ダイナー 藤原 竜也。 映画「Diner ダイナー」ネタバレあらすじと感想結末/蜷川実花が藤原竜也を主演に

藤原竜也映画『Diner ダイナー』あらすじとキャスト。蜷川実花が描く平山夢明原作の小説とは

ダイナー 藤原 竜也

伝記の記載を年譜形式のみとすることは。 人物の伝記は流れのあるまとまった文章で記述し、年譜は補助的な使用にとどめてください。 ( 2016年9月) 、演出の舞台『』主役オーディションでグランプリを獲得し、俳優デビューする。 ()での公演にて、「15歳で初舞台とは思えぬ存在感で天才新人現る」と絶賛され 、翌年の凱旋公演も行われた。 、映画『』の主演に抜擢された。 、で連続ドラマで初主演を務める。 とのW主演 、日本演劇史上最年少21歳でを演じた舞台『』で、主な演劇賞を総嘗めにした。 、『』の沖田総司役で初出演。 、()にて舞台『〜弱法師〜』の俊徳役を演じ、「」でも評価を受けた。 2月から6月まで仕事を一時休業し、に留学した。 帰国後、のグレゴリー・ドーラン演出の舞台『』に出演。 、に於ける『』公演にて、2002年のファイナル公演以来6年ぶりに身毒丸役を演じ、「」などの地元各紙で高い評価を受けた。 、作、演出による舞台『』で役。 、舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』で台詞の7割が英語の宣教師役。 バービカン・センター(ロンドン)、リンカーン・センター(ニューヨーク)で舞台『ムサシ』を再演した。 9年ぶりに連続ドラマ『』の主演を務める。 、ドラマ『』でを演じ、第37回演技賞を受賞。 5月、一般女性との年内結婚を発表。 、日本テレビ系ドラマ『』で13年ぶりにゴールデン・プライム帯の連続ドラマ主演を務める。 、2003年に自身がタイトルロールを演じ、数々の演劇賞を受賞した舞台『ハムレット』で12年ぶりに再び役を演じる。 6月、第1子の誕生を公表。 人物 [ ]• 竜也という名前は、祖父の「天に昇る竜の如くすくすくと育つように」との想いから命名された。 父親はが多く、ほとんど家にいなかった。 母親は秩父で飲食店を経営している。 顔は母親似。 3人兄姉の次男(末っ子)で、兄と姉がいる。 11歳の時に姪が生まれ、若くして叔父になった。 幼少のころ帰宅した際に父親が小麦粉まみれになっていたというエピソードを番組「藤原竜也の一回道」で語っている。 178cm、82cm、75cm、:86cm、シューズ27. 0cm(公式HPより)。。 2013年に、一般女性との結婚を発表。 妻との初デート場所は、のだった。 などのメディア機器等々を上手に使うことが出来ない、いわゆる機械音痴であり、パソコンのキーボード入力ですらままならない。 また、が多く普及した今日でも、2014年まで従来型の携帯電話(いわゆる)を使用していたという。 曰く、「集中力があって、真面目で努力家。 ストイックで、役の事しか考えられない」。 趣味・嗜好 [ ]• 特技はで、埼玉県中学校大会ベスト4まで勝ち上がったことがある。 好きなは。 では『』が好き。 水が苦手であり、も苦手な金槌である。 以前、荒川で水難事故に遭い、何かを悟った。 また、である。 幼少時からの大ファン。 「ていうか、同志」と、本人は言う。 尊敬する俳優は、皆無。 近年はに出ている、ものまね芸人と親交がある。 に夢中になっていたことがあったが、「生まれ変わったらトンビになりたい。 」と答えている。 よりもが好きで、特に監督や監督など、昔の邦画が好きとのこと。 好きなスポーツチームは、埼玉出身であることから、Jリーグとプロ野球パ・リーグののファンである。 のファンであることも公言している。 自身も且つ(ヘビースモーカー)であることから、「酒場詩人」ことの大ファンであり、ゲストとして出演したではサプライズゲストとして吉田類との対面を果たした。 現在はのファンである。 幼少期はが大好物で「タコのたっちゃん(トシちゃん)」というアダ名をつけられていた。 エピソード [ ] この節はなが全く示されていないか、不十分です。 して記事の信頼性向上にご協力ください。 ( 2014年9月)• 中学の同級生にはの元男役・がいる。 1997年3月、遊びに来ていたの街角で、入社3年目の女性社員「児玉さん」に『』主役オーディションのチラシを渡される。 その時は名前を聞かれただけで連絡先も聞かれなかったため、オーディションに応募していなかったら現在の藤原竜也は誕生していなかった。 実はオーディションでは第1次書類選考の段階で落とされていたが、チラシを渡した女性社員が何度も合格書類に紛れ込ませ、選考を残る。 藤原が池袋でスカウトされた当日の数十分前に、同じホリプロの別の社員によって、のちにグラビアアイドルとして活躍するがスカウトされている。 最終審査での面接と演技テストを受け、そのダメ出しの反応のよさと、何の色にも染まっていない演技に選考委員9名の票が集まり、応募総数5537名の中からグランプリに選ばれる。 採用後の稽古では、蜷川の指導の厳しさに何度も泣いたことがあり、「辞めたい」と思ったこともあると語っている。 進学した高校を4日で中退している。 理由は、学校帰りに稽古場を訪れた際、蜷川幸雄と唐十郎の会話を聞いて、「小説を読んでいるような高貴な言葉の連続で、僕が学ぶべき場所は高校じゃなくて稽古場なんだ」と思ったからだという。 1997年の『』公演前日に持病のが悪化し、千秋楽昼公演は急遽を立てて行われた。 夜公演もそのまま代役で行う予定だったが、それを知った藤原は蜷川に「どうしても舞台に立ちたい」と懇願し、それに蜷川が折れ、代役を舞台袖に待機させたまま藤原が舞台に立った。 動くことすら出来なかった藤原は、それまでの公演を上回る鬼気迫る演技を見せ「あの千秋楽は一生忘れられない、それくらい凄かった」と、蜷川は後に語っている。 2004年の『』東京公演の際にも、再び腰痛が悪化。 特に12月11日の公演直後、全く足が上がらない状態になってしまった。 しかし著名なにかかったことで、翌日にはなんとか回復し、2005年2月25日までの約3ヶ月に及ぶ公演を一度も穴をあけることなく、やり遂げる事ができた。 監督に才能を認められ、『』と監督のとなった『』で共に仕事をしている。 の影響で制作が中止になった『愛と幻想のファシズム』など他にも何作か映画が制作される予定だったが、実現することはなかった。 それについて本人は後に「映画の楽しさを教えてくれた方だった。 もっと一緒に仕事をして、色々な事を学びたかった。 でもそういう運命だったんだと思う」と語っている。 『』公演の際には、「絶対に成功しない」「無謀だ」など周囲の雑音が物凄く、非常にプレッシャーを感じていた。 そのため、全公演終了後しばらく経ってから、に悩まされた。 『新選組! 』でを演じたが、偶然にも彼を見出したがで沖田役を演じている。 2006年に出演した舞台『』では、役作りのため、デビュー以来初めて髭を伸ばした。 映画『』では、役作りの為に10kgの減量をし、世界観を味わう為に自腹でに通った。 舞台『ANJIN イングリッシュ・サムライ』では役のために2ヶ月間ロンドンやイギリスに語学留学。 に演歌歌手の、落語家の、のと共に秩父市のに任命されている。 過去に酔っぱらった状態でに電話をかけ「英ちゃん」と呼んだことがあり、後に親交のあるから電話で怒られ、後日謝罪した。 2010年に井上ひさしの書き下ろし新作舞台『』(藤原、、の三人芝居)が上演される予定であったが、井上の病状悪化に伴い、演目が『黙阿彌オペラ』に変更された。 その数週間後、井上は死去した。 生前の井上は「藤原さんをもっと成長させたければ五郎蔵役はぜひやってほしい」と語っていた。 2013年に井上の遺志を引き継ぎ脚本で上演。 2014年、第六回で行われた、映画『』の舞台挨拶を欠席した。 欠席理由は、韓国の空港で迷子になり、舞台挨拶に間に合わなかったため。 これに対して、監督のは「あの男ね、天然なんです。 」「100番ゲートなのに、40番代のゲートにいたみたい。 アホなんですよ」と呆れながらも、「今飛行機に乗ったみたいです。 謝罪メールもきて、反省しているみたいです」とフォローした。 映画『』や『』などで人間のクズのような役を演じていることから、「人間のクズみたいな役多くなったけど何かあったの?」という問いに対して、「クズの役しかこなくなった」と発言している。 映画『』と『』で役を演じた。 撮影の際に、全身に包帯を巻いているという原作での志々雄の容姿を再現するためにスーツを着用。 そのスーツに関して、「志々雄スーツは着ると機嫌が悪くなる 笑。 耳が聞こえないし、ご飯も食べられないし、トイレにも行けなくて大変 笑 」と発言している。 ドラマ『』で共演したとは、「竜也さんは(撮影の)前日に台本が上がっても、完璧に(頭に)入れてらっしゃる。 『頑張ろう』とかいう言葉があるわけではないんですが、いい緊張感がある。 意識の高さ、迫力がある」(芦名)、「竜也さんの集中力がすごい現場だった。 それに私たちが『頑張ろう』とついていけた」(柴本)と感服している。 2014年に公演した『』では、「初日の幕が開いた後も、旅公演中もずっと、いくら追求してもやるべきこと、自分にとっての課題が果てしなくある戯曲だと思いつづけていました。 」と語っており、演出の蜷川には「稽古場では言われ放題でした」と言っている。 また、通常の稽古だけでは足りなくなり、共演した吉田やに一緒に残って稽古をつけてもらえるようにお願いをしたほどの、藤原にとって多くの苦悩を抱えながらも、たくさんの経験を積んだ作品となった。 蜷川が主宰しているが公演した『』を観た際に、「もう一度自分は『ハムレット』の世界に入りたい」と思い、その思いを蜷川に直訴した。 そして2015年に、蜷川新演出の『ハムレット』で、2003年以来にハムレットを再び演じた。 その初日公演直前には、「蜷川さんとの集大成だと思っている。 あらゆることに決着をつける時が来たのかもしれない」と発言している。 役名が 太字のものは主演。 舞台 [ ]• と現代演劇 第1部・朗読劇風『』 1998年、演出: - 詩人 役• 1999年、演出:栗田芳宏 - 伊右衛門 役• 唐版 滝の白糸 2000年、作:・演出:蜷川幸雄 - アリダ 役• 2002年、演出: - 役• 第9回公演『オイル』 2003年、作・演出: - ヤマト 役• 2003年、演出:蜷川幸雄 - ハムレット 役• 2004年 - 2005年、演出:蜷川幸雄 - ロミオ 役• 2005年、作:・演出:蜷川幸雄 - きじるしの王次 役• 2006年、作:・演出:ポール・ミラー - ジョン 役• 2006年、演出:蜷川幸雄 - オレステス 役• 第12回公演『ロープ』 2006年 - 2007年、作・演出:野田秀樹 - ヘラクレス・ノブナガ 役• 2007年、演出: - バサーニオ 役• 2008年、演出: - トレープレフ 役• 2009年、2010年LN,NY、2013年SG、2014年KR、2018年、作:井上ひさし・演出:蜷川幸雄 - 役• ANJIN イングリッシュ・サムライ 2009年 - 2010年、演出:グレゴリー・ドーラン - ドメニコ 役• 黙阿彌オペラ 2010年、作:井上ひさし・演出:栗山民也 - 五郎蔵 役• ろくでなし啄木 2011年、作・演出: - 役• 下谷万年町物語 2012年、作:唐十郎・演出:蜷川幸雄 - 洋一 役• 「シレンとラギ」 2012年、作:・演出: - ラギ 役• 木の上の軍隊 2013年、原案:井上ひさし・作:・演出:栗山民也 - 新兵 役• (2014年、演出:蜷川幸雄) - アントニー 役• 2015年、演出:蜷川幸雄 - ハムレット 役• とりあえず、お父さん(2015年、演出:) - グレッグ 役• プレイヤー 2017年、演出:、作: - 道彦 役• (2017年、演出:)- アペマンタス 役• レインマン(2018年、演出:) - チャーリー役• プラトーノフ(2019年、演出:)- プラトーノフ 役• 渦が森団地の眠れない子たち(2019年、作・演出:) - 佐山鉄志 役 映画 [ ]• 2000年、、監督: - 堂島暁 役• バトル・ロワイアルシリーズ - 七原秋也 役• 2000年、東映、監督:• 【特別篇】 2001年、東映、監督:深作欣二• 2003年、東映、監督:深作欣二・• 2002年、、監督: - 栄二 役• ムーンライト・ジェリーフィッシュ 2004年、、監督:鶴見昴介 - 寺沢セイジ 役• - 役• 2006年、、監督:• 2006年、ワーナー・ブラザース映画、監督:金子修介• 2008年、ワーナー・ブラザース映画、監督: - 映像のみの出演• (2016年、ワーナー・ブラザース映画、監督:)• 2008年、東映、監督: - 野田伍郎 役• カイジ 実写映画シリーズ - 伊藤開司 役• 2009年、、監督:• 2011年、東宝、監督:佐藤東弥• (2020年1月10日、東宝、監督:佐藤東弥)• 2010年、、監督: - 伊原直輝 役• 2010年、ワーナー・ブラザース映画、監督:中田秀夫 - 結城理久彦 役• 2012年、、監督: - 大橋健人 役• 2012年、、監督: - 吉野ルイ 役• 2013年、ワーナー・ブラザース映画、監督:三池崇史 - 清丸国秀 役• 2014年、東宝、監督: - 進藤辰也 役• 2014年、ワーナー・ブラザース映画、監督:中田秀夫 - 男 役• - 役• (2014年、ワーナー・ブラザース映画、監督:)• (2014年、ワーナー・ブラザース映画、監督:大友啓史)• (2015年、東宝、監督:佐藤東弥) - 赤城左門 役• (2015年、東宝映像事業部、監督:山本透) - 杉崎 役• (2016年、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - 藤沼悟 役• (2017年、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - 曾根崎雅人 役• (2018年、東京テアトル、監督:豊田利晃) - 見知らぬ男性 役• (2018年10月19日公開、東宝、監督:) - 千住清人 役• (2019年7月5日公開、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - ボンベロ 役• (2019年9月13日公開、松竹、監督:蜷川実花) - 役• (2020年公開予定、ワーナー・ブラザース映画、監督:) - 鷹野一彦 役 テレビドラマ [ ]• 1997年7月 - 9月、 - 榊演也 役• 1998年1月 - 3月、 - 高沢充 役• 第7・8話 1998年1月 - 3月、 - 有田勇一 役• 1998年4月 - 6月、 - 真岡サトル 役• 楽園への橋 1998年6月29日、 - 池尾純 役• 1998年7月 - 9月、 - 及川祐介 役• 1998年10月 - 12月、テレビ朝日 - 沢村健児 役• 第6話 1998年10月 - 12月、日本テレビ - 広田碧 役• 第3話 1999年1月 - 3月、読売テレビ - 沖野雅彦 役• 卒業旅行 1999年3月22日、 - 横田純平 役• 1999年4月 - 6月、 - 篠田和臣 役• 1999年7月 - 9月、テレビ朝日 - 篠原櫂 役• 2000年4月 - 6月、TBS - 雨宮潤 役• 2001年1月6日、・ - 役• いくつもの海を越えて 2001年3月6日、日本テレビ - 湊崇暢 役• 2001年4月 - 6月、日本テレビ - 村岡一樹 役• 2002年5月14日、 - 栄二 役• 2002年7月3日、TBS - 佐竹高彦 役• 2002年7月 - 9月、TBS - 芥川奈留 役• 2004年1月 - 12月、 - 役• 2006年1月3日、 - 役 回想シーンのみ• 2004年10月1日、 - 井川 田治見 辰弥 役• 2005年6月15日 - 6月29日、TBS - 相良光夫 役• 第40話(第1夜)「今、甦る死」 2006年1月3日、フジテレビ - 堀部音弥 役• 2006年1月31日・2月7日、日本テレビ - 役• 2008年3月17日・18日、日本テレビ - 大場博人 役• 2010年4月10日 - 11日、フジテレビ - 役• 2010年11月、TBS - 栗原稔 役• 2011年2月26日 - 臼井六郎 役• 3週連続スペシャル『』 2011年6月17日、フジテレビ - 末永拓也 役• 2013年4月10日、日本テレビ - 赤城左門 役• (2014年7月16日 - 9月17日、日本テレビ) - 赤城左門 役• 2013年9月15日、テレビ朝日 - 役• 第2話(2015年10月28日、TBS) - 武田武蔵 役• NHK特集ドラマ『』(2016年2月20日、NHK総合) - 前原茂雄 役• (2016年3月19日 - 4月9日、NHK) - 帝 役• 精霊の守り人II 悲しき破壊神(2017年1月 - 3月)• 精霊の守り人 最終章(2017年11月 - 2018年1月)• (2016年7月17日 - 9月11日、日本テレビ) - 藤堂新一 役• 2017年4月2日、テレビ朝日 - 棟居弘一良 役• 2017年4月14日 - 6月16日、TBS - 深瀬和久 役• '17秋の特別編「夜の声」(2017年10月14日、フジテレビ) - 我堀英一 役• 2019年1月9日 - 4月15日、TBS - 秋葉新 役• (2020年5月24日~6月、WOWOW)- 鷹野一彦 役 バラエティ [ ]• 1999年4月 - 9月、• 2000年1月 - 2001年3月、• 2001年4月 - 10月、• 2001年10月 - 12月、関西テレビ• (2014年3月3日 - 9月29日、全24回、)(2014年10月18日 - 12月20日、全10回、)• 藤原竜也の二回道(セカンドウ)(2018年10月 - 12月、テレビ東京)(2018年10月 - 12月、)• 藤原竜也の三回道(2020年4月 - 5月、テレビ東京) (2020年7月 - 、BSテレ東) ドキュメンタリー [ ]• 身毒丸と呼ばれた少年〜ロンドン公演から生まれた15歳の天才役者 1998年6月8日、• 氷点下35度・カナダの狩人に…藤原竜也が出会った 1999年2月14日• ネパール下町の6人姉妹に…藤原竜也が出会った 2000年3月26日• カナダ最後の狩人に…藤原竜也が再び出会った 2001年9月23日• いま、裸にしたい男たち〜藤原竜也・18歳 何やってんだろ、俺 2001年2月23日、• 2002年10月20日、毎日放送• 藤原竜也〜ロンドン紀行 2004年5月4日、• 子どもたちはペンをとった〜 2004年8月3日、 - ナレーション• プルミエール〜総力特集 藤原竜也 in NY 23歳の挑戦 2005年8月24日、WOWOW• 蜷川幸雄2005〜疾走する70歳 2005年12月3日、 - ナレーション• 愛と生命と涙の全記録『』乳がんと闘った24歳最後のメッセージ 2007年7月18日、 - ナレーション• 地球危機2008 何気なく暮らしている人たちへ 2008年1月4日、 -• 『世界で闘うために〜 〜』 2008年1月12日、 - ナレーション• 2008年4月 - 2009年3月、 -• 愛と生命のメッセージ『』千恵さんが残したもの 2008年5月7日、 - ナレーション• HVプレミアム8「偉大なるミステリー作家たち 1 エドガー・アラン・ポー 200年目の疑惑 〜探偵・明智小五郎の調査報告〜」 2009年3月31日、• 第18回『罪と罰〜娘を奪われた母、弟を失った兄、息子を殺された父〜』 2009年4月12日、 - ナレーション• 『語り継がれる星に〜菊池雄星18歳の真実』 2010年1月11日、 - ナレーション• 長渕剛 30th Anniversary BOX〜PREMIUM of the DOCUMENT 2010年6月9日、 - ナレーション• 2010年6月27日、テレビ東京• 藤原竜也〜演劇の遺伝子 2010年9月11日、テレビ朝日• あの日の携帯メール〜3・11アスリートの葛藤と決断〜 2011年6月11日、日本テレビ - ナレーション• NHKスペシャル「ヒューマン なぜ人間になれたのか(全4回)」 2012年1月22日、29日、2月19日、26日、NHK - プレゼンター• WOWOWノンフィクションW 映画「仁義なき戦いを書いた男 脚本家・笠原和夫 創作の記録」(2014年1月10日、WOWOW) - ナレーション• 2014年4月6日 - 2017年9月24日、TBS - ナレーション• その生涯には謎がある~ケネディ生誕100年 暗殺の真相と知られざる素顔に迫る(2017年11月14日、BS-TBS) - ナレーション ラジオ [ ]• 藤原竜也と妻夫木聡のチャレンジ・ナイツ 1999年5月 - 2000年3月、• 藤原竜也のオールナイトニッポンSUPER 2000年7月28日、ニッポン放送• 藤原竜也inバトルロワイアルII 2003年6月27日、ニッポン放送)• SUNTORY THEATER ZERO-HOUR 2004年4月19日 - 23日、 ゲスト、『』朗読• 日本昔ばなし〜セブンイレブン フェアリー・ストーリーズ 2005年6月26日、 『宝くらべ』朗読• 2009年2月18日、10月7日、2010年2月17日、ニッポン放送 ゲスト• 藤原竜也のオールナイトニッポン 『インシテミル』スペシャル 2010年10月18日、ニッポン放送• (2019年1月18日~朝日放送ラジオ) 声優 [ ] 洋画吹き替え [ ]• 日本語吹替 2000年 - スチュアート 役• 日本語吹替 2002年 - スチュアート 役• 日本語吹替 2006年 - スチュアート 役• 日本語吹替 2016年 - ジェイク・モリソン〈〉役 海外ドラマ吹き替え [ ]• 日本語吹替 2010年、TBS - キム・ヒョンジュン〈〉 役 劇場アニメ [ ]• 日本語吹替(2001年) - クスコ 役• (2010年) - スピラー 役• (2015年) - バルザ 役• (2019年) - ゲラルト 役 テレビアニメ [ ]• 26話 2011年、日本テレビ - 黒服 役 OVA [ ]• 2015年 - バルザ 役 ゲーム [ ]• ソフト「」 2009年 - 島袋力也 役• セガ ソフト 「」 2016年 - 宇佐美勇太 役 人形劇 [ ]• (2014年、NHK) - ホズマ・エンジェル、ウィンディバンク 役 CM・観光大使 [ ]• (1998年11月、)• (1999年 - 2000年、)• (2000年、)• DVD(2004年、)• 匠 TAKUMI(2004年 - 2005年、)• ダイアパレス(2005年 - 2008年、)• 初代ニューカレドニア観光親善大使(2006年)• 秩父市観光大使(2009年)• キリンゼロ〈生〉(2010年、)• グリコワゴン(2011年、)• 金鳥の渦巻(2010年「夏の封を切る篇」、2011年「夏はくるくる篇」、2012年「75cmの秘密篇」、2013年「大切な話篇」、2014年「未来の話篇」、2015年「さされる・かまれる篇」、2016年「高いのはなぜでしょう篇」、2017年「だーれだ?篇」、2018年「ひやむぎ篇」、2019年「見えないところ篇」、2020年「一人将棋篇」) )• 平成27年度JRA-VANイメージタレント(2015年 - 2018年「データで競馬が見えてくる『レース傾向篇』」)()• SKYSEA Client View 2015年 - 2020年、)• SOMPOホールディングス 損保ジャパン日本興亜 2015年 - 2019年「SOMPOの未来」篇) )• 花王(2016年 - 2018年、)• (2017年、)• ・ハードナイン、ドライセブン(2019年、)• D'URBANブランド誕生50周年イメージキャラクター(2019年、)• 誰かな?「登場SF篇」「バーバー篇」「カンフー篇」(2019年 - 2020年、)• 「『』新ツム登場予告篇・降臨篇」「100兆個チャレンジ篇」(2019年、)• じゃんけんグリコ2020(2020年、) DVD [ ]• 『JUNK+FUNK』(2002年3月、)• 『moon』(2004年8月、ポニーキャニオン)• 『世界ウルルン滞在記 Vol. 5 藤原竜也』(2009年1月、CKエンタテインメント)• 『藤原竜也 演劇の遺伝子』(2010年10月、ポニーキャニオン) 書籍 [ ] 写真集 [ ]• 『Persona』(2000年6月、、)• 『twenty ONE』(2003年11月、POTATO編集部・、)• 『no control』(2005年10月、、)• 『カメレオン OFFICIAL PHOTO BOOK』(2008年6月、、)• 『ボクらの時代 自分を「美しく」見せる技術』(中村勘太郎、高橋大輔との共著。 2008年8月、) 連載 [ ]• 『FRaU』内(2004年6月 - 半年間、)• 『TV STATION』内(2002年 - 4年間、) 受賞歴 [ ]• 第36回 新人賞(1999年)• 第37回 ゴールデン・アロー賞 演劇賞(2000年)• 第43回 新人賞(2000年、『』)• 第10回 新人賞(2000年、『バトルロワイアル』)• 主演男優賞・新人俳優賞 2000年、『バトルロワイアル』)• 2003年 新人賞(2003年)• 第38回 個人賞(2004年、『』)• 第3回 朝日舞台芸術賞 寺山修司賞(2004年、『ハムレット』)• 第11回 優秀男優賞・杉村春子賞(2004年、『ハムレット』)• 優秀主演男優賞(2004年、『』)• 第18回 主演男優賞(2009年、『』)• 第37回 演技賞(2011年、『』)• 優秀主演男優賞(2018年、『』) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• スポニチannex 2020年1月7日. 2020年1月7日閲覧。 ホリプロ 2001年. 2008年12月29日時点のよりアーカイブ。 2008年12月3日閲覧。 NYタイムズ. 2005年7月30日. の2012年7月20日時点におけるアーカイブ。 2008年12月3日閲覧。 ワシントン・ポスト. 2008年2月8日. 2008年12月3日閲覧。 ORICON STYLE オリコン. 2013年5月31日. 2016年3月15日閲覧。 Sponichi Annex スポーツニッポン新聞社. 2016年6月16日. 2016年6月16日閲覧。 INLIFE. 2015年2月8日閲覧。 リアルライブ. 2010年6月24日. 楽天WOMAN 2015年1月6日. 2015年2月8日閲覧。 SANSPO. COM(サンスポ) 2020年1月6日. 2020年2月18日閲覧。 livedoorNEWS 2014年7月27日. 2015年2月8日閲覧。 2011年11月12日. 2015年2月8日閲覧。 2015年2月8日閲覧。 (2015年2月24日時点の)• 2010年11月15日. 2015年2月8日閲覧。 2014年5月21日. 2015年2月8日閲覧。 マイナビニュース マイナビ. 2014年7月3日. 2016年8月10日閲覧。 シアターガイド 2015年2月号より• スポーツ報知 報知新聞社. 2014年8月7日. の2014年8月9日時点におけるアーカイブ。 シアターガイド 2015年9月15日. 2015年9月16日閲覧。 アニメイトタイムズ. アニメイト 2016年10月14日. 2016年10月15日閲覧。 com. 2013年7月1日. 2013年7月2日閲覧。 ORICON STYLE オリコン. 2014年8月6日. 2016年8月10日閲覧。 シネマトゥデイ 2015年5月6日. 2015年5月6日閲覧。 ORICON STYLE 2015年7月24日. 2016年2月15日閲覧。 ORICON STYLE. 2016年7月14日. 2016年4月14日閲覧。 com. 2018年7月1日. 2018年7月1日閲覧。 com. 2018年3月5日. 2018年3月6日閲覧。 com. 2018年5月15日. 2018年5月15日閲覧。 シネマトゥデイ 2019年5月23日. 2019年5月23日閲覧。 CINRA. NET 株式会社 CINRA. 2018年7月31日. 2017年7月31日閲覧。 ORICON STYLE 2015年8月19日. 2015年8月19日閲覧。 2015年10月21日. 2015年10月21日閲覧。 ORICON STYLE 2016年2月1日. 2016年2月1日閲覧。 毎日新聞 毎日新聞社. 2015年7月13日. の2015年7月17日時点におけるアーカイブ。 2015年9月10日閲覧。 ニュースウォーカー 2016年5月12日. 2016年5月12日閲覧。 ORICON NEWS oricon ME. 2017年10月7日. 2017年10月7日閲覧。 2020年3月6日. 2020年3月6日閲覧。 com. 2016年5月25日閲覧。 外部リンク [ ]• - ホリプロオフィシャルサイト• - オフィシャルファンクラブ• - (英語)•

次の

藤原竜也と窪田正孝が『Diner』での共演を語る「竜也さんは“藤原竜也”という一つの俳優像を確立されている」

ダイナー 藤原 竜也

読みたいところをクリックすると読めます• ダイナーのボンベロ(藤原竜也)の原作比較【画像あり】 漫画原作の方はかなり目が鋭いですね。 まさに暗殺者を表しているようなそんなキャラになっています。 藤原竜也さんは漫画原作の雰囲気に似せるような感じで衣装や髪型をセッティングされていますね。 漫画ファンからすればとあまり 似てないとか合ってないという声もありそうですが、俳優さんがアニメのキャラに合うってことはなかなかないですからね。 どちらかというと、ダイナーというマンガを実写版の映像として成立させるために、演技派俳優を中心に選んだということでしょう。 その中でも、若くて演技派の藤原竜也さんがボンベロを演じるにはピッタリと考えたんでしょうね。 必ずしも役がキャラと合ってるわけではないですが、これはこれでかっこいいですね! もうちょっと他の画像を見てみると、こんな姿も。 漫画のように、こんなに殺気立った目の人を探すのは難しいのかと・・・。 髪型は少し意識されて前髪部分を垂らしていますね。 漫画版もこのイラストではわかりにくいですが、長髪で結んでいるので、その点では違いはないかなと思います。 藤原竜也さんの演技力は、素晴らしいですからね、きっとヴィジュアルの違和感もカバーしてくれるのではないでしょうか? 【ボンベロ】の性格や能力(ダイナー原作) ここからは、ボンベロのキャラクターに迫ってみましょう! ボンベロの性格を表す単語は二つ! 「冷徹」「完璧主義者」 カナコがやってくる前のウェイトレスを3人も殺しています。 しかもその理由が、自分の命令に背いたからという我慢とか話し合いなんて言葉が一切ない男なんです。 殺し屋しかこないダイナーなので、ウェイトレスももちろん危ない目に合うことも・・・。 そんな状況でも絶対に助けないという冷酷さ。 しかし、自分を殺しにきた殺し屋は全て返り討ちにするほどの強さの持ち主なのです。 そんな状況でも絶対に助けないという冷酷さ。 そんな冷酷さしかない人が、本当においしい料理を作れるのか?と思いますが、そこは彼のキャラクターを表すもう一つの言葉「完璧主義者」です。 客の好みを完璧に把握しており、その人にあった完璧な料理を作ってしまいます。 さらに手際も完璧なので、3〜4つの料理は簡単に作ってしまう能力の持ち主なのです。 殺し屋ではありませんが、実際にあれば食べてみたいっ・・・。 映画では、どんな美しい料理が飛び出すかも楽しみですね。 ボンベロの恋人は映画ダイナーにいる? 原作でも、漫画でも 「炎眉」という名のボンベロの元恋人が登場します。 彼女は、ボンベロの過去ともつながる重要な存在でもあるのですが、今のところ映画のオフィシャルサイトでは、 出演キャラクターとして発表されていません。 蜷川美花さんのことですから、もしかしたらギリギリに発表なんてこともあるかな?と思いましたが、 今回は試写会の情報も含めて、出ない可能性が高いようですね。 試写を見た方のネタバレがないので、まだ気をぬくのは早いですが・・・。 しかし、キャラクターの配役一覧を見ていて気付いたのですが、土屋アンナさん演じるマリアという役は、原作に出てきていない気が・・・・。 うる覚えだったので、調べてみたところどうやら原作にも、漫画にも出てきていないようなんですよね。 炎眉ファンの方、残念ですが次回作があれば期待しましょう・・・と言いたかったのですが、もしかしたら映画に登場するマリアこそ炎眉なのかもしれません。 ボンベロの元恋人でもある「炎眉」は、絶世の美女とされています。 性格は激昂しやすく、ボンベロが一流の殺し屋の腕をもっているにも関わらず、料理人なんてやっていることに、苛立っています。 そして、ボンベロの周りの人や物全てを壊すというタイプなのです。 土屋さんオンリーの映画のポスターには、「全員ぶっ殺す」と書かれていますから、もしかしたら彼女が映画の中では、炎眉の可能性があるのかもしれないですね。 次回作があればきっと菜々緒さんか沢尻エリカさんとかをキャスティングするのではないかな?と思っていたのですが、どうやら、衣装からもマリアが炎眉の可能性が高いかもしれません。 これは、映画館で確認してみなければいけなくなりましたね。 ダイナーのボンベロ(藤原竜也)は殺し屋っぽい?アクションは? 小説から漫画、そして実写映画化になったダイナーですが、それぞれの作品で少しずつ描写やストーリー、キャラクターが少し異なるようです。 これは、全てを制覇して違いを確かめるのも楽しそうですね! 今回の映画「ダイナー」では、どうやら食事とアクションシーンが中心のようです。 冷酷なボンベロのキャラクター性はそのままで、元殺し屋としてナイフや銃を向ける反面、料理を作る工程なども出てくるようなので、実写化は「料理」と「アクション」がメインになってきそうですね! 「俺はここの王だ。 砂糖の一粒まで俺に従う。 従うか、死ぬかだ」 このように、藤原さんの映画のポスターにはこのように書かれています。 そりゃあ王ですから、絶対冷酷で強いですね。 無敵アクションを見せてくれることは間違いなさそうです。 実際に試写に行かれた方の感想としては、 ジャパンプレミアにて映画『ダイナー』鑑賞 蜷川実花ワールド全開🌸 登場する全てのキャラクターの繊細かつ大胆な芝居、細部までこだわりが詰まった美術。 藤原竜也さんは今までにアクション映画に出演してきたことがあります。 映画 藁の楯、るろうに剣心、バトルロワイヤルなど そのため、こんな意見も。 藤原竜也はかっこいいしアクション演技うまいからこういう役が適任なんだろ。 — シザーハンズ TTscissorhands つまり、上手ってことですね。 ダイナーのラストは真矢みきさん演じる無礼図(ブレイズ)とのアクションが見もののようですので、これは期待できそうです。 殺し合いアクションから死に様まで美しい演技ができる藤原竜也さん。 公開まで待ち切れません!! ダイナー・ボンベロのまとめ いかがでしたか?今回は映画「ダイナー」についてご紹介しました。 ダイナーの主人公ボンベロは、冷徹で完璧主義の一流料理人。 殺し屋専用の食堂「ダイナー」は、謎に満ちたキャラの濃いお客様ばかり! ボンベロを演じるのは、超演技派俳優 藤原竜也さん。 蜷川実花監督のお父様、蜷川幸雄さんの舞台「身毒丸」に15歳でデビューしたので演技はおすみつきです。 身毒丸では、海外のメディアからも素晴らしい演技力!天才現る!などの評価を受けていらっしゃいましたね。 今回も蜷川実花監督と俳優として映画を、一緒に作り上げるのもなんだかとっても縁を感じますよね。 藤原竜也さんが演じるボンベロ、どんな演技で魅了してくれるのか楽しみです!.

次の

映画「Diner ダイナー」ネタバレあらすじと感想結末/蜷川実花が藤原竜也を主演に

ダイナー 藤原 竜也

読みたいところをクリックすると読めます• ダイナーのボンベロ(藤原竜也)の原作比較【画像あり】 漫画原作の方はかなり目が鋭いですね。 まさに暗殺者を表しているようなそんなキャラになっています。 藤原竜也さんは漫画原作の雰囲気に似せるような感じで衣装や髪型をセッティングされていますね。 漫画ファンからすればとあまり 似てないとか合ってないという声もありそうですが、俳優さんがアニメのキャラに合うってことはなかなかないですからね。 どちらかというと、ダイナーというマンガを実写版の映像として成立させるために、演技派俳優を中心に選んだということでしょう。 その中でも、若くて演技派の藤原竜也さんがボンベロを演じるにはピッタリと考えたんでしょうね。 必ずしも役がキャラと合ってるわけではないですが、これはこれでかっこいいですね! もうちょっと他の画像を見てみると、こんな姿も。 漫画のように、こんなに殺気立った目の人を探すのは難しいのかと・・・。 髪型は少し意識されて前髪部分を垂らしていますね。 漫画版もこのイラストではわかりにくいですが、長髪で結んでいるので、その点では違いはないかなと思います。 藤原竜也さんの演技力は、素晴らしいですからね、きっとヴィジュアルの違和感もカバーしてくれるのではないでしょうか? 【ボンベロ】の性格や能力(ダイナー原作) ここからは、ボンベロのキャラクターに迫ってみましょう! ボンベロの性格を表す単語は二つ! 「冷徹」「完璧主義者」 カナコがやってくる前のウェイトレスを3人も殺しています。 しかもその理由が、自分の命令に背いたからという我慢とか話し合いなんて言葉が一切ない男なんです。 殺し屋しかこないダイナーなので、ウェイトレスももちろん危ない目に合うことも・・・。 そんな状況でも絶対に助けないという冷酷さ。 しかし、自分を殺しにきた殺し屋は全て返り討ちにするほどの強さの持ち主なのです。 そんな状況でも絶対に助けないという冷酷さ。 そんな冷酷さしかない人が、本当においしい料理を作れるのか?と思いますが、そこは彼のキャラクターを表すもう一つの言葉「完璧主義者」です。 客の好みを完璧に把握しており、その人にあった完璧な料理を作ってしまいます。 さらに手際も完璧なので、3〜4つの料理は簡単に作ってしまう能力の持ち主なのです。 殺し屋ではありませんが、実際にあれば食べてみたいっ・・・。 映画では、どんな美しい料理が飛び出すかも楽しみですね。 ボンベロの恋人は映画ダイナーにいる? 原作でも、漫画でも 「炎眉」という名のボンベロの元恋人が登場します。 彼女は、ボンベロの過去ともつながる重要な存在でもあるのですが、今のところ映画のオフィシャルサイトでは、 出演キャラクターとして発表されていません。 蜷川美花さんのことですから、もしかしたらギリギリに発表なんてこともあるかな?と思いましたが、 今回は試写会の情報も含めて、出ない可能性が高いようですね。 試写を見た方のネタバレがないので、まだ気をぬくのは早いですが・・・。 しかし、キャラクターの配役一覧を見ていて気付いたのですが、土屋アンナさん演じるマリアという役は、原作に出てきていない気が・・・・。 うる覚えだったので、調べてみたところどうやら原作にも、漫画にも出てきていないようなんですよね。 炎眉ファンの方、残念ですが次回作があれば期待しましょう・・・と言いたかったのですが、もしかしたら映画に登場するマリアこそ炎眉なのかもしれません。 ボンベロの元恋人でもある「炎眉」は、絶世の美女とされています。 性格は激昂しやすく、ボンベロが一流の殺し屋の腕をもっているにも関わらず、料理人なんてやっていることに、苛立っています。 そして、ボンベロの周りの人や物全てを壊すというタイプなのです。 土屋さんオンリーの映画のポスターには、「全員ぶっ殺す」と書かれていますから、もしかしたら彼女が映画の中では、炎眉の可能性があるのかもしれないですね。 次回作があればきっと菜々緒さんか沢尻エリカさんとかをキャスティングするのではないかな?と思っていたのですが、どうやら、衣装からもマリアが炎眉の可能性が高いかもしれません。 これは、映画館で確認してみなければいけなくなりましたね。 ダイナーのボンベロ(藤原竜也)は殺し屋っぽい?アクションは? 小説から漫画、そして実写映画化になったダイナーですが、それぞれの作品で少しずつ描写やストーリー、キャラクターが少し異なるようです。 これは、全てを制覇して違いを確かめるのも楽しそうですね! 今回の映画「ダイナー」では、どうやら食事とアクションシーンが中心のようです。 冷酷なボンベロのキャラクター性はそのままで、元殺し屋としてナイフや銃を向ける反面、料理を作る工程なども出てくるようなので、実写化は「料理」と「アクション」がメインになってきそうですね! 「俺はここの王だ。 砂糖の一粒まで俺に従う。 従うか、死ぬかだ」 このように、藤原さんの映画のポスターにはこのように書かれています。 そりゃあ王ですから、絶対冷酷で強いですね。 無敵アクションを見せてくれることは間違いなさそうです。 実際に試写に行かれた方の感想としては、 ジャパンプレミアにて映画『ダイナー』鑑賞 蜷川実花ワールド全開🌸 登場する全てのキャラクターの繊細かつ大胆な芝居、細部までこだわりが詰まった美術。 藤原竜也さんは今までにアクション映画に出演してきたことがあります。 映画 藁の楯、るろうに剣心、バトルロワイヤルなど そのため、こんな意見も。 藤原竜也はかっこいいしアクション演技うまいからこういう役が適任なんだろ。 — シザーハンズ TTscissorhands つまり、上手ってことですね。 ダイナーのラストは真矢みきさん演じる無礼図(ブレイズ)とのアクションが見もののようですので、これは期待できそうです。 殺し合いアクションから死に様まで美しい演技ができる藤原竜也さん。 公開まで待ち切れません!! ダイナー・ボンベロのまとめ いかがでしたか?今回は映画「ダイナー」についてご紹介しました。 ダイナーの主人公ボンベロは、冷徹で完璧主義の一流料理人。 殺し屋専用の食堂「ダイナー」は、謎に満ちたキャラの濃いお客様ばかり! ボンベロを演じるのは、超演技派俳優 藤原竜也さん。 蜷川実花監督のお父様、蜷川幸雄さんの舞台「身毒丸」に15歳でデビューしたので演技はおすみつきです。 身毒丸では、海外のメディアからも素晴らしい演技力!天才現る!などの評価を受けていらっしゃいましたね。 今回も蜷川実花監督と俳優として映画を、一緒に作り上げるのもなんだかとっても縁を感じますよね。 藤原竜也さんが演じるボンベロ、どんな演技で魅了してくれるのか楽しみです!.

次の