コロナ 宇宙 人。 新型コロナ&熱中症の猛威にめげず宇宙を語ろう!!:放送と通信の地殻変動

宇宙から帰ってきた人はなぜ性格が変わるのか 「重力」に気づくと、人生観も変わる

コロナ 宇宙 人

みなさんこんにちは。 ついに出ました!・総裁によるコロナ・ウィルスに関するリーディング(霊査)が書籍化されました。 先日手に入れたので、さっそくその驚愕の内容のポイントをわかりやすくお伝えします。 4月に入ってからの最新情報と衝撃情報も追記したので、ぜひ最後まで読んでみてください。 中国のが地となったコロナ・ウィルス。 中国国内では10万人弱もの人が感染し、発表では2000人以上が死亡。 この世界的な緊急事態について、・総裁が、コロナ・ウィルスについてのリーディング(霊査)を行っています。 リーディングとは、この世に生きている人や現象に影響を与えている目に見えない存在・原因について、霊的(スピリチュアル)に調査をすることです。 のサイキック(霊能力者)としての凄さについてはまた改めて記事にしてみたいと思いますが、 今回は、コロナウィルスについてのリーディングの内容を収録した書籍を紹介します。 こっちも、宇宙からですけれども、威嚇行動を起こすつもではあるので。 中国に威嚇行動を起こしますので。 ちょっと信じられないようなことが、幾つか起きると思います。 神を信じていない彼らに、天変地異とも見えるが、神意とも見えるようなことを、これから起こしますので。 そのへんは緊張して見ていてください。 なので、私たちとしても「一体何が起こるのだろうか」と注視していたわけです。 そしたら、1月中旬ごろに「コロナ・ウィルスの」からの「1000万人封鎖」という衝撃のニュースが入ってきたわけです。 (ちなみに、このリーディングの全内容がこの本の第2章に収録されています) そのような背景がまずあったんですね。 コロナ・ウィルスの発生の真相 そして、 2月7日に行われたリーディングの中で、またもやR. ゴールが出てきたわけです。 そこで、 今回のコロナ・ウィルスがなぜ発生したのか、どのような背景があるのか、今後の見通しについて語りました。 (それがこの本の第1章の内容です) この内容が本当に衝撃です。 まず、コロナウィルスはどのように発生したのか。 「(の)生鮮市場で発生した」とニュース等で言われていることについては、明確に「それは嘘です」とのことでした。 まじか。 (中国がなぜコロナの研究開発をしていたのかについては、 2つ理由がこの本の中で明らかにされています) 問題は、なぜそれが外部に漏れてしまったかというところですが、その裏にこのR. ゴールという存在が関わっているようです。 さらに、通常のコロナよりも現在のものが悪性度を増している理由については、「 が持っているあるもの」が関係しているとのこと。 も 「私と習氏はウィルスがどこから来たのかを知っている」と、意味深なことを言っていますね。 こんなニュースも出始めています。 ほぼ「の研究所から流出」で確定と言っていいのではないでしょうか。 なぜこのタイミングだったのか? ここが一番衝撃ポイントです。 なぜこのタイミングでコロナ問題が起きた(起こした)のか。 (に)内政問題に集中させようという気持ちがあったことは事実ですねえ。 (他国への)攻撃プランは立てていたはずです。 今年ね、立てていたと思います。 強硬策を考えていたはずです。 (中略) あちこちで火の手が上がり、国土が燃やされ、人々が逃げ惑うような状況が起きていたはずです。 年初からは、他国(香港や台湾あたり)へのを計画していた、ということが判明。 そして、その抑止力としてコロナウィルスを中国国内に拡散するように仕向け、が内政問題に手一杯になるように仕掛けた。 つまり、今回の一連の新型コロナの背景には、による軍事行動の先を制する意図があったということになります。 実際、(R. と、語っています。 さらにもう一つの理由 コロナ・ウィルスを広げたもう一つの理由も明らかにされます。 「中国自身が、そういう細菌兵器を研究している」ということを明らかにする意味も入っています。 そして、 「人命に対して非常に希薄な尊重観しか持っていない」という実態を知らしめる必要があって、「自国民に対して、その程度の態度しか持っていない国が、世界のどういう国の人たちに責任を持つことができるのか。 それらを食い尽くすイナゴの大群でしかないのではないか」ということを言いたいわけですね。 中国自身に、「自らの足元を照らしてみよ」ということを、今、教えようとしているのです。 に反省を迫る意図があるようです。 中国がになって、世界を監視カメラとAIで統御するようになったら、いったい何ができるかっていうようなことをお考えになったらいいですよ。 がやで行っているAIによる監視社会、、大虐殺。 これは「人間の家畜化」と言ってもいいでしょう。 このようなおぞましい所業が世界に広がることだけはなんとしても阻止する必要が確かにありますよね。 彼ら()が、何らかの天意を感じ取るところまではやらなければいけないと思っているんです。 (中略) 彼らが、「中国本土に問題があるのではないか」と、そういう天意を感じるところまでは、終わらせるつもりはない。 そして、それは日本にも。 これは、最初の「シグナル」として送っているもので、まだ第二弾、第三弾があります。 (中略) まだ次がありますから。 これをどこまで起こして、どのへんで峠を越えるか、その次は何を起こすか。 日本も来ますから。 これは、予言されていると思いますが、日本にも危機が来ますので。 そして、日本にも新たな危機が来ることが予言されています。 なぜ、日本にも危機が来るのかの理由もこの本の中で明らかになっています。 その他のポイント この本の中では、上記のR. Aゴールという宇宙人とは別の宇宙人のリーディングや、現在の韓国大統領のの霊言も収録されています。 (なので結構厚い本です) ちなみに、コロナに関するその他の重要な論点は、以下の通りです。 ・コロナウィルスにかかりやすい人の特徴 ・どのようにすればコロナウィルスにかかりにくくなるか、死なないか。 ・なぜ日本にも危機が起こるのか。 日本が反省すべきこととは? ・カの西海岸にも、あることが予想されている。 上記でもこの本の中の論点のひと握りなので、ぜひ中身が気になる方は一度手にとってみられることをおススメします。 リンク の守護霊霊言が発刊されています。 そして、 おおよその中国での感染者の数(習主席守護霊曰く)が明らかになるのですが、 これがかなりの数です。 表向きの中国の統計は信用できないですからね。 また、R. Aゴールの新たなリーディンングの内容もこの本の中に収録されています。 の霊言+R. 新紙幣の顔にもなった の霊言と、宇宙人の R. Aゴールのリーディングです。 私も実際にで内容を聴きましたが、想像を絶する話でした。 は、 「日本の細菌学の父」とも言われ、 を発見したことでも知られている医学者、細菌学者です。 霊言の中では、 コロナの今後の感染者数の見通しや、 なぜカやイタリアでの致死率が高いのかについての洞察が語られるのですが、かなり内容的に衝撃的なので、 当初はの会員限定でしか聞けない内容になっていましたが、先日発刊されました。 リンク 一部の内容は下記のの動画にも出ています。 すでに10万回以上視聴されてます。 要約してしまえば、 「はの責任をうやむやにするために、カやイタリアなどに意図的にタイプの違う強力なコロナを持ち込んで拡散させた疑いがある」ということです。 これが本当だったらかなりやばいです。 私はまだ聴いていないですが、ズールーからは「 中国に迫る次なる危機」について語られているとのこと。 『』においての最初の神とされる (クニノトコタチノカミ)と、20世紀カにて「眠れる予言者」と言われた の霊言です。 この2人は、の霊言にはよく出てくる霊人です。 特に、 は、未来予測や対象者の過去世、病気の原因などをリーディングをする際によく登場します。 週末に聴いてこようと思っています。

次の

宇宙での食料生産を本気で研究する人たち 閉じられた世界で生きるヒントを求めて :朝日新聞GLOBE+

コロナ 宇宙 人

『宇宙船サジタリウス』の原作者であり、イタリア在住のアンドレア・ロモリ氏が、自身の公式Twitterアカウントにて、日本人に向けたツイートを発信。 アンドレア・ロモリ氏は、イタリア出身・在住のマンガ家、物理学者。 1986年に日本で放送されたTVアニメ『宇宙船サジタリウス』の原作『ALTRI MONDI』の第1作「イッサルの逃走(Fuga su Issar)」を1976年に発表し、以後も同シリーズ作品を数多く手掛けています。 今回、アンドレア・ロモリ氏は、自身の公式Twitterアカウントにて日本語で「私は、自宅で元気にしています」と無事を報告。 あわせて「願いを込めたイラストを投稿します。 イタリア から 宇宙船サジタリウス でつながる日本の友人達へ、あなた方の愛情にありがとう」と新型コロナウイルスに関する心配の声を寄せたファンに感謝の言葉、さらにイラストを公開しました。 私は、自宅で元気にしています。 から でつながる日本の友人達へ、あなた方の愛情にありがとう。 — Andrea Romoli apdromoli これに対して「このアニメ大好きだった!」「ステキなイラストをありがとうございます」「イタリアの皆さんに幸せな生活が早く戻ることを願っています」「くれぐれもお体にお気をつけ下さいませ」「ともに早く抜け出せることを祈ります」と『宇宙船サジタリウス』の思い出や体調を気遣う声が寄せられています。 《水上美晴》.

次の

新型コロナウイルスの正体が実は、宇宙人であったという説があ...

コロナ 宇宙 人

が、3月31日でいったん終了する。 この話を聞いて「おおっ」と思う人は、ネットを利用する中でも、古参の部類に入るだろう。 日本語に直すと、 地球外知的生命体探査計画になる。 地球の外にいる知的生命体の探査は、1960年からアメリカを中心に世界中で続けられている。 表題の SETI homeは、知的生命体の探査を、家庭のパソコンでもできるようにしたものだ。 米カリフォルニア大学バークレー校が1999年から開始して、プエルトリコのアレシボ天文台の電波観測データを解析して、地球外知的生命体からの無線信号の証拠がないかを探索する。 SETI home の終了は、必要な計算をし終えたからだ。 盛時は、様々なところに、SETI home のソフトがインストールされて、計算合戦と言える状況が繰り広げられた。 元々は5~10万人の協力を見込んでいたが、数百万人を動員することになった(参照:、)。 日本のインターネットでも、たびたび SETI home の名前が出てきたので、見聞きした人も多くいたと思う。 また、SF 的なギミックとしても、SETI home やその概念は作品に利用されることがあった。 SETI home は、 分散コンピューティングをおこなうソフトウェアである。 分散コンピューティングでは、ひとつの大きな仕事を、ネットワークで繋がった複数のコンピューターで処理する。 たとえば、年賀ハガキの宛名書きの仕事があったとする。 書くべき宛名が1万件あったら、1人だとものすごい時間がかかる。 しかし、100人で100枚ずつ作業を分担すれば、現実的な作業量になる。 さらに、500人で20枚ずつならもっと簡単だ。 分散コンピューティングは、こうした仕事の分担をコンピューターでおこなう。 分散コンピューティングをおこなうには、大きな仕事を、小さな仕事に分割しなければならない。 また、その小さな仕事が、他の仕事に依存しないようにしなければならない。 先ほどのような宛名書きは、小さな仕事に分割するのに向いている。 宛名とハガキを渡されて、それを書き写すだけでよいからだ。 小さく分けた仕事は、最終的に統合する。 年賀ハガキなら、最後にまとめて郵便局に出しに行くようなものだ。 計算問題ならもう少し複雑な仕事になるかもしれない。 どのように仕事を分割するか、どのように仕事を割り振るか、どう統合作業をするか、考えないといけないことは多い。 分散コンピューティングをおこなうのは、なかなか大変だ。 SETI home の例を見てみよう。 SETI home では、観測データをそのまま使うわけではない。 観測から分散コンピューティングまでの流れを見ていこう(参照:、)。 プエルトリコのアレシボ望遠鏡で観測されたデータは、高密度テープに記録される。 その量は、1日に約35GBになる。 このテープは、郵便で大学に送られる。 このデータは、一定の長さの時間ごとに分割される。 さらに、高速フーリエ変換により周波数帯ごとに分けられる。 このデータを256分割したのが、1つの仕事の単位となる。 データを受け取ったユーザーは、専用のソフトウェアで解析して結果を送り返す。 初期の頃のソフトは、SETI home 専用だった。 その後、SETI home の運用実績をもとに開発された BOINC(Berkeley Open Infrastructure for Network Computing)に移行した。 BOINC は、分散コンピューティングプロジェクトのプラットフォームだ。 実際に様々なプロジェクトで利用されている(参照:)。 こうしたやり方で、巨大なデータを小分けにして解析している。 SETI home では、得られたデータのバックエンド分析を完了しており、今後は論文を書くことに集中するという。 これまで地球外知的生命体が「存在する」という報道は成されていないので、劇的な証拠が見つかるのは難しいのかもしれない。 それでも「もしかしているかも?」という情報は出てくるかもしれない。 SETI home は休止するが、分散コンピューティングの価値がなくなったわけではない。 分散コンピューティングのプロジェクトは他にも多数存在する。 たとえば 「2 n-1」で表される メルセンヌ素数を発見するプロジェクト (Great Internet Mersenne Prime Search)は、1996年に発足しており、複数の巨大素数を発見している(参照:)。 ここ最近では、 が注目を集めている。 に始まった、アメリカのスタンフォード大学を中心に行われている分散コンピューティングプロジェクトで、たんぱく質の折りたたみ構造を解析して、病気の治療に役立てるものだ。 昨今、全世界で大きな問題になっている新型コロナウイルスに対する取り組みもおこなっている(参照:、、)。 企業の中でも、リソースを提供しているところがある。 さくらインターネットでは、さくらのクラウドの未使用リソースを活用して、新型コロナウイルス タンパク質構造解析プロジェクトに参加している(参照:)。 サイボウズでも、オンプレミス機材の一部を活用して参加を表明している(参照:)。 こうした医学への取り組みは、SETI home でも勧められている。 同サイトのトップページでは、 に参加して「Biology and Medicine」を選択することで、新型コロナウイルスの研究にコンピューティングパワーを提供することをユーザーに促している。 新コロナウイルスに苦しめられている昨今、こうした取り組みへの参加を、社会貢献として選択するのもひとつの手だろう。 <文/柳井政和>.

次の