあなた以外はメールにアクセスできないことを確認して下さい。 スマホのTwitterアプリからでも、メールアドレスは変更することができます。 または、twitter. comにログインしてアカウントセッティングタブからメールアドレスの設定、変更を行うことができます。 通常、登録メールアドレスを変えられる事はほとんどありません。 通常、その前にTwitter等が察知してユーザーへ通知される場合が多いです。 しかし、メールアドレスを変えられていたり、メールを読み取られたりしている場合は、深刻な乗っ取りが発生していることを示しています。 その場合は、安全と思われるメールアドレスに変更する必要があります。 サードパーティのアプリ連携を解除する。 自分に身に覚えのないツイートやリツイート RT をしている場合、フォロー等をしている場合は、上に書いた様に気づかない間に悪質なアプリがあなたのアカウントに連携している可能性が高いです。 悪質なアプリによる乗っ取りをされた場合、そのアプリのアカウントへの連携を解除することで、アプリの乗っ取りをやめさせることができます。 信頼できるサードパーティのアプリのパスワードを更新する 信頼できる外部のアプリがTwitterのパスワードを使用している場合、アプリのパスワードも更新して下さい。 そうしないと、アプリが更新前のパスワードで何度もログインを試みてしまうと、一時的にログイン停止となる場合があります。 [] 乗っ取りアプリの連携を解除する手順 現時点(この記事を書いている時点)では、アプリ連携を解除するためには、twitter. comにログインして行う必要があります。 iPhoneやAndroid等のスマートフォンでも、mobile. twitter. comではなく、パソコンのweb画面 twitter. com にて行う必要があります。 (追記:iPhoneではアプリ解除はできないとの報告もあります。 できない場合は、パソコンを使用してください。 comにログイン後、画面最上段のメニューバーの一番右のツイートボタン左隣にあるアカウントアイコンをクリックします。 アカウントの設定ページ(設定とプライバシーのデフォルト画面)が表示されます。 (以下の画像では、ユーザー情報が表示されています。 )左側に縦に並んで表示されるメニュー項目から[アプリ連携]をクリックします。 [] アプリ連携の解除方法 現在連携中のアプリの一覧が表示されます。 (全て、自分の身に覚えのあるアプリです。 この場合は、問題ありません。 ) 乗っ取られている場合、身に覚えのないのない・疑わしいサードパーティのアプリが含まれていると思います。 (Twitter for iPadは問題ないアプリです。 ) アプリ連携の許可を取り消せば、そのアプリはリツイートをするなど勝手な動作を行うことができなくなります。 一旦、乗っ取られた場合は、アプリ連携の一覧の中で、何のアプリか分からない様なものも、許可を取り消すことをお勧めします。 もしも連携を取り消したアプリに、普段使うアプリ、必要なものがあった場合、後で承認し直せば、再び使える様になります。 乗っ取りの原因となっているアプリの連携を取り消せば、乗っ取り(勝手にツイート、リツイートしたり、フォローしたりすること)から解除されます。

次の